グレイズ・アナトミー シーズン1

グレイズ・アナトミー シーズン1の画像・ジャケット写真

グレイズ・アナトミー シーズン1 / エレン・ポンピオ

全体の平均評価点:(5点満点)

171

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

ジャンル :

「グレイズ・アナトミー シーズン1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

解説・ストーリー

マーク・ゴードンが製作総指揮を務めた人気青春医療ドラマの第1シーズン第4巻。シェパードと公認の仲になったメレディスは、彼について何も知らないことに不安が募り始める。一方、妊娠したクリスティーナは中絶を決めるが…。第8話と最終第9話を収録。

「グレイズ・アナトミー シーズン1」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: GREY’S ANATOMY

「グレイズ・アナトミー シーズン1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スリーピー・ホロウ シーズン2

シャロン・ストーン 世界でいちばんのハッピーバースデイ

ハードキャンディ

グレイズ・アナトミー シーズン 13

ユーザーレビュー:171件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全171件

お、ハマってしまった・・・・ ネタバレ

投稿日:2007/08/07 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 パープルローズさんお勧めなので、とりあえず見ておこうかな・・・と。
 ハマりました・・・。特にかみさんが。

 私は「ER」があまり好きではなかったので、(何故かは自分でも良くわからんのですが)これも合わないだろうなと思っていたのですが、一人一人のキャラクターが魅力的で、引き込まれるように一気に見てしまいましたね。
 たぶん、「ER」と違うのは、主人公達がインターンという発展途上の人たちであって、これからの成長の様を想像できるからなのではないかと思うのです。
 メレディスも美しすぎないキュートなところがいいです。

 Gray's Anatomyのパロディなんですね。今でも一番わかりやすいとされるヘンリー・グレイの解剖学です。(私は、全然医療関係者ではないのですが、学生時代好きで医学書を読んでたりしてましたので。masamuneさんなら知ってるかな。専門外かしら?)同名の映画を「エリン・ブロコヴィッチ」や「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグが監督しているらしいんですが、誰か知ってますか?
 デレク役のパトリック・デンプシーってなんか独特の雰囲気の人ですよね。・・・そうだ!「アウトブレイク」に出てたよね。ちょっとWikiで調べてみたら、21才の時に最初の結婚をしているんだけど、相手は48才の、自分の親友の母親だったそうな。

 パープルローズさんがおっしゃるには、シーズン2からはまるらしいので、この第1話〜3話は、登場人物紹介のサワリというところでしょうか。で、充分ハナりますけどね。
 第1話では、メレディスとデレクの出会いを(ちょっと、軽すぎるんでないの?)
 第2話では、メレディスの心根の優しさを・・・?
 第3話では、Hot(救急患者)の扱いの大変さを、全編通してインターンは休みも無くって大変だよ〜って感じですが、そこここにユーモアもちりばめられていて、重くなりすぎずに見れますね。
 これからの展開が楽しみなドラマです。(ドラマにハマると時間が足りなくなっちゃうんだよな・・・)

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

ハメられた・・・・ ネタバレ

投稿日:2007/08/07 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「24」や「プリズン・ブレイク」のようなスピード感や、
「次はどうなるんだろう?」
という期待感とは違った魅力を持つドラマです。

 医療の現場では(特にインターンは)こうなのかと思わせる展開が面白いですね。まあ、キャリアを積むためには軽症の患者より、重症患者の担当になりたいと思うのは当然なのでしょうが、笑えます。
 頭に釘うっちゃったら、あれくらいで済むんでしょうか?

 第5話では、メレディスがミスをして落ち込みますが、医療について、患者さんに対してあれだけ真剣に考えられる医者というのが、どれだけいるのかなと考えさせられますね。最近は、医者もサービス業という意識を持ち出したところもあって、良い医者も増えているようですが、いまだにとんでもない医者もいるらしいですよ。幸いなことに、私はそういう医者に当たったことはないのですが。
 皆、インターンの頃は理想に燃えていたはずなんですけどね。でなきゃ、あんなきつい労働には耐えられないでしょう。

 バーク役のイザイア・ワシントンがT・R・ナイトに対して、ゲイ差別の発言を度々したため、今後のキャストから外されてしまうみたいですね。結構、物語のスパイスのような役どころで、好きだったのに・・・。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

そんな気はしてたんだよね ネタバレ

投稿日:2007/08/12 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 第8話でもアレックスとイジーが様々なことで翻弄されます。
 メレディスはデレクとどうなりたいんだ?デレクにどうして欲しいんだ?

