機動警察パトレイバー ON TELEVISION

機動警察パトレイバー ON TELEVISIONの画像・ジャケット写真
機動警察パトレイバー ON TELEVISION / 冨永みーな
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
ジャンル:

「機動警察パトレイバー ON TELEVISION」 の解説・あらすじ・ストーリー

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ最終巻。野明が人気番組「はたらくお嬢さん」に出演することに。番組が第2小隊を密着レポートしている最中、レポーターが暴走犯の人質に捕らえられてしまう。第43話から第47話、特別話を収録。

「機動警察パトレイバー ON TELEVISION」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: 日本
原題: Patlabor − The Mobile Police

「機動警察パトレイバー ON TELEVISION」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

機動警察パトレイバー ON TELEVISIONのシリーズ商品


1〜 8件 / 全8件

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 1

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第1弾。近未来都市の東京。汎用人間型作業機械“レイバー”による犯罪を阻止すべく、警視庁内部に設立された特殊車輌二課が立ち上がる。第1話「イングラム起動」から第6話「ザ・タワーSOS」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0867 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 0人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 2

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第2弾。待ちに待った新型吉SRX70”導入の話が第1小隊に持ち上がった。しかし、その裏にはシャフトの陰謀があり…。第7話「栄光の97式改」から第12話「太田 惑いの午後」まで、全6話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0868 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 0人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 3

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第3弾。レイバーが大好きだというウル殿下が来日。早速、殿下は特殊二課の下を訪れイングラムを見て感激、はしゃぎまくるが…。第13話「殿下お手柔らかに」から第18話「スキスキ野明先輩」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0869 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 2人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 4

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第4弾。地下鉄ネットワークシティに爆弾が仕掛けられた。撤去作業に駆けつけた野明と香貫花は、そこで巨大生物に遭遇する。第19話「ジオフロントの影」から第24話「さらば香貫花」までを収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0870 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 5

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第5弾。香貫花が去った後、太田の指揮には進士が当たることに。ある日、進士の下に前会社の先輩から新会社への引き抜きの話が持ち上がる。第25話「春の嵐」から第30話「グリフォン参上!」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0871 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 1人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 6

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第6弾。東京国際レイバーショウの警備を任された特車二課。そんな時、会場に黒いレイバー“グリフォン”が出現。会場は一気に大混乱となる。第31話「雨の惨劇」から第36話「野明の冒険」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0872 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 7

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ第7弾。第2小隊の保険料があまりに高いことを不信に思った保健会社が、現場検証へと特車二課へとやって来るが…。第37話「安心売ります」から第42話「テロリストを救え」まで、全6話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0873 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

機動警察パトレイバー ON TELEVISION 8

  • 旧作

ゆうきまさみ原作の人気コミックのTVアニメシリーズ最終巻。野明が人気番組「はたらくお嬢さん」に出演することに。番組が第2小隊を密着レポートしている最中、レポーターが暴走犯の人質に捕らえられてしまう。第43話から第47話、特別話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
148分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0874 2005年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 2人 0人

