ふるさと物語

ふるさと物語の画像・ジャケット写真

ふるさと物語 / マリリン・モンロー

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ふるさと物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

若きマリリン・モンローがキュートな新聞社の受付嬢を演じるドラマ。ブレイクは州議会選挙で敗北し、選挙を裏で操る企業・マクファーランドの裏を暴くために叔父の新聞社を引き継ぐ。そんな中、彼の妹が事故に遭遇し…。

「ふるさと物語」 の作品情報

作品情報

製作年: 1951年
製作国: アメリカ
原題: HOME TOWN STORY

「ふるさと物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

進め竜騎兵

シー・ホーク

ノックは無用

フリッツ・ラング コレクション 恐怖省

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

ありきたりなストーリーだけれども、ホノボノでニコッです。

投稿日:2008/02/04 レビュアー:totoro

 モンローが出演しているので、借りましたが出番は数える程。
秘書役のちょい役ですが、メインは違うので、最後まで観ました。
内容は予想できそうなものですが、手に汗を握る場面もあり結構楽しめる映画です。
アメリカ社会の良い時代だったのではとも思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

マリリンがでてる。ただそれだけ。

投稿日:2006/06/12 レビュアー:swan

話の内容も、他の俳優さんもなんのとりえもない映画です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

これぞマリリン・モンローの原型

投稿日:2007/01/06 レビュアー:argos

マリリン・モンローの歩き方とか喋り方とかにその後のマリリン・モンローの原型が出ている。
DVDは既に出ているのに、ファーストトレイディングのサイトにもないし、アマゾンにもないし、簡単に手に入らないものか。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

マリリンが出てなかったら…

投稿日:2006/05/18 レビュアー:まりもねこ

マリリン・モンローが出演していなかったら、
こんな風に日本に入ってDVD化なんてされていなかっただろう一品。
61分という短さからも分かりますが、
当時はこういう手軽な長さの前座的映画があったようですね。
だからか?企業の宣伝映画的なものでもあるようです。
ラストの方に、颯爽と現れるのがブルトーザーなので、それかな(笑)

映画というよりも、1時間ドラマとしてみれば、
なかなかちゃんと出来ていると思います。
新聞(マスコミ)の力で、企業を叩こうとする主人公だが…
ちょっと社会派でしょうか。

マリリンは主人公の秘書。
後年の甘い雰囲気よりも、秘書らしく「ツン」とした感じが可愛いです。
この頃の衣装は自前だったんだろうなあ、なんて思わせます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ふるさと物語

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

ありきたりなストーリーだけれども、ホノボノでニコッです。

投稿日

2008/02/04

レビュアー

totoro

 モンローが出演しているので、借りましたが出番は数える程。
秘書役のちょい役ですが、メインは違うので、最後まで観ました。
内容は予想できそうなものですが、手に汗を握る場面もあり結構楽しめる映画です。
アメリカ社会の良い時代だったのではとも思います。

マリリンがでてる。ただそれだけ。

投稿日

2006/06/12

レビュアー

swan

話の内容も、他の俳優さんもなんのとりえもない映画です。

これぞマリリン・モンローの原型

投稿日

2007/01/06

レビュアー

argos

マリリン・モンローの歩き方とか喋り方とかにその後のマリリン・モンローの原型が出ている。
DVDは既に出ているのに、ファーストトレイディングのサイトにもないし、アマゾンにもないし、簡単に手に入らないものか。

マリリンが出てなかったら…

投稿日

2006/05/18

レビュアー

まりもねこ

マリリン・モンローが出演していなかったら、
こんな風に日本に入ってDVD化なんてされていなかっただろう一品。
61分という短さからも分かりますが、
当時はこういう手軽な長さの前座的映画があったようですね。
だからか?企業の宣伝映画的なものでもあるようです。
ラストの方に、颯爽と現れるのがブルトーザーなので、それかな(笑)

映画というよりも、1時間ドラマとしてみれば、
なかなかちゃんと出来ていると思います。
新聞(マスコミ)の力で、企業を叩こうとする主人公だが…
ちょっと社会派でしょうか。

マリリンは主人公の秘書。
後年の甘い雰囲気よりも、秘書らしく「ツン」とした感じが可愛いです。
この頃の衣装は自前だったんだろうなあ、なんて思わせます。

1〜 4件 / 全4件