SHINOBI

SHINOBIの画像・ジャケット写真

SHINOBI / 仲間由紀恵

全体の平均評価点:(5点満点)

251

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「SHINOBI」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

徳川家康が天下を統一し、時代が太平の世へと向かい始めていた1614年。それまで忍者の二大勢力を誇った伊賀と甲賀は、初代・服部半蔵が定めた掟により長きに渡って互いに戦うことを禁じられてきた。そんな中、それぞれの跡取りである伊賀の朧と甲賀の弦之介は、互いの身分を知ることなく出会い、運命的な恋に落ちるのだった。ところがそこへ、家康からの指令が下る。それは、伊賀と甲賀それぞれの精鋭5人を戦わせ、どちらが生き残るかによって、次期将軍を決する、というものだった。そしてその中に、朧と弦之介も含まれていたのだった…。

「SHINOBI」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「SHINOBI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

トリック 新作スペシャル3

CROSS

映画 暗殺教室

探偵事務所5” Another Story 2nd SEASON File 5

ユーザーレビュー:251件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全251件

和製 ロミオ&ジュリエット

投稿日:2006/06/24 レビュアー:JUCE

という見方をすれば、ふたつの忍者の里の景色の対比も美しいし、その他の舞台の映像も美しく、忍者の戦闘シーンもマトリックスを意識したこれまでの忍者映画らしくないスタイリッシュさがあり、ディカプリオのロミオ&ジュリエットよりは愉しめた。

しかし主題が単純なので、メリハリという点ではいまひとつ、すべてが筋書き通りに進んでいく。最後にどんでん返しがくるのかと思ったが終わりもこれまたシンプル。

決して悪くは無い映画だと思うが、おそらく数年たったら覚えていないだろうな。ちょっとインパクト不足の感は拭えない。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

この競演は似合わない

投稿日:2010/02/03 レビュアー:ホヨマックス

おにぎりジョー

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

アクション、人間ドラマどちらを描きたかった?どっちつかずやん

投稿日:2006/06/25 レビュアー:RUSH


この作品に関して何の情報も得ずに見たのだが、途中で「甲賀忍法帖」であることが途中でわかった。甲賀と伊賀、それぞれの次期当主となるべき甲賀の男と伊賀の女が愛に落ちるも忍者の掟で殺し合うことになるというストーリーは山田風太郎の「甲賀忍法帖」しかない。そして甲賀忍法帖といえば漫画・アニメの「バジリスク」を思い出さずにはいられず、また比較せざるを得なかった。まさかこの作品の原作が「甲賀忍法帖」だったとは思いもよらなかった。まさしく大誤算だった。正直、映画化されてしまうと映画に都合のいいように編集されたり、脚本や作品の設定を都合よく変更されていたりするのが通常であるがこの作品も例外ではなかった。あまりにも変更点が多過ぎ原作の良さが消されてしまいとても残念だった。本来伊賀の忍者であるべき忍者が甲賀であったり、10対10の対決が5対5となり規模縮小されていたり、弦之介と朧が偶然出逢い愛し合うことになったりと原作の雰囲気をぶちこわすだけの変更点が多々見られた。

この作品は一体何を描きたかったのだろう?アクションだったのか、それとも朧と弦之介の恋愛を中心とする人間ドラマだったのか、一体どっちだ?どちらも描きたかったのかもしれないがいずれも中途半端なレベルになっていてどうもしっくりこなかった。忍者達の戦いも簡単に決着がついてしまい味気ないものになっていたし、弦之介と朧の間の感情の変化もうまく描ききれていなかったしどれもこれもスケールダウンしている気がしてならなかったのだ。僕がこの作品に期待したのは忍者達の緊迫感溢れる戦いの映像に他ならない。どこにそのような映像があったのか探しても見つからなかった。ワイヤーアクションとCGによるVFXで見た目は派手だがジリジリとするような緊迫感を出せてはいなかったし、ただ淡々と戦いが続き忍者達が次々と何の感動もなく死んでいくというのは味気なさ過ぎる。この作品のコピーに「ネオ・ジャパネスク・レボリューション」とあったが、今までのアクション邦画に比べれば映像的には進歩していたように思うがただそれだけでとても大袈裟なコピーだと思った。

新しい邦画を模索する姿勢はとても大切でどんどんやって欲しい所だが原作の良さを無視し都合のいい味付けで同じ原作で漫画やアニメ作品を越えることが出来ない映画なんぞ必要ないし製作する意味がない。全く残念だ。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

忍びより、時効を!ジュリエットさん、同感!!