1〜 8件 / 全8件

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全32件

いっちバーン!!メディアジャンキーです。

投稿日:2005/08/15 レビュアー:レビュアー名未設定

おおっ!!
TVシリーズ全部入荷してるじゃん!!
(^_^)
これからこの作品に触れる人たちのためにもこの作品の素晴らしさを伝えたいです。
(^△^)
この作品は面白いです。
当時としては数少ない、企業の闇や社会の裏側などを描いた漫画を原作に、それを噛み砕いた感じでの作品がこれです。
見る人の歳や性別を問いません。
人間関係やミステリーな部分は女性も面白いと思うし
男性諸君は問答無用でメカニックの緻密さと結構派手なロボットアクションに熱中!!
(^_^)
ちょっとマニアックな話をしますんで、そういうのを嫌いな人は飛ばしてね。
ガンダム以降、ガンダムの真似、もしくは意図せずガンダムに辿り着いてしまったロボット達が乱立してゆく中、この「レイバー」というロボットは生まれた。
「今までのと何が違うんだ?」
と思う方もいると思うので分かりやすく説明します。
ガンダムやそれに類似したロボット達は
「フォークリフト」です。
もしくは「パワーショベル」や「クレーン」、「自動車大量生産工場の工業用機械」戦うんで「戦車」とか。
分かりやすいところだと
「自動車」
です。
つまり、機械、乗り物の延長上です。(ガンダム愛の人達ごめんなさい(^_^;))
使いやすい兵器、乗り物を考えて、辿り着いたのが
腕足二本、指五本。
自分自身の感覚に近いほうが使い勝手がいいと気付いたわけです。
「レイバーも同じでは?」
と、お思いの方。
確かに形はそうですが、中身が違うのです。
レイバーには「コンピュータ」の延長上としての概念が組み込まれています。
今まで自由気ままに動きまくり、飛びまくり、戦いまくっていたロボット達に一石を投じる試みです。
OSを乗せかえると変化が現れ、
それぞれの機種に顕著な特性が生まれ、
商品的価値という考え、
数多くのメーカーと各社の特性、
OO国製という機体の個性や民族性、
エネルギー切れではなく、エラーによる活動停止、または誤作動などの現象。
「これホントにロボット?」
と思う方も多々いると思います。
しかし、現代で実現可能なロボットは間違いなくこの
「レイバー」なのです。

え〜〜っと
長くなりましたが、そんなことはさておき。
面白い作品ですので
是非とも見てください
(^△^)

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「機動警察パトレイバー」との出逢い

投稿日:2009/01/11 レビュアー:にしやん

15年ほど前、近所のゴミ捨て場に30本ほどのベータのビデオテープの入ったダンボール箱が捨ててあった。当時ビデオは既にVHSが主流になっておりベータのテープは入手困難で「これは有難い」と早速お持ち帰り〜(by竜宮レナ)。上書きの前にチェックした中の1本に「機動警察パトレイバー」の第1期OVA版、つまり「アーリーデイズ」全6話が録画されていた。その面白さにハマりその後の映画版、TVシリーズ、第2期OVAと地元のレンタルショップ(もちろんTSUTAYA)でレンタル。「パトレイバーワールド」にノメリ込んでしまった。

このTVシリーズは押井守ファンから見れば「ユルい」と思われるだろうがその組織からのハミ出し者が社会経験、特に会社組織の上下関係、人間関係を経験した者にはいちいちうなずける話が多い。ある意味、大人の視聴に耐える作品であるといえる。それは特車二課という部署があくまでも警視庁という組織の一部署でありそれが物語の随所に描かれているといえる。そしてその組織からのハミ出し者が特車二課第2小隊の面々といえる。

そのハミ出し者たちが思考錯誤しながらも、さまざまな事件をチカラまかせに解決して行く、そんな物語に痛快さを感じたのは私を含めた社会組織の一歯車として生きる人たちではないだろうか?これはいわゆる引き込もりやニートといわれる人種には理解できないことだろう。

野明、遊馬、大田、紳士、ひろみ、これらの面々は決してスーパーマンではない。どこにでもいるようなキャラクターである。野明は愛機にペットの名前を付ける普通の女の子、遊馬は親に反発して自分の生きる道を模索する青年、紳士はごく普通の恐妻家(失礼、愛妻家)、ひろみちゃんは、トマト畑とニワトリを可愛がる心優しい青年、大田は…、まあとにかく皆、普通の人間である。そんな普通の彼らが結局が日本を転覆するような事件までも解決してしまうところにこの「パトレイバー」の痛快さがある。そしてそれにはこれらのメンバーをまとめている後藤隊長、よき理解者であるシノブさん、榊班長、シゲさん、松井刑事などの協力者のおかげであり、人間は人間の中でこそその力を出し切っていけるのだということを描いていると思う。

少なくとも私は、この作品のおかげで、社会生活の中でともすればくじけそうになるのを幾度となく助けられた。そんな異味からも忘れることのできない作品である。

このTVシリーズはそれまでのOVA、映画版より一般の視聴者を対象として作られているためか、それまでのマニアックな作りに比べ、より現実的な話が多い。それがそれまでのパトレイバーファンには「ユルい」といわれるかも知れないのだが反面、より入り易くなったといえる。この作品が作られてから早や20年、「この作品はフィクションである…が、10年後においては定かではない」からも10年が経ってしまった。しかし、ここに描かれている人間模様、思考パターン、行動パターンは今でも全く古さを感じさせない。

