輪廻

輪廻の画像・ジャケット写真
輪廻 / 香里奈
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
ジャンル:

「輪廻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 35年前に起きた無差別殺人事件の映画化に取り組む関係者に襲い掛かる恐怖の惨劇を描く“Jホラーシアター”第2弾作品。監督は、「THE JUON/呪怨」の清水崇。昭和45年、群馬県のホテルで11人が惨殺される事件が起こる。動機も不明のまま、犯人の法医学教授・大森範久も謎の死を遂げる――。35年後の現代。この事件を題材にした映画の製作に執念を燃やす映画監督の松村。「記憶」と名付けられたこの映画のヒロインには新人女優の杉浦渚が大抜擢された。しかし渚は撮影が近づくにつれ不思議な少女の幻覚に悩まされていく…。

「輪廻」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「輪廻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

輪廻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TDV16155R 2006年07月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全149件

海外リメイク決定!

投稿日:2006/07/26 レビュアー:JUCE

したそうです。

最近ホラー映画のレビューばっかり書いているJUCEです。
決してホラー映画マニアではないのですが・・・。
まあ、夏なので納涼恐怖映画特集ということでご勘弁を。

海外リメイクの決定、今回は清水崇のセルフリメイクではないようです。セルフリメイクは懲りたそうです。しかし「呪怨」のセルフリメイクで海外での制作を行ったことが、かなり今回の「輪廻」という作品に影響を与えているように思う。これまでの心理的な恐怖感に加え、ストーリー性やハリウッド的で直接的な怖がらせ方も加え、さらにゾンビ(?)なども登場。ホラー手法のオンパレードという感じ。
日本のホラーを一概にJホラーといって一くくりに出来るとは思っていないのだが、これまでの低予算→演出での工夫=Jホラー的手法。という図式を飛び出して来たのかなとは感じた。
「呪怨」と較べると正直なところ怖さは薄れたが、反面サスペンス映画として楽しめる要素が増えたので映画としての完成度としては上がってきたのかなと思う。

一番印象に残ったのはオーラスのシーンかな、「おばさん、あんたの行動が一番怖いんだよ」。それと最後の優香の笑みの意味、それを解釈すると「ゾっ」とする。これも続編有りか・・・。

椎名は最近ほんと映画で良く見かける、名バイプレイヤーとしての地位を確立したか。その分大杉連を見かけることが少なくなったような気がする。二人どちらかというとタイプ似ているからね。大杉連頑張れ!

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わたしは皇帝ペンギンでした

投稿日:2006/08/23 レビュアー:裸足のラヴァース

おいおいサリーちゃん 完全ネタバレはだめだよマークも付いてないし 投票はしてあげたけどね
う〜んけっこう賛否両論になったね まあ俺の「シャイニング」との比較は大げさにしても 清水崇の常にホラーを刷新せんとの努力と実験は絶対評価してあげないと いかんでしようよ違う?

建売住宅からホテルへと昇格の舞台が豪華で 過去と現在の二つのセットの凝った有りようが「シャイニング」のようにいけてます ちょっと荒い画質のなかの優香ちゃんの顔色の悪さなんかもいい 優香ちゃん「アイスエイジ2」の声優も良かったよう 

現在と過去 映画セットと実物 芝居と現実 輪廻がもたらすドッペルゲンガなどが入り混じった 徹底した二重構造がアイデンテティーのゆらぎとゆうか歪みを生み出します えたいの知れぬ「呪怨」の方が怖いのですが ここでそのとことん現在時制瞬間芸の極みの それはそれで充分実験的で革新的だった世界を一度リセット 物語をしっかり構築し直すことへと方向転換してると思われます 「記憶」と題されるこの映画内映画はつまり歴史の記憶 どうも70年に過去が設定されてるのも何か意味深なのですが 歴史のおさらいを開始してるに見える最近のアメリカ映画の影響があると思います 忘れ去られたものへに向ける「殺人の追憶」のような映画なのかも実は知れないのです

当然 俺の今年のホラーの一位にしてもいいのですが 子供を直接殺すシーンが恥ずかしげもなく出てくるので これだけは無神経で許し難く 10位に格下げしました 

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ホラーとしてはどうか。ネタバレ

投稿日:2006/08/11 レビュアー:はらぺこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

非常に残念。

優香も意外に良い演技だったし、ストーリーも面白い。
ラストの意外性もなかなか。

ただ、ホラー映画の出来としてはもうひとつ。
呪怨の清水監督の割には、怖がらせ方が全くダメダメでした。

心の奥の闇から染み出てくるような恐怖を演出した呪怨とは打って変わり、直接ドカンとやってます。

序盤のJホラーチックな心霊現象は、まだそれっぽいのですが、
ラストに向けて、だんだんとゾンビだったり、チャイルドプレイだったり風の、クリーチャー系に走り出してしまいます。

いうなれば、8時だよ全員集合のお化けシリーズのようなドタバタしたラスト。

ああ、そういえば、呪怨2の時も同じような感想でした。
最後に伽椰子が出てくるところ。
ただ、今回ほど不満に思わなかったのは、前作の出来が良かったからでしょうか。

いずれにしても、清水監督、意外とクリーチャー好きなのかもしれませんね。(他の作品は見たことありませんが)
また、怖がらせたり、怖い話を作るのは、おそらく日本屈指の実力を持っていそうですが、その卓越したアイデアを上手にまとめたり、「映画」として面白くしたりするのは、他の才能が必要なのでしょうか。

そう考えると、呪怨や、JUONの出来が良かったのは、今よりも、才能がシンプルに反映していたのかもしれませんね。

本作は、いっそのこと、心霊系から離れて、サイコスリラーか、
もっと思い切って、サスペンスタッチにしたほうが面白かったかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優香の女優魂をみせられました!ドギモ抜かれたwネタバレ

投稿日:2008/10/18 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直、ストーリーは私的には、も一つでしたが、何と言っても
優香の演技の凄い事!
白目いてましたよ!えげつない顔になってましたよ、優香ちゃんw

それだけが強烈に残る作品でした。。。

優香って女優だったんだ…。しかしすげえお顔だった…

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優香ちゃん、凄すぎ!

投稿日:2008/03/08 レビュアー:mitamita観た〜!!

当時まだ「DISCAS」していなっかたのでレンタル屋にダッシュ!
あまり邦画のホラーは観ないんですが、TVCMがすごかったんです。
内容はともかく「優香」ちゃん巧いです。
デビュー間もない頃にTV主演して酷評されていたけど、迫力は抜群。
今MCが多いですけどもっと女優さんして欲しいと思えるような演技派です。
それにしても韓国映画の「人形霊」もそうですけど「人形」って恐いですね。思わず我が家の人形達を後ろ向きにしちゃいました。ゾクッ!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全149件

輪廻

月額課金で借りる

都度課金で借りる