プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事

プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事の画像・ジャケット写真

プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事 / 茂木健一郎

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

ドキュメント映像とインタビューで、その道のプロの“仕事”に迫るドキュメンタリーシリーズに、幻冬舎の編集者・石原正康が登場。原稿を読み、言葉を尽くして褒めるという独自の編集術を持つ石原。そんな彼がヒット作を生み出す上でのポイントを語る。

「プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉の仕事

プロフェッショナル 仕事の流儀 茶師 前田文男の仕事 一葉入魂、本分を尽くす

プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる

プロフェッショナル 仕事の流儀 弁護士 宇都宮健児の仕事

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

もの触れずして人は人の心を撃ち、人は人に心撃たれる。 ネタバレ

投稿日:2008/02/11 レビュアー:tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人間の偽りの無い実の言葉というのは
ときに相手の心を撃つ。
それはもうはっとさせられる。
言わば一瞬のうちの死と再生のようでもある。
人が生きる中で切磋琢磨すべき 仕事 という行為。
自分の仕事に誇りと信念を持つのは当然といえば当然であるが
改めてそれを自分に自問自答することは案外と忘れがちなもの。
「ふたつを天秤にかければ、迷わず作家よりも作品を選びます」
編集者・石原正康が言った台詞が正に私の心を撃ち抜いたのだ。
他人との比較や評価ばかりを欲するだけでは、人は満たされぬ生き物なのかもしれない。重要なことは自分という個人が世の中、又は時代にとってどのような立場に在り、如何様にして貢献できるのかと思考し続けることである。そして調和を乱さずして実行
に移す努力を惜しまぬことだろう。鑑賞を終え、プロフェッショナルとはあまり安易に使用する言葉ではないのだと痛感した。
人間とは実に奥の深い葦である。シリーズ製作者に感謝。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり面白い!

投稿日:2008/01/24 レビュアー:yasu

プロフェッショナルシリーズは数多く観てきましたが
この回は特に面白いですね。

”編集者”という耳にはした事があれど、よくわからない職業w
これに関してよく理解できる内容になっています。

その上で、編集者・石原さんの仕事振りが紹介されていますので、石原さんのスゴサがよくわかります。

作家さんとのやり取りの会話(電話での会話)なんか
すっごく貴重だと思いますし、内容も面白かったです。

あと、山田詠美さんの担当ってのもうらやましいw

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

星評価のみ。

投稿日:2021/05/23 レビュアー:ホラーは観ないKEN

星評価のみ。

(注)
この方の仕事内容・生き方・人間性などの評価ではありません。
DVDに収録されている内容についての評価です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

もの触れずして人は人の心を撃ち、人は人に心撃たれる。

投稿日

2008/02/11

レビュアー

tomio

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人間の偽りの無い実の言葉というのは
ときに相手の心を撃つ。
それはもうはっとさせられる。
言わば一瞬のうちの死と再生のようでもある。
人が生きる中で切磋琢磨すべき 仕事 という行為。
自分の仕事に誇りと信念を持つのは当然といえば当然であるが
改めてそれを自分に自問自答することは案外と忘れがちなもの。
「ふたつを天秤にかければ、迷わず作家よりも作品を選びます」
編集者・石原正康が言った台詞が正に私の心を撃ち抜いたのだ。
他人との比較や評価ばかりを欲するだけでは、人は満たされぬ生き物なのかもしれない。重要なことは自分という個人が世の中、又は時代にとってどのような立場に在り、如何様にして貢献できるのかと思考し続けることである。そして調和を乱さずして実行
に移す努力を惜しまぬことだろう。鑑賞を終え、プロフェッショナルとはあまり安易に使用する言葉ではないのだと痛感した。
人間とは実に奥の深い葦である。シリーズ製作者に感謝。

やっぱり面白い!

投稿日

2008/01/24

レビュアー

yasu

プロフェッショナルシリーズは数多く観てきましたが
この回は特に面白いですね。

”編集者”という耳にはした事があれど、よくわからない職業w
これに関してよく理解できる内容になっています。

その上で、編集者・石原さんの仕事振りが紹介されていますので、石原さんのスゴサがよくわかります。

作家さんとのやり取りの会話(電話での会話)なんか
すっごく貴重だと思いますし、内容も面白かったです。

あと、山田詠美さんの担当ってのもうらやましいw

星評価のみ。

投稿日

2021/05/23

レビュアー

ホラーは観ないKEN

星評価のみ。

(注)
この方の仕事内容・生き方・人間性などの評価ではありません。
DVDに収録されている内容についての評価です。

1〜 3件 / 全3件

同シリーズ作品を借りる