シュガシュガルーン

シュガシュガルーンの画像・ジャケット写真

シュガシュガルーン / 松本まりか

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「シュガシュガルーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

安野モヨコ原作のラブファンタジーアニメ第17巻。ショコラはついにオグルからバニラを取り戻すが、人間界ではオグルの力がますます強くなっていく。第49話「クイーン最終試験、開始!」から最終第51話「輝くハート! 次期女王決定」までを収録。

「シュガシュガルーン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「シュガシュガルーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

JKニンジャガールズ

テニスの王子様

断食芸人

ハンター×ハンター グリードアイランド

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

ショコラ?バニラ?

投稿日:2006/01/10 レビュアー:レビュアー名未設定

元気で生意気なショコラと恥ずかしがりやで泣き虫のバニラ。二人は親友。魔界の次期クイーン候補として人間界にやって来る話。
人間の恋心、ハートをたくさん集めたほうがクイーンになれるって話。
シュガシュガルーン ショコルーン。
やっぱり変身シーンは子供たち大喜びしますね。

ショコラの口癖は「ぶっとばす!」
うちの子供たちは早速マネしてます。
我が家では「ぶっとばす」禁止令が発動しました。

オープニングの歌の感じとか、お話とか、違うんだけど、なんとなく「魔女ッ子メグちゃん」を思い出してしまいました。
懐かしい感じがして、じつはママも気にいって見てます。
もちろん「2」も借ります〜♪

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

アンノ夫妻の愛の結晶

投稿日:2006/08/29 レビュアー:らいよん

てな訳でもないでしょうが、ある意味最も正統な魔女っ子もの(魔法少女ものではなく)。
実年齢よりも大人びた少年少女のやりとりは、昔の魔女っ子のシリーズを彷彿とさせます。
でもそれゆえに萌え自体は薄い。
つか必要ないんだけどね。もちろんターゲットである年齢層にはたまらないでしょう。

OPとEDはだんなのアンノ監督が絵コンテと演出を担当。特に後半のED2は監督らしさが出ていて良いです。

今後の安野作品のアニメ化には庵野監督の参加率が高そうで楽しみです。

追記 あの夫婦の作品の作り方をめぐってのやり取りはすごそうだ。是非見てみたい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

大人も見られる良い作品

投稿日:2008/02/05 レビュアー:あぽろ

ルーン49 クイーン最終試験、開始
ルーン50 ユニコーンからの課題
ルーン51 輝くハート・次期女王決定
の3話収録。

ついにクライマックス。「起承転結」でいうと、「結」はこの最後のディスクのみかな。

実質3話繋がっている話なので、あらすじはサブタイトルから推して
知るべしということで。

アニメ終了時点で原作がまだ連載中だった為、アニメの結末はオリ
ジナルになってる。アニメの方が子供向きな終わり方かな。

その他、見終わってストーリー上原作と異なる点は、
 (1)デュークとブランカの正体に触れない為、デュークがなぜ
  ピエールの本名を知っているのか謎のまま
 (2)シナモンが姿を変えた経緯が異なる
 (3)ショコラの父親について言及が無い
 (4)白いハート(ブラン)の効力に関する言及が無い
 (5)ショコラがホウキを手に入れる経緯が異なる
 (6)「忘れられた通路」からの生還方法が異なる
 
 ネタバレを避けて言及出来る点はこの程度か?!w
 
 あと、原作ではクイーンは君臨してるだけで実権が殆どないけど、
アニメではキャンディがかなりのリーダーシップを発揮してる。

 意外に大人も見られるアニメ。テレビ東京もたまにはこういう
作品を作るのか( ̄w ̄)

 グラシエ大尉や、ヴァルプルギスのときのロビンのファッションは
コスプレしてもいいかもってくらいカコイイ!(・∀・)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ショコラのバカさ全開

投稿日:2007/11/30 レビュアー:あぽろ

第10〜12話を収録

まだまだ未熟なショコラの張り切り満点の気合いがもろに空回りする段階(≧∇≦)

第10話はロッキンロビンを見習おうとする二人。いつもと違うロリータ系のショコラが登場。

第11話の主役はバニラ。女の子の友情がテーマだけど、女の子がああいう相談するときは、一人だけじゃなくて女の子全員にしないかな?

第12話はネコになったショコラが登場。ショコラ役の松本まりかは「人間じゃないショコラ」を演じるのに苦労した事を特典映像で語っています。

また、ピエールの飼ってるネコの名前が初めて判る。このネコ、目に特徴がある。明らかに今後の伏線で、今後このネコが重要なキーになる事は容易に想像出来る。

物語の展開上第12話は上述の通り明らかな伏線が張られているので、見逃すべきじゃないね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

真の魔女っ子もの

投稿日:2007/04/26 レビュアー:けいたん

この作品は正統派の魔女っ子ものです。

最近の萌え風味から離れたキャラクター達。
話は恋にからませて。
大きいお兄さんお姉さん達より、
まっとうなおチビちゃん達が見てあこがれる
アニメになってます。
原作者や製作者が話題になっている作品ですが、
漫画より主張がなく、子供向けだと思います。

作品全体からにじみ出る「大人へのあこがれ」は、
「大人になりたくない」もしくは「大人になってしまった」
大人達が見ると臭過るかも知れません。
しかし娘さんの親になったあなたが見れば、
「少女だったと思う日がきたのさ」
と大人の階段を上ってしまったことを、
素晴しく思えるのではないでしょうか。

モモよりサリーが好きなあなたにお勧めです。



このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全20件

シュガシュガルーン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

ショコラ?バニラ?