投稿日:2006/02/28 レビュアー:オタエドン

この作品のことは、置いておきましょうね〜と。この二人、以前ドラマでも共演してましたね。何か、暗い印象しか残ってない作品でしたが・・・評判、期待、レンタル保証に惑わされない様、ご注意を。忍びの世界が、お好きなお方はどうぞ。
いや〜実は、ここ1月から、『時効警察』のTVドラマに、どっぷりハマッテいる私であります。深夜枠で、怪物ドラマ『トリック』などを生み出した、金曜の夜ドラですね。三木聡監督の『イン・ザ・プール』中毒に罹ってしまったままの頃、この嬉しいドラマが始まった。ご覧のお方も多いかな?毎週、超楽しみに見ています。見落とした方は、ぜひDVDになったら見てみてね。あなたも、時効の世界の虜になるかも・・・・??オダギリ演じる霧山修一朗君、麻生久美子の三日月しずかちゃん、豊原演じる十文字疾風、その他大勢の変てこな、ゆる〜〜い笑いの世界を。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

殺しても、よろしいんで?

投稿日:2006/10/15 レビュアー:素敵な声で抱きしめて

「SHINOBI」は、オダギリジョーさん、仲間由紀恵さんの共演ということはもちろん、日本で初めての個人向け「映画ファンド」が導入されたことでも話題になってました。一口10万円から。興行収入によって利益を還元。さらに、投資金額に応じて、特別試写会への招待状、特別限定メイキングDVD、スタッフジャンパーなど豪華特典が手に入り、その上、映画のエンドクレジット、DVDへ名前を載せることができるというものでした。好きな俳優さんや監督さんの作品なら、そういう形で参加するのも一つの選択肢でしょう。聞くところによると、一人で1,000万円も投資なさった方もいるそうです。日本の映画界の未来も、結構明るいかもしれませんね。

さて、本題。

もちろん、オダギリジョーさんが出てるから、気にはなってたんですが、友人たちの間で、あまりにも評判が良くなかったので、どうしようか迷ってるうちに観るチャンスを逃してしまってました。でもね、何気なく見た「SHINOBI」のブログで、大好きな虎牙光揮さんのコメントを発見したんですよ。え〜っ、虎牙さん出てるの〜!!も〜、早く言ってよ〜。(←調べないヤツが悪い)そういえば、DISCASさんの予約リストに入れてたよな〜…って思ってたら、DVDが届きました。

観ましたよ。既に観た友人たちからは、「ロミオとジュリエット〜忍者編〜」みたいな話を聞かされてて、ラブストーリー苦手な自分としては、かなり腰が引けてたんですが、そんなこともないじゃないですか。VFXを駆使したアクションシーンも結構あるし。何より、忍の里の風景など、日本の自然を美しく描いてくれているところがいいですよ。

それにしても、やっぱりカッコイ〜わ、虎牙さん。ワイヤーを使ったアクションでも、その身体能力の素晴らしさは、充分発揮されてますね〜。その鋭い眼光と、切れのいい動きは、俳優さんであり、格闘家でもある虎牙さんならではです。シビレますね〜。そして、本来は優しい声の虎牙さんが、時代劇っぽく押し殺した低い声も、また素敵でした。

ところで、忍者のイメージって、黒装束で闇に紛れて任務を果たす…って感じでしょ。だけどこの映画では、それが全く違います。あと、必殺技がすごいんですよ。仲間由紀恵さん演じる朧なんて、技を通り越しても〜、超能力です。強くて悲しい女の武器ってとこでしょうか。

実は、オダギリジョーさんのアクションが、もっとあるのかと思ってたんですけど、話の展開上、それは無理なことでした。たぶん友人たちは、このあたりを「ロミオ…」と感じたんでしょうね。それに比べて椎名さんは、なかなかいいポジションですよ。自分がもしやるとしたら、椎名さんの役がいいかな。で、虎牙さんと戦ってみたいです。(←妄想の中で、さっさとヤラレちゃいなさい!)

