アイス・ハーヴェスト 氷の収穫

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫の画像・ジャケット写真

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫 / ジョン・キューザック

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「アイス・ハーヴェスト 氷の収穫」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

全米ベストセラーを基に、マフィアの雇われ弁護士が相棒と共にボスの大金を盗み出し、逃避行を図るさまをコミカルなタッチも織り交ぜて描いたクライム・サスペンス。監督は「アナライズ・ミー」のハロルド・ライミス。出演は「マルコヴィッチの穴」のジョン・キューザックと「チョコレート」のビリー・ボブ・ソーントン。

「アイス・ハーヴェスト 氷の収穫」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: THE ICE HARVEST

「アイス・ハーヴェスト 氷の収穫」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

さよなら。いつかわかること

ワンダーウーマン

ブレイクアウト

真夜中のサバナ

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

未公開発掘運動推進中・・・・

投稿日:2006/09/11 レビュアー:オタエドン

こんな豪華な顔ぶれなら観るしかない!!文句はあれど、文句なし?人生投げた弁護士チャーリー、曲者相棒ヴィク、欲望の渦に巻き込まれ、振り回される男たちが送るブラックでシュールな一風変わったフィルム・ノワール、聖夜に送る完全犯罪の行方はいかに?観終わり、特典映像なんか観ちゃたら、もう1度観たくなる。妙に心に残る1本でした。
政治的でもなく、さほどのラヴロマンスでもなく、911に絡んでる訳でもないのが、未公開の一因?
が、因果応報の摂理が微妙に効いて、ラストの展開はグー!
人生なんて大したもんじゃ〜〜ない、やり直しOKよ。そんな気分になれたらメッケモンかもね。興味が湧いたらご覧を。
ちと、好き嫌いがありかも・・・?
『アナライズ・ミー』のハロルド・ライミス監督でした。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

監督はゴースト・バスターズ

投稿日:2006/10/11 レビュアー:カプチーノ

ハロルド・ライミス監督は、懐かしの映画「ゴースト・バスターズ」の一人だったと思います。
特典の映像を観ていてわかりました。さすがに老けましたが、あの笑顔は、変わっていません。
お話は、コメディとは違い、中年男性の心の動きを描いており、感情移入してしまいました。
エンディングもよかったです。もうひとつのエンディングだと、観終わった後に、納得できない感じが残りますので、このエンディングで正解。必ず、特典映像を観てください。
クリスマスの時期を選んで、コメディではなく、犯罪物語にしたところも新鮮。オープニングの映像が、クリスマスの雰囲気たっぷりで、「あっ、これはいい映画だ。」と直感できました。
若い人には、中年の心の動きがつかみにくいと思いますが、ミドル・エイジのあなた、必見ですね。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

89分という小品ですが、まあまあ楽しめました。

投稿日:2006/09/19 レビュアー:パープルローズ

ジョン・キューザックとビリー・ボブ・ソーントンは「狂っちゃいないぜ」以来の共演。それぞれの個性が生かされていると思います。ジョン・キューザックはもっと評価されていい俳優だと思いますけど。

冒頭に主人公の「人は完全犯罪なんてないというけど、俺はそうは思わない。」というせりふがありますが、やっぱり完全犯罪なんて存在しない、どこかで綻びてしまうという点ではサム・ライミの「シンプルプラン」を思い出し、凍てつくような風景はアン・リーの「アイスストーム」(discas未入荷ですね。)を思い出した。

特典映像が充実。「もうひとつのエンディング」が2種類はいってますが、私は1の終わり方がいちばん好きだった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョン・キューザックの魅力 ネタバレ

投稿日:2008/07/11 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジョン・キューザックの魅力ってどこか弱々しいところではないだろうか。絶対的な
正義や絶対的な強さではないところがいい。本作でも敏腕(?)弁護士でありなが
ら金を強奪。だからといってクールなヒールってわけでもない。どっちにつくのかわ
からない危なっかさやドキドキ感がたまらないのかもしれない。
こんなジョン・キューザックの魅力が本作では非常によく出ている。彼の長所が最
大限にいかされているわけだ。後半になって二転三転する展開になり最後は生き
残るわけだが脚本や演出的にはやや甘い。これだけのネタを仕込むのなら尺が短
すぎる。撮影はいいとして編集にもっと時間をかけるべきだったかもしれない。

ジョン・キューザックの魅力は満載の作品ではあるが、それだけの作品でもある。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョン・キューザックが好きで借りたけど。。 ネタバレ

