ゾンビ<米国劇場公開版>

ゾンビ<米国劇場公開版>の画像・ジャケット写真

ゾンビ<米国劇場公開版> / デビッド・エンゲ

全体の平均評価点:(5点満点)

77

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ゾンビ<米国劇場公開版>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」に次ぐ“リビング・デッド”プロジェクト第2弾で、色彩・音楽・特殊メイク(トム・サヴィーニ)共にパワーアップされたアクション編。ゾンビが増え続ける中、都市からの脱出を試みるSWAT隊員たちとその仲間。ようやくたどり着いた郊外の巨大なショッピングセンターで得た束の間の平和も、乱入して来た暴走族によって終りを告げる……。

「ゾンビ<米国劇場公開版>」 の作品情報

作品情報

製作年: 1978年
製作国: アメリカ/イタリア
原題: DAWN OF THE DEAD

「ゾンビ<米国劇場公開版>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゾンビ デレクターズ・カット完全版

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド

ロストボーイ:ニューブラッド 特別版

死霊のえじき

ユーザーレビュー:77件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全77件

またしても良い映画でした。

投稿日:2006/02/07 レビュアー:よふかし

 近所のTSUTAYAにはダリオ・アルジェント監修版しかなかったので、それを観ましたが、大変面白うございました。
 かつて劇場で観ましたのはどうやら、このバージョンをあちこち切って短くし、残酷シーンになると白黒の静止画像になる日本公開版というものらしく、記憶にないシーンがたくさんあったように思います。
 実はリメイクの『ドーン・オブ・ザ・デッド』に刺激されて、夜から夜明けまで来たわけですが、この『ゾンビ』もまた良い映画でした。いいえ『ドーン』より、はるかに息苦しく、素晴らしかった。
 人体破壊は不可欠の要素ではありますが、そこばかりが取りざたされて敬遠されてしまうのは残念です。
 本当は米国公開版を見比べてからと思いましたが、『死霊のえじき』に進みたいと思います。
 近所にはないのでDISCAS頼みですが、さて、どちらが届くでしょうか(笑)。
『ゾンビ』は80点。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

昔、地上波のTVで観ました。それ以来・・・

投稿日:2010/07/18 レビュアー:ホラーいいよネ〜

最近、ホラー映画は地上波のTVで放送されませんが、この作品は私が小学生の時、テレビの「金曜ロードショー」だったかな?で観た記憶があります。
当時は内容うんぬんより、ゾンビが怖くて、怖くて・・・(泣)
そして、何十年ぶりに改めて観ることにしました。

ゾンビ・・・全然怖くないんですけど、味があります。(どんな味かは解りません)
それよりも、人間同士の争いの方が醜いですね。(秩序が無いとダメなんだよ)
小学生の時は感じ取れなかった事です。

ショッピングモールを一人占めにしたら、なにしようかな?とゾンビの怖さより、そんな事を考えてしまう・・・・。
卑しい大人になったもんだ。(悲)でも作品は楽しめました。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

恐怖の原点

投稿日:2006/07/29 レビュアー:はらぺこ

ホラーを全く見ないけど、かなりの映画通の人に、
「ジョージAロメロ監督が・・・」と話すと、誰それ?って言われました(笑)

私にとっては神のような存在なのですが・・・


さて、今更どうこう言っても、みんなのレビュー見ればどういう位置付けの作品か一目瞭然なので、多くは語りません。

ただ一つだけ。

全ての恐怖の原点が、ここにあります。

この年になるまで、見直すことのなかった作品ですが、かなり細かい所まで覚えていました。

まぁ最近の映像技術と比較してしまうと、微妙ですが・・・
確かに、ココまでの評価は、懐古の感も無きにしも非ず。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

夢とハラワタがいっぱい詰まってる。

投稿日:2011/11/03 レビュアー:ゆういちろう

この映画が面白いのは、残酷なだけじゃなくて、夢があるから。

子供の頃にデパートとかを独り占めして、好きなだけオモチャで遊んだりするの夢じゃなかったですか?
僕はメチャメチャ妄想してたので、ショッピングセンターに篭城するこのシチュエーションて、絶望的であると同時にワクワクもしてしまいます。「生鮮食品はすぐダメになるけど、缶詰やフレークがあるから3年は食えるか」とか「ビデオやTVゲームもあるし、けっこう退屈しないよね」などと生活設計までしちゃうし。

