LIMIT OF LOVE 海猿

LIMIT OF LOVE 海猿の画像・ジャケット写真
LIMIT OF LOVE 海猿 / 伊藤英明
全体の平均評価点:
(5点満点)

134

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「LIMIT OF LOVE 海猿」 の解説・あらすじ・ストーリー

佐藤秀峰原作の同名海洋アクションコミックを、伊藤英明主演で映画化した劇場版第2弾。乗客640人を乗せた大型フェリー船の座礁事故が発生。潜水士・仙崎は救出活動に向かうが、そこで偶然乗り合わせていた恋人・環菜の姿を発見する…。

「LIMIT OF LOVE 海猿」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「LIMIT OF LOVE 海猿」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

LIMIT OF LOVE 海猿の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBG71022 2006年12月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 1人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:134件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全134件

賛否両論でしょうが

投稿日:2007/02/08 レビュアー:こんちゃん

 楽しめます。邦画で、これだけ見応えのある作品は少ないでしょう。前作も、TVドラマも(それぞれがリンクしているそうですが)製作陣が、まじめに取り組んでいるなという印象を受けます。ほかの作品の製作陣が不真面目って訳じゃないのですが、観客が楽しめることを第一に考えているという点では、踊る大捜査線シリーズとともに評価できると思います。
 洋画は、そこらへん徹底しているんですが、邦画は考えすぎて、観客不在になるきらいがあるんじゃないでしょうか?娯楽の一つなんだから、まず楽しめることが肝心なんだと思います。
 その中に考えさせられたり、メッセージが含まれていたりすればよいのであって、「わかるやつにはわかる」というようなスタンスが、邦画の衰退をもたらしたんだと思います。
 最近は、まずおもしろい、楽しめることをを主眼とする邦画がふえてきたことは喜ばしい限りです。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

15pts/100ptsネタバレ

投稿日:2009/01/06 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とりあえず、
あほな会話や、愛の告白してんと、
速く、逃げろ。。。

それだけな映画。。。

ウェディングドレスを見せに、
車で、東京から鹿児島まで来た彼女に、
つれない態度をとる理由が、、、
それだけかよ。。。

いくら、大変なことがあったとは言え、、、
それが、あの態度に結びつく論理が、
まったくわからなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一刻を争うんですネタバレ

投稿日:2007/11/28 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

環菜(加藤あい)と大輔の電話シーンは必要なの?あれでもうメチャクチャです。なんであの状況で長々と電話してるんでしょう?しかもプロポーズ。意味がわからない。第一に船が沈みそうなんです。一刻を争うんです。第二に要救助者が怪我をしているんです。一刻を争うんです。第三に吉岡が死にそうなんです。一刻を争うんです。こんな状況にホワイ?そしてそれを止めない対策本部のみなさん・・・ホワイ?電話に感動してる場合じゃないんです。何度も言うように一刻を争うんです。そして船は沈みます。電話してなければ、せめて短めにしとけば煙突部から外に出て救助されてた可能性が高いのに。で、船が沈んだら泣き喚く環菜・・・かと思えば大輔が助かると「信じてますから。フィアンセですから」なんていってます。さっきまで泣き喚いていた張本人が。もう僕の中ではグダグダです。大輔の救助シーンも「お前が悪いんじゃ」って感じで・・。吉岡死にそうだったもん・・・。
そんなこともあり、さらに途中途中で出てくるディレクター役の良々が普通にしてるのにいちいち面白くて真剣になれませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦画では珍しい海洋パニック映画だけどネタバレ

投稿日:2007/11/01 レビュアー:ハット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作がまあまあ面白かったので、こちらも鑑賞。
おっ、前作とは打って変わって、ずいぶんとカネを掛けてる感じですなあ〜。青春ドラマから、本格っぽい海洋パニック物になっとる。と思ったのも束の間、船から脱出する時の群衆シーンのヘボさが目につくなあ。どうして邦画って群衆シーンに力を入れないのが多いんだろう。予算的な問題もあって、かなりお金と時間が掛かる群衆シーンは、そこそこの撮影で終わらせたいんだろうけどさ。でも、そういう所をチャンと作り込むかどうかでリアリティーに差が出ると思うんだけどなあ。
続いて、大輔くんを助けに来た吉岡くんの「帰り道が分からなくなっちゃいました」という海上保安官とは思えぬボケっぷりに唖然。ドラマ的に脱出が難しくなる状況を作るとしても、その演出はないんじゃない?
それと、こういう危機的状況のドラマにおいて、大塚寧々の緊張感のない演技はいかがなものか。叫び声ひとつとっても「はああ〜〜」という気の抜けた声には、観てるこちらも気が抜けてしまいますがな。なんで「きゃーーっ」という声が出せないのかね。この人の鼻に抜ける喋り方がドラマの雰囲気に合ってなくて緊張感台無し。ミスキャスト。
さらに、今にも船が沈むっていう時間の無い時に、カンナと長々と電話してる大輔って、ホントに状況分かってんの? 早く脱出しろよってツッコミを入れる。
続いて、大輔くんが足を痛めた男と妊婦を担いで、頭から滝のように海水が入り込む中でハシゴを根性だけで登ろうとした日にゃ、これでうまく脱出したら大笑いしてやろうと思ったけど、さすがにそこまでメチャクチャな展開にはしませんでしたな。ちょっとホッとした(笑)。
伊藤英明と加藤あいが、始終、セリフを棒読みしてるのが凄く気になったなあ。この二人、ヘボ役者なんだろうかと思ってしまうけど、やはり監督の演出手法がヘタクソなんだろうなあ。他の役者の演技もセリフ回しも、いちいちクサイしねえ。
なんかもう、ツッコミ所が多すぎて、さすがに全部は書かないけど、演出作業はチャンとやりましょうよ。もっと不自然じゃないように作れるでしょ。
正直、後半はバカバカしくなって観る気が失せてたけど、一応レビューも書いてみたいし、面白くなることを期待して最後まで観たけど、やはり何だかなあで終わっちゃいましたね。残念ながら、私の感性には合わない映画でした。
でもまあ、邦画では珍しい海洋パニック映画を作ろうとした心意気は買いかな。

独偏満足度 45%

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こりゃ、子供も海上保安官に憧れるよねネタバレ

投稿日:2007/07/15 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

テレビで放映していたので録画して後日ゆっくり鑑賞。
特に見せるつもりではなかったのですが、
子ども達もなんだか一緒に見てましたね。

私も子供も前作を見ていないのですが
やはり、子供の間でも話題になっていたようで
なんとなくは知ってたみたいです。

私のほうも友人の子供が学校で’大人になったらなりたいものは?’という問いに’海上保安官’と答えた、なんていう話も聞いていたので、映画やテレビの影響力はすごいな、と思っていました。

ベタなストーリーに、他の豪華客船もので見たことのあるようなシーンなど、突っ込みどころもありますが・・・
超感動作というほどではないにしても、まぁなかなかの出来。
子供たちが海上保安官に憧れるのも無理ないですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全134件

LIMIT OF LOVE 海猿