さまざまな映画、ドラマ、アニメから学び取ることは百人百様だろうが、願わくば人生を前向きに生きる参考となるように見て頂きたい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最終巻も惰性ですね…(^^;)ネタバレ

投稿日:2009/11/04 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

●第43話 はたらくお嬢さん
野明がテレビの「働くお嬢さん」に出演することに。実際に収録が始まり、せめて醜態だけは見せまいと悪戦苦闘する野明だが、どうも上手くいかない。
そんな折、作業用レイバーを奪った男の自殺騒動が発生。
突撃レポーター・桜山桃子も野明と共に現場へ急行する。
★後藤と榊の会話で、犯人の名前・ルドルフ新堀が競走馬の名前をパロっていると知り、調べてみました。
該当の競走馬は、シンボリルドルフで、1983年から1986年の引退までGI競走で通算7勝(全体では16戦の内、13戦が1着!)。
日本競馬史上4頭目のクラシック三冠馬であり、初めて無敗でクラシック三冠を達成したそうです。
アニメの設定年は1997年〜98年ですから、後藤や榊から見ると10年以上も前の馬っていうことになるんですね。

●第44話 CLATよ永遠に
香貫花を隊長とするニューヨーク市警レイバー隊へ最新の技術を伝えるため、整備班のシゲに渡米の辞令が下る。
そして訪れたニューヨークでは、予想を上回る光景が展開される。
巨大ロボ・メガアイアンを操る女マッドサイエンティストから、世界を守れ!CLAT!!
★CLAT版イングラムの出動シーンはサンダーバードのパロディですよね?
それくらいしか書くことないかも…

●第45話 職業選択の自由
空挺レイバー隊の「99式ヘルダイバー」の演習を見に自衛隊の総合火力演習を訪れた後藤以下第2小隊。
彼らを呼び止めた自衛官の案内で向かった格納庫にいたのは、南雲隊長の学生時代の友人にしてヘルダイバー部隊の隊長を務めている不破だった。
彼女の狙いは?

●第46話 その名はゼロ
第1小隊に、篠原重工の最新鋭レイバー「AV-0」が導入されることが決定した。
あらゆる面で「イングラム」の能力を凌ぐ新型機。その姿を見る野明の胸の内に沸き起こるのは、いかなる感情か…。
アルフォンスと名付けた愛機への想いが、今の野明には重い。

●第47話 コンディション・グリーン
出動するたびに評価が高まる、第1小隊の「AV-0」。それと相反するかのように沈んでいく野明の心。
苫小牧に帰郷し、かつての愛犬、アルフォンスとの死別を思い返す野明。
迎えにきた遊馬と共に東京へ戻る二人に、第1小隊援護のため、緊急出動の命令が下る!

★各話の話については、まるっきり書くネタがなくなってきてしまいました。
全体的には面白い方なんですけど、感動がないっていうか…ドラマを流してみている感じで…。
『次の話が楽しみ!』ってヤツがないんですよね。
第36話から第45話は1話完結で、46話、47話はなんかウジウジしてる話で盛り上がらなかったですからね。
11話もあるんですから、3、4話くらい使ってデカイ事件の長編物でもやってくれたら良かったんですけどねぇ。
第一期OVAの『二課の一番長い日』のネタで、もっとじっくりと見せてくれるとか…。
パトレイバーじゃなくて、それに関わる人間に重点を置いているアニメ(マンガ)ってことなんでしょうけど、盛り上げ方は落第だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ようやくTVシリーズに着手(苦笑)ネタバレ

投稿日:2009/11/04 レビュアー:春爛漫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なかなか借りれなくて…
未だに人気があるみたいでスゴイですよね。在庫枚数が少ないにしても、★マークが点灯しないくらいですから。
OVAからTVシリーズ化される作品は聞いたことがありますが、TVシリーズより先に劇場版があるのは珍しいと思いませんか?
放映は1989年10月〜1990年9月で、全47話…中途半端な放映回数ですよね。
満を持しての放映だったのでしょうが、思いのほかウケが悪くて途中打ち切りになったみたいですね。

