1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. 記憶の棘 オリジナル・バージョン

記憶の棘 オリジナル・バージョン

記憶の棘 オリジナル・バージョンの画像・ジャケット写真

記憶の棘 オリジナル・バージョン / ニコール・キッドマン

全体の平均評価点: (5点満点)

80

記憶の棘 オリジナル・バージョン /ジョナサン・グレイザー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「記憶の棘 オリジナル・バージョン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 一人の女性と亡き夫の生まれ変わりだと主張する少年とのミステリアスな愛の行方を描くニコール・キッドマン主演のサスペンス・ラブロマンス。監督はミュージック・ビデオ界で活躍する映像クリエイター、ジョナサン・グレイザー。10年前に最愛の夫ショーンを突然の心臓発作で失った美しい未亡人アナは、ようやく新しい恋人ジョゼフのプロポーズを受け入れる。そんなある日、母エレノアの誕生日の席に突然見知らぬ10歳ぐらいの少年が現われる。彼はアナと相対すると、自分は夫のショーンだと言い出すのだった。最初はあきれていたアナだったが…。

「記憶の棘 オリジナル・バージョン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2004年

製作国:

アメリカ

原題:

BIRTH

「記憶の棘 オリジナル・バージョン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

この森で、天使はバスを降りた

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

マッド・シティ

V.I.P. 修羅の獣たち

マイノリティ・リポート

ユーザーレビュー:80件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全80件

ラスト少年が「僕はショーンではない」と否定した意味 ネタバレ

投稿日:2007/05/26 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近観た映画は、観終わってから、あれはどういう意味を持つのだろう?と反復して考えてしまうものが多いのです。
生前に、封を開けなかった妻からの手紙を読んで、
それが、生前の記憶(妻への愛)を呼び起こす媒介となった。
そして、その後、生前の夫ショーンの浮気を知る。
子ショーンは、夫ショーンであるが故に、アナ「二コール・キッドマン」をまた裏切り傷つける事を恐れて、自ら身を引いてしまう。
もし、自分が夫ショーンではなくて、アナを一途に愛しているとすれば、何故身を引く必要があるのでしょう?
「僕はショーンではない。なぜなら僕はアナを愛しているから」
ショーンの否定の言葉は、まさしくアナに対する「真実の愛」に外ならないのではないでしょうか?
終盤の展開を理解して、ガーンとなってしまいました。
と私は解釈しましたが、
結末は、如何様にも取れると思います。
ストーリーより、女優、俳優の動きが少ない中で、感情をどの様に表現しているかを楽しむ映画でもあると思います。

少年が、夫の生まれ代わりではないかと信じ始めたアナの困惑と、不安な眼差しに駆られた心理、演技のうまさは、さすがニコールと思ってしまいました。
少年の中に、夫の面影を見出していくアナが、母性とセクシーさの混じった感情にかられていく様は、女性の私でもまいってしまいましたよ。


