好きだ、

好きだ、の画像・ジャケット写真
好きだ、 / 宮崎あおい
  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「好きだ、」 の解説・あらすじ・ストーリー

 「tokyo.sora」の石川寛監督が、宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太の4人を主演に迎え、ひと組の男女の17年にわたる愛の軌跡を詩情豊かに描いたセンチメンタル・ストーリー。17歳のユウは、いつも川辺でギターを弾いている同級生のヨースケに秘かな想いを寄せいていた。しかし素直に想いを伝えられないユウ。一方ヨースケは、事故で大切な人を亡くしたユウの姉のことが気になっていた。やがてある哀しい出来事がそんなユウとヨースケを引き離す。それから17年、34歳のヨースケとユウは、東京で偶然再会するのだが…。

「好きだ、」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「好きだ、」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

好きだ、の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 英語・フランス語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
REDV00538W 2006年09月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
60枚 3人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:62件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全62件

ギターはもう聞こえない

投稿日:2006/11/11 レビュアー:裸足のラヴァース

ってフィリップ・ガレルの作品のだじゃれかよ みたいな もういいかげんこの種のモノローグなミニマル傾向映画はいいんじゃないの 真面目にやってるこの若そうな監督の悪口は言わないけど むつかしいんだよこうゆうのって 断片化する世界と個人その心象風景を空に撮るのもいいんだけど それではこの17年間のウェストされた時ってのには対抗できんでしょう 好きって言うのに17年かかったってアホかとは言わないけど お姉さんの重い時間には拮抗できないよね とにかく見てていらいら早く西島君出て来いようと誰でも思うよ 脚本を練り直してほしいね
そんなわけで ユークス君の言うもっと言葉を尽くしてほしい気がする ってのが切実に今の日本の若い映画作家に求めたいね

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今も昔も変わらない想い。

投稿日:2006/09/23 レビュアー:ベビーフェイス

この映画はセリフがあんまりない。
だからこそ、息づかいや緊張した空気がすごく伝わってくる。
「好きだ、」という気持ちは伝わっているかもしれないけれど、肝心なそのコトバが伝えられない。

17歳の頃と34歳の今。
結局何も変わってはいないのだと思う、とこの映画を見ると自分のことのように感じてしまう。

長くてつまらないと思う人もいるだろうが、この映画は「空気感」が感じられる人しか楽しめない映画かもしれない。
切なくて苦しくて涙が出てくるのは私だけかもしれないけれど(苦笑)

配役はほんと、最高でした。
瑛太と西島秀俊はなんとなくわかる気がしたが、宮崎あおいと永作博美があんなに似た雰囲気を持っているとは、この映画をみて初めて気付いた。
何度も言いますが、キャンスティング、素晴らしいです。
そして、西島秀俊ファンは見るべきです(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36pts. 【監督】石川寛ネタバレ

投稿日:2009/09/05 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

初恋の行方を描いた本作。

川辺でギターを自己流に弾いて練習している、
男子高校生と、彼にほのかな恋心を抱く女子高生。
しかし、その高校生は、その女子高生の姉に興味を持っている。
その心理描写が前半。

それから、17年後の、二人の再会を、後半で描いた作品で、
話としては、悪くないんだけど、
なにしろ、テンポが悪い。

宮崎と瑛太の川辺のシーンや、
永作と西島の再会後、彼の家に行くシーンなど、
延々、沈黙のシーンが、続くところがあって、
その長さは、二人の心理的距離の遠さを表現しているわけで、
演出なんだけど、
正直、とても、退屈です(汗)

もちろん、リアルだとは思います。
特に、17年後は、お互いのことが、気になっているわけで、
でも、踏み出せない心が、この沈黙になっているわけで、
とても、重要なシーンで、
たぶん、こういうシチューエーションだと、
多くの人は、こうやって黙ってしまうだろう。
そんな気がします。

だから、監督の気持ちはわかるのですが、、
これを、違う方法で描くというのが、
才能のような気がするんですよね。

高校生時代に、彼から、
”お姉さんの制服は、セーラー服だったの?ブレザーだったの?”
と聞かれて、
明日答えるといって、
次の日、姉の制服だった服を学校に着てくる彼女の
いじらしい感情表現など、とても、繊細ないい部分もあるので、
確かに、
沈黙のシーンを変えてしまっては、
ありきたりな映画になってしまうといえば、
そうなんですけど、、、

なにか、ピンと来ないというか、、、
寝そうになって・・・(汗)

酒を飲みながらという、私の見方が悪いだけかもしれません(汗)

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どきどき、した

投稿日:2007/05/05 レビュアー:こむすび

最初は、10代前半に読んだティーン小説みたいな内容だなと思っていましたが、配役がすごくよくって、最小限に抑えた台詞から聞こえてくる感情の強さが何とも言えず、どきどきしてしまいました。『tokyo.sora』の空気感、ここでも伝わってきます。

17年の歳月、「好きだ」、の言葉の重さ。

あーこれは大人の映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

普通に言うと、

投稿日:2006/10/10 レビュアー:

面白くないんだろうな。

台詞もほとんどなくて
気持ちの動きの説明もなくて・・・
そもそも、ほとんど動きなんてないし

でも、なんだか良かった。
こんなに寡黙にお互いを思いやるなんて
今の時代、ファンタジーなんだと思うけど。

宮崎あおい、雰囲気ある。

キスシーン、ドキドキするほど
かわいいシークエンスでした。


このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全62件

好きだ、

月額課金で借りる

都度課金で借りる