ブランク・ジェネレーション

ブランク・ジェネレーションの画像・ジャケット写真

ブランク・ジェネレーション / リチャード・ヘル

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ブランク・ジェネレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ナダは、現在売り出し中のパンク・ロック・スター、ビリーの密着取材を敢行するため、ニューヨークへとやって来たフランスTV局の女性記者。クラブ“CBGB”でのステージの模様ばかりでなく、ビリーのプライベートに対しても取材を続けるナダ。ほどなく2人は恋に落ちる。しかしナダにとって、気分屋のビリーとの恋はストレスともなり、強い緊張を伴う生活に不安と心労が増していく。そんな中、ナダのかつての恋人が登場、ナダの心はますます揺れ動いていくのであった。

「ブランク・ジェネレーション」 の作品情報

作品情報

製作年: 1979年
製作国: アメリカ
原題: BLANK GENERATION

「ブランク・ジェネレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

霊廟

007/ユア・アイズ・オンリー

大鴉

WHAT ABOUT ME

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

かわいい

投稿日:2006/05/30 レビュアー:レビュアー名未設定

70年代パンクが背景なので、みなさん服装がおしゃれです。
そしてリチャードヘルがとてもかわいいです。アンディーウォーホールがでていたり、blank generationを歌ってる姿を見れるのはおもしろかったですが、ストーリーは無いに等しいです。リチャードヘルが出ている映画「スミサリーンズ」となんか似ています。主人公がみんなエゴイスティックで、恋愛模様も空虚な感じが。退廃的な感じは時代的なものかな。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

リチャードヘルに興味が無ければ面白くないでしょう。

投稿日:2006/01/28 レビュアー:錆猫

レイトショーで見ましたが、この映画はリチャードヘル本人が出てることだけが救いで、物語としては価値がありません。
パンクスとしての彼を描きたかったのか、恋愛を描きたかったのか…どちらも中途半端です。
リチャード・ヘル、アンディ・ウォーホルの動く映像が目的なら見ることができますが、リチャード・ヘルに執着が無ければ時間の無駄になってしまうでしょう。
ただ映像で聴くBlank Generationはレコードで聴くのとはまた一味違いました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

パンク全盛期。。。

投稿日:2005/11/19 レビュアー:こすぴ

70年代後半。パンク全盛期のニューヨークを舞台に、リチャード・ヘルのラブストーリーを中心に描いています。当時のカウンターカルチャー隆盛期を迎えた空気を色濃く伝えている作品です。。。

リチャード・ヘルは初めて短い髪を逆立て、Tシャツを破ったファッション。パンクファッションの始祖と言われている人です。また、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンが歌い方を真似した人物としても知られています。。。
マルコム・マクラレンがセックス・ピストルズに勧誘し、断られたのは有名な話。。。

内容は、どーでもいい内容ですが、リチャード・ヘルが演奏しているシーンだけでも必見です。。。
名曲「ブランク・ジェネレーション」が何回も流れます。。。
得意のステージ放棄も。。。

共同プロデューサーはアンディ・ウォーホル。訳分からん役でもちょっと出演してます。。。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ブランク・ジェネレーション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

かわいい

投稿日

2006/05/30

レビュアー

レビュアー名未設定

70年代パンクが背景なので、みなさん服装がおしゃれです。
そしてリチャードヘルがとてもかわいいです。アンディーウォーホールがでていたり、blank generationを歌ってる姿を見れるのはおもしろかったですが、ストーリーは無いに等しいです。リチャードヘルが出ている映画「スミサリーンズ」となんか似ています。主人公がみんなエゴイスティックで、恋愛模様も空虚な感じが。退廃的な感じは時代的なものかな。

リチャードヘルに興味が無ければ面白くないでしょう。

投稿日

2006/01/28

レビュアー

錆猫

レイトショーで見ましたが、この映画はリチャードヘル本人が出てることだけが救いで、物語としては価値がありません。
パンクスとしての彼を描きたかったのか、恋愛を描きたかったのか…どちらも中途半端です。
リチャード・ヘル、アンディ・ウォーホルの動く映像が目的なら見ることができますが、リチャード・ヘルに執着が無ければ時間の無駄になってしまうでしょう。
ただ映像で聴くBlank Generationはレコードで聴くのとはまた一味違いました。

パンク全盛期。。。

投稿日

2005/11/19

レビュアー

こすぴ

70年代後半。パンク全盛期のニューヨークを舞台に、リチャード・ヘルのラブストーリーを中心に描いています。当時のカウンターカルチャー隆盛期を迎えた空気を色濃く伝えている作品です。。。

リチャード・ヘルは初めて短い髪を逆立て、Tシャツを破ったファッション。パンクファッションの始祖と言われている人です。また、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンが歌い方を真似した人物としても知られています。。。
マルコム・マクラレンがセックス・ピストルズに勧誘し、断られたのは有名な話。。。

内容は、どーでもいい内容ですが、リチャード・ヘルが演奏しているシーンだけでも必見です。。。
名曲「ブランク・ジェネレーション」が何回も流れます。。。
得意のステージ放棄も。。。

共同プロデューサーはアンディ・ウォーホル。訳分からん役でもちょっと出演してます。。。

1〜 3件 / 全3件