 第9話で、シーズン1は終わりなのですが、全然終わりじゃないよね。シーズン2も観なけりゃいけないじゃないか!まったく!
 どうしてくれるんだ!?(って、誰に怒ってるんだ?)

 デレク役のパトリク・デンプシーは、今やアメリカでは、「抱かれたい男トップ10」に入るほどの人気者なんだそうな。
 そういえば、私の若い頃に・・(似てないから!Byかみさん)


このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

スタバ的ER

投稿日:2007/07/25 レビュアー:カプチーノ

ERの二番煎じ的な感じがしていましたが、観てビックリ。
ERも面白いですが、こちらの方が新鮮。
「グレイズ・アナトミー」の魅力を挙げると、

その1、シアトルという場所。雨の多いところですが、「ミレニアム」において、あの暗いイメージを救っていたのがこの場所。
スターバックスの発祥の地やマリナーズの本拠地として有名で、ニューヨークやシカゴのように町が疲れていない。
そういえば、やたらとテイクアウトのコーヒーがでてきます。

その2、群像劇の主役が一人前の医師ではなくインターン。
社会の中でこれから自分というものをつくっていく発芽の時期。
姿勢が前向き。こちらも社会勉強させられます。

その3、舞台となる病院がきれいで明るい。
手術、患者を扱う病院を巨大できれいな明るい建物にしたことで、見ていて気持ちがいい。

その4.多様な人種の役者陣が地味で嫌味がない。

その5、軽いタッチで小気味いい。

その6、これはERにも言えますが、昼メロ的展開がなく、地に足がついている。

その7、クリフハンガー的に次に繋げるのではないのに続きがみたくなる。

続々と質の高いドラマが出てくるため、観るものを選別しなければならない昨今ですが、これは合格。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

医療現場のむずかしさ ネタバレ

投稿日:2007/08/12 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 第6話では、気むずかしい患者が登場してメレディスを悩ませますけど、メレディスに限らず、患者との接し方、距離感というのは難しいものがありますよね。

 6〜7話にかけて、今までは影の薄かったアレックスやイジーが中心のエピソードですかね。
 クリスティーナに問題が・・・

 メレディスとデレクの関係に他のインターンが気づきますけど・・・大きなお世話だ!

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全171件

グレイズ・アナトミー シーズン1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:171件

お、ハマってしまった・・・・

投稿日

2007/08/07

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 パープルローズさんお勧めなので、とりあえず見ておこうかな・・・と。
 ハマりました・・・。特にかみさんが。

 私は「ER」があまり好きではなかったので、(何故かは自分でも良くわからんのですが)これも合わないだろうなと思っていたのですが、一人一人のキャラクターが魅力的で、引き込まれるように一気に見てしまいましたね。
 たぶん、「ER」と違うのは、主人公達がインターンという発展途上の人たちであって、これからの成長の様を想像できるからなのではないかと思うのです。
 メレディスも美しすぎないキュートなところがいいです。

 Gray's Anatomyのパロディなんですね。今でも一番わかりやすいとされるヘンリー・グレイの解剖学です。(私は、全然医療関係者ではないのですが、学生時代好きで医学書を読んでたりしてましたので。masamuneさんなら知ってるかな。専門外かしら?)同名の映画を「エリン・ブロコヴィッチ」や「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグが監督しているらしいんですが、誰か知ってますか?
 デレク役のパトリック・デンプシーってなんか独特の雰囲気の人ですよね。・・・そうだ!「アウトブレイク」に出てたよね。ちょっとWikiで調べてみたら、21才の時に最初の結婚をしているんだけど、相手は48才の、自分の親友の母親だったそうな。

