ハルとナツ〜届かなかった手紙〜

ハルとナツ〜届かなかった手紙〜の画像・ジャケット写真

ハルとナツ〜届かなかった手紙〜 / 森光子

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ハルとナツ〜届かなかった手紙〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

NHK放送開始80周年を記念して制作された、ヒットメーカー・橋田壽賀子原作・脚本による特別大型ドラマの第5巻。日本で再会を果たしたハルとナツは、長年のわだかまりを解いた後、再び離れ離れになる道を選ぶ。最終第5話「ブラジルへ」を収録。

「ハルとナツ〜届かなかった手紙〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: HARU E NATSU

「ハルとナツ〜届かなかった手紙〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

愛と死をみつめて

必殺仕掛人

天国からのラブレター Love Letter from Heaven

ずっとあなたが好きだった

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

日系移民の苦難

投稿日:2006/01/28 レビュアー:パープルローズ

10年以上前に、LAのリトルトーキョーにある日系人博物館で感銘を受けた私は、以来日系移民の歴史には興味を持ってきました。
なので、このドラマも放送時にかなり真剣にみました。
日本がまだ貧しかった頃、移民しか生きる道がなくブラジルに渡った家族。いちばん下の妹だけがトラホームにかかっていたために、日本に取り残されてしまう。ブラジルに渡った姉と、日本に取り残された妹のそれぞれの苦難の物語です。
ブラジルに移民した人たちは、アメリカに渡った日本人のように、第2次対戦中に収容所にいれられるということはなかったようですが、それでもほんとうに大変だったんだなあと改めて思いました。
ブラジルの老人ホームの日系人の人たちが、泣きながらみていたというのも頷けます。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

勉強になりました

投稿日:2007/07/26 レビュアー:nk0522

ブラジルに移民した日本人が大勢いたことは、耳にした事がありましたが、その人たちが、どういった経緯で移民し、ブラジルでどんな生活をしていたかまでは、知りませんでした。とても勉強になりました。
帰りたくても帰れない。移民したからこそ募る愛国心・・・、色々考えさせられました。

それにしてもさすがNHKが80周年記念で作ったドラマだけあって、出演陣・スタッフも豪華ですね。見ごたえありました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

見て損はなし!

投稿日:2006/04/11 レビュアー:レビュアー名未設定

あまりNHKのドラマとかは普段見ないのですが、これはたまたま共演者の豪華さに惑わされて借りたところ、ただの豪華さだけではなく、内容もまんまとハマってしまいました。
こんな時代があったんだなぁ〜と胸が痛くなったり、せつなくなったり、本当にいろいろ考えされられました。
vol1を見たら最後vol5まで必ず見てしまいますよ☆

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

良かった〜!!! ネタバレ

投稿日:2006/02/28 レビュアー:kako

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に良かった、最後にナツがブラジルに渡れて。
是非1〜5迄、続けて観て下さい。夢見て渡った国でこんな苦しい
生活をした人がいる事、今も母国である日本を訴えるしか手段が無く、
戦い続けている人がいる事・・・、私達は知るべきでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョージ原田をみたくて ネタバレ

投稿日:2007/11/08 レビュアー:ニセ関西人の妻

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぺ・ヨンジュン風謎の日系アメリカ人、ジョージ原田があの『ハゲタカ』の大森南朋が演じていたと知り、どうしても、もう一度みたくなり再度借りました。うーん、『ハゲタカ』の鷲津とは全然違う・・・大森南朋は大した役者だ。しかしナツはジョージについてアメリカへ行くことを拒否したけれど、アメリカへ渡れば却ってブラジルの家族を探すチャンスが多くなるとは考えなかったのだろうか?また、ナツの戸籍はいったいどうなっていたの?また、ジョージとの間の子供のは・・・・

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

ハルとナツ〜届かなかった手紙〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

日系移民の苦難

投稿日

2006/01/28

レビュアー

パープルローズ

10年以上前に、LAのリトルトーキョーにある日系人博物館で感銘を受けた私は、以来日系移民の歴史には興味を持ってきました。
なので、このドラマも放送時にかなり真剣にみました。
日本がまだ貧しかった頃、移民しか生きる道がなくブラジルに渡った家族。いちばん下の妹だけがトラホームにかかっていたために、日本に取り残されてしまう。ブラジルに渡った姉と、日本に取り残された妹のそれぞれの苦難の物語です。
ブラジルに移民した人たちは、アメリカに渡った日本人のように、第2次対戦中に収容所にいれられるということはなかったようですが、それでもほんとうに大変だったんだなあと改めて思いました。
ブラジルの老人ホームの日系人の人たちが、泣きながらみていたというのも頷けます。

勉強になりました

投稿日

2007/07/26

レビュアー

nk0522

ブラジルに移民した日本人が大勢いたことは、耳にした事がありましたが、その人たちが、どういった経緯で移民し、ブラジルでどんな生活をしていたかまでは、知りませんでした。とても勉強になりました。
帰りたくても帰れない。移民したからこそ募る愛国心・・・、色々考えさせられました。

それにしてもさすがNHKが80周年記念で作ったドラマだけあって、出演陣・スタッフも豪華ですね。見ごたえありました。

見て損はなし!

投稿日

2006/04/11

レビュアー

レビュアー名未設定

あまりNHKのドラマとかは普段見ないのですが、これはたまたま共演者の豪華さに惑わされて借りたところ、ただの豪華さだけではなく、内容もまんまとハマってしまいました。
こんな時代があったんだなぁ〜と胸が痛くなったり、せつなくなったり、本当にいろいろ考えされられました。
vol1を見たら最後vol5まで必ず見てしまいますよ☆

良かった〜!!!

投稿日

2006/02/28

レビュアー

kako

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に良かった、最後にナツがブラジルに渡れて。
是非1〜5迄、続けて観て下さい。夢見て渡った国でこんな苦しい
生活をした人がいる事、今も母国である日本を訴えるしか手段が無く、
戦い続けている人がいる事・・・、私達は知るべきでしょう。

ジョージ原田をみたくて

投稿日

2007/11/08

レビュアー

ニセ関西人の妻

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぺ・ヨンジュン風謎の日系アメリカ人、ジョージ原田があの『ハゲタカ』の大森南朋が演じていたと知り、どうしても、もう一度みたくなり再度借りました。うーん、『ハゲタカ』の鷲津とは全然違う・・・大森南朋は大した役者だ。しかしナツはジョージについてアメリカへ行くことを拒否したけれど、アメリカへ渡れば却ってブラジルの家族を探すチャンスが多くなるとは考えなかったのだろうか?また、ナツの戸籍はいったいどうなっていたの?また、ジョージとの間の子供のは・・・・

1〜 5件 / 全8件