新選組!完全版

新選組!完全版の画像・ジャケット写真

新選組!完全版 / 香取慎吾

全体の平均評価点:(5点満点)

49

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「新選組!完全版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

三谷幸喜脚本、主演の香取慎吾など豪華キャストを迎えて制作されたNHK大河ドラマのレンタル版第13巻。幕末の時代、京都守護職として治安を守り、その名を轟かせた新選組。局長・近藤勇ら隊員たちの栄光と苦悩の日々を綴る。第48話と最終第49話を収録。品番:GNBR7135と品番:D*GNBR7135Rの作品内容は同じです。

「新選組!完全版」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「新選組!完全版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・マジックアワー

金田一少年の事件簿N(neo)

花束みたいな恋をした

張り込み

ユーザーレビュー:49件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全49件

☆ギャー!国営大河だった!しまった!

投稿日:2009/04/02 レビュアー:信長

時代物を見てみよう週間で、監督とかキャストとか何も見ずにうっかり借りてしまったこれ。
再生即行本編が始まる、という潔さに快感を感じたものの、見てたら「大河」の文字……

ギャーッ! 金を出してこんなもの借りてしまった!
しかも香取慎吾君主演のモノ!(アイドル映画)
しかも沖田があの俳優!(この人が苦手)

と大後悔したものの、とりあえず、借りたので観よう、と努力はしてみた。

そりゃ重鎮が出てるからアレだが、重鎮の喋りと、アイドルの喋りの差が酷い。刺身に生クリーム乗せられている気分だ。
香取君とかが喋るたびに鼻から笑いがもれる。

大河で新撰組、しかも近藤を香取君がする、と本放送で聞いたときにも笑ったが。

以前松田勇作のドラマのリメイクしておお外ししたのに。なんでこういう『渋い』役を彼に持ってくるんだろう。(松田勇作の代わりとか、舐めてんのか)

台詞が舌足らずで迫力が無いんだよ。近藤の若いときとか言っても無理。
「透明人間」とかああいう軽いドラマをさせて上げれば良いのに。
(香取君と共演した主演の俳優が、あまりにドラマが滑ったもので、自分のドラマ歴史からそのドラマを消したとか。香取君が主役クラスでかかわって成功したドラマなんて、最近無いだろ。『ドク』あたりのサブキャラじゃないと無理だよ。舌足らずなんだから台詞のある役は無理)

「あんな綺麗な顔殴れない」と言う台詞もいかがなものか。そんなに綺麗な顔だったか? 香取君の方がイケメンに僕は思ったが。

土方の手に持っていたものが丸薬だとしたら、そんなものを川に投げるってどういうことだ。なんの伏線なんだ。なんで持ってたんだ。

字幕も無いので早送りもできないし、我慢してみていたが、「鬼瓦」と言われた時点で消した。
香取君の顔がどうしたら鬼瓦に見えると言うのか。

これは「カラスは白い」と言われているのと一緒だ。

史実だとしても、香取君が近藤をするのならば、せめてそのエピソードは削れよ。このドラマでは、近藤はイケメンなんだ、というスタンスを出せば良いのに。


頼むから、ジャニーズをこういう所に持ってくるな。
下手なんだよ、彼らは。戦争映画にも主役で出てくるな。

以前、信長を大河でしたとき、松岡が蘭丸だったのは良かった。(本能寺のあたりで一瞬観ただけだが)
ああいう役でいいじゃないか。ジャニーズは。せめて沖田にしとけ。歴史を変えた主人公なんて無理。


そして
使っているのは太秦映画村だろうに、
他の局の時代劇がまだリアルな映像を出しているのに、
なぜ、NHKはあんな画面を作ることができるんだろう。

NHKのドラマを観るといつも、ライティングとか小道具とか、カメラワークとか、なんて下手なんだろう、と思う。

何が違うの? 他の局とどう違ったらあんな画面を作られるの?
衣装を洗濯機でまわしてよたらせるとか、なぜできないの?
百姓でも継ぎ接ぎはしていても新品の服を着てるとか、違和感覚えないの?

せめて……近藤が『鬼瓦』な顔であれば、一応観たのに。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

まさに青春群像

投稿日:2006/10/03 レビュアー:よねっち

たった今、最終話まで観終わりました。
およそ140年前、幕末の世を駆け抜けた若者たちのまぶしいほどの青春群像劇です。

今までの新撰組のイメージとはかけ離れているのは確かですが、オーソドックスなものをお好みの方は、他に観るべきものがたくさんあるので、そちらをご覧になればよいでしょう。

私は演技力というものについてはよくわかりませんが、それぞれのキャラがしっかり立っていて、実在の隊士はひょっとしたらこんなふうだったんではないかと思わされてしまうくらいです。昔の人というと、われわれはとかく立派な型にはめて考えがちですけれど、ほんの140年前ですよ。みんな案外こんな風に、あるときは悩み、あるときはゆれて、時には茶目っ気も発揮しながら生きていたのかもしれません。

