ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3

ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3の画像・ジャケット写真

ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3 / メアリー・エリザベス・ウィンステッド

全体の平均評価点:(5点満点)

186

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター〜』に続く人気サバイバルホラーシリーズの最終章。仲間たちと共にジェットコースターに乗り込んだ女子高生・ウェンディは、壮絶な事故の予知夢に襲われる。R-15作品。

「ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: FINAL DESTINATION 3

「ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

そんな彼なら別れさせます!

ドクター・ドリトル3

グレート・エスケイプ 大脱走1944

ザ・ワン

ユーザーレビュー:186件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全186件

殺人のピタゴラスイッチ ネタバレ

投稿日:2006/11/30 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えー不謹慎とは思いますが、私は本シリーズが大好きです(汗)。残念ながらデートに使える映画では全くありませんが、最近の「うじうじ」したホラーが大の苦手の私としては素直に楽しめます、しかし変態ではありませんので誤解しないでね。と、言わないとホントだと思われるほど本作は「エグイ」。本作はシリーズ第3弾で2000年の「ファイナル・デスティネーション」2003年の「デッドコースター」に続く作品。前2作についてはレビューをご覧頂ければと思いますが、米国では人気の高い本シリーズですが、なぜか日本では低調。これはお互いの国の死想感が違うのだと思うが、もう一つは映画に対するスタンスだろう。私は第1作目をアメリカ帰りの飛行機の中で見たが、米国の友人はショック・シーンで笑っていた。なので「ありえねぇー」と気楽に見て欲しいですね。展開としては前2作と「ほとんど」同じ、と言うより変えられないとも言える。しかし2作目があまりにも「エグイ」ので、本作では少し残酷描写がトーン・ダウンしてる。まあこれ以上エスカレートさせれば「SAW」と大差ないからなぁ・・・。本作の「肝」は「風が吹けば桶屋が儲かる」式のリアル志向の(嗜好の)悪趣味なテンポの「間」がウリなのだが、本作は油断してると突然「グサッ」とくる意地悪さが薄いが、第1作目を監督したJames Wongは、この展開に限界を感じたのかもしれない。では見せ場が無いかと言えば、いゃぁー凄いです殺し方が(お食事中の方スイマセン)。前2作でもその描写は中々だったが、今回は「物理的に」面白く作られてる。私はNHK教育の「ピタゴラスイッチ」に出てくるドミノ倒しやアルゴリズム体操が好きですが、アレと似た触感の面白さ(不謹慎ですが)が有ると思うし、本作を見るとホントにギャグとホラーは紙一重なのだと思う。本作では謎解きを加味した事が脚本のハイライトだが、それが良いか悪いかは見る人の判断だが、エンディングを見ても「まだ」続きある様なので私は「2」のパターンに戻して次作は作って欲しい。前2作とはつながりも薄いので、いきなり本作を見ても楽しめる様には作られていますが、但し心臓の悪い方にはお薦めしません、用法・用量を正しく守って見て下さいね。

日本では尼崎の脱線衝突事故(事故と言う表現は今にしてみれば不適切だが)を連想させるシーンが有る為に、被害に遭われた方へ配慮し公開が延期された。本当に心からお悔やみ申し上げます。日頃、京阪を利用する私も他人様の事とは思えない。

このレビューは気に入りましたか? 26人の会員が気に入ったと投稿しています

原点回帰のシリーズ三作目。

投稿日:2007/02/12 レビュアー:JUCE

殺人鬼やモンスターがまったく現れず、しかもサドンデスで登場人物たちが次々と死んでいく。そういった意味では他のホラーとは一味違った作品。まったく実体の無い存在(あるいは力)の前に成すすべも無く残酷な死が訪れる。しかし一作目はとても斬新に思えたが2作目、3作目となるとマンネリ感は否めない。

この実体の無い敵、おそらく死神(あるいは運命)とでも言うべき存在についてシリーズ2作目ではなんとなく意思のある存在のような描き方で登場人物たちはその意思の働き方の謎を解こうとするの展開だったように思う。1作目では意思を持った存在というよりも運命あるいは法則というように意思を持たないモノのように描かれていたとと思う。そしてこの3作目ではどちらかと言えば1作目に近い描かれ方をしている。このあたりは1作目の監督が今回再びメガホンを取った影響もあるのだろうか。ただこの映画別にシリーズを頭から見なくても十分話は分かります。というよりもむしろ連続してみると食傷を起こすかもしれません。