 パープルローズさんがおっしゃるには、シーズン2からはまるらしいので、この第1話〜3話は、登場人物紹介のサワリというところでしょうか。で、充分ハナりますけどね。
 第1話では、メレディスとデレクの出会いを(ちょっと、軽すぎるんでないの?)
 第2話では、メレディスの心根の優しさを・・・?
 第3話では、Hot(救急患者)の扱いの大変さを、全編通してインターンは休みも無くって大変だよ〜って感じですが、そこここにユーモアもちりばめられていて、重くなりすぎずに見れますね。
 これからの展開が楽しみなドラマです。(ドラマにハマると時間が足りなくなっちゃうんだよな・・・)

ハメられた・・・・

投稿日

2007/08/07

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「24」や「プリズン・ブレイク」のようなスピード感や、
「次はどうなるんだろう?」
という期待感とは違った魅力を持つドラマです。

 医療の現場では(特にインターンは)こうなのかと思わせる展開が面白いですね。まあ、キャリアを積むためには軽症の患者より、重症患者の担当になりたいと思うのは当然なのでしょうが、笑えます。
 頭に釘うっちゃったら、あれくらいで済むんでしょうか?

 第5話では、メレディスがミスをして落ち込みますが、医療について、患者さんに対してあれだけ真剣に考えられる医者というのが、どれだけいるのかなと考えさせられますね。最近は、医者もサービス業という意識を持ち出したところもあって、良い医者も増えているようですが、いまだにとんでもない医者もいるらしいですよ。幸いなことに、私はそういう医者に当たったことはないのですが。
 皆、インターンの頃は理想に燃えていたはずなんですけどね。でなきゃ、あんなきつい労働には耐えられないでしょう。

 バーク役のイザイア・ワシントンがT・R・ナイトに対して、ゲイ差別の発言を度々したため、今後のキャストから外されてしまうみたいですね。結構、物語のスパイスのような役どころで、好きだったのに・・・。

そんな気はしてたんだよね

投稿日

2007/08/12

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 第8話でもアレックスとイジーが様々なことで翻弄されます。
 メレディスはデレクとどうなりたいんだ?デレクにどうして欲しいんだ?

 第9話で、シーズン1は終わりなのですが、全然終わりじゃないよね。シーズン2も観なけりゃいけないじゃないか!まったく!
 どうしてくれるんだ!?(って、誰に怒ってるんだ?)

 デレク役のパトリク・デンプシーは、今やアメリカでは、「抱かれたい男トップ10」に入るほどの人気者なんだそうな。
 そういえば、私の若い頃に・・(似てないから!Byかみさん)


スタバ的ER

投稿日

2007/07/25

レビュアー

カプチーノ

ERの二番煎じ的な感じがしていましたが、観てビックリ。
ERも面白いですが、こちらの方が新鮮。
「グレイズ・アナトミー」の魅力を挙げると、

その1、シアトルという場所。雨の多いところですが、「ミレニアム」において、あの暗いイメージを救っていたのがこの場所。
スターバックスの発祥の地やマリナーズの本拠地として有名で、ニューヨークやシカゴのように町が疲れていない。
そういえば、やたらとテイクアウトのコーヒーがでてきます。

その2、群像劇の主役が一人前の医師ではなくインターン。
社会の中でこれから自分というものをつくっていく発芽の時期。
姿勢が前向き。こちらも社会勉強させられます。

その3、舞台となる病院がきれいで明るい。
手術、患者を扱う病院を巨大できれいな明るい建物にしたことで、見ていて気持ちがいい。

その4.多様な人種の役者陣が地味で嫌味がない。

その5、軽いタッチで小気味いい。

その6、これはERにも言えますが、昼メロ的展開がなく、地に足がついている。

その7、クリフハンガー的に次に繋げるのではないのに続きがみたくなる。

続々と質の高いドラマが出てくるため、観るものを選別しなければならない昨今ですが、これは合格。

医療現場のむずかしさ

投稿日

2007/08/12

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 第6話では、気むずかしい患者が登場してメレディスを悩ませますけど、メレディスに限らず、患者との接し方、距離感というのは難しいものがありますよね。

 6〜7話にかけて、今までは影の薄かったアレックスやイジーが中心のエピソードですかね。
 クリスティーナに問題が・・・

 メレディスとデレクの関係に他のインターンが気づきますけど・・・大きなお世話だ!

1〜 5件 / 全171件