このレビューは気に入りましたか? 26人の会員が気に入ったと投稿しています

誰でも一つは有る、心の棘 ネタバレ

投稿日:2007/03/23 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

日本での公開時(昨年の秋)は然程話題に為らなかったが、米国で公開された2004年当時(実は新作では無い)その「オチ」について罵詈雑言も含めて意外と話題なった記憶が有る。それは結末についての解釈が大きく2つに分かれる為だが、その点の感想については後半で。
本作の主演Nicole Kidmanと言えば、ハリウッド有数の高額ギャラのアクトレスで有る一方で、話題作ばかり出演すると言うよりも、自分が面白いor出る価値が有ると思った作品しか出演しない事でも有名な人。そんな彼女が選んだ本作は「おそらく」スクリプトの段階では、相当に面白い作品だろうと容易に推測できる脚本だ。私も日本公開を待てず文庫本を読んだが、プロットそのものは中々興味深い内容だった。これをNicoleで映像化したら、さぞ・・・と誰もが思う出来とも言えた。
しかしハッキリ言って映画化された本作の評価は微妙、だ。それは映画初監督のJonathan Glazerの演出力の弱さと語り口の無さに尽きる。ミュージック・クリップ出身とは言え、多用されたクローズ・アップはアノ人の真似に過ぎず、映画としての表現としては褒められたモノでは無いと思う。おそらく監督は俳優に多くを語らせるのでは無く、顔の表情で物語の真意を語らせようと演出した節が感じられるが、それが返って映画としての拙さを感じてしまう。私的には上っ面のヴィジュアルだけ綺麗でもダメだと思う。
さて「オチ」についてですが、ヒントとしては「愛している」事と「愛されてる」と言う事が比例するか否かで判断が分かれると思う。つまりスリラーとしての整合性とか、ミステリーとしての伏線の張り方と言った点では非常に曖昧な表現が多く、無駄に混乱させる要因と言える。しかも物語の動機付けにしても説明不足で、結末の解釈でもNicoleの悲劇性を重視するオチが米国では支持された様だが、それでも疑問符は付く。もう一つの結末の場合は、それを決定付けるシーンなり台詞なりが有ったと思うが、私は劇場で気がつかなかった。その意味では今一度DVDを観て確認する必要があるかもしれない。良かった点はNicoleの顔のアップ(ショート・ヘアも良いね)に負けない、有望株のCameron Brightの演技も悪くないし、Lauren BacallやAnne Hecheなど脇役も何気に豪華で、その点ではお買い得感は有るかも。
本作のピヴォットとして、人の記憶や思い出とは時間が経つ度に「良い想い出」は美化され、自分の都合よく記憶してしまう、無意識に。それを本作は悪戯に煽る事無く、静かな演技と演出で見せようとする努力は認めるが、もう少し演出に緻密さと工夫が必要だ。どちらの結末にしても、然程大きな謎とも言い難く、私の様なスリラー好きには「それで?」としか言いようが無い。謎を解いた時の爽快感がスリラーやミステリーの醍醐味とするならば、本作は合格点とは言えない。しかし女性の観賞後の評価は高いエレメントを持ち合せてるので、一概にダメとも言えない。題材や役者が良いだけに惜しいな、と思う。

本作を褒めるとしたら邦題(笑)この邦題は本作の言いたい事を的確に表わしてると思う。貴方にも一つ位は「記憶の棘」有りませんか?。

このレビューは気に入りましたか? 23人の会員が気に入ったと投稿しています

ショートよりロングが好きだな。 ネタバレ

投稿日:2008/05/01 レビュアー:JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 結構期待はしていたんですよ。でもかなり残念、いやむしろムカムカするような腹立たしい思いです。
 本来であれば観客にオチを委ねるという狙いなのでしょうが、正直なところ上手く観客を導いていません。ミステリーを上手くミステリーとしておくだけの演出的な力量が無いようです。

 意図的な長回しや美しい画面の切り取りも内容がともなっていなければ空しさを感じます。思わせぶりなファーストシーンも終わってみればあざとさになってしまいます。



-----以下、かなりのネタバレと私がムカムカする理由。


 かなりラストカットの海辺のシーンが撮ってつけたようで寒々しい。これを根拠に少年の優しさが生み出した結末だというならば、そもそも他人の家にズカズカと上がりこんで引っ掻き回すような事はせずに最初は遠くから見守るはずです。そんな繊細な神経とは無関係な性格あるいは子どもっぽさを持っているのです。従ってこの演出で表している少年の正体は額面通りです。手紙に書かれていないはずの人間の名前が分かっている?少年はドアマンと仲がいいので、これだけ人を騙すことが得意なマセガキ(失礼)なら、事前に情報を仕入れておく事は可能です。父の仕事についてこのマンションには足繁く通っているようですから。
 子どもと言えども人の心を弄んではいけません。婚約者がキレていましたが、お尻ペンペンなんて可愛いもので、ぶん殴られていても文句は言えないと思います。キレイな年上のお姉さんが大好きになったという「愛情」は本当にあったのかもしれませんが、愛を語るなら相手の立場をもっと考えて上げられる大人にならないと。

