1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. コメディのDVDレンタル
  5. ナッシング・トゥ・ルーズ

ナッシング・トゥ・ルーズ

ナッシング・トゥ・ルーズの画像・ジャケット写真

ナッシング・トゥ・ルーズ / ティム・ロビンス

全体の平均評価点:(5点満点)

30

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ナッシング・トゥ・ルーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

ティム・ロビンス、マーティン・ローレンス共演のノンストップ・コメディ。元エリート会社員とお調子者のカージャカーというアンバランスな2人が繰り広げる珍道中をコミカルに描く。監督は「親指ウォーズ」のスティーブ・オーデカーク。順風満帆な人生を歩む広告代理店の重役ニック。彼はある日、妻が会社の上司と不倫をしている現場を目撃。そんなニックに突然、カージャッカーが乗り込んできた。放心状態の彼は、カージャッカーを乗せたままアリゾナへと車を発進させる。

「ナッシング・トゥ・ルーズ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1997年

製作国:

アメリカ

原題:

NOTHING TO LOSE

「ナッシング・トゥ・ルーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

モンキーボーン

サラリーマン・バトル・ロワイアル

ミート・ザ・ジェンキンズ

それぞれの空に

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全30件

笑って、ほろりと心が温かくなる映画

投稿日:2009/10/04 レビュアー:AVANZSUR

ティムロビンスの無茶ぶりがとても面白い。
マーティンローレンスとの意外な組み合わせも昔からのコンビみたいに違和感なくしっくりくる。

何より根幹となるストーリーがしっかりしていて、テンポも良いため中だるみせず安心して気楽に観れるのが良い。

この作品の監督スティーブ・オーデカークは「ブルース・オールマイティ」「パッチアダムス」「エバン・オールマイティ」等の脚本も書いている人で私との相性が良いのかどの作品も面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

かなりガンバってマス。

投稿日:2004/05/06 レビュアー:hinahinahina

ティム・ロビンスがコメディー?なんて似合わないと、思ってましたがハマリました。
シリアス物では見れない彼のオチャメさが笑っちゃいマス。
内容は絶対あり得ない話だけど、ティムが大きな体をバタバタさせてまでやった役だからOKと、いう事で。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

やさしい映画でした。

投稿日:2006/11/10 レビュアー:キョン

なかなか面白かったです。大爆笑はしないけど最後までのんびり見れました。
ティムロビンスは「ショーシャンクの空に」のイメージしかなかったのですが、とってもこちらも素敵にこなしてるので楽しく見れました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

手堅くまとめた

投稿日:2005/07/16 レビュアー:シギョン

ティム・ロビンスとマーティン・ローレンスの芸達者ぶりが見所。あははと笑って楽しめばよく、ごちゃごちゃいってもしょうがないので、下記は蛇足だが。

小心者ほどキレるとヤバイ、というか、小心者だからこそ歯止めがきかなくなり暴走してしまう、というのを、ティム・ロビンスが楽しそうに演じている。最初の車の暴走にはじまって、そこまでやるか、の連続。しかも、悪漢にライフルをのど元につきつけられても平然としてるのに、その直後、相棒が撃った流れ弾にあたり、かすり傷を負うと、ひーひーと泣かんばかりの大騒ぎ。豹変振りがおかしい。

マーティン・ローレンスのほうも、ホールドアップするような人間だから、さぞすさんだ暮らしをしているのかと思いきや、家に行ってみると、貧しいながらも居心地よくしつらえられた部屋、しっかり者の妻、かわいい子供たち、ついでに、息子をすぐにひっぱたく肝っ玉かあちゃん、とぞろぞろ出てくる。

このあたりから、映画は前半のドタバタから人情話に変わってくるのだが、手堅くまとめた、という感じ。いくらでも社会派になりそうなネタだが、その部分は徹底的に切り捨てて、コメディに徹したのが、まとまった理由でもあるだろうし、小粒に終わった理由でもあるのだろう。

踊る警備員は監督だそうだ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

普通のコメディ

投稿日:2004/05/13 レビュアー:SKY MESSAGE

悪くない。大爆笑はなかったが、そこそこ面白かったです。
ティム・ロビンスの役者としての幅の広さを感じた。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全30件

ナッシング・トゥ・ルーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:30件

笑って、ほろりと心が温かくなる映画

投稿日

2009/10/04

レビュアー

AVANZSUR

ティムロビンスの無茶ぶりがとても面白い。
マーティンローレンスとの意外な組み合わせも昔からのコンビみたいに違和感なくしっくりくる。

何より根幹となるストーリーがしっかりしていて、テンポも良いため中だるみせず安心して気楽に観れるのが良い。

この作品の監督スティーブ・オーデカークは「ブルース・オールマイティ」「パッチアダムス」「エバン・オールマイティ」等の脚本も書いている人で私との相性が良いのかどの作品も面白かった。

かなりガンバってマス。

投稿日

2004/05/06

レビュアー

hinahinahina

ティム・ロビンスがコメディー?なんて似合わないと、思ってましたがハマリました。
シリアス物では見れない彼のオチャメさが笑っちゃいマス。
内容は絶対あり得ない話だけど、ティムが大きな体をバタバタさせてまでやった役だからOKと、いう事で。

やさしい映画でした。

投稿日

2006/11/10

レビュアー

キョン

なかなか面白かったです。大爆笑はしないけど最後までのんびり見れました。
ティムロビンスは「ショーシャンクの空に」のイメージしかなかったのですが、とってもこちらも素敵にこなしてるので楽しく見れました。

手堅くまとめた

投稿日

2005/07/16

レビュアー

シギョン

ティム・ロビンスとマーティン・ローレンスの芸達者ぶりが見所。あははと笑って楽しめばよく、ごちゃごちゃいってもしょうがないので、下記は蛇足だが。

小心者ほどキレるとヤバイ、というか、小心者だからこそ歯止めがきかなくなり暴走してしまう、というのを、ティム・ロビンスが楽しそうに演じている。最初の車の暴走にはじまって、そこまでやるか、の連続。しかも、悪漢にライフルをのど元につきつけられても平然としてるのに、その直後、相棒が撃った流れ弾にあたり、かすり傷を負うと、ひーひーと泣かんばかりの大騒ぎ。豹変振りがおかしい。

マーティン・ローレンスのほうも、ホールドアップするような人間だから、さぞすさんだ暮らしをしているのかと思いきや、家に行ってみると、貧しいながらも居心地よくしつらえられた部屋、しっかり者の妻、かわいい子供たち、ついでに、息子をすぐにひっぱたく肝っ玉かあちゃん、とぞろぞろ出てくる。

このあたりから、映画は前半のドタバタから人情話に変わってくるのだが、手堅くまとめた、という感じ。いくらでも社会派になりそうなネタだが、その部分は徹底的に切り捨てて、コメディに徹したのが、まとまった理由でもあるだろうし、小粒に終わった理由でもあるのだろう。

踊る警備員は監督だそうだ。

普通のコメディ

投稿日

2004/05/13

レビュアー

SKY MESSAGE

悪くない。大爆笑はなかったが、そこそこ面白かったです。
ティム・ロビンスの役者としての幅の広さを感じた。

1〜 5件 / 全30件