プリティ・ウーマン ディレクターズカット

プリティ・ウーマン ディレクターズカットの画像・ジャケット写真
プリティ・ウーマン ディレクターズカット / リチャード・ギア
全体の平均評価点:
(5点満点)

100

  • DVD
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「プリティ・ウーマン ディレクターズカット」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジュリア・ロバーツとリチャード・ギアによる恋いと笑いのシンデレラ・ストーリー。この映画と共にハリウッドのトップスターにステップアップした、彼女の成長ぶりはまさに映画そのまま!未公開シーンを収録した、ディレクターズカット版。

「プリティ・ウーマン ディレクターズカット」 の作品情報

製作年: 1990年
製作国: アメリカ
原題: PRETTY WOMAN

「プリティ・ウーマン ディレクターズカット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

プリティ ウーマン ディレクターズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
D*VWDR3048 2002年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 3人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全100件

憧れるだけでは、何も変わらないのですネタバレ

投稿日:2007/07/23 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昔、ある女の子とこの作品の評価で大喧嘩したことがあります。
「とても素敵なお話し。女の子の憧れ」
という彼女に対し、
「ただ単にラッキーなだけの、棚ぼた物語で、彼女は何も努力をしていない。努力をして、生まれ変わった後に、リチャード・ギアと再会したのならいいけど、何の教訓も共感もカタルシスも無い」
と言った私。激怒した彼女とは、その後逢うことはありませんでした。

 オードリー・ヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」をあきらかにパクっていますが、この映画の後多くのラブコメに模倣される王道とも言える映画です。この作品でジュリア・ロバーツは一躍トップスターの仲間入りをし、リチャード・ギアは不動の人気を確立したと言えるでしょうね。
 たしかに2人とも魅力的に写りますし、物語の展開そのものは、シンデレラストーリーでしょう。でも、シンデレラは、自分の不遇を嘆いたりせず、けなげに生きていてこそのシンデレラなのではないでしょうか?
 自らの体を売ることで、生活の糧を得る娼婦という設定はどうでしょう?
 どんな人間でも、可能性やチャンスはあるんだと言う示唆なのかもしれませんし、そして若い女性がこの作品を観て、憧れる気持ちもわからないでは無いですが、こんな安易な生き方、棚ぼたを期待するような人が増えて欲しくないなと言うのが、正直な思いです。

 荒唐無稽な設定ですが、リアリティのなさは暗黙の了解となっているようです。映画におけるリアリティというのは、現実に起こりうるかという事ではなく、物語上の必然性があるかどうかと言うことだと思うのですが、この物語の脚本には、必然性全くは感じられないのです。
 それでもきっと女性は、初めはいかにも娼婦という下品な格好をしていたジュリア・ロバーツが、だんだんお姫様のように変身していく過程に憧れを抱くのでしょうが、リアリティなんてどうでもいいと言っているような監督・脚本の「娼婦=無教養」という差別意識が透けてみえる様な気がします。
 男目線で見ると、どうしてもそのリアリティのなさや、粗が目立ってしまって、あまり楽しめなかったのです。
 それでも、そんなこの映画の駄目さをわかっていながら、あえて何度も繰り返し見て楽しむのが女性の心理なのでしょうか?(パープルローズさんは、男前な女性です)

 エドワードにしても、当時もあまり好感を持てませんでした。「企業」というのは、創業者からすれば、自分の子供のような存在でしょう。ですが、エドワードのような乗っ取り屋にとっては、金儲けのネタでしかありません。彼が、不振にあえぐ企業を買い取って、株主のために、再興するというのであれば良いのですが、バラバラにして売るのが目的という、近年の日本バブルを暗示していたようですし、今も業界で話題にされるスティール&パートナーズのようで、不快になります。

 そして、極め詰めに、王子様が白馬に乗ってかわいそうなシンデレラを助けにくる、というお話を臆面もなくやってのけるラストも、昔のハリウッド映画の商業主義丸出しを体現しているようでどうも不愉快でしたね。
 
 「マイ・フェア・レディ」と同列に扱われるのは、ちょっと腹立たしいのです。後年、不振にあえいだジュリアは「ローマの休日」を模倣した「ノッテイクング・ヒルの恋人」で返り咲きます。オードリーに足を向けて寝ちゃいけませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あえていいますが

投稿日:2006/04/13 レビュアー:よふかし

 ジュリア・ロバーツがリチャード・ギアに拾われる日までをどう過ごしていたかを想像しながら観た人だけが、この映画の持つ悪意が分かることでしょう。想像すれば、あまりのことに、泣きたくなりませんか?