 おもしろい題材をただ扱っただけで何を描きたかったのかが不明瞭。少年の純粋な愛?それとも亡き夫を忘れなれない女性の切ない感情?それとも永遠の愛?
 主題が不在のアイデアだけの作品に思えて仕方がありません。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

人の心の不思議 ネタバレ

投稿日:2007/12/05 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ものすごくネタバラしちゃってます。というか、自分はこう謎解きしましたっていう一つの解釈なので、未見の方は読まれないほうが良いと思います。



 再婚を控えた未亡人アナ(ニコール・キッドマン)の前に突然あらわれた少年。「僕はあなたの夫だ」と言い、夫婦のこと、家族のことなども知っている。彼は亡くなった夫ショーンの生まれ変わり…?心が揺さぶられ、婚約者との間に亀裂が入っても少年への想いが止められなくなるアナ。
 
 私は最初から「この子はショーンなんだな」と思って観てたので、これが10歳の子供のまなざしか?っと坊やの演技に驚嘆しっぱなしだった。大人の顔にしか見えないんですもの。オープニングの夫のセリフがいかにもミスリードしますよってな“あざとい”ものなので、この時点でキナ臭さを感じていれば、また違って見えたのかもしれない。「ああ、この子はちょっとイッちゃってるなぁ」とか。人の心は不思議です。自分が思うように対象を見ていきますから。アナの場合、10年の歳月をかけてようやく心の傷が癒え、新しい男性に心を開くことができた、というぐらい亡き夫を深く愛していたので、夫の魂を持つ人物が現れたら、そりゃ信じたいわけです。すぐ信じちゃいます。そんなアナを見て婚約者も揺れます。少年の存在が脅威になってくる。

 結局、そういう風に曖昧で確信の持てないことであっても人の運命を狂わせてしまうという、かように人の“心”とは不思議なもの、というのがこの作品の1番の主題であったように思われた。そもそも夫に恋人がいたことに全く気づいていなかったアナという女性は相当「鈍感」だ。自分の思い込みだけで自分の世界を創れる人なのかもしれない。「夫は私は愛してる」…そう思い込むことで夫の怪しい行動にも目をつぶり、自分自身をも偽っていたのかもしれない。だから最後にノコノコと婚約者の元にも帰っていけるのだ。「私は悪くない」…そう思い込むことで、何事もなかったかのように結婚できる。そういう女性。

 一方の少年は、父親の仕事先であるアナの住むマンションに何度か来たことがあったのだろう。そこで見かけたアナに心惹かれ、そして、あのパーティの夜、手紙を見つけて読んでしまったことで一気に妄想スイッチが入ったのだと思う。鈍感ゆえに盲目で純粋なアナが夫に宛てたラブレターだ。偶然同じショーンという名前だし、手紙の中で呼びかけられたら催眠術にでもかかるように「アナと自分」という2人の世界に入りこんでしまうのではないだろうか。

 そんな「思い込み」の激しい2人が感応しあう様、大人の女と少年がそれぞれをソウルメイトとして想い合う痛々しさ、その辺がこの作品の見所なのかなぁと思います。まぁ、この決着のつけ方だと、我にかえるとものすごく虚しくて哀れなんですけどね。

 何事もなかったかのように結婚、と先ほど書きましたが、ラストはそこで少し落し前をつけているのかな。やはり彼女にとっては相当な痛手だったと。今後に一抹の不安を覚えます。この度の騒動こそがこれからの彼女にとって「記憶の棘」となってしまったかもしれません。

 最後に。多くの方に不評を買ってる長〜いクローズ・アップ、私は大丈夫でした。キッドマンの表情の微妙な変化からアナの心情が染み出てくるようで感じ入るものがありました。こういうフィルムから直に人の感情がわいてくるようなショット、好きですね〜。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