このシリーズの売りはいかに登場人物たちが凄まじい死に様を見せるかというところになるのですが、個人的な感想ではあまりに非日常的過ぎて怖さもグロテスクさも感じなませんでした。言ってみればアトラクションを見せられているというような感じでしょうか。最初のジェットコースターの事故が現実的で一番恐ろしい気さえしました。まあ全編がリアルすぎるとそれもエンターテインメントとしてのバランスを壊してしまう恐れもあるかもしれません。描写はグロいんですが、見終わった後尾を引かない感じがします。まあシリーズに新しい作品が出たら性懲りも無くまた見てしまいそう、そんな作品です。

早くもシリーズ4作品目の噂もチラホラとあるようですね。監督やスタッフはデジタル作品で第4弾を制作したいとインタビューで応えていたようです。もし4弾出たら邦題どうするつもりでしょうね。2作目を変な邦題にするからややこしくなってしまいましたね。「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」に続くホラーの新しいシリーズ物として今後成長するのでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

B級80点(予選通過) ネタバレ

投稿日:2010/11/03 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

またまた女子に予知能力が。
今度の場所は遊園地でのジェットコースター。
やっぱり何人かは危険を回避するも他の場所で死ぬ。
2人は日焼けサロンで丸焼きされたりと・・。

良く考えたものだ。もう少し恐怖感を出せば良いのに・・。
まあ、二度目の観賞。もちろん暇つぶし。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

けっこう楽しませていただきました ネタバレ

投稿日:2007/05/16 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1も2も観ていません。JUCEさんのレビューでタイトルは知っていたのですが、かみさんがレンタル屋で借りてきていて、しかも当日(明日の朝10時までに返さにゃならん)だって言うんで、あわてて観ました。

 アメリカのB級スクールものに良く出てくるような顔ぶれで、それほどの盛り上がりも期待はしていなかったのですが、ジェットコースターの車軸が破損して、車輪がはずれていくさまが、エキスポランドを彷彿させて、ちょいと怖いなと思いましたね。
 私は、絶叫系の乗り物が結構好きです。(かみさんはダメ。小さな子供もいるので、遊園地に行っても今はそういうのに乗れないので不満・・・)でもそれは、きちんとした点検をして、安全であることが大前提なので、今後のことを考えると微妙・・。乗る前に油圧ホースとか自分で調べるか。

 人が、順を追って、割と簡単にぽこぽこ死んでいきます。ラヴァ様の大好きなパターンでしょう。JUCEさんはじめ、沢山の片がおっしゃっているように1作目、2作目と同じパターンを踏襲しているのならば、かえってこれだけ観たのはよかったのかも・・。それなりに楽しく鑑賞できたので。観賞後、皆さんのレビューを読んでみると、おおかたの人が1作目が良いと・・。まあ、連続モノの宿命というか、1作目を越える続編は、まず無いのでよしとしましょうよ。適度な長さで、サクッと観るにはいいんじゃないでしょうか?さすがに6歳の娘には見せたくないですけど・・。

 あれが転がっていって、あいつをはじいて、そんであれが倒れてきてドンッ!観ながら思わず
「ピタ・ゴラ・スイッチ」
って口ずさんでました。あとで皆さんのレビューを読んで、同じように感じる人がいるんだなぁと、ちょっと楽しかったです。

 死に神というか、そんな感じの存在があるようなオープニングだったのですが、途中からそういうことはおくびにも出さず、訳もなく人が死んでいきます。
 その死に様に意外性が無いというか、ありきたりかなと思いますね。ビックリはしますけど怖くはありません。もうちょっとアートな死に様が欲しいな・・・。

 このシリーズのファンの方には今ひとつのようですが、1も2も観ていなければ充分楽しめると思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

ジェットコースターは好きだー!でも、乗って死ぬのは嫌だー! ネタバレ

投稿日:2009/04/26 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター』
に続き、3作目にして、ラストの『ファイナル・デッドコースター』

とうとうジェットコースターのお出ましです。

ニュースで何年かに一度、ジェットコースターの事故を見ますが、
きっとこんな感じなんだろうな・・・なんて思うとちょっと怖い。

実際ジェットコースターはスッゲースピードで観防備にも軽装、ノーヘルで乗ってる訳で、外へ吹っ飛ばされたら、そりゃ即死でしょ。。。

この映画の事故のシーンも、ニュースも見ると、ちょっとジェトコースターに乗るのが怖くなる。でも、乗る頃にはすっかり忘れてるw
§*≧з≦) ぷっ!