 ただの苦学生か何かにしてくれれば良かった。それで違和感ないし、もっと楽しいましな映画になったでしょう。5点。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

職業に貴賎はないけど・・・

投稿日:2004/10/18 レビュアー:パープルローズ

あまりにも好意的なレビューが多いのであえて書きますが、私は大嫌いです。
確かにジュリア・ロバーツにこの役はみごとにはまっているし、ヒットすべくして作られた作品だと思います。
でも、こんなのはシンデレラストーリーだと思わないし、シンデレラストーリーであってはいけないと思います。シンデレラは少なくともつらい境遇に耐えて努力をしますが、この映画のビビアンはただラッキーなだけ。
職業に貴賎はないと思いますが、やはりhookerはどこまでいってもやはりhookerです。世間とはそういうものです。そのことに気づいたからこそ、ビビアンはルイスのもとを去り、もう1度勉強して生まれ変わる決意をするのに、バラの花をもって迎えにいくなんて最悪だ。生まれ変わったビビアンが、再びルイスと出会うのなら納得できますが。
こんな安易な生き方はありえません。若い女の子にはみて欲しくない映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★★リチャード・ギア ジュリア・ロバーツの最高傑作!

投稿日:2004/03/16 レビュアー:100万回生きた猫

リチャード・ギア ジュリア・ロバーツの二人の魅力が一番出てる映画!どちらも最高にきれいです。シンデレラストーリーなんだけど、大人の恋で、二人の切ない気持ちが伝わってきてなんともいえません。でも最後はハッピーエンドでこちらも幸せな気持ちになります。恋愛映画の中では映画史上に残る名作です。リチャード.ギアがめちゃいい男なんだわあ!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女性は結果が全て、男性は過程が大事ネタバレ

投稿日:2009/01/12 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

つい最近男女数人で本作を酒の肴にした事がある
結果はタイトル通りなのだが、女性の意見は満場一致で即決だった
「結果幸せならええやん」と一言、ごもっともである
男性陣は「それだけやないやろう」と言うが
「何夢みたいこと言うてんの、こんなん映画の中だけやん」と一蹴
何も返す言葉がない
が男性陣も食い下がる「じゃあ、メタボでハ○散らかしてるおやじで、生理的にあかんタイプでも割り切れんのんか?」と苦しいが返す
すると「女はそんなもん何とでもなんねん、一緒に居たら情の一つでも沸くわ、どうしてもあかんかったら別れたらええだけやん」とリーサル発言
男性陣「・・・・」返す言葉もありません
そして最後に一言「不倫ゆうのが、な〜んかええやんなあ」
男性陣一斉に「そっちかよ・・・」
数分後、女性陣「セカチュウは泣いたわ〜」
・・・・・・ですよね。

20代前半からアラウンド40まで、一部を除いて女性陣の意見は大まか上記の様な結果だった
なる程、だから本作は女性の支持率が異常に高いのか
男性陣には、大まか不倫と金持ちと言うキーワードに、背徳感と妬みが見て取れる、特に後者かな
作品自体はリチャード・ギアは嫌味も無く、男性から見ても憧れる設定で、ジュリア・ロバーツも娼婦にしては純粋だが、そういう世界からセレブになった有名人の事例も多々あるので、違和感は感じない
ブランド店やセレブ達の集まりで、周りとの隔たりを痛感させられる場面の、ジュリア・ロバーツの切ない表情は秀逸である
脇役もどこか憎めない人達ばかりで、ホテルのフロントマン役のラルフ・ベラミーの設定と演技が、物語の盛り上げに成功しているのは言うまでもない
そして最大の成功の鍵は、現代版マイ・フェアレディと言われる様に、シンデレラストーリーと共に、一昔も二昔も前の台詞の言い回しを用いているところで、リチャード・ギアだからこそキザに聞こえず、嫌味なく受け入れられたのだろうと思う。

いいものは色褪せないと言う、安易な表現は使いたくないが
それしか言い様がなく、良い意味で軽くスタイリッシュさと、爽やかな感動を体感出来る作品である
ラストはもう少し嫌味っぽくても良かったように感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全100件

プリティ・ウーマン ディレクターズカット

月額課金で借りる

都度課金で借りる