あのー ほどけてるんですけどー ネタバレ

投稿日:2009/08/22 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ニギさんのレビューで知った映画。
ニコール・キッドマン主演なのになんでこの映画を全く知らなかったのか・・・しかし、ニギさんのレビューでちょっとネタバレ読んじゃってたのに、それも数ヶ月ですっかり忘れてしまい、おかげでまっさらで鑑賞できた。
私の記憶は、棘どころか、のっぺらぼーだ。(^^ゞ

未見の方はレビューを一切読まずに、まず鑑賞して下さい。
評価の分かれている映画でもあり、先入観を持ったりネタバレしてしまうと魅力が半減してしまう作品です。

以下、激しくネタバレします。

少年ショーンは亡き夫の生まれ変わりなのか、病的な嘘つきのマセガキなのか。
夫の死後10年を経ても思いを断ち切れないまま再婚しようとしていたアナは、
最初こそ常識的に否定するが、真剣なまなざしで愛を語り、夫婦の秘密を言い当てるこの少年が夫の生まれ変わりだと信じてしまった。
しかし、物語の発端となる婚約披露パーティーの夜、招待客の一人であるクララが不審な行動を取り、観客は少年ショーンがクララの後をつけて何か情報を得たことを知っている。
私はたぶんそれは亡き夫ショーンの日記で、最初から少年が嘘をついているというスタンスで観ていた。
なぜ死者の日記を他人が持っているのか?クララ役の女優の容貌の印象から、もしや夫ショーンは一方的な片思いのあげくこのストーカー女に毒殺されたのか?と鑑賞中にサスペンス展開を妄想してしまったぐらいだ。日記じゃないし全くそんな血生臭い話ではなかったが。
話を戻して。
そんな見方をしていたもので、私はかなりいらついてしまった。
婚約者のジョセフや家族は、少年が生まれ変わりじゃないとアナに納得させたいなら、なぜ、彼が科学者だった夫ショーンとは違うことを証明しないんだ。
輪廻を扱う映画では、知るはずのない国の言葉を喋ったり、故人の得意だった(しかし生まれ変わり当人は初めて見る)楽器を演奏したりという説明の付かないことを起こすものだ。
二人のなれそめがどうとかより、故人の行った講演を再現させればいい。
子供に分かるはずのない数式を書かせてみればいい。
それよりなにより、アナ、騙されるか〜?
10歳の子供か長年連れ添った亡き夫か、キスしても分からんか!?

少年は夫ショーンが妻を愛していなかったことを知って「自分は愛しているからそのショーンじゃない」とアナに告白するのだが、夫の不実は明かさない。
きっとアナへの愛だけは真実だったのだろう。
この想像力豊かな少年ショーンはアナが夫ショーンに書いたラブレターを読んで、それが自分へのものだったらと憧れ、本気でそう思い込もうとしたのだろう。
しかし子供のことだから、なぜ他人が未開封のラブレターを地中に埋めるのかまでは想像できなかった。
彼は夫ショーンの命日に生まれ、たまたま同じ名前だった。それだけだと思う。

少年ショーンはアナのラブレターから永遠の愛で結ばれた完璧なカップルだと思ったのだろうが、実際の夫ショーンは不誠実な最低の男だった。
クリフォードはショーンと親しかったようだが、その妻クララと不倫したあげく、アナと結婚したらしい。だからクララはショーンの死後10年経ってもアナを憎み、再婚で幸せになることが許せず「ショーンに愛されていたのは自分だ」と告げるつもりだったのだ。
アナがクリフォード夫婦に会いに行ったとき、「いろいろあったわね」とアナが言う。結婚の時に一悶着あって疎遠になっていたに違いない。クリフォードは妻の不倫を知っていたのかもしれない。「ショーンは嫌な奴だった」というクリフォード(たぶん)のつぶやきが入るシーンがある。
以前もめたのなら、もしかしたら、アナも実は気づいていたのではないだろうか。
それでも幸せな結婚生活を維持するために気づかぬふりをして、愛し合っている夫婦だと信じ込もうとしたのではなかったか。
少年がアナの望み通りの夫を演じてくれたので、それにすがったように思える。