乗り物酔いするくせに、ジェットコースターは大好き!
1回で満足した例は無い!何度も乗る。二男と乗る。バカ親子w


この映画は『ファイナル・デスティネーション』の繰り返しとも言えるので、単に別バージョン的な目で見ないといけない。
どんな方法で死は来るのか?誰が順番を飛ばされるか等。

しかし、『ファイナル・デスティネーション』の時は斬新な感じで思い切り楽しめて、『デッド・コースター』は、間をあけ観賞し、前作とのからみもあり、結構楽しめた。

ジェットコースターを持ち出した点では、待ってました♪と喜んだけど、そこからの死に方がね・・・たとえば、最初の日焼けサロンのシーンね、店員が締め出しに合う時の扉に挟まったチューブの中身がだんだんと無くなって、かましにしてたはずが、結局ガチャンと完全に閉まってしまう。そして、飲み物の滴が垂れ、機械にこぼれ、日焼けマシーンの温度が上がり、マシーンをあけようとドタバタした拍子に戸棚が崩れマシーンの扉を固定し、開けられなくしてしまう。
まるでピタゴラスイッチ。
しくまれたレールに玉が置かれ、コロコロと転がり、死のゴール。
ちょっと出来過ぎ感、ありあり。こそが面白いのよ、って目では見れないw

前2作はこんな風に感じへんかったはずやけどな〜。

でも、面白かったよ。

この手のタイプは好きなんでw

勢いのある映画は良いね。

人が死ぬのに悲しむ暇さえ与えないw

グロイ死体が、じっくり見せて貰えないのは残念なんだけど。
一時停止ってこんな時の為にある、と私は思うwwww
死体はちゃんと鑑賞しないとね。手抜きは無いか、どんな風にぐちゃぐちゃになってるか、一瞬映るだけでは確認出来ないからね。


好きな事をしながら死ねるのは本望とか言うけど、
ジェットコースターで死ぬのは嫌だ。


しかし、ジェットコースター、デッドコースター、上手い事ゴロ合わせ出来て良かったね〜!分かりやすいエエタイトルやわ♪



                         pokorou♪

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全186件

ファイナル・デッドコースター FINAL DESTINATION 3

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:186件

殺人のピタゴラスイッチ

投稿日

2006/11/30

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えー不謹慎とは思いますが、私は本シリーズが大好きです(汗)。残念ながらデートに使える映画では全くありませんが、最近の「うじうじ」したホラーが大の苦手の私としては素直に楽しめます、しかし変態ではありませんので誤解しないでね。と、言わないとホントだと思われるほど本作は「エグイ」。本作はシリーズ第3弾で2000年の「ファイナル・デスティネーション」2003年の「デッドコースター」に続く作品。前2作についてはレビューをご覧頂ければと思いますが、米国では人気の高い本シリーズですが、なぜか日本では低調。これはお互いの国の死想感が違うのだと思うが、もう一つは映画に対するスタンスだろう。私は第1作目をアメリカ帰りの飛行機の中で見たが、米国の友人はショック・シーンで笑っていた。なので「ありえねぇー」と気楽に見て欲しいですね。展開としては前2作と「ほとんど」同じ、と言うより変えられないとも言える。しかし2作目があまりにも「エグイ」ので、本作では少し残酷描写がトーン・ダウンしてる。まあこれ以上エスカレートさせれば「SAW」と大差ないからなぁ・・・。本作の「肝」は「風が吹けば桶屋が儲かる」式のリアル志向の(嗜好の)悪趣味なテンポの「間」がウリなのだが、本作は油断してると突然「グサッ」とくる意地悪さが薄いが、第1作目を監督したJames Wongは、この展開に限界を感じたのかもしれない。では見せ場が無いかと言えば、いゃぁー凄いです殺し方が(お食事中の方スイマセン)。前2作でもその描写は中々だったが、今回は「物理的に」面白く作られてる。私はNHK教育の「ピタゴラスイッチ」に出てくるドミノ倒しやアルゴリズム体操が好きですが、アレと似た触感の面白さ(不謹慎ですが)が有ると思うし、本作を見るとホントにギャグとホラーは紙一重なのだと思う。本作では謎解きを加味した事が脚本のハイライトだが、それが良いか悪いかは見る人の判断だが、エンディングを見ても「まだ」続きある様なので私は「2」のパターンに戻して次作は作って欲しい。前2作とはつながりも薄いので、いきなり本作を見ても楽しめる様には作られていますが、但し心臓の悪い方にはお薦めしません、用法・用量を正しく守って見て下さいね。

