「8・1」

「8・1」の画像・ジャケット写真

「8・1」 / 黒川智花

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「「8・1」」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

気鋭の若手作家・山田悠介原案、テレビ朝日系「雨と夢のあとに」主演の黒川智花が主人公の中学生を演じたWebホラードラマ。心霊スポット巡りが趣味の中学生・舞は、ある日自分がよく見る不吉な夢に出てくるトンネルを訪れるが…。

「「8・1」」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「「8・1」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 黒川智花

関連作品

関連作品

DOCTORS 最強の名医

世界の果てまでイッテQ! Vol.1

恋する歯車

確証〜警視庁捜査3課

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

一か八か

投稿日:2013/10/12 レビュアー:AVANZSUR

別に選り好んで山田悠介関連の作品を観てる訳じゃないですが、なぜか予備知識無でレンタルすると別に選り好んで山田悠介関連の彼原作の作品に当たる確率が高くなるんですよね。
まぁ結局それだけ和ホラーには山田悠介と云うニーズが存在してるんでしょう。

”心霊スポット巡りが趣味の女子高生は人が死ぬ夢を頻繁に見る。その夢では必ず見知らぬトンネルが出てくる。
ある日、友人が持参した”バケトン”と噂される有名な心霊スポットが掲載された雑誌の記事を目にした瞬間から、彼女はわが身の出生の秘密を宿すそのトンネルへ魅入られたように引き寄せられていく・・・。”

主演は黒川智花ですが、時系列で云えば驚く事に金八先生の生徒役でプチブレイクする前の出演作なんですよね。
金八と初主演作品『雨と夢のあとに』で知名度と人気が平行して上昇した結果、元々WEBドラマだった本作を劇場公開した経緯があるみたいで、本作ではまだ初初しい彼女の姿が観れるのも乙なもんです。

内容自体、事故が頻繁に起こるトンネルの怪異を、事故死した父親が素人探偵宜しく紐解いていく形式で、犠牲者が同い年でしかも生年月日が一緒と云う、まるで都市伝説みたいな題材をテーマにしているものの、原因が何なのかをきちんと提示して終幕するのでもやもや感はありませんが、締め方がどうにも安易で印象に残らないのは何ともはや。
おまけに怨念の強さは凄まじく、無関係な人にまでその力を及ばすのと、そのパワーが強力と云う、それを駆使する存在自体をそこまで悪魔的な設定にしたのは無理矢理な感が否めません。
またトンネル=胎動 と云うお馴染のオカルトネタに対して「またそれかよ」と興醒めポイントもありますが、まぁ、WEBドラマとしてはかなりの人気を誇ったらしいんで、よしとするしか・・・。

ちなみに収録時間は本編約60分とコスパで考えると損な気にさせますが、舞台裏を撮影した特典映像が約30分も盛り込まれてるのは、明らかに本編の短さに対しての帳尻合わせなんでしょうw
サービスカット?・・じゃ勿論ありませんが、原作者の姿が何度か映し出されます。
「若っ!!」その辺に歩いてる大学生と見た目何等変わりませんがな。
なるほど、その優男ルックスが人気を呼び寄せてるんですね。
やっと呑み込みました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

Webかあ・・・

投稿日:2006/10/31 レビュアー:MAMAMI

なんだか宣伝のままドラマになった様で、久々に冷めた目で見てしまいましたが・・・本当は会うために探してたんだね?!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

テーマ(目のつけどころ)がいい

投稿日:2006/03/21 レビュアー:ミルナ

たいして怖くないしたいしたことないんですが・・・
不思議と説得力があるというか、フムフムと思ってしまいました。
結末なんて陳腐なぐらいなんですが。
主人公の黒川智花の演技力のおかげは大きいかも。

これから夏に向けて心霊名所めぐりを考えている人はこれを見てからでも遅くない!!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

時間が短いので

投稿日:2006/09/14 レビュアー:続、呼塚の男

 60分という時間の中で、かなりつめこみ気味の作品です。作品の内容からしたら、きつきつの時間なので、最初はかなり展開が早いような印象があります。

 男目線からみると、黒川智花がカワイイ!というのと、その親友の女の子もカワイイ!という、後で調べたら、友達の女の子は奥田佳菜子という娘で、ガッコの先生とかにも出演した事のある少女らしいです。

 物語そのものは、最初「何故そういうことになるの?」という感じでしたが、結局結末見てもそういう疑問が完全には払拭されないまま終っちゃいました。ある意味理不尽なようなところもあります。途中で昔話になるのですが、あの設定はちょっとおかしいんじゃないかなというのもありました。いくらなんでも・・・え〜、という。

 面白いかつまらないかといえば、必ずしもつまらないとは思いませんが、時間が短いので満足感はそれほど得られませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