「SHINOBI」は、忍者の掟の中に、何か一つでもいいから、のめり込める要素をお持ちの方にお勧めします。それは、叶わぬ恋、逃れられない運命、己を貫き通す生きざま、息をひそめてひっそり暮らすこと。
さ〜て、いずれもいばらの道ですから、まずは、お覚悟を…。

☆役名&キャスト☆

朧(おぼろ)…仲間由紀恵
甲賀弦之介…オダギリジョー
薬師寺天膳…椎名桔平
陽炎(かげろう)…黒谷 友香
蛍火…沢尻エリカ
室賀豹馬…升毅
夜叉丸…坂口拓
筑摩小四郎…虎牙光揮
如月左衛門…木下ほうか/三好健児
蓑念鬼…伊藤俊
お幻…りりィ
甲賀弾正…寺田稔
南光坊天海…石橋蓮司
徳川家康…北村和夫
服部半蔵…松重豊
柳生宗矩…永澤俊矢

◎メニュー画面から、ぜひ場面選択(チャプターリスト)も選んでみてくださいね。時代劇らしい工夫が、ちょっぴり楽しめますよ。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全251件

SHINOBI

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:251件

和製 ロミオ&ジュリエット

投稿日

2006/06/24

レビュアー

JUCE

という見方をすれば、ふたつの忍者の里の景色の対比も美しいし、その他の舞台の映像も美しく、忍者の戦闘シーンもマトリックスを意識したこれまでの忍者映画らしくないスタイリッシュさがあり、ディカプリオのロミオ&ジュリエットよりは愉しめた。

しかし主題が単純なので、メリハリという点ではいまひとつ、すべてが筋書き通りに進んでいく。最後にどんでん返しがくるのかと思ったが終わりもこれまたシンプル。

決して悪くは無い映画だと思うが、おそらく数年たったら覚えていないだろうな。ちょっとインパクト不足の感は拭えない。

この競演は似合わない

投稿日

2010/02/03

レビュアー

ホヨマックス

おにぎりジョー

アクション、人間ドラマどちらを描きたかった?どっちつかずやん

投稿日

2006/06/25

レビュアー

RUSH


この作品に関して何の情報も得ずに見たのだが、途中で「甲賀忍法帖」であることが途中でわかった。甲賀と伊賀、それぞれの次期当主となるべき甲賀の男と伊賀の女が愛に落ちるも忍者の掟で殺し合うことになるというストーリーは山田風太郎の「甲賀忍法帖」しかない。そして甲賀忍法帖といえば漫画・アニメの「バジリスク」を思い出さずにはいられず、また比較せざるを得なかった。まさかこの作品の原作が「甲賀忍法帖」だったとは思いもよらなかった。まさしく大誤算だった。正直、映画化されてしまうと映画に都合のいいように編集されたり、脚本や作品の設定を都合よく変更されていたりするのが通常であるがこの作品も例外ではなかった。あまりにも変更点が多過ぎ原作の良さが消されてしまいとても残念だった。本来伊賀の忍者であるべき忍者が甲賀であったり、10対10の対決が5対5となり規模縮小されていたり、弦之介と朧が偶然出逢い愛し合うことになったりと原作の雰囲気をぶちこわすだけの変更点が多々見られた。

この作品は一体何を描きたかったのだろう?アクションだったのか、それとも朧と弦之介の恋愛を中心とする人間ドラマだったのか、一体どっちだ?どちらも描きたかったのかもしれないがいずれも中途半端なレベルになっていてどうもしっくりこなかった。忍者達の戦いも簡単に決着がついてしまい味気ないものになっていたし、弦之介と朧の間の感情の変化もうまく描ききれていなかったしどれもこれもスケールダウンしている気がしてならなかったのだ。僕がこの作品に期待したのは忍者達の緊迫感溢れる戦いの映像に他ならない。どこにそのような映像があったのか探しても見つからなかった。ワイヤーアクションとCGによるVFXで見た目は派手だがジリジリとするような緊迫感を出せてはいなかったし、ただ淡々と戦いが続き忍者達が次々と何の感動もなく死んでいくというのは味気なさ過ぎる。この作品のコピーに「ネオ・ジャパネスク・レボリューション」とあったが、今までのアクション邦画に比べれば映像的には進歩していたように思うがただそれだけでとても大袈裟なコピーだと思った。

新しい邦画を模索する姿勢はとても大切でどんどんやって欲しい所だが原作の良さを無視し都合のいい味付けで同じ原作で漫画やアニメ作品を越えることが出来ない映画なんぞ必要ないし製作する意味がない。全く残念だ。

忍びより、時効を!ジュリエットさん、同感!!

投稿日

2006/02/28

レビュアー

オタエドン

この作品のことは、置いておきましょうね〜と。この二人、以前ドラマでも共演してましたね。何か、暗い印象しか残ってない作品でしたが・・・評判、期待、レンタル保証に惑わされない様、ご注意を。忍びの世界が、お好きなお方はどうぞ。
いや〜実は、ここ1月から、『時効警察』のTVドラマに、どっぷりハマッテいる私であります。深夜枠で、怪物ドラマ『トリック』などを生み出した、金曜の夜ドラですね。三木聡監督の『イン・ザ・プール』中毒に罹ってしまったままの頃、この嬉しいドラマが始まった。ご覧のお方も多いかな?毎週、超楽しみに見ています。見落とした方は、ぜひDVDになったら見てみてね。あなたも、時効の世界の虜になるかも・・・・??オダギリ演じる霧山修一朗君、麻生久美子の三日月しずかちゃん、豊原演じる十文字疾風、その他大勢の変てこな、ゆる〜〜い笑いの世界を。

殺しても、よろしいんで?