さて、肝心の映像ですが…
昔はこういうアニメだったんですよねぇ〜今のアニメが如何に綺麗に作られているかがわかります。
でも、ストーリーは全然遜色ないです。
パトレイバーの良いところって、存在そのものが身近で、実際にあり得るかなぁと思えるところ。
設定自体は未来的でSFなんですけど、これが人間ドラマや警察ドラマになっているところです。
まぁ、時々退屈な回もあったりするんですけどね。
時代も初期OVA発表時から10年後、つまり1998年頃の設定のようです。
だから、97式とか98式とか名前がついているんでしょうね。
実際には、未だレイバーみたいなのは存在していないんですが、メカ的な描写や駆動効果音なんか現実味ありません?

●第1話 イングラム起動
あらゆる分野で活躍する、汎用人間型機械“レイバー”。
続発するレイバー犯罪に、警視庁は特殊車両二課、通称パトレイバーを新設し、対抗していた。
ある日、太田と遊馬は、その新型レイバー「イングラム」を見にいく途中で若い婦警・泉野明に出会う。

●第2話 香貫花が来た
養成学校にてイングラムの研修を受けていた第2小隊の隊員たち。
中でも、最終日の模擬戦によって今後の配置が決まると聞いた野明は大ハリキリ!
第1小隊の五味丘、ニューヨーク市警からやってきた香貫花を倒してパイロットの座を勝ち取れるのか!?

●第3話 こちら特車二課
特車二課が置かれているのは、人跡未踏の埋立地。
特車二課の隊員たちは、整備班の高速艇を漁船にして食糧難を解決していたが、何と高速艇が漁の帰りに座礁、太田が2号機の操縦をミスして二重遭難してしまう。
整備班長・榊に知られる前に何とかしなくては!

●第4話 魔の山へ行けっ!
なぎ倒された木々と、激しく破損した「クラブマン」、そして、森にこだまする不気味な唸り声。
通報を受けた第2小隊は、怪獣退治と色めき、早速捜索を開始。
山林へと分け入るが、見つけ出した唸り声の主の傍らには、思いもかけないものが待ち受けていた!

●第5話 暴走レイバーX10
試作戦闘用レイバー「HAL-X10」が、評価試験中に暴走を始めてしまった!
事態を極秘裡に処理すべく、尻拭いの役が第2小隊に回ってきたが、重装備の軍用レイバーに正面から向かっても勝てるはずはない。
果たして、第2小隊は暴走を止められるのか!?

●第6話 ザ・タワーSOS
建設中の都市型高層建築物タワーシティで、大規模な火災が発生。
しかも視察中の某国外相一行が、地上200mに閉じ込められてしまった!
救助命令を受けた第2小隊は、屋上に設置されているクレーンからイングラムを釣り降ろすという作戦に出るが…。

★立木文彦さんが、まだ駆け出しなのか、その他大勢の役でたくさん出てきています。
もうそれが嬉しくって!
大好きなんですよね、立木さんの声。
声の幅はそんなにあるわけじゃないんですけど、色んな役をこなしておられるのは、こういう下積みをされているからなんでしょうね。
ちょっと感動しています。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もはや未来の話じゃないという(泣)

投稿日:2009/09/29 レビュアー:(み)

近未来が設定のロボット&警察物なんですけど、
レイバー(ロボット)の型式が98式AV。
つまり1998年が「未来」という時代なのです。

もはや現在においては10年も昔の出来事で、
近未来物って難しいなーと思う今日この頃であります。


さて、このテレビ版の前に、
今では「アーリー・デイズ」と名前を変えたOVAシリーズがあります。
普通、OVAの方があらゆる意味においてクオリティが高いものですが、
これはちょっと逆ですね。
OVA版より絵柄もスッキリしているし、
脚本も公平な目でみてこちらの方が出来が良い。

話が繋がっているわけではないので、
まだ未見の方はこちらからご覧になった方がいいでしょう。


この後は第2期のOVAシリーズと、
映画が3本既にリリースされてます。

どちらもなかなか優れた作品ですので、
TVシリーズが気に入った方はどんどんそちらにシフト!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全32件

機動警察パトレイバー ON TELEVISION

月額課金で借りる

都度課金で借りる