1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. the office クリスマス・スペシャル

the office クリスマス・スペシャル

the office クリスマス・スペシャルの画像・ジャケット写真

the office クリスマス・スペシャル / リッキー・ジャーヴェイス

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「the office クリスマス・スペシャル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

ロンドン郊外スラウにある紙の卸会社にBBCの撮影クルーが到着。会社の内部を追うドキュメンタリーの製作が開始される。カメラに向かい本音をぶちまける社員たち。番組の中心となるのはマネージャーのデヴィッド・ブレント。自己顕示欲の塊で下品なジョークを連発、自分が人気者だと信じて疑わない史上最低の上司だが、部下たちも一風変わった個性派ぞろいだった。ドキュメンタリータッチで製作された、とてもリアルでブラックなシニカル・コメディ。脚本・演出はブレントを演じるリッキー・ジャーヴェイス。本国イギリスのみならずアメリカでも放映され大ヒット。ゴールデン・グローブ作品・主演男優賞に輝き、「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル主演でリメイク、TVシリーズ化された。出演はマーティン・フリーマン(「銀河ヒッチハイク・ガイド」)、マッケンジー・クルック(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)、ルーシー・デイヴィス(「ショーン・オブ・ザ・デッド」)。

「the office クリスマス・スペシャル」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

イギリス

原題:

THE OFFICE

「the office クリスマス・スペシャル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密

アメリカン・レポーター

アイアンクラッド

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ドキュメンタリィ・タッチの傑作コメディ

投稿日:2007/05/25 レビュアー:カプチーノ

テレビのコメディとしては、これまでにあまり記憶にない手法、ドキュメンタリー・タッチでつくられた英国コメディ。
これは、クリスマス版。日本でもお正月に人気番組のスペシャルをつくるような特別編。これに先立つシリーズは未見ですが、これだけで十分面白い。
英国製としては珍しくゴールデン・グローブ賞を受賞しており、それも納得。
地方都市にある会社のマネジャーを辞め、昼はセールスマン、夜はショーのコメディアンである主人公のデヴィッド・ブレント。彼の行動を追って物語は進みます。
仕事ぶりを追うのではなく、昔の職場の同僚達(個性的で、笑えるキャラクターばかり)を訪問しておしゃべりをする、ネットのデート・クラブの女性達とのやりとりなど。
最高に笑えるのは、場末の劇場でのショーに出演後、楽屋で察しの悪いデヴィッドのマネジャーとのやりとりの場面。マネジャーの一言に返す主人公の言葉で爆笑しました。しばらく大笑い。その場面を思い出すだけで笑いがこみ上げてきます。間のとり方が最高です。ここを見るだけでも十分に価値はあります。
デヴィッドに恋人はできるのか。デヴィッドの元同僚の一人で、フロリダに行ってしまった恋人のことが忘れられないティム。彼のせつない愛はどうなるのかという興味を伏線にして、クリスマス・パーティのクライマックスへと物語は進みます。
正統派のコメディとは違います。モンティ・パイソンのようなビザールな笑いでもなく、ミスター・ビーンのように奇人が活躍するわけでもなく、新しいタイプの笑いです。
シニカル、辛らつな笑いが中心になっていますが、最後はホロリとさせられました。
本編が2シーズンにわたって放送されており、そちらも観たくなりました。
英国は、コメディ王国であることを再認識。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

星:4点

投稿日:2007/02/02 レビュアー:Miching Mallecho

あの2ndシーズンのあとの数年後どうなったの?
って疑問に答えてくれるまさに最終回(?)スペシャル。
デイビッド、ティム、ギャラス、ドーンたちはどうしてるのか?
相変わらず非常におかしい番組です。
なかでもDavid Brentのお見合いネタがおかしい。
めちゃめちゃ失礼なんだけど。
それに新キャラの妊婦さんも笑えます。
ギャラスのおもしろさがちょっと弱まったのが残念。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

彼らの3年後をBBCが追跡? ネタバレ

投稿日:2006/03/26 レビュアー:みりん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

会社をクビになっても(しかも訴訟を起こして示談金ゲット>笑)相変らず顔を出し続けるデイビッド。なんと彼はCDを自主制作・・プロモーションビデオ(?)付で見れます。退職前は部下だけが迷惑を被っていたいたけれど、今や野放し状態。人の迷惑顧みず、無責任街道驀進中。
ティムは相変らずギャレスをボスとは扱わずホモネタでおちょくってるし(ギャレスはやっぱりおちょくられていることに気づいてない)フロリダにいるドーンとリーがクリスマスのために帰ってきて、懐かしい面々が勢ぞろい。ラスト、ティムについに幸運の女神が?30にして両親と同居、という不名誉から脱出できるんでしょうか。
BBCさん、ぜひ今後も追跡して下さい!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

オンリーユー? ネタバレ

投稿日:2007/11/01 レビュアー:mincof

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

結局最後は誰もが自分のオンリーワンを探すといった凡庸かつ普遍的なテーマを追求するのか?
勘違いサラリーマン、デヴィッドも愛の力で悪友フィンチに一撃を食らわし(言葉でね。)、初の男らしさをカメラにアピールするのであったか・・・。
クリスマスらしい取りあえずハッピーな最終篇ではありますが、あれれ?これでいいの?
この後交際篇とかも制作して、どんでん返しなども見てみたいと思いつつ、一方ではもう見たくない気もして、個人的にはすっきりしません。
でもパーティー会場でかかるヤズーのオンリーユー?(曲名は判然としません。)はいいです。
本当にオンリーユーな気分になります。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最高の作品。 ネタバレ