ラストで、アナはまた幸せな結婚を演じようとするが、どう誤魔化しても忘れることのできない、報われなかったショーンへの愛のためか狂乱状態になる。
もしかしたら、ふと「僕は君を愛しているから夫のショーンじゃない」と言った少年の言葉を思い出し、突然、その真意に思い当たったのかもしれない。
やさしいジョセフに支えられ、落ち着いたらまた裕福で幸せな妻を演じ続けるだろうが、痛みを伴う記憶を消し去ることはできない。
邦題は納得がいかないものが多いが「記憶の棘」は原題「Barth」よりもいいタイトルだと思う。

でも、正直なところ、私が最も引っかかったのは、冒頭のショーンが雪道をジョギングするモノクロームな長回し。
なぜか靴紐がほどけたまま走っている。
踏んで転ぶのかと思ったが、意味なかったみたい。。。。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全80件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:80件

ラスト少年が「僕はショーンではない」と否定した意味

投稿日

2007/05/26

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近観た映画は、観終わってから、あれはどういう意味を持つのだろう?と反復して考えてしまうものが多いのです。
生前に、封を開けなかった妻からの手紙を読んで、
それが、生前の記憶(妻への愛)を呼び起こす媒介となった。
そして、その後、生前の夫ショーンの浮気を知る。
子ショーンは、夫ショーンであるが故に、アナ「二コール・キッドマン」をまた裏切り傷つける事を恐れて、自ら身を引いてしまう。
もし、自分が夫ショーンではなくて、アナを一途に愛しているとすれば、何故身を引く必要があるのでしょう?
「僕はショーンではない。なぜなら僕はアナを愛しているから」
ショーンの否定の言葉は、まさしくアナに対する「真実の愛」に外ならないのではないでしょうか?
終盤の展開を理解して、ガーンとなってしまいました。
と私は解釈しましたが、
結末は、如何様にも取れると思います。
ストーリーより、女優、俳優の動きが少ない中で、感情をどの様に表現しているかを楽しむ映画でもあると思います。

少年が、夫の生まれ代わりではないかと信じ始めたアナの困惑と、不安な眼差しに駆られた心理、演技のうまさは、さすがニコールと思ってしまいました。
少年の中に、夫の面影を見出していくアナが、母性とセクシーさの混じった感情にかられていく様は、女性の私でもまいってしまいましたよ。


誰でも一つは有る、心の棘

投稿日

2007/03/23

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

日本での公開時(昨年の秋)は然程話題に為らなかったが、米国で公開された2004年当時(実は新作では無い)その「オチ」について罵詈雑言も含めて意外と話題なった記憶が有る。それは結末についての解釈が大きく2つに分かれる為だが、その点の感想については後半で。
本作の主演Nicole Kidmanと言えば、ハリウッド有数の高額ギャラのアクトレスで有る一方で、話題作ばかり出演すると言うよりも、自分が面白いor出る価値が有ると思った作品しか出演しない事でも有名な人。そんな彼女が選んだ本作は「おそらく」スクリプトの段階では、相当に面白い作品だろうと容易に推測できる脚本だ。私も日本公開を待てず文庫本を読んだが、プロットそのものは中々興味深い内容だった。これをNicoleで映像化したら、さぞ・・・と誰もが思う出来とも言えた。
しかしハッキリ言って映画化された本作の評価は微妙、だ。それは映画初監督のJonathan Glazerの演出力の弱さと語り口の無さに尽きる。ミュージック・クリップ出身とは言え、多用されたクローズ・アップはアノ人の真似に過ぎず、映画としての表現としては褒められたモノでは無いと思う。おそらく監督は俳優に多くを語らせるのでは無く、顔の表情で物語の真意を語らせようと演出した節が感じられるが、それが返って映画としての拙さを感じてしまう。私的には上っ面のヴィジュアルだけ綺麗でもダメだと思う。
さて「オチ」についてですが、ヒントとしては「愛している」事と「愛されてる」と言う事が比例するか否かで判断が分かれると思う。つまりスリラーとしての整合性とか、ミステリーとしての伏線の張り方と言った点では非常に曖昧な表現が多く、無駄に混乱させる要因と言える。しかも物語の動機付けにしても説明不足で、結末の解釈でもNicoleの悲劇性を重視するオチが米国では支持された様だが、それでも疑問符は付く。もう一つの結末の場合は、それを決定付けるシーンなり台詞なりが有ったと思うが、私は劇場で気がつかなかった。その意味では今一度DVDを観て確認する必要があるかもしれない。良かった点はNicoleの顔のアップ(ショート・ヘアも良いね)に負けない、有望株のCameron Brightの演技も悪くないし、Lauren BacallやAnne Hecheなど脇役も何気に豪華で、その点ではお買い得感は有るかも。
本作のピヴォットとして、人の記憶や思い出とは時間が経つ度に「良い想い出」は美化され、自分の都合よく記憶してしまう、無意識に。それを本作は悪戯に煽る事無く、静かな演技と演出で見せようとする努力は認めるが、もう少し演出に緻密さと工夫が必要だ。どちらの結末にしても、然程大きな謎とも言い難く、私の様なスリラー好きには「それで?」としか言いようが無い。謎を解いた時の爽快感がスリラーやミステリーの醍醐味とするならば、本作は合格点とは言えない。しかし女性の観賞後の評価は高いエレメントを持ち合せてるので、一概にダメとも言えない。題材や役者が良いだけに惜しいな、と思う。