主役の香取慎吾君の妥当性についていろいろご意見が分かれているようですが、私はこの青春群像劇としての『新選組!』の近藤勇は、彼以外には考えられないと思います。台詞は苦労の跡がうかがえるものの、表情が秀逸。
最期はもちろんですが、前半、新妻をいとしげに見つめるまなざしなど、それだけで胸に迫るものがありました。
他の出演者も、観終わった今だからいえるのかもしれませんけれど、一人残らず、素晴らしくハマって、生き生きとしていました。

後半、暗くなりがちなところも、三谷氏一流の息抜きが入り、つくづくよくできた脚本だと感じました。

幕末に燃えたみずみずしい若者群像を見たことで、そこから今の自分の生活態度や信条など、少し振り返ってしまったりもしています。
彼らの苦しみや悩みがあって、今の民主国家日本ができあがったのですからね。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

Mプランの自分

投稿日:2007/10/20 レビュアー:休会中

在庫増やしてください。ダイハード4は4000枚なのに・・・・。お願いします。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

イケメン新選組、あかん?

投稿日:2010/04/05 レビュアー:蘭丸

大河ドラマで、初めて1年間見通した作品やし、歴史物にはまるきっかけになった作品です。

まあ、藤原竜也くんとオダジョー目当て、って不純な動機ではあったけど、見始めたら面白かった。

香取・近藤と山本・土方の友情に「え〜な〜男同士」って思ったし、芹沢役の佐藤さんとか、山南役の堺さんとかビシッと引き締めてた。

男ばっかりの集団をまとめるのは大変やったやろう。
劇的に変わろうとする時代に身を置いた男達は、それぞれ目指す方向は違ってたけど、志しを貫こうとする姿は、ほんまにかっこ良かった。

この作品で、「大河初めて見た」って人が増えたと思うし、明治維新の事も、新選組の事もちゃんとわかるし、ええ作品やったと思います。

生き残った土方の、最後の戦いを描いた作品も見たけど、これでホンマの新選組の終わりやな、って思いました。


しかし、『新選組』と『新撰組』、正しいのはどっちやろ?


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

大河の王道

投稿日:2006/05/08 レビュアー:ハル

三谷脚本ということと、若手俳優が集まったということで、どうも色物と見られがちなこの作品。
続けてみるとそんなことがないことが良くわかります。
最初は
三谷脚本で期待してみる人には退屈で、大河ファンにはケレンに感じるかもしれません。
ですがそれを超えて観続けると三田に脚本の緻密さがわかってきますし、きちんと時代劇をしています。笑いも泣きもバランスが絶妙で、シリーズを観続けていると前の回が泣きが多かったから今度の会は笑いが多いというように会を跨いでバランスを取るあたり一年を通じて、全回を通じてみるとスキッとします。
演出もしっかりしていますし、役者が一人ひとり光っています。画面からやる気が伝わってくる。
三谷脚本で逃げていた大河ファン、大河ではきっと堅苦しいと思っていた三谷ファン、どちらも全回見ると納得するはずです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全49件

新選組!完全版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:49件

☆ギャー!国営大河だった!しまった!

投稿日

2009/04/02

レビュアー

信長

時代物を見てみよう週間で、監督とかキャストとか何も見ずにうっかり借りてしまったこれ。
再生即行本編が始まる、という潔さに快感を感じたものの、見てたら「大河」の文字……

ギャーッ! 金を出してこんなもの借りてしまった!
しかも香取慎吾君主演のモノ!(アイドル映画)
しかも沖田があの俳優!(この人が苦手)

と大後悔したものの、とりあえず、借りたので観よう、と努力はしてみた。

そりゃ重鎮が出てるからアレだが、重鎮の喋りと、アイドルの喋りの差が酷い。刺身に生クリーム乗せられている気分だ。
香取君とかが喋るたびに鼻から笑いがもれる。

大河で新撰組、しかも近藤を香取君がする、と本放送で聞いたときにも笑ったが。

以前松田勇作のドラマのリメイクしておお外ししたのに。なんでこういう『渋い』役を彼に持ってくるんだろう。(松田勇作の代わりとか、舐めてんのか)

台詞が舌足らずで迫力が無いんだよ。近藤の若いときとか言っても無理。
「透明人間」とかああいう軽いドラマをさせて上げれば良いのに。
(香取君と共演した主演の俳優が、あまりにドラマが滑ったもので、自分のドラマ歴史からそのドラマを消したとか。香取君が主役クラスでかかわって成功したドラマなんて、最近無いだろ。『ドク』あたりのサブキャラじゃないと無理だよ。舌足らずなんだから台詞のある役は無理)