投稿日:2006/12/23 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん、正直言って面白くなかった。
ずーっと画面は暗いし、寒そうだし、男たちが孤独だし、クリスマスなのにさびしいし、みんな自分のことしか考えてないし、血なまぐさいし。で、結局主人公が独り占めかよ??いいのか??
特典に2通りのエンディングが入っていた。どちらも悲しいけど、人をいっぱい殺しちゃったんだし、しょうがないかな、と思わせるエンディング。
でも、本作のエンディングだと、おいおい、いいのかよ。。って思っちゃうんだけど、最後ぐらい明るく終わりにしたかったのかあ?
クリスマスイブの日の出来事なんだけど、クリスマスの時期にみるんじゃなかった。暗い気分で落ち込みましたわ。
★は一つと半分ってところでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全24件

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

未公開発掘運動推進中・・・・

投稿日

2006/09/11

レビュアー

オタエドン

こんな豪華な顔ぶれなら観るしかない!!文句はあれど、文句なし?人生投げた弁護士チャーリー、曲者相棒ヴィク、欲望の渦に巻き込まれ、振り回される男たちが送るブラックでシュールな一風変わったフィルム・ノワール、聖夜に送る完全犯罪の行方はいかに?観終わり、特典映像なんか観ちゃたら、もう1度観たくなる。妙に心に残る1本でした。
政治的でもなく、さほどのラヴロマンスでもなく、911に絡んでる訳でもないのが、未公開の一因?
が、因果応報の摂理が微妙に効いて、ラストの展開はグー!
人生なんて大したもんじゃ〜〜ない、やり直しOKよ。そんな気分になれたらメッケモンかもね。興味が湧いたらご覧を。
ちと、好き嫌いがありかも・・・?
『アナライズ・ミー』のハロルド・ライミス監督でした。

監督はゴースト・バスターズ

投稿日

2006/10/11

レビュアー

カプチーノ

ハロルド・ライミス監督は、懐かしの映画「ゴースト・バスターズ」の一人だったと思います。
特典の映像を観ていてわかりました。さすがに老けましたが、あの笑顔は、変わっていません。
お話は、コメディとは違い、中年男性の心の動きを描いており、感情移入してしまいました。
エンディングもよかったです。もうひとつのエンディングだと、観終わった後に、納得できない感じが残りますので、このエンディングで正解。必ず、特典映像を観てください。
クリスマスの時期を選んで、コメディではなく、犯罪物語にしたところも新鮮。オープニングの映像が、クリスマスの雰囲気たっぷりで、「あっ、これはいい映画だ。」と直感できました。
若い人には、中年の心の動きがつかみにくいと思いますが、ミドル・エイジのあなた、必見ですね。

89分という小品ですが、まあまあ楽しめました。

投稿日

2006/09/19

レビュアー

パープルローズ

ジョン・キューザックとビリー・ボブ・ソーントンは「狂っちゃいないぜ」以来の共演。それぞれの個性が生かされていると思います。ジョン・キューザックはもっと評価されていい俳優だと思いますけど。

冒頭に主人公の「人は完全犯罪なんてないというけど、俺はそうは思わない。」というせりふがありますが、やっぱり完全犯罪なんて存在しない、どこかで綻びてしまうという点ではサム・ライミの「シンプルプラン」を思い出し、凍てつくような風景はアン・リーの「アイスストーム」(discas未入荷ですね。)を思い出した。

特典映像が充実。「もうひとつのエンディング」が2種類はいってますが、私は1の終わり方がいちばん好きだった。

ジョン・キューザックの魅力

投稿日

2008/07/11

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジョン・キューザックの魅力ってどこか弱々しいところではないだろうか。絶対的な
正義や絶対的な強さではないところがいい。本作でも敏腕(?)弁護士でありなが
ら金を強奪。だからといってクールなヒールってわけでもない。どっちにつくのかわ
からない危なっかさやドキドキ感がたまらないのかもしれない。
こんなジョン・キューザックの魅力が本作では非常によく出ている。彼の長所が最
大限にいかされているわけだ。後半になって二転三転する展開になり最後は生き
残るわけだが脚本や演出的にはやや甘い。これだけのネタを仕込むのなら尺が短
すぎる。撮影はいいとして編集にもっと時間をかけるべきだったかもしれない。

ジョン・キューザックの魅力は満載の作品ではあるが、それだけの作品でもある。

ジョン・キューザックが好きで借りたけど。。

投稿日

2006/12/23

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん、正直言って面白くなかった。
ずーっと画面は暗いし、寒そうだし、男たちが孤独だし、クリスマスなのにさびしいし、みんな自分のことしか考えてないし、血なまぐさいし。で、結局主人公が独り占めかよ??いいのか??
特典に2通りのエンディングが入っていた。どちらも悲しいけど、人をいっぱい殺しちゃったんだし、しょうがないかな、と思わせるエンディング。
でも、本作のエンディングだと、おいおい、いいのかよ。。って思っちゃうんだけど、最後ぐらい明るく終わりにしたかったのかあ?
クリスマスイブの日の出来事なんだけど、クリスマスの時期にみるんじゃなかった。暗い気分で落ち込みましたわ。
★は一つと半分ってところでしょうか。

1〜 5件 / 全24件