クレージー作戦 くたばれ!無責任

クレージー作戦 くたばれ!無責任の画像・ジャケット写真

クレージー作戦 くたばれ!無責任 / クレイジー・キャッツ

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「クレージー作戦 くたばれ!無責任」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

"クレージーキャッツの植木等主演による“無責任”シリーズ第3作。無気力社員・田中が鶴亀製菓が開発したハッスルコーラを試飲しモーレツ社員となる。

「クレージー作戦 くたばれ!無責任」 の作品情報

作品情報

製作年: 1963年
製作国: 日本

「クレージー作戦 くたばれ!無責任」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

暗黒街の弾痕

喜劇・駅前飯店

刑事(高倉健)

007は二度死ぬ

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

無責任と無責任 ネタバレ

投稿日:2011/08/30 レビュアー:アビュレ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

白黒シーンの植木氏が何とも新鮮であった。
どの映画を観ても同じ役柄ばかりであるところに、これは良かった。
(ハッスルコーラを飲めば、結局いつも通りではあるのだが。)

そうして、クレージーキャッツ七人のシーンがやはり一番良い。
戦場のシーン、銀行強盗のシーン、そして最後の歩きながら歌うシーン。
どれも良い。

そういえば、「無責任男を演じている植木等が、くたばれ!無責任というのは自己否定だ」
といわれたとかどうとかいう文章を読んだが、それは違うだろう。
無責任男の無責任と、くたばれ!無責任でいわれている無責任とは方向が逆だ。













このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

懐かしい

投稿日:2006/08/31 レビュアー:レビュアー名未設定

内容は昔のドタバタお笑いでフーンでしたが、首都高速の周りのビルや町並み、かなり昔の丸の内周辺?でロケをしたんだ等と懐かしく楽しませてもらいました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

たわいもない話だが暇つぶしにはOK

投稿日:2010/02/28 レビュアー:結佳

ところどころに面白い趣向もあり退屈はしない。
真剣に見るとアホらしいけどこんなもんでしょ。
へんなバラエティ見るより絶対に楽しい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

元気のない植木等 ネタバレ

投稿日:2007/10/02 レビュアー:ミッチー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は白黒画面で始まる。
前2作で儲けたはずなのにフィルム代をけちっているのかと思ったら、そうではなく、植木等が落ち込んでいるときは白黒、元気になるとカラーになる。しかし、元気になった後も前作に比べるとパワーを感じない。

どうしても前2作と比べてしまう。
まず違うのが監督。演出の仕方は当然全く違う。前2作では、植木等がスクリーン狭しと走り回り、歌いまくるが、この作品では走るシーンが少なく、歌うシーンもほとんどない。着ている背広も普通で、前回までのド派手な色ではない。

こうも違うのかと思ったが、植木等は過労のため昭和39年に入院している。体調の悪さがこの映画に影響しているような気がした。走ろうにも走れなかった、歌おうにも歌えなかったのではないか。

走り回らない、歌いまくらない植木等はやはり詰まらない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとパワーが落ち気味?

投稿日:2014/12/29 レビュアー:あるちゃん

植木さんの無気力社員の時には白黒映画、ハッスルコーラを飲んで元気になるとカラーになるという仕掛け。
無責任時代などでの爆発的なパワーはちょっと影を潜めてる感じ。まあ、野球で言うところのチェンジアップ的な1作です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

クレージー作戦 くたばれ!無責任

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

無責任と無責任

投稿日

2011/08/30

レビュアー

アビュレ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

白黒シーンの植木氏が何とも新鮮であった。
どの映画を観ても同じ役柄ばかりであるところに、これは良かった。
(ハッスルコーラを飲めば、結局いつも通りではあるのだが。)

そうして、クレージーキャッツ七人のシーンがやはり一番良い。
戦場のシーン、銀行強盗のシーン、そして最後の歩きながら歌うシーン。
どれも良い。

そういえば、「無責任男を演じている植木等が、くたばれ!無責任というのは自己否定だ」
といわれたとかどうとかいう文章を読んだが、それは違うだろう。
無責任男の無責任と、くたばれ!無責任でいわれている無責任とは方向が逆だ。













懐かしい

投稿日

2006/08/31

レビュアー

レビュアー名未設定

内容は昔のドタバタお笑いでフーンでしたが、首都高速の周りのビルや町並み、かなり昔の丸の内周辺?でロケをしたんだ等と懐かしく楽しませてもらいました。

たわいもない話だが暇つぶしにはOK

投稿日

2010/02/28

レビュアー

結佳

ところどころに面白い趣向もあり退屈はしない。
真剣に見るとアホらしいけどこんなもんでしょ。
へんなバラエティ見るより絶対に楽しい。

元気のない植木等

投稿日

2007/10/02

レビュアー

ミッチー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は白黒画面で始まる。
前2作で儲けたはずなのにフィルム代をけちっているのかと思ったら、そうではなく、植木等が落ち込んでいるときは白黒、元気になるとカラーになる。しかし、元気になった後も前作に比べるとパワーを感じない。

どうしても前2作と比べてしまう。
まず違うのが監督。演出の仕方は当然全く違う。前2作では、植木等がスクリーン狭しと走り回り、歌いまくるが、この作品では走るシーンが少なく、歌うシーンもほとんどない。着ている背広も普通で、前回までのド派手な色ではない。

こうも違うのかと思ったが、植木等は過労のため昭和39年に入院している。体調の悪さがこの映画に影響しているような気がした。走ろうにも走れなかった、歌おうにも歌えなかったのではないか。

走り回らない、歌いまくらない植木等はやはり詰まらない。

ちょっとパワーが落ち気味?

投稿日

2014/12/29

レビュアー

あるちゃん

植木さんの無気力社員の時には白黒映画、ハッスルコーラを飲んで元気になるとカラーになるという仕掛け。
無責任時代などでの爆発的なパワーはちょっと影を潜めてる感じ。まあ、野球で言うところのチェンジアップ的な1作です。

1〜 5件 / 全6件

同シリーズ作品を借りる