ラフ ROUGH

ラフ ROUGHの画像・ジャケット写真
ラフ ROUGH / 長澤まさみ
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ラフ ROUGH」 の解説・あらすじ・ストーリー

 人気漫画家・あだち充の同名コミックを長澤まさみ、速水もこみち主演で映画化した青春ラブ・ストーリー。水泳の頂点を目指す若者たちの水泳にかける青春と恋模様を爽やかに綴る。監督は「NANA」の大谷健太郎。二ノ宮亜美と大和圭介は、商売がたきである同じ和菓子屋の家に生まれ、互いにライバル意識むき出しで育ってきた。やがて2人は同じ高校に入学、亜美は高飛込みの選手、圭介は競泳選手として同じプールで多くの時間を過ごすことになる。はじめはいがみ合っていたものの、次第に惹かれ合っていく2人だったが…。

「ラフ ROUGH」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「ラフ ROUGH」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ラフの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
106分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDV17104R 2007年03月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

7月24日通りのクリスマスの 売れっ子脚本家なので期待大でしたがネタバレ

投稿日:2007/08/16 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

寮の管理人役の渡辺えり子さんが、はまり役でした。
冒頭で、彼女が寮生たちに語りかけるセリフがこの作品のテーマなのだと思いますが・・・
「どんな見事な絵でも、まず最初はラフな下書きから始まる。これから、何本も線を重ね、下書きを繰り返し、その中から自分自身で、1本の線を選び出して下さい。荒削りで結構。大ざっぱで結構。今更小さくまとまった絵なんて、完成させなくて良し。下書きを繰り返して下さい。ラフ 未完成こそが、あなたたちの武器です。」
テーマはいいのに、見せ場が今ひとつなかったことでしょうか?
亜美と圭介の関係にしても、お家騒動で、仲良くなれなかった二人が、好きになるきっかけがないまま・・・
不器用な高校生の恋にしても、最初は、大嫌いなはずが、だんだん自分でも気が付かないうちに、気になって・・・
女の子は、この過程が大事なはずなのに、その変化が感じられなかったでしょうか?
それともう一つ、圭介が中西の事を、あこがれの存在からライバルへと変わっていく様をじっくり見てみたかったかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良い映画ですが、設定の面白さは伝えきれず

投稿日:2010/11/02 レビュアー:はらぺこ

う〜ん、原作を良く知っているだけに、評価し辛いですね。

作品の全体感としては、人物の相関関係が複雑な割に、ちょっと説明不足な感じでしょうか。
主人公の置かれる立場の複雑さと、ヒロインの複雑な心境が絡み合う微妙な面白さは、やはり伝えきれてない感じです。

その辺のディティールについては、原作を知る人には、エピソードをかいつまんで無駄に散らかした印象、知らない人には、伏線っぽい話が出た割に回収状況が曖昧、そんな中途半端な作品だったかもしれません。

ただ、青春モノとしては、ストーリーの主軸であるスポ根+恋愛の路線をブレ無く描いており、細かい部分を差し引いてもしっかりとした作品である印象が強く出ています。
青春モノ、恋愛モノと割り切ってみてしまえば爽やかで良い映画と言えます。

プールのシーンや水中のシーンなど、きれいな映像が目を引き、キャストの良さと合わせて、作品に程良く爽やかな風合いを醸し出しているのも印象的な作品でした。

評価 ★★★☆☆

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

圭介がカッコよすぎ

投稿日:2007/07/07 レビュアー:にしやん

あだち充作品ファンの私の感想としては映画版「タッチ」のときと同じく「まあ、こんなもんだろう」といったところ。
全12巻の作品を2時間弱の中に詰め込むのは土台無理な話。
でも、そんな中で渡辺えり子が狂言回し的役割を果たしていたのが好印象。
長澤まさみの二ノ宮亜美は原作のイメージに近かったと思うが、速水もこみちの圭介は顔もスタイルも原作より良すぎたと思う。大学生の中西よりも背が高かったのはチョッと…。
原作の中のコミカルな部分より、シリアスな部分が多かったのは映画の限られた時間の中では仕方なかったのだろうが、ニワトリの「ケースケ」が登場しなかったのと、交通事故後の中西がスキンヘッドじゃなかったのが残念。
原作を読んでいない方、是非とも読まれることをお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なぜか観てしまった。

投稿日:2007/07/06 レビュアー:旭竜

コミックス全12巻で様々なエピソードが繰り広げられ、二人の関係が少しずつ変わっていくからこそ衝撃の出会いが活きてくるはずだが、106分という時間内に全てのエピソードを描くなんて無理。
それなのに、なんの工夫もなしに原作をなぞっているだけではメリハリがなく退屈なだけ。

というわけで出演者の水着姿を拝む映画です。
長澤まさみはスタイルがいい!細い!
市川由衣はきゃしゃで個人的にはちょっと。
田丸麻紀はモデル出身とあってどうだと言わんばかり。
もこみちの筋肉は惚れ惚れするが、それより高校生の設定は・・・ぎりぎりアウトだな。

感動を期待してはいけない作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あくまでも個人的見解!

投稿日:2008/07/11 レビュアー:エロエロ大魔神

あくまでも個人的見解ですが、青春ドラマ恋愛ドラマですが、すがすがしさを感じますが、もう少し露出度を高めたらすばらしい作品になったと思います!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

ラフ ROUGH

月額課金で借りる

都度課金で借りる