本作を褒めるとしたら邦題(笑)この邦題は本作の言いたい事を的確に表わしてると思う。貴方にも一つ位は「記憶の棘」有りませんか?。

ショートよりロングが好きだな。

投稿日

2008/05/01

レビュアー

JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 結構期待はしていたんですよ。でもかなり残念、いやむしろムカムカするような腹立たしい思いです。
 本来であれば観客にオチを委ねるという狙いなのでしょうが、正直なところ上手く観客を導いていません。ミステリーを上手くミステリーとしておくだけの演出的な力量が無いようです。

 意図的な長回しや美しい画面の切り取りも内容がともなっていなければ空しさを感じます。思わせぶりなファーストシーンも終わってみればあざとさになってしまいます。



-----以下、かなりのネタバレと私がムカムカする理由。


 かなりラストカットの海辺のシーンが撮ってつけたようで寒々しい。これを根拠に少年の優しさが生み出した結末だというならば、そもそも他人の家にズカズカと上がりこんで引っ掻き回すような事はせずに最初は遠くから見守るはずです。そんな繊細な神経とは無関係な性格あるいは子どもっぽさを持っているのです。従ってこの演出で表している少年の正体は額面通りです。手紙に書かれていないはずの人間の名前が分かっている?少年はドアマンと仲がいいので、これだけ人を騙すことが得意なマセガキ(失礼)なら、事前に情報を仕入れておく事は可能です。父の仕事についてこのマンションには足繁く通っているようですから。
 子どもと言えども人の心を弄んではいけません。婚約者がキレていましたが、お尻ペンペンなんて可愛いもので、ぶん殴られていても文句は言えないと思います。キレイな年上のお姉さんが大好きになったという「愛情」は本当にあったのかもしれませんが、愛を語るなら相手の立場をもっと考えて上げられる大人にならないと。

 おもしろい題材をただ扱っただけで何を描きたかったのかが不明瞭。少年の純粋な愛?それとも亡き夫を忘れなれない女性の切ない感情?それとも永遠の愛?
 主題が不在のアイデアだけの作品に思えて仕方がありません。

人の心の不思議

投稿日

2007/12/05

レビュアー

ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ものすごくネタバラしちゃってます。というか、自分はこう謎解きしましたっていう一つの解釈なので、未見の方は読まれないほうが良いと思います。



 再婚を控えた未亡人アナ(ニコール・キッドマン)の前に突然あらわれた少年。「僕はあなたの夫だ」と言い、夫婦のこと、家族のことなども知っている。彼は亡くなった夫ショーンの生まれ変わり…?心が揺さぶられ、婚約者との間に亀裂が入っても少年への想いが止められなくなるアナ。
 