後半に登場する暴走族への不快感も、人間の凶暴性ウンヌンではなくて、秘密基地に侵入される“イヤさ”に近い気がします(笑)。

リメイク版も割と面白かったけど、やっぱりこっちのノンビリした雰囲気の方が好きかな。
ゾンビも歩いてるほうがいいです。なんとか逃げ切れそうな気がするので。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

30年前の「ゾンビ」ホラーファンなら観ないと! ネタバレ

投稿日:2008/11/15 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは、初見でしたよ〜。
「ドーンオブサデット」はこれのリメイクですかね。
とても展開が似てました。

が、30年前の作品としては、なかなか良く出来たストーリー。
ゾンビの特殊メイク以外では…ですが…

特殊メイクは30年も前や、あれでめいいいっぱい頑張ったんだろうと言う事にしておこう。なんとも、言えぬあの顔の色…小学生が図工の時間にネズミ色を使って塗ったような…あれがゾンビか…
食いちぎる肉片も、リアリティーに欠けてるが…いたしかたあるまいw

ショッピングモール内で楽しいお買いもの(?)で気晴らしをする4名。このシーンは本当に楽しげである。今置かれてる現状、ゾンビだらけの町で避難してるって事を感じさせないイキイキとした表情で遊びまくる。ゲームセンターでゲームをしまくったり、パーマ屋さんで散発したり、自分なりにお気に入りの商品を集め、お部屋まで作ったり…

が、楽しい時間は長くは続かない。
数十人のギャング風の人間が、自分達も入れろと無理やりショッピングモールへ押しかけて来た。

それぞれが、戦うシーン、この辺がアクションになるんですかね?
アクション編って言うのがいまいち良く分からないんですが…

結局、最初にモールで過ごしていた4名中の2名がヘリで脱出する。
上空から眺めるモール付近にうようよと居るゾンビ達を見降ろし、何処へともなく飛び立っていった。

そこで終了。

う〜ん。なんとなくすっきりしない終わり方だったけど。。。

これはこれで、観て良かったと思える古いタイプのホラー。

が、特殊メイクを除いては、あまり古さを感じさせませんでした。

ホラーファンなら押さえておいて損はない作品だと思う!

怖さは二の次、ホラーの歴史、ゾンビの歴史、のお勉強みたいな軽い気持ちでご鑑賞下さい♪

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全77件

ゾンビ<米国劇場公開版>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:77件

またしても良い映画でした。

投稿日

2006/02/07

レビュアー

よふかし

 近所のTSUTAYAにはダリオ・アルジェント監修版しかなかったので、それを観ましたが、大変面白うございました。
 かつて劇場で観ましたのはどうやら、このバージョンをあちこち切って短くし、残酷シーンになると白黒の静止画像になる日本公開版というものらしく、記憶にないシーンがたくさんあったように思います。
 実はリメイクの『ドーン・オブ・ザ・デッド』に刺激されて、夜から夜明けまで来たわけですが、この『ゾンビ』もまた良い映画でした。いいえ『ドーン』より、はるかに息苦しく、素晴らしかった。
 人体破壊は不可欠の要素ではありますが、そこばかりが取りざたされて敬遠されてしまうのは残念です。
 本当は米国公開版を見比べてからと思いましたが、『死霊のえじき』に進みたいと思います。
 近所にはないのでDISCAS頼みですが、さて、どちらが届くでしょうか(笑)。
『ゾンビ』は80点。

昔、地上波のTVで観ました。それ以来・・・

投稿日

2010/07/18

レビュアー

ホラーいいよネ〜

最近、ホラー映画は地上波のTVで放送されませんが、この作品は私が小学生の時、テレビの「金曜ロードショー」だったかな?で観た記憶があります。
当時は内容うんぬんより、ゾンビが怖くて、怖くて・・・(泣)
そして、何十年ぶりに改めて観ることにしました。