日本では尼崎の脱線衝突事故(事故と言う表現は今にしてみれば不適切だが)を連想させるシーンが有る為に、被害に遭われた方へ配慮し公開が延期された。本当に心からお悔やみ申し上げます。日頃、京阪を利用する私も他人様の事とは思えない。

原点回帰のシリーズ三作目。

投稿日

2007/02/12

レビュアー

JUCE

殺人鬼やモンスターがまったく現れず、しかもサドンデスで登場人物たちが次々と死んでいく。そういった意味では他のホラーとは一味違った作品。まったく実体の無い存在(あるいは力)の前に成すすべも無く残酷な死が訪れる。しかし一作目はとても斬新に思えたが2作目、3作目となるとマンネリ感は否めない。

この実体の無い敵、おそらく死神(あるいは運命)とでも言うべき存在についてシリーズ2作目ではなんとなく意思のある存在のような描き方で登場人物たちはその意思の働き方の謎を解こうとするの展開だったように思う。1作目では意思を持った存在というよりも運命あるいは法則というように意思を持たないモノのように描かれていたとと思う。そしてこの3作目ではどちらかと言えば1作目に近い描かれ方をしている。このあたりは1作目の監督が今回再びメガホンを取った影響もあるのだろうか。ただこの映画別にシリーズを頭から見なくても十分話は分かります。というよりもむしろ連続してみると食傷を起こすかもしれません。

このシリーズの売りはいかに登場人物たちが凄まじい死に様を見せるかというところになるのですが、個人的な感想ではあまりに非日常的過ぎて怖さもグロテスクさも感じなませんでした。言ってみればアトラクションを見せられているというような感じでしょうか。最初のジェットコースターの事故が現実的で一番恐ろしい気さえしました。まあ全編がリアルすぎるとそれもエンターテインメントとしてのバランスを壊してしまう恐れもあるかもしれません。描写はグロいんですが、見終わった後尾を引かない感じがします。まあシリーズに新しい作品が出たら性懲りも無くまた見てしまいそう、そんな作品です。

早くもシリーズ4作品目の噂もチラホラとあるようですね。監督やスタッフはデジタル作品で第4弾を制作したいとインタビューで応えていたようです。もし4弾出たら邦題どうするつもりでしょうね。2作目を変な邦題にするからややこしくなってしまいましたね。「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」に続くホラーの新しいシリーズ物として今後成長するのでしょうか。

B級80点(予選通過)

投稿日

2010/11/03

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

またまた女子に予知能力が。
今度の場所は遊園地でのジェットコースター。
やっぱり何人かは危険を回避するも他の場所で死ぬ。
2人は日焼けサロンで丸焼きされたりと・・。

良く考えたものだ。もう少し恐怖感を出せば良いのに・・。
まあ、二度目の観賞。もちろん暇つぶし。

けっこう楽しませていただきました

投稿日

2007/05/16

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1も2も観ていません。JUCEさんのレビューでタイトルは知っていたのですが、かみさんがレンタル屋で借りてきていて、しかも当日(明日の朝10時までに返さにゃならん)だって言うんで、あわてて観ました。

 アメリカのB級スクールものに良く出てくるような顔ぶれで、それほどの盛り上がりも期待はしていなかったのですが、ジェットコースターの車軸が破損して、車輪がはずれていくさまが、エキスポランドを彷彿させて、ちょいと怖いなと思いましたね。
 私は、絶叫系の乗り物が結構好きです。(かみさんはダメ。小さな子供もいるので、遊園地に行っても今はそういうのに乗れないので不満・・・)でもそれは、きちんとした点検をして、安全であることが大前提なので、今後のことを考えると微妙・・。乗る前に油圧ホースとか自分で調べるか。

