サバイブ

サバイブの画像・ジャケット写真

サバイブ / miko

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

旧作

ジャンル :

「サバイブ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

FULLMOTIONレーベルの『脱皮ワイフ』と『ピーカン夫婦』の監督と主演女優のコンビで贈るオムニバスエロス。半裸でホテルの廊下に出た女が隣の男の部屋に侵入する、miko主演「潜伏−Hidden−」と、のはら歩主演「Hunger」の2話を収録。R-15作品。

「サバイブ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

日本

「サバイブ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

本田隆一元木隆史

出演:

mikoのはら歩佐藤二朗miko中田寛美

関連作品

関連作品

アナあき姫殺人事件

柴公園 TVシリーズ

いつかティファニーで朝食を

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

ハズレにも程があると・・・。 ネタバレ

投稿日:2006/12/09 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私も“フルモーション”レーベルにつられて借りてしまいました。
ハズレにも程があると・・・。大ハズレです。

女優さんのイメージビデオを撮りたいという話があって、ただ撮ったら面白くない、ドラマ性のあるものにしたい、女優さんを一人メインで、セリフを無しにしようということで、この作品を撮った。
ってメイキングで監督さん?が言ってました。

だったら、オムニバスじゃないじゃん。知ってたら借りなかったよ。
ずっと、早送り、それでも時間が勿体無かったです。本当言うとレビュー書いてる自分も悲しい。

@首吊りロープを持ってウロウロ25分、首吊るつもりが失敗して宙ぶらりん。熱くて脱ぎ始め、パンツ一枚で宙ぶらりん。一晩くるくる回ってロープがぶちっと切れておしまい。

Aホテルでシャワー。バスローブのままカギロックしてしまって、偶然、浮気中の彼の部屋に侵入。覗き見して、逃げて、おしまい。

ごくろうさまでした>私

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ご馳走様でした

投稿日:2006/06/24 レビュアー:Flap

>FULLMOTIONレーベルの『脱皮ワイフ』と『ピーカン夫婦』の監督と主演女優・・・・

そうです。このフレーズにふらふらと借りてしまったのです。
両方とも小作品なので期待したほどの展開はありませんでした。
ストーリー的なものをご期待される方にはお勧めしません。
「それはないやろ」という類の突っ込みどころは満載です。
で、何を見せたかったのだろうかと考えるに、やはりそこは其々の主演女優のキャラクターそのものだったんじゃないかと思われますね。
mikoの明るくぶっ飛ぶ感じもいいですが、やっぱりのはら歩の「ぁん、私とっても困ってるの」的な眉根を寄せる表情は芝居の上手下手をはるかに凌駕して、「ご馳走様でした」と思わず手を合わせてしまいますですよ。
はい。


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

サバイブ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

ハズレにも程があると・・・。

投稿日

2006/12/09

レビュアー

レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私も“フルモーション”レーベルにつられて借りてしまいました。
ハズレにも程があると・・・。大ハズレです。

女優さんのイメージビデオを撮りたいという話があって、ただ撮ったら面白くない、ドラマ性のあるものにしたい、女優さんを一人メインで、セリフを無しにしようということで、この作品を撮った。
ってメイキングで監督さん?が言ってました。

だったら、オムニバスじゃないじゃん。知ってたら借りなかったよ。
ずっと、早送り、それでも時間が勿体無かったです。本当言うとレビュー書いてる自分も悲しい。

@首吊りロープを持ってウロウロ25分、首吊るつもりが失敗して宙ぶらりん。熱くて脱ぎ始め、パンツ一枚で宙ぶらりん。一晩くるくる回ってロープがぶちっと切れておしまい。

Aホテルでシャワー。バスローブのままカギロックしてしまって、偶然、浮気中の彼の部屋に侵入。覗き見して、逃げて、おしまい。

ごくろうさまでした>私

ご馳走様でした

投稿日

2006/06/24

レビュアー

Flap

>FULLMOTIONレーベルの『脱皮ワイフ』と『ピーカン夫婦』の監督と主演女優・・・・

そうです。このフレーズにふらふらと借りてしまったのです。
両方とも小作品なので期待したほどの展開はありませんでした。
ストーリー的なものをご期待される方にはお勧めしません。
「それはないやろ」という類の突っ込みどころは満載です。
で、何を見せたかったのだろうかと考えるに、やはりそこは其々の主演女優のキャラクターそのものだったんじゃないかと思われますね。
mikoの明るくぶっ飛ぶ感じもいいですが、やっぱりのはら歩の「ぁん、私とっても困ってるの」的な眉根を寄せる表情は芝居の上手下手をはるかに凌駕して、「ご馳走様でした」と思わず手を合わせてしまいますですよ。
はい。


1〜 2件 / 全2件

同シリーズ作品を借りる