投稿日

2006/10/15

レビュアー

素敵な声で抱きしめて

「SHINOBI」は、オダギリジョーさん、仲間由紀恵さんの共演ということはもちろん、日本で初めての個人向け「映画ファンド」が導入されたことでも話題になってました。一口10万円から。興行収入によって利益を還元。さらに、投資金額に応じて、特別試写会への招待状、特別限定メイキングDVD、スタッフジャンパーなど豪華特典が手に入り、その上、映画のエンドクレジット、DVDへ名前を載せることができるというものでした。好きな俳優さんや監督さんの作品なら、そういう形で参加するのも一つの選択肢でしょう。聞くところによると、一人で1,000万円も投資なさった方もいるそうです。日本の映画界の未来も、結構明るいかもしれませんね。

さて、本題。

もちろん、オダギリジョーさんが出てるから、気にはなってたんですが、友人たちの間で、あまりにも評判が良くなかったので、どうしようか迷ってるうちに観るチャンスを逃してしまってました。でもね、何気なく見た「SHINOBI」のブログで、大好きな虎牙光揮さんのコメントを発見したんですよ。え〜っ、虎牙さん出てるの〜!!も〜、早く言ってよ〜。(←調べないヤツが悪い)そういえば、DISCASさんの予約リストに入れてたよな〜…って思ってたら、DVDが届きました。

観ましたよ。既に観た友人たちからは、「ロミオとジュリエット〜忍者編〜」みたいな話を聞かされてて、ラブストーリー苦手な自分としては、かなり腰が引けてたんですが、そんなこともないじゃないですか。VFXを駆使したアクションシーンも結構あるし。何より、忍の里の風景など、日本の自然を美しく描いてくれているところがいいですよ。

それにしても、やっぱりカッコイ〜わ、虎牙さん。ワイヤーを使ったアクションでも、その身体能力の素晴らしさは、充分発揮されてますね〜。その鋭い眼光と、切れのいい動きは、俳優さんであり、格闘家でもある虎牙さんならではです。シビレますね〜。そして、本来は優しい声の虎牙さんが、時代劇っぽく押し殺した低い声も、また素敵でした。

ところで、忍者のイメージって、黒装束で闇に紛れて任務を果たす…って感じでしょ。だけどこの映画では、それが全く違います。あと、必殺技がすごいんですよ。仲間由紀恵さん演じる朧なんて、技を通り越しても〜、超能力です。強くて悲しい女の武器ってとこでしょうか。

実は、オダギリジョーさんのアクションが、もっとあるのかと思ってたんですけど、話の展開上、それは無理なことでした。たぶん友人たちは、このあたりを「ロミオ…」と感じたんでしょうね。それに比べて椎名さんは、なかなかいいポジションですよ。自分がもしやるとしたら、椎名さんの役がいいかな。で、虎牙さんと戦ってみたいです。(←妄想の中で、さっさとヤラレちゃいなさい!)

「SHINOBI」は、忍者の掟の中に、何か一つでもいいから、のめり込める要素をお持ちの方にお勧めします。それは、叶わぬ恋、逃れられない運命、己を貫き通す生きざま、息をひそめてひっそり暮らすこと。
さ〜て、いずれもいばらの道ですから、まずは、お覚悟を…。

☆役名&キャスト☆

朧(おぼろ)…仲間由紀恵
甲賀弦之介…オダギリジョー
薬師寺天膳…椎名桔平
陽炎(かげろう)…黒谷 友香
蛍火…沢尻エリカ
室賀豹馬…升毅
夜叉丸…坂口拓
筑摩小四郎…虎牙光揮
如月左衛門…木下ほうか/三好健児
蓑念鬼…伊藤俊
お幻…りりィ
甲賀弾正…寺田稔
南光坊天海…石橋蓮司
徳川家康…北村和夫
服部半蔵…松重豊
柳生宗矩…永澤俊矢

◎メニュー画面から、ぜひ場面選択(チャプターリスト)も選んでみてくださいね。時代劇らしい工夫が、ちょっぴり楽しめますよ。

1〜 5件 / 全251件