 人が、順を追って、割と簡単にぽこぽこ死んでいきます。ラヴァ様の大好きなパターンでしょう。JUCEさんはじめ、沢山の片がおっしゃっているように1作目、2作目と同じパターンを踏襲しているのならば、かえってこれだけ観たのはよかったのかも・・。それなりに楽しく鑑賞できたので。観賞後、皆さんのレビューを読んでみると、おおかたの人が1作目が良いと・・。まあ、連続モノの宿命というか、1作目を越える続編は、まず無いのでよしとしましょうよ。適度な長さで、サクッと観るにはいいんじゃないでしょうか?さすがに6歳の娘には見せたくないですけど・・。

 あれが転がっていって、あいつをはじいて、そんであれが倒れてきてドンッ!観ながら思わず
「ピタ・ゴラ・スイッチ」
って口ずさんでました。あとで皆さんのレビューを読んで、同じように感じる人がいるんだなぁと、ちょっと楽しかったです。

 死に神というか、そんな感じの存在があるようなオープニングだったのですが、途中からそういうことはおくびにも出さず、訳もなく人が死んでいきます。
 その死に様に意外性が無いというか、ありきたりかなと思いますね。ビックリはしますけど怖くはありません。もうちょっとアートな死に様が欲しいな・・・。

 このシリーズのファンの方には今ひとつのようですが、1も2も観ていなければ充分楽しめると思いますよ。

ジェットコースターは好きだー!でも、乗って死ぬのは嫌だー!

投稿日

2009/04/26

レビュアー

pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター』
に続き、3作目にして、ラストの『ファイナル・デッドコースター』

とうとうジェットコースターのお出ましです。

ニュースで何年かに一度、ジェットコースターの事故を見ますが、
きっとこんな感じなんだろうな・・・なんて思うとちょっと怖い。

実際ジェットコースターはスッゲースピードで観防備にも軽装、ノーヘルで乗ってる訳で、外へ吹っ飛ばされたら、そりゃ即死でしょ。。。

この映画の事故のシーンも、ニュースも見ると、ちょっとジェトコースターに乗るのが怖くなる。でも、乗る頃にはすっかり忘れてるw
§*≧з≦) ぷっ!

乗り物酔いするくせに、ジェットコースターは大好き!
1回で満足した例は無い!何度も乗る。二男と乗る。バカ親子w


この映画は『ファイナル・デスティネーション』の繰り返しとも言えるので、単に別バージョン的な目で見ないといけない。
どんな方法で死は来るのか?誰が順番を飛ばされるか等。

しかし、『ファイナル・デスティネーション』の時は斬新な感じで思い切り楽しめて、『デッド・コースター』は、間をあけ観賞し、前作とのからみもあり、結構楽しめた。

ジェットコースターを持ち出した点では、待ってました♪と喜んだけど、そこからの死に方がね・・・たとえば、最初の日焼けサロンのシーンね、店員が締め出しに合う時の扉に挟まったチューブの中身がだんだんと無くなって、かましにしてたはずが、結局ガチャンと完全に閉まってしまう。そして、飲み物の滴が垂れ、機械にこぼれ、日焼けマシーンの温度が上がり、マシーンをあけようとドタバタした拍子に戸棚が崩れマシーンの扉を固定し、開けられなくしてしまう。
まるでピタゴラスイッチ。
しくまれたレールに玉が置かれ、コロコロと転がり、死のゴール。
ちょっと出来過ぎ感、ありあり。こそが面白いのよ、って目では見れないw

前2作はこんな風に感じへんかったはずやけどな〜。

でも、面白かったよ。

この手のタイプは好きなんでw

勢いのある映画は良いね。

人が死ぬのに悲しむ暇さえ与えないw

グロイ死体が、じっくり見せて貰えないのは残念なんだけど。
一時停止ってこんな時の為にある、と私は思うwwww
死体はちゃんと鑑賞しないとね。手抜きは無いか、どんな風にぐちゃぐちゃになってるか、一瞬映るだけでは確認出来ないからね。


好きな事をしながら死ねるのは本望とか言うけど、
ジェットコースターで死ぬのは嫌だ。


しかし、ジェットコースター、デッドコースター、上手い事ゴロ合わせ出来て良かったね〜!分かりやすいエエタイトルやわ♪



                         pokorou♪

1〜 5件 / 全186件