ファミリー

ファミリーの画像・ジャケット写真

ファミリー / スエ

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ファミリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

 不良の娘と頑固な父親が葛藤を繰り返しながらも、やがては互いの深い愛情に気づく感動ドラマ。主演は、TVドラマで活躍しこれが映画デビューのスエ。共演に「友へ チング」のチュ・ヒョン。窃盗と傷害の罪で3年の刑期を終え出所した少女ジョンウン。家では幼い弟ジョンファンと厳格な父チュソクが待っていた。元警察官のチュソクは娘との3年ぶりの再会にも、あくまで冷たい態度を崩さない。保護観察官の紹介で、美容院で真面目に働き始めたジョンウンだったが、やがてかつての不良仲間のもとへと足が向いてしまう…。

「ファミリー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 韓国
原題: A FAMILY

「ファミリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

7人の追撃者

千日の約束

赤道の男

GABI−国境の愛−

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

ボロボロに泣ける映画ではないのですが ジーンときます

投稿日:2007/04/21 レビュアー:ミルクチョコ

不良娘と厳格な父の絆が再生される様を描く親子愛の物語。
派手さはないのですが、ヤクザという世界をバックに、
家族の営み、大切さ、いとおしさを丹念に押さえ、家族の愛情を静かに描いています。
警官を辞めて、酒びたりになり、
父親の面影を引きずり、近寄れない父と娘。
この二人の間にいるのは、幼い弟ジョンファンで、なんとか二人を和解させようとしていて可愛い。
ちょっと不可解だったのは、ヤクザナンバー2を演じる「オム・テウン」。多分「スエ」の事が好きだと思うのですが、今ひとつ気持ちが伝わって来ない・・・
お父さんが、ヤクザにボコボコにされ、白血病がここまで進行していた事にショックを受けたに違いない。
娘は、父の命を救いたいと熱望。
父は、娘の将来を守ることを熱望するクライマックス。
二人の不器用さと、頑固さが徐々に溶解していくくだりに、
彼らの悲喜こもごもな表情を見ているだけで、熱いものが込み上げて来ます。
理屈では、語り尽くせない親子の愛情と絆を、驚くべきクライマックスを用意する事で、なんとも皮肉めいたラストなのですが、
強烈なメッセージを送っているようです。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

お父さん、世界でいちばんアナタが嫌いです。

投稿日:2007/05/10 レビュアー:おうち大好き

これは、この映画のキャッチコピーです。
有り勝ちなストーリーで、ラストも大体予想がつきます。
でもやっぱり素直に泣けてしまうんです。

スエは不良娘には見えにくいんですが、新人賞を総ナメにしたというのも頷けるほど素晴らしいものでした。この演技を観てビョン様は「夏物語」の相手役に推したのでしょうか?
そして弟役のパク・チビン君の演技にも感心させられます。
すごく物語に溶け込んで自然で、可愛いです。

オム・テウンの役どころが中途半端で少し不満は残りますが、
観て損はない作品だと思われます。


このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

地味ですが、とてもいいです。。。

投稿日:2007/04/21 レビュアー:ジャスミンティー

不良仲間の罪をかぶり刑務所から3年ぶりに出所した
娘ジョンウン。
自宅に戻ったジョンウンは日本に留学していたことになって
おり、弟ジョンファンは温かく迎えるのだが父は冷たい態度。
昔の仲間に身代わりの代金を取りに行くが、逆に昔、盗んだお金を要求され脅されてしまう。

美容院を開業するべく、頑張るジョンウンだが、次第に
昔の仲間の邪魔が入り…
そんな時、父チュソクが白血病で命が短いことを知らされる。

韓国ドラマでおなじみ【涙の女王】スエが映画初出演。
この作品で数々の新人賞を総ナメにしたとか。
他にも、父チュソク役チュ・ヒョン氏の渋い演技、
名子役パク・チビンは弟ジョンファン役でやはりこの映画が
デビュー作。(おねしょのシーンが可愛い!)
最近では『青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜』で
クォン・サンウの子供時代を演じた、あのあどけない少年が
泣かせます。

昔の不良仲間で
ボスのチャンウォン役『南極日誌』のパク・ヒスン
執拗にジョンウン親子に迫ります。
その手下ドンスに『復活』のオム・テウン
地味な役ですが存在感は充分です!!

とにかく
元警察官で厳格だけど家族を心から愛する父と
厳格な父に反発しながらも仲間から父と弟を守ろうとする娘
幼いながらも姉と父の不仲な関係を心配する弟の
地味ながらとても感動的な家族愛の作品です。

スエの今までの清純なイメージを消し去るほどの素晴らしい演技に思わず引き込まれました。

★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ヒロイン、スエの存在感 ネタバレ

投稿日:2008/05/25 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ドラマ「4月のキス」はあまり評判良くないようですが、未見ゆえ、出演作すべてで◎の演技を見せるスエは素晴らしい女優さんという印象があります。(スエは本名がパク・スエだそうです。)
 映画デビューとなった本作でも、苦しい境遇であがく女性を熱演。ヒロインが彼女でなかったら、かなり違う印象の映画になったのではないかしら? 「家族」とは大変厄介なものです。距離が近い分、お互いぶつかる回数は多いし、縁を切って暮らすわけにもいかないし。不器用な父親は、じつは精一杯娘の将来を案じ、守ろうとするのですが、、。
弟役のパク・チビンと父(チュ・ヒョン)のやり取りが深い。
ヤクザのボスがとことん非情。(大ファンのチョン・ジェヨンに見えて驚愕したが、違う役者さんでホッとした次第。)

 ヒロインがこれから弟とニッコリ温かい時間を持ち、苦労しながらも幸せになってほしいと思いました。
オススメです!!!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