投稿日

2006/01/10

レビュアー

レビュアー名未設定

元気で生意気なショコラと恥ずかしがりやで泣き虫のバニラ。二人は親友。魔界の次期クイーン候補として人間界にやって来る話。
人間の恋心、ハートをたくさん集めたほうがクイーンになれるって話。
シュガシュガルーン ショコルーン。
やっぱり変身シーンは子供たち大喜びしますね。

ショコラの口癖は「ぶっとばす!」
うちの子供たちは早速マネしてます。
我が家では「ぶっとばす」禁止令が発動しました。

オープニングの歌の感じとか、お話とか、違うんだけど、なんとなく「魔女ッ子メグちゃん」を思い出してしまいました。
懐かしい感じがして、じつはママも気にいって見てます。
もちろん「2」も借ります〜♪

アンノ夫妻の愛の結晶

投稿日

2006/08/29

レビュアー

らいよん

てな訳でもないでしょうが、ある意味最も正統な魔女っ子もの(魔法少女ものではなく)。
実年齢よりも大人びた少年少女のやりとりは、昔の魔女っ子のシリーズを彷彿とさせます。
でもそれゆえに萌え自体は薄い。
つか必要ないんだけどね。もちろんターゲットである年齢層にはたまらないでしょう。

OPとEDはだんなのアンノ監督が絵コンテと演出を担当。特に後半のED2は監督らしさが出ていて良いです。

今後の安野作品のアニメ化には庵野監督の参加率が高そうで楽しみです。

追記 あの夫婦の作品の作り方をめぐってのやり取りはすごそうだ。是非見てみたい。

大人も見られる良い作品

投稿日

2008/02/05

レビュアー

あぽろ

ルーン49 クイーン最終試験、開始
ルーン50 ユニコーンからの課題
ルーン51 輝くハート・次期女王決定
の3話収録。

ついにクライマックス。「起承転結」でいうと、「結」はこの最後のディスクのみかな。

実質3話繋がっている話なので、あらすじはサブタイトルから推して
知るべしということで。

アニメ終了時点で原作がまだ連載中だった為、アニメの結末はオリ
ジナルになってる。アニメの方が子供向きな終わり方かな。

その他、見終わってストーリー上原作と異なる点は、
 (1)デュークとブランカの正体に触れない為、デュークがなぜ
  ピエールの本名を知っているのか謎のまま
 (2)シナモンが姿を変えた経緯が異なる
 (3)ショコラの父親について言及が無い
 (4)白いハート(ブラン)の効力に関する言及が無い
 (5)ショコラがホウキを手に入れる経緯が異なる
 (6)「忘れられた通路」からの生還方法が異なる
 
 ネタバレを避けて言及出来る点はこの程度か?!w
 
 あと、原作ではクイーンは君臨してるだけで実権が殆どないけど、
アニメではキャンディがかなりのリーダーシップを発揮してる。

 意外に大人も見られるアニメ。テレビ東京もたまにはこういう
作品を作るのか( ̄w ̄)

 グラシエ大尉や、ヴァルプルギスのときのロビンのファッションは
コスプレしてもいいかもってくらいカコイイ!(・∀・)

ショコラのバカさ全開

投稿日

2007/11/30

レビュアー

あぽろ

第10〜12話を収録

まだまだ未熟なショコラの張り切り満点の気合いがもろに空回りする段階(≧∇≦)

第10話はロッキンロビンを見習おうとする二人。いつもと違うロリータ系のショコラが登場。

第11話の主役はバニラ。女の子の友情がテーマだけど、女の子がああいう相談するときは、一人だけじゃなくて女の子全員にしないかな?

第12話はネコになったショコラが登場。ショコラ役の松本まりかは「人間じゃないショコラ」を演じるのに苦労した事を特典映像で語っています。

また、ピエールの飼ってるネコの名前が初めて判る。このネコ、目に特徴がある。明らかに今後の伏線で、今後このネコが重要なキーになる事は容易に想像出来る。

物語の展開上第12話は上述の通り明らかな伏線が張られているので、見逃すべきじゃないね。

真の魔女っ子もの

投稿日

2007/04/26

レビュアー

けいたん

この作品は正統派の魔女っ子ものです。

最近の萌え風味から離れたキャラクター達。
話は恋にからませて。
大きいお兄さんお姉さん達より、
まっとうなおチビちゃん達が見てあこがれる
アニメになってます。
原作者や製作者が話題になっている作品ですが、
漫画より主張がなく、子供向けだと思います。

作品全体からにじみ出る「大人へのあこがれ」は、
「大人になりたくない」もしくは「大人になってしまった」
大人達が見ると臭過るかも知れません。
しかし娘さんの親になったあなたが見れば、
「少女だったと思う日がきたのさ」
と大人の階段を上ってしまったことを、
素晴しく思えるのではないでしょうか。

モモよりサリーが好きなあなたにお勧めです。



1〜 5件 / 全20件