ゾンビ・・・全然怖くないんですけど、味があります。(どんな味かは解りません)
それよりも、人間同士の争いの方が醜いですね。(秩序が無いとダメなんだよ)
小学生の時は感じ取れなかった事です。

ショッピングモールを一人占めにしたら、なにしようかな?とゾンビの怖さより、そんな事を考えてしまう・・・・。
卑しい大人になったもんだ。(悲)でも作品は楽しめました。(笑)

恐怖の原点

投稿日

2006/07/29

レビュアー

はらぺこ

ホラーを全く見ないけど、かなりの映画通の人に、
「ジョージAロメロ監督が・・・」と話すと、誰それ?って言われました(笑)

私にとっては神のような存在なのですが・・・


さて、今更どうこう言っても、みんなのレビュー見ればどういう位置付けの作品か一目瞭然なので、多くは語りません。

ただ一つだけ。

全ての恐怖の原点が、ここにあります。

この年になるまで、見直すことのなかった作品ですが、かなり細かい所まで覚えていました。

まぁ最近の映像技術と比較してしまうと、微妙ですが・・・
確かに、ココまでの評価は、懐古の感も無きにしも非ず。

夢とハラワタがいっぱい詰まってる。

投稿日

2011/11/03

レビュアー

ゆういちろう

この映画が面白いのは、残酷なだけじゃなくて、夢があるから。

子供の頃にデパートとかを独り占めして、好きなだけオモチャで遊んだりするの夢じゃなかったですか?
僕はメチャメチャ妄想してたので、ショッピングセンターに篭城するこのシチュエーションて、絶望的であると同時にワクワクもしてしまいます。「生鮮食品はすぐダメになるけど、缶詰やフレークがあるから3年は食えるか」とか「ビデオやTVゲームもあるし、けっこう退屈しないよね」などと生活設計までしちゃうし。

後半に登場する暴走族への不快感も、人間の凶暴性ウンヌンではなくて、秘密基地に侵入される“イヤさ”に近い気がします(笑)。

リメイク版も割と面白かったけど、やっぱりこっちのノンビリした雰囲気の方が好きかな。
ゾンビも歩いてるほうがいいです。なんとか逃げ切れそうな気がするので。

30年前の「ゾンビ」ホラーファンなら観ないと!

投稿日

2008/11/15

レビュアー

pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは、初見でしたよ〜。
「ドーンオブサデット」はこれのリメイクですかね。
とても展開が似てました。

が、30年前の作品としては、なかなか良く出来たストーリー。
ゾンビの特殊メイク以外では…ですが…

特殊メイクは30年も前や、あれでめいいいっぱい頑張ったんだろうと言う事にしておこう。なんとも、言えぬあの顔の色…小学生が図工の時間にネズミ色を使って塗ったような…あれがゾンビか…
食いちぎる肉片も、リアリティーに欠けてるが…いたしかたあるまいw

ショッピングモール内で楽しいお買いもの(?)で気晴らしをする4名。このシーンは本当に楽しげである。今置かれてる現状、ゾンビだらけの町で避難してるって事を感じさせないイキイキとした表情で遊びまくる。ゲームセンターでゲームをしまくったり、パーマ屋さんで散発したり、自分なりにお気に入りの商品を集め、お部屋まで作ったり…

が、楽しい時間は長くは続かない。
数十人のギャング風の人間が、自分達も入れろと無理やりショッピングモールへ押しかけて来た。

それぞれが、戦うシーン、この辺がアクションになるんですかね?
アクション編って言うのがいまいち良く分からないんですが…

結局、最初にモールで過ごしていた4名中の2名がヘリで脱出する。
上空から眺めるモール付近にうようよと居るゾンビ達を見降ろし、何処へともなく飛び立っていった。

そこで終了。

う〜ん。なんとなくすっきりしない終わり方だったけど。。。

これはこれで、観て良かったと思える古いタイプのホラー。

が、特殊メイクを除いては、あまり古さを感じさせませんでした。

ホラーファンなら押さえておいて損はない作品だと思う!

怖さは二の次、ホラーの歴史、ゾンビの歴史、のお勉強みたいな軽い気持ちでご鑑賞下さい♪

1〜 5件 / 全77件