 私は最初から「この子はショーンなんだな」と思って観てたので、これが10歳の子供のまなざしか?っと坊やの演技に驚嘆しっぱなしだった。大人の顔にしか見えないんですもの。オープニングの夫のセリフがいかにもミスリードしますよってな“あざとい”ものなので、この時点でキナ臭さを感じていれば、また違って見えたのかもしれない。「ああ、この子はちょっとイッちゃってるなぁ」とか。人の心は不思議です。自分が思うように対象を見ていきますから。アナの場合、10年の歳月をかけてようやく心の傷が癒え、新しい男性に心を開くことができた、というぐらい亡き夫を深く愛していたので、夫の魂を持つ人物が現れたら、そりゃ信じたいわけです。すぐ信じちゃいます。そんなアナを見て婚約者も揺れます。少年の存在が脅威になってくる。

 結局、そういう風に曖昧で確信の持てないことであっても人の運命を狂わせてしまうという、かように人の“心”とは不思議なもの、というのがこの作品の1番の主題であったように思われた。そもそも夫に恋人がいたことに全く気づいていなかったアナという女性は相当「鈍感」だ。自分の思い込みだけで自分の世界を創れる人なのかもしれない。「夫は私は愛してる」…そう思い込むことで夫の怪しい行動にも目をつぶり、自分自身をも偽っていたのかもしれない。だから最後にノコノコと婚約者の元にも帰っていけるのだ。「私は悪くない」…そう思い込むことで、何事もなかったかのように結婚できる。そういう女性。

 一方の少年は、父親の仕事先であるアナの住むマンションに何度か来たことがあったのだろう。そこで見かけたアナに心惹かれ、そして、あのパーティの夜、手紙を見つけて読んでしまったことで一気に妄想スイッチが入ったのだと思う。鈍感ゆえに盲目で純粋なアナが夫に宛てたラブレターだ。偶然同じショーンという名前だし、手紙の中で呼びかけられたら催眠術にでもかかるように「アナと自分」という2人の世界に入りこんでしまうのではないだろうか。

 そんな「思い込み」の激しい2人が感応しあう様、大人の女と少年がそれぞれをソウルメイトとして想い合う痛々しさ、その辺がこの作品の見所なのかなぁと思います。まぁ、この決着のつけ方だと、我にかえるとものすごく虚しくて哀れなんですけどね。

 何事もなかったかのように結婚、と先ほど書きましたが、ラストはそこで少し落し前をつけているのかな。やはり彼女にとっては相当な痛手だったと。今後に一抹の不安を覚えます。この度の騒動こそがこれからの彼女にとって「記憶の棘」となってしまったかもしれません。

 最後に。多くの方に不評を買ってる長〜いクローズ・アップ、私は大丈夫でした。キッドマンの表情の微妙な変化からアナの心情が染み出てくるようで感じ入るものがありました。こういうフィルムから直に人の感情がわいてくるようなショット、好きですね〜。

あのー ほどけてるんですけどー

投稿日

2009/08/22

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ニギさんのレビューで知った映画。
ニコール・キッドマン主演なのになんでこの映画を全く知らなかったのか・・・しかし、ニギさんのレビューでちょっとネタバレ読んじゃってたのに、それも数ヶ月ですっかり忘れてしまい、おかげでまっさらで鑑賞できた。
私の記憶は、棘どころか、のっぺらぼーだ。(^^ゞ

