血と怒りの河の画像・ジャケット写真

血と怒りの河 / テレンス・スタンプ

全体の平均評価点: (5点満点)

5

血と怒りの河 /シルビオ・ナリザノ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「血と怒りの河」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

テレンス・スタンプ主演、血の繋がらない親子の対決を描いた西部劇。幼い頃に両親を亡くし、盗賊の首領・オルテガに育てられたブルーは、オルテガの実の息子を射殺してしまい、オルテガと戦うことになる。

「血と怒りの河」 の作品情報

作品情報

製作年:

1968年

製作国:

アメリカ

原題:

BLUE

「血と怒りの河」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

わたしは目撃者

ウォンテッド

追憶

僕の妻はシャルロット・ゲンズブール

軍用列車

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

色彩のウェスタン。面白い作品です ネタバレ

投稿日:2006/09/07 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画は知りませんでした。先達のいつも眠たい馬さんに感謝いたします。面白く、いい映画を教えていただきました。

 この監督さんのことは何も知りませんが、とても色彩と空間設計に凝る人です。実に美しく広がった青空と白い雲、メキシコ人盗賊たちが好むカラフルな原色の装い、どぎつい血の色など、見事なロングショット、俯瞰ショットなど観ているだけで楽しい絵が続きます。色へのこだわりは、主人公の名前アズール=ブルー(原題)にあからさまで、テキサスの開拓民には地味な衣装が与えられていることを合わせると、何かの意図があるとは思うのですが、よく分かりません。ただ、美しいことは間違いありません。

 フォードの『リオグランデの砦』やペキンパー『ダンディー少佐』などでお馴染みのリオグランデをはさんで、親を失い盗賊に拾われた幼子、義兄弟殺し、父殺しという、古典的、神話的な物語が展開いたします。従来のハリウッド西部劇ではなく、残酷なマカロニでもなく、後のニューシネマ西部劇でもない。実に独特なポジションにある作品ではないでしょうか。その印象を強めているのが、無口な主人公テレンス・スタンプの透明感、というかつかみ所のなさではないかと思います。
 そのスタンプが人々を束ねて、育ての親である盗賊に立ち向かうというプロットは実に魅力的なので、最後の戦い前に彼が開拓民の心を掴む大演説のシーンが直接描写されないのは実に残念で、もったいないところです。
 しかしラストの見事さ、ヒロインの大コケなどで、大変印象的な作品となりました。75点。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

あの転倒をもう一度

投稿日:2006/08/31 レビュアー:いつも眠たい馬

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

リオグランデ河

投稿日:2007/02/19 レビュアー:argos

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

濁流に消える青い目 ネタバレ

投稿日:2012/12/11 レビュアー:Bronx

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白そうに、得意げに人を殺す主人公の登場シーンが鮮烈。
主人公が馬で走り去ると、彼の名前であり映画のタイトルでもある「BLUE」の文字が画面に現れ、
アメリカ西部劇ではちょっと聞いたことのない透明感のある曲が流れる。
茶色の大地、ぽつんと転がる死体の赤い服、青い空、白壁の教会。

絵のように美しい映像がある映画。

この冒頭はなんだかマカロニウエスタン(イタリア製西部劇)みたいだな〜と思ったら、監督はイタリア系カナダ人だ。
主演のテレンス・スタンプは『ヤングガン』にも牧場主タンストール役で出ていた人だけど別に西部劇俳優、というわけでない。
理知的な青い目をしたイギリス人。孤独な異端を演じるのにふさわしい雰囲気がある。

白人でありながらメキシコ人の山賊に育てられた主人公は口数が少なく、凶暴で、家族である山賊一家からも
浮いた存在になってしまっている。河を越えたアメリカで、白人として暮らそうとするのだが、
これも結局はうまくいかない。
彼を愛してくれるアメリカ人女性、そしてもう一人、彼を息子として深く愛するメキシコ人義父。
どちらの愛情にも心から応えられず
いびつな怪物のような自分の居場所が分からないまま、主人公がふたつの国を隔てる河の真ん中で
撃たれて流れにのまれていくラストは強力に心に焼きついた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

★3つ

投稿日:2010/02/26 レビュアー:カッチン

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

色彩のウェスタン。面白い作品です

投稿日

2006/09/07

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画は知りませんでした。先達のいつも眠たい馬さんに感謝いたします。面白く、いい映画を教えていただきました。

 この監督さんのことは何も知りませんが、とても色彩と空間設計に凝る人です。実に美しく広がった青空と白い雲、メキシコ人盗賊たちが好むカラフルな原色の装い、どぎつい血の色など、見事なロングショット、俯瞰ショットなど観ているだけで楽しい絵が続きます。色へのこだわりは、主人公の名前アズール=ブルー(原題)にあからさまで、テキサスの開拓民には地味な衣装が与えられていることを合わせると、何かの意図があるとは思うのですが、よく分かりません。ただ、美しいことは間違いありません。

 フォードの『リオグランデの砦』やペキンパー『ダンディー少佐』などでお馴染みのリオグランデをはさんで、親を失い盗賊に拾われた幼子、義兄弟殺し、父殺しという、古典的、神話的な物語が展開いたします。従来のハリウッド西部劇ではなく、残酷なマカロニでもなく、後のニューシネマ西部劇でもない。実に独特なポジションにある作品ではないでしょうか。その印象を強めているのが、無口な主人公テレンス・スタンプの透明感、というかつかみ所のなさではないかと思います。
 そのスタンプが人々を束ねて、育ての親である盗賊に立ち向かうというプロットは実に魅力的なので、最後の戦い前に彼が開拓民の心を掴む大演説のシーンが直接描写されないのは実に残念で、もったいないところです。
 しかしラストの見事さ、ヒロインの大コケなどで、大変印象的な作品となりました。75点。

あの転倒をもう一度

投稿日

2006/08/31

レビュアー

いつも眠たい馬

リオグランデ河

投稿日

2007/02/19

レビュアー

argos

濁流に消える青い目

投稿日

2012/12/11

レビュアー

Bronx

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白そうに、得意げに人を殺す主人公の登場シーンが鮮烈。
主人公が馬で走り去ると、彼の名前であり映画のタイトルでもある「BLUE」の文字が画面に現れ、
アメリカ西部劇ではちょっと聞いたことのない透明感のある曲が流れる。
茶色の大地、ぽつんと転がる死体の赤い服、青い空、白壁の教会。

絵のように美しい映像がある映画。

この冒頭はなんだかマカロニウエスタン(イタリア製西部劇)みたいだな〜と思ったら、監督はイタリア系カナダ人だ。
主演のテレンス・スタンプは『ヤングガン』にも牧場主タンストール役で出ていた人だけど別に西部劇俳優、というわけでない。
理知的な青い目をしたイギリス人。孤独な異端を演じるのにふさわしい雰囲気がある。

白人でありながらメキシコ人の山賊に育てられた主人公は口数が少なく、凶暴で、家族である山賊一家からも
浮いた存在になってしまっている。河を越えたアメリカで、白人として暮らそうとするのだが、
これも結局はうまくいかない。
彼を愛してくれるアメリカ人女性、そしてもう一人、彼を息子として深く愛するメキシコ人義父。
どちらの愛情にも心から応えられず
いびつな怪物のような自分の居場所が分からないまま、主人公がふたつの国を隔てる河の真ん中で
撃たれて流れにのまれていくラストは強力に心に焼きついた。

★3つ

投稿日

2010/02/26

レビュアー

カッチン

1〜 5件 / 全5件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

血と怒りの河