泣きました

投稿日:2007/07/29 レビュアー:とらオンマ

95分と短めで、もう少しエピソードを盛り込めたんじゃないかと思ったんですが泣けました。
「世界で一番あなたが嫌い」が「あなたの娘で良かった」に変わるまでの話がちょっと弱かったかな。

弟役上手でしたねー最後は喪主も務めてこれまた涙を誘いました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全13件

ファミリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

ボロボロに泣ける映画ではないのですが ジーンときます

投稿日

2007/04/21

レビュアー

ミルクチョコ

不良娘と厳格な父の絆が再生される様を描く親子愛の物語。
派手さはないのですが、ヤクザという世界をバックに、
家族の営み、大切さ、いとおしさを丹念に押さえ、家族の愛情を静かに描いています。
警官を辞めて、酒びたりになり、
父親の面影を引きずり、近寄れない父と娘。
この二人の間にいるのは、幼い弟ジョンファンで、なんとか二人を和解させようとしていて可愛い。
ちょっと不可解だったのは、ヤクザナンバー2を演じる「オム・テウン」。多分「スエ」の事が好きだと思うのですが、今ひとつ気持ちが伝わって来ない・・・
お父さんが、ヤクザにボコボコにされ、白血病がここまで進行していた事にショックを受けたに違いない。
娘は、父の命を救いたいと熱望。
父は、娘の将来を守ることを熱望するクライマックス。
二人の不器用さと、頑固さが徐々に溶解していくくだりに、
彼らの悲喜こもごもな表情を見ているだけで、熱いものが込み上げて来ます。
理屈では、語り尽くせない親子の愛情と絆を、驚くべきクライマックスを用意する事で、なんとも皮肉めいたラストなのですが、
強烈なメッセージを送っているようです。

お父さん、世界でいちばんアナタが嫌いです。

投稿日

2007/05/10

レビュアー

おうち大好き

これは、この映画のキャッチコピーです。
有り勝ちなストーリーで、ラストも大体予想がつきます。
でもやっぱり素直に泣けてしまうんです。

スエは不良娘には見えにくいんですが、新人賞を総ナメにしたというのも頷けるほど素晴らしいものでした。この演技を観てビョン様は「夏物語」の相手役に推したのでしょうか?
そして弟役のパク・チビン君の演技にも感心させられます。
すごく物語に溶け込んで自然で、可愛いです。

オム・テウンの役どころが中途半端で少し不満は残りますが、
観て損はない作品だと思われます。


地味ですが、とてもいいです。。。

投稿日

2007/04/21

レビュアー

ジャスミンティー

不良仲間の罪をかぶり刑務所から3年ぶりに出所した
娘ジョンウン。
自宅に戻ったジョンウンは日本に留学していたことになって
おり、弟ジョンファンは温かく迎えるのだが父は冷たい態度。
昔の仲間に身代わりの代金を取りに行くが、逆に昔、盗んだお金を要求され脅されてしまう。

美容院を開業するべく、頑張るジョンウンだが、次第に
昔の仲間の邪魔が入り…
そんな時、父チュソクが白血病で命が短いことを知らされる。

韓国ドラマでおなじみ【涙の女王】スエが映画初出演。
この作品で数々の新人賞を総ナメにしたとか。
他にも、父チュソク役チュ・ヒョン氏の渋い演技、
名子役パク・チビンは弟ジョンファン役でやはりこの映画が
デビュー作。(おねしょのシーンが可愛い!)
最近では『青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜』で
クォン・サンウの子供時代を演じた、あのあどけない少年が
泣かせます。

昔の不良仲間で
ボスのチャンウォン役『南極日誌』のパク・ヒスン
執拗にジョンウン親子に迫ります。
その手下ドンスに『復活』のオム・テウン
地味な役ですが存在感は充分です!!

とにかく
元警察官で厳格だけど家族を心から愛する父と
厳格な父に反発しながらも仲間から父と弟を守ろうとする娘
幼いながらも姉と父の不仲な関係を心配する弟の
地味ながらとても感動的な家族愛の作品です。

スエの今までの清純なイメージを消し去るほどの素晴らしい演技に思わず引き込まれました。

★★★★☆

ヒロイン、スエの存在感

投稿日

2008/05/25

レビュアー

ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ドラマ「4月のキス」はあまり評判良くないようですが、未見ゆえ、出演作すべてで◎の演技を見せるスエは素晴らしい女優さんという印象があります。(スエは本名がパク・スエだそうです。)
 映画デビューとなった本作でも、苦しい境遇であがく女性を熱演。ヒロインが彼女でなかったら、かなり違う印象の映画になったのではないかしら? 「家族」とは大変厄介なものです。距離が近い分、お互いぶつかる回数は多いし、縁を切って暮らすわけにもいかないし。不器用な父親は、じつは精一杯娘の将来を案じ、守ろうとするのですが、、。
弟役のパク・チビンと父(チュ・ヒョン)のやり取りが深い。
ヤクザのボスがとことん非情。(大ファンのチョン・ジェヨンに見えて驚愕したが、違う役者さんでホッとした次第。)

 ヒロインがこれから弟とニッコリ温かい時間を持ち、苦労しながらも幸せになってほしいと思いました。
オススメです!!!

泣きました

投稿日

2007/07/29

レビュアー

とらオンマ

95分と短めで、もう少しエピソードを盛り込めたんじゃないかと思ったんですが泣けました。
「世界で一番あなたが嫌い」が「あなたの娘で良かった」に変わるまでの話がちょっと弱かったかな。

弟役上手でしたねー最後は喪主も務めてこれまた涙を誘いました。

1〜 5件 / 全13件