中途半端! ネタバレ

投稿日:2006/01/16 レビュアー:千夏

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

途中までは面白かったけど、ラストがイマイチ。
母親の怖さが良かったのに、結局ゴチャゴチャ内容。
髪の長い女の子で白いワンピースとか、日本のホラーはどれも似たのばかり。全部貞子に見える!(苦笑)
怖い場面とか良い所もあるだけに、まとまりなくて残念です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

「8・1」

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

一か八か

投稿日

2013/10/12

レビュアー

AVANZSUR

別に選り好んで山田悠介関連の作品を観てる訳じゃないですが、なぜか予備知識無でレンタルすると別に選り好んで山田悠介関連の彼原作の作品に当たる確率が高くなるんですよね。
まぁ結局それだけ和ホラーには山田悠介と云うニーズが存在してるんでしょう。

”心霊スポット巡りが趣味の女子高生は人が死ぬ夢を頻繁に見る。その夢では必ず見知らぬトンネルが出てくる。
ある日、友人が持参した”バケトン”と噂される有名な心霊スポットが掲載された雑誌の記事を目にした瞬間から、彼女はわが身の出生の秘密を宿すそのトンネルへ魅入られたように引き寄せられていく・・・。”

主演は黒川智花ですが、時系列で云えば驚く事に金八先生の生徒役でプチブレイクする前の出演作なんですよね。
金八と初主演作品『雨と夢のあとに』で知名度と人気が平行して上昇した結果、元々WEBドラマだった本作を劇場公開した経緯があるみたいで、本作ではまだ初初しい彼女の姿が観れるのも乙なもんです。

内容自体、事故が頻繁に起こるトンネルの怪異を、事故死した父親が素人探偵宜しく紐解いていく形式で、犠牲者が同い年でしかも生年月日が一緒と云う、まるで都市伝説みたいな題材をテーマにしているものの、原因が何なのかをきちんと提示して終幕するのでもやもや感はありませんが、締め方がどうにも安易で印象に残らないのは何ともはや。
おまけに怨念の強さは凄まじく、無関係な人にまでその力を及ばすのと、そのパワーが強力と云う、それを駆使する存在自体をそこまで悪魔的な設定にしたのは無理矢理な感が否めません。
またトンネル=胎動 と云うお馴染のオカルトネタに対して「またそれかよ」と興醒めポイントもありますが、まぁ、WEBドラマとしてはかなりの人気を誇ったらしいんで、よしとするしか・・・。

ちなみに収録時間は本編約60分とコスパで考えると損な気にさせますが、舞台裏を撮影した特典映像が約30分も盛り込まれてるのは、明らかに本編の短さに対しての帳尻合わせなんでしょうw
サービスカット?・・じゃ勿論ありませんが、原作者の姿が何度か映し出されます。
「若っ!!」その辺に歩いてる大学生と見た目何等変わりませんがな。
なるほど、その優男ルックスが人気を呼び寄せてるんですね。
やっと呑み込みました。

Webかあ・・・

投稿日

2006/10/31

レビュアー

MAMAMI

なんだか宣伝のままドラマになった様で、久々に冷めた目で見てしまいましたが・・・本当は会うために探してたんだね?!

テーマ(目のつけどころ)がいい

投稿日

2006/03/21

レビュアー

ミルナ

たいして怖くないしたいしたことないんですが・・・
不思議と説得力があるというか、フムフムと思ってしまいました。
結末なんて陳腐なぐらいなんですが。
主人公の黒川智花の演技力のおかげは大きいかも。

これから夏に向けて心霊名所めぐりを考えている人はこれを見てからでも遅くない!!

時間が短いので

投稿日

2006/09/14

レビュアー

続、呼塚の男

 60分という時間の中で、かなりつめこみ気味の作品です。作品の内容からしたら、きつきつの時間なので、最初はかなり展開が早いような印象があります。

 男目線からみると、黒川智花がカワイイ!というのと、その親友の女の子もカワイイ!という、後で調べたら、友達の女の子は奥田佳菜子という娘で、ガッコの先生とかにも出演した事のある少女らしいです。

 物語そのものは、最初「何故そういうことになるの?」という感じでしたが、結局結末見てもそういう疑問が完全には払拭されないまま終っちゃいました。ある意味理不尽なようなところもあります。途中で昔話になるのですが、あの設定はちょっとおかしいんじゃないかなというのもありました。いくらなんでも・・・え〜、という。

 面白いかつまらないかといえば、必ずしもつまらないとは思いませんが、時間が短いので満足感はそれほど得られませんでした。

中途半端!

投稿日

2006/01/16

レビュアー

千夏

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

途中までは面白かったけど、ラストがイマイチ。
母親の怖さが良かったのに、結局ゴチャゴチャ内容。
髪の長い女の子で白いワンピースとか、日本のホラーはどれも似たのばかり。全部貞子に見える!(苦笑)
怖い場面とか良い所もあるだけに、まとまりなくて残念です。

1〜 5件 / 全5件