「あんな綺麗な顔殴れない」と言う台詞もいかがなものか。そんなに綺麗な顔だったか? 香取君の方がイケメンに僕は思ったが。

土方の手に持っていたものが丸薬だとしたら、そんなものを川に投げるってどういうことだ。なんの伏線なんだ。なんで持ってたんだ。

字幕も無いので早送りもできないし、我慢してみていたが、「鬼瓦」と言われた時点で消した。
香取君の顔がどうしたら鬼瓦に見えると言うのか。

これは「カラスは白い」と言われているのと一緒だ。

史実だとしても、香取君が近藤をするのならば、せめてそのエピソードは削れよ。このドラマでは、近藤はイケメンなんだ、というスタンスを出せば良いのに。


頼むから、ジャニーズをこういう所に持ってくるな。
下手なんだよ、彼らは。戦争映画にも主役で出てくるな。

以前、信長を大河でしたとき、松岡が蘭丸だったのは良かった。(本能寺のあたりで一瞬観ただけだが)
ああいう役でいいじゃないか。ジャニーズは。せめて沖田にしとけ。歴史を変えた主人公なんて無理。


そして
使っているのは太秦映画村だろうに、
他の局の時代劇がまだリアルな映像を出しているのに、
なぜ、NHKはあんな画面を作ることができるんだろう。

NHKのドラマを観るといつも、ライティングとか小道具とか、カメラワークとか、なんて下手なんだろう、と思う。

何が違うの? 他の局とどう違ったらあんな画面を作られるの?
衣装を洗濯機でまわしてよたらせるとか、なぜできないの?
百姓でも継ぎ接ぎはしていても新品の服を着てるとか、違和感覚えないの?

せめて……近藤が『鬼瓦』な顔であれば、一応観たのに。

まさに青春群像

投稿日

2006/10/03

レビュアー

よねっち

たった今、最終話まで観終わりました。
およそ140年前、幕末の世を駆け抜けた若者たちのまぶしいほどの青春群像劇です。

今までの新撰組のイメージとはかけ離れているのは確かですが、オーソドックスなものをお好みの方は、他に観るべきものがたくさんあるので、そちらをご覧になればよいでしょう。

私は演技力というものについてはよくわかりませんが、それぞれのキャラがしっかり立っていて、実在の隊士はひょっとしたらこんなふうだったんではないかと思わされてしまうくらいです。昔の人というと、われわれはとかく立派な型にはめて考えがちですけれど、ほんの140年前ですよ。みんな案外こんな風に、あるときは悩み、あるときはゆれて、時には茶目っ気も発揮しながら生きていたのかもしれません。

主役の香取慎吾君の妥当性についていろいろご意見が分かれているようですが、私はこの青春群像劇としての『新選組!』の近藤勇は、彼以外には考えられないと思います。台詞は苦労の跡がうかがえるものの、表情が秀逸。
最期はもちろんですが、前半、新妻をいとしげに見つめるまなざしなど、それだけで胸に迫るものがありました。
他の出演者も、観終わった今だからいえるのかもしれませんけれど、一人残らず、素晴らしくハマって、生き生きとしていました。

後半、暗くなりがちなところも、三谷氏一流の息抜きが入り、つくづくよくできた脚本だと感じました。

幕末に燃えたみずみずしい若者群像を見たことで、そこから今の自分の生活態度や信条など、少し振り返ってしまったりもしています。
彼らの苦しみや悩みがあって、今の民主国家日本ができあがったのですからね。

Mプランの自分

投稿日

2007/10/20

レビュアー

休会中

在庫増やしてください。ダイハード4は4000枚なのに・・・・。お願いします。

イケメン新選組、あかん?

投稿日

2010/04/05

レビュアー

蘭丸

大河ドラマで、初めて1年間見通した作品やし、歴史物にはまるきっかけになった作品です。

まあ、藤原竜也くんとオダジョー目当て、って不純な動機ではあったけど、見始めたら面白かった。

香取・近藤と山本・土方の友情に「え〜な〜男同士」って思ったし、芹沢役の佐藤さんとか、山南役の堺さんとかビシッと引き締めてた。

男ばっかりの集団をまとめるのは大変やったやろう。
劇的に変わろうとする時代に身を置いた男達は、それぞれ目指す方向は違ってたけど、志しを貫こうとする姿は、ほんまにかっこ良かった。

この作品で、「大河初めて見た」って人が増えたと思うし、明治維新の事も、新選組の事もちゃんとわかるし、ええ作品やったと思います。

生き残った土方の、最後の戦いを描いた作品も見たけど、これでホンマの新選組の終わりやな、って思いました。


しかし、『新選組』と『新撰組』、正しいのはどっちやろ?


大河の王道

投稿日

2006/05/08

レビュアー

ハル

三谷脚本ということと、若手俳優が集まったということで、どうも色物と見られがちなこの作品。
続けてみるとそんなことがないことが良くわかります。
最初は
三谷脚本で期待してみる人には退屈で、大河ファンにはケレンに感じるかもしれません。
ですがそれを超えて観続けると三田に脚本の緻密さがわかってきますし、きちんと時代劇をしています。笑いも泣きもバランスが絶妙で、シリーズを観続けていると前の回が泣きが多かったから今度の会は笑いが多いというように会を跨いでバランスを取るあたり一年を通じて、全回を通じてみるとスキッとします。
演出もしっかりしていますし、役者が一人ひとり光っています。画面からやる気が伝わってくる。
三谷脚本で逃げていた大河ファン、大河ではきっと堅苦しいと思っていた三谷ファン、どちらも全回見ると納得するはずです。

1〜 5件 / 全49件