未見の方はレビューを一切読まずに、まず鑑賞して下さい。
評価の分かれている映画でもあり、先入観を持ったりネタバレしてしまうと魅力が半減してしまう作品です。

以下、激しくネタバレします。

少年ショーンは亡き夫の生まれ変わりなのか、病的な嘘つきのマセガキなのか。
夫の死後10年を経ても思いを断ち切れないまま再婚しようとしていたアナは、
最初こそ常識的に否定するが、真剣なまなざしで愛を語り、夫婦の秘密を言い当てるこの少年が夫の生まれ変わりだと信じてしまった。
しかし、物語の発端となる婚約披露パーティーの夜、招待客の一人であるクララが不審な行動を取り、観客は少年ショーンがクララの後をつけて何か情報を得たことを知っている。
私はたぶんそれは亡き夫ショーンの日記で、最初から少年が嘘をついているというスタンスで観ていた。
なぜ死者の日記を他人が持っているのか?クララ役の女優の容貌の印象から、もしや夫ショーンは一方的な片思いのあげくこのストーカー女に毒殺されたのか?と鑑賞中にサスペンス展開を妄想してしまったぐらいだ。日記じゃないし全くそんな血生臭い話ではなかったが。
話を戻して。
そんな見方をしていたもので、私はかなりいらついてしまった。
婚約者のジョセフや家族は、少年が生まれ変わりじゃないとアナに納得させたいなら、なぜ、彼が科学者だった夫ショーンとは違うことを証明しないんだ。
輪廻を扱う映画では、知るはずのない国の言葉を喋ったり、故人の得意だった(しかし生まれ変わり当人は初めて見る)楽器を演奏したりという説明の付かないことを起こすものだ。
二人のなれそめがどうとかより、故人の行った講演を再現させればいい。
子供に分かるはずのない数式を書かせてみればいい。
それよりなにより、アナ、騙されるか〜?
10歳の子供か長年連れ添った亡き夫か、キスしても分からんか!?

少年は夫ショーンが妻を愛していなかったことを知って「自分は愛しているからそのショーンじゃない」とアナに告白するのだが、夫の不実は明かさない。
きっとアナへの愛だけは真実だったのだろう。
この想像力豊かな少年ショーンはアナが夫ショーンに書いたラブレターを読んで、それが自分へのものだったらと憧れ、本気でそう思い込もうとしたのだろう。
しかし子供のことだから、なぜ他人が未開封のラブレターを地中に埋めるのかまでは想像できなかった。
彼は夫ショーンの命日に生まれ、たまたま同じ名前だった。それだけだと思う。

少年ショーンはアナのラブレターから永遠の愛で結ばれた完璧なカップルだと思ったのだろうが、実際の夫ショーンは不誠実な最低の男だった。
クリフォードはショーンと親しかったようだが、その妻クララと不倫したあげく、アナと結婚したらしい。だからクララはショーンの死後10年経ってもアナを憎み、再婚で幸せになることが許せず「ショーンに愛されていたのは自分だ」と告げるつもりだったのだ。
アナがクリフォード夫婦に会いに行ったとき、「いろいろあったわね」とアナが言う。結婚の時に一悶着あって疎遠になっていたに違いない。クリフォードは妻の不倫を知っていたのかもしれない。「ショーンは嫌な奴だった」というクリフォード(たぶん)のつぶやきが入るシーンがある。
以前もめたのなら、もしかしたら、アナも実は気づいていたのではないだろうか。
それでも幸せな結婚生活を維持するために気づかぬふりをして、愛し合っている夫婦だと信じ込もうとしたのではなかったか。
少年がアナの望み通りの夫を演じてくれたので、それにすがったように思える。

ラストで、アナはまた幸せな結婚を演じようとするが、どう誤魔化しても忘れることのできない、報われなかったショーンへの愛のためか狂乱状態になる。
もしかしたら、ふと「僕は君を愛しているから夫のショーンじゃない」と言った少年の言葉を思い出し、突然、その真意に思い当たったのかもしれない。
やさしいジョセフに支えられ、落ち着いたらまた裕福で幸せな妻を演じ続けるだろうが、痛みを伴う記憶を消し去ることはできない。
邦題は納得がいかないものが多いが「記憶の棘」は原題「Barth」よりもいいタイトルだと思う。

でも、正直なところ、私が最も引っかかったのは、冒頭のショーンが雪道をジョギングするモノクロームな長回し。
なぜか靴紐がほどけたまま走っている。
踏んで転ぶのかと思ったが、意味なかったみたい。。。。

1〜 5件 / 全80件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

記憶の棘 オリジナル・バージョン