投稿日:2006/10/06 レビュアー:sunao

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シリーズも楽しくて、なんかいいなあと思うシーンも多かったのですが、これは図抜けています。
切なくなったりディビットにいらついたりもちろんしますが、特に2本目は感動必至。パーティーの後半、ドーンが帰るシーンに続くティムの語りから、ドーンがプレゼントを開けるところで涙。そしてそこからラストのディビットの語りに至るまで、本当に感動的です。
これはコメディなのだけれど、でもこんなに心を揺り動かされる作品というのはそうそうないと思います。是非、シリーズを観て、その上で観てもらいたいです。

ちなみにUS版も評判がいいようですが、観る気がしないですね。
やはりこのメンバーで、イングランドらしさ全開でやってもらってこその、The Officeだと思います。

DVDとスクリプトを買おうと決めました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

the office クリスマス・スペシャル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

ドキュメンタリィ・タッチの傑作コメディ

投稿日

2007/05/25

レビュアー

カプチーノ

テレビのコメディとしては、これまでにあまり記憶にない手法、ドキュメンタリー・タッチでつくられた英国コメディ。
これは、クリスマス版。日本でもお正月に人気番組のスペシャルをつくるような特別編。これに先立つシリーズは未見ですが、これだけで十分面白い。
英国製としては珍しくゴールデン・グローブ賞を受賞しており、それも納得。
地方都市にある会社のマネジャーを辞め、昼はセールスマン、夜はショーのコメディアンである主人公のデヴィッド・ブレント。彼の行動を追って物語は進みます。
仕事ぶりを追うのではなく、昔の職場の同僚達(個性的で、笑えるキャラクターばかり)を訪問しておしゃべりをする、ネットのデート・クラブの女性達とのやりとりなど。
最高に笑えるのは、場末の劇場でのショーに出演後、楽屋で察しの悪いデヴィッドのマネジャーとのやりとりの場面。マネジャーの一言に返す主人公の言葉で爆笑しました。しばらく大笑い。その場面を思い出すだけで笑いがこみ上げてきます。間のとり方が最高です。ここを見るだけでも十分に価値はあります。
デヴィッドに恋人はできるのか。デヴィッドの元同僚の一人で、フロリダに行ってしまった恋人のことが忘れられないティム。彼のせつない愛はどうなるのかという興味を伏線にして、クリスマス・パーティのクライマックスへと物語は進みます。
正統派のコメディとは違います。モンティ・パイソンのようなビザールな笑いでもなく、ミスター・ビーンのように奇人が活躍するわけでもなく、新しいタイプの笑いです。
シニカル、辛らつな笑いが中心になっていますが、最後はホロリとさせられました。
本編が2シーズンにわたって放送されており、そちらも観たくなりました。
英国は、コメディ王国であることを再認識。

星:4点

投稿日

2007/02/02

レビュアー

Miching Mallecho

あの2ndシーズンのあとの数年後どうなったの?
って疑問に答えてくれるまさに最終回(?)スペシャル。
デイビッド、ティム、ギャラス、ドーンたちはどうしてるのか?
相変わらず非常におかしい番組です。
なかでもDavid Brentのお見合いネタがおかしい。
めちゃめちゃ失礼なんだけど。
それに新キャラの妊婦さんも笑えます。
ギャラスのおもしろさがちょっと弱まったのが残念。

彼らの3年後をBBCが追跡?

投稿日

2006/03/26

レビュアー

みりん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

会社をクビになっても(しかも訴訟を起こして示談金ゲット>笑)相変らず顔を出し続けるデイビッド。なんと彼はCDを自主制作・・プロモーションビデオ(?)付で見れます。退職前は部下だけが迷惑を被っていたいたけれど、今や野放し状態。人の迷惑顧みず、無責任街道驀進中。
ティムは相変らずギャレスをボスとは扱わずホモネタでおちょくってるし(ギャレスはやっぱりおちょくられていることに気づいてない)フロリダにいるドーンとリーがクリスマスのために帰ってきて、懐かしい面々が勢ぞろい。ラスト、ティムについに幸運の女神が?30にして両親と同居、という不名誉から脱出できるんでしょうか。
BBCさん、ぜひ今後も追跡して下さい!

オンリーユー?

投稿日

2007/11/01

レビュアー

mincof

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

結局最後は誰もが自分のオンリーワンを探すといった凡庸かつ普遍的なテーマを追求するのか?
勘違いサラリーマン、デヴィッドも愛の力で悪友フィンチに一撃を食らわし(言葉でね。)、初の男らしさをカメラにアピールするのであったか・・・。
クリスマスらしい取りあえずハッピーな最終篇ではありますが、あれれ?これでいいの?
この後交際篇とかも制作して、どんでん返しなども見てみたいと思いつつ、一方ではもう見たくない気もして、個人的にはすっきりしません。
でもパーティー会場でかかるヤズーのオンリーユー?(曲名は判然としません。)はいいです。
本当にオンリーユーな気分になります。

最高の作品。

投稿日

2006/10/06

レビュアー

sunao

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シリーズも楽しくて、なんかいいなあと思うシーンも多かったのですが、これは図抜けています。
切なくなったりディビットにいらついたりもちろんしますが、特に2本目は感動必至。パーティーの後半、ドーンが帰るシーンに続くティムの語りから、ドーンがプレゼントを開けるところで涙。そしてそこからラストのディビットの語りに至るまで、本当に感動的です。
これはコメディなのだけれど、でもこんなに心を揺り動かされる作品というのはそうそうないと思います。是非、シリーズを観て、その上で観てもらいたいです。

ちなみにUS版も評判がいいようですが、観る気がしないですね。
やはりこのメンバーで、イングランドらしさ全開でやってもらってこその、The Officeだと思います。

DVDとスクリプトを買おうと決めました。

1〜 5件 / 全6件