SHAOLIN 少林三十六房

SHAOLIN 少林三十六房の画像・ジャケット写真

SHAOLIN 少林三十六房 / ユエン・チュンヤン

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

「SHAOLIN 少林三十六房」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ユエン・チュンヤン監督が伝説の名画を現代に復活させたTVシリーズの最終巻。ツァオの衝撃の告白によって先帝暗殺の嫌疑が晴れたルーを、南少林の秘宝を狙うユンミンが襲う。フォンは囚われの身となった彼女を救うため、ユンミンに最後の戦いを挑む。

「SHAOLIN 少林三十六房」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 中国
原題: 南少林 三十六房/36 CHAMBERS OF SOUTH SHAOLIN

「SHAOLIN 少林三十六房」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

つきせぬ想い

マーシャル・シティー〜超人大戦

イップ・マン 最終章

北魏馮太后

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

ぜんぶてきとー

投稿日:2005/11/20 レビュアー:その2

一族を滅ぼされた恨みを晴らそうと皇帝の命を狙う娘の話と、少林寺に隠された財宝を手に入れようとする倭寇(すなわち日本……ってこの訳だと時代が違くない?)の話が、絡み合っているようないないような感じで進んでいって、とにかく坊さん達が人を殺しまくってメデタシメデタシというドラマです。
アクションだけはそこそこすごいです。
でも他はなぁ……。

星2つです。悲しい。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

。。。はまりました

投稿日:2009/11/03 レビュアー:モモくん

とっても素敵な作品です。心が癒されました。ずっと探していたのですが、レンタル、セルどちらも見つけられず諦めていたのですが、ツタヤさんの在庫数には、脱帽です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ウー・ジンさんにハマりました。

投稿日:2007/10/31 レビュアー:京子

アクションはもちろんですが、ストーリーもおもしろいし、ヒロインのアニタ・ユンさんもかわいくてオススメです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

カンフーを見せてくれる作品 ネタバレ

投稿日:2007/10/12 レビュアー:Cathy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 武道家の祖父と父を持ち、全国の武術大会を総なめにしたウー・ジンが本物のカンフーを見せてくれる。ワイヤーアクションとSFXてんこもりの映画・TVドラマが増える中、ほんとのカンフーを見せてくれるドラマだ(多少のワイヤーアクションはあるが、・・・)。
 話の筋には少し、荒唐無稽なところもあるが、映画やドラマは元来、そういうものだし、どれが真実かはどうせ、わからないのだ。
 好きになったら、一筋にという中国の武侠映画・ドラマは見ていて気持ちがいい。相手が皇帝だろうと、だれだろうと、自分の信じたものを選択していく主人公、南少林の在家弟子のファン・シーユイ。アニタ・ユン扮する皇帝の腹違いの妹を好きになったシーユイは、彼女が投獄されるといっしょに牢に入ってしまう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

反日宣伝用TVドラマ?

投稿日:2007/03/22 レビュアー:苺☆mei☆

 少林寺カンフーメインでのドラマ進行と思って見ると失望します。半分はどうでもよさそうなラブストーリーになっています。
 何も考えずに観賞するなら、シナリオや歴史考証も無視できますが、よくよくじっくり見ていくと、出鱈目極まりないドラマです。

 倭寇(日本の海賊の侵略)を敵とする勧善懲悪+恋愛ドラマですが、これがいい加減すぎる。清朝乾隆帝の時代と言えば18世紀のことなのに、なぜ13〜16世紀の倭寇しかも日本人が中国を荒らしまわっているのか!(※史実上の倭寇構成員の殆どは中国人で日本人はほんの一部に過ぎない。)
 しかも、衣装も武術もどう見ても日本人には見えない。赤紫の妙な格好をしたのが『倭寇』で、そいつらがいわゆる雑魚キャラです。この雑魚キャラ=忍者・・・そんな忍者いませんし、何で雑兵全てが忍者なのか!!
 細かなところを指摘すればキリがないですが、とにかく言えるのは『日本人は近代史以前でも中国を侵略していた極悪人!』というイメージを視聴者(中国国民)に教育するTVドラマだということです。隣国日本の歴史考証すらきちんとドラマ上で表現できていない。

 ふつうのDVDのように、ストーリーやアクションを単純に楽しむのでなく、中国ではTVドラマで日常こんなふうに当たり前にして反日教育しているということが解る意味ではおすすめです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

SHAOLIN 少林三十六房

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

ぜんぶてきとー

投稿日

2005/11/20

レビュアー

その2

一族を滅ぼされた恨みを晴らそうと皇帝の命を狙う娘の話と、少林寺に隠された財宝を手に入れようとする倭寇(すなわち日本……ってこの訳だと時代が違くない?)の話が、絡み合っているようないないような感じで進んでいって、とにかく坊さん達が人を殺しまくってメデタシメデタシというドラマです。
アクションだけはそこそこすごいです。
でも他はなぁ……。

星2つです。悲しい。。。

。。。はまりました

投稿日

2009/11/03

レビュアー

モモくん

とっても素敵な作品です。心が癒されました。ずっと探していたのですが、レンタル、セルどちらも見つけられず諦めていたのですが、ツタヤさんの在庫数には、脱帽です。

ウー・ジンさんにハマりました。

投稿日

2007/10/31

レビュアー

京子

アクションはもちろんですが、ストーリーもおもしろいし、ヒロインのアニタ・ユンさんもかわいくてオススメです。

カンフーを見せてくれる作品

投稿日

2007/10/12

レビュアー

Cathy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 武道家の祖父と父を持ち、全国の武術大会を総なめにしたウー・ジンが本物のカンフーを見せてくれる。ワイヤーアクションとSFXてんこもりの映画・TVドラマが増える中、ほんとのカンフーを見せてくれるドラマだ(多少のワイヤーアクションはあるが、・・・)。
 話の筋には少し、荒唐無稽なところもあるが、映画やドラマは元来、そういうものだし、どれが真実かはどうせ、わからないのだ。
 好きになったら、一筋にという中国の武侠映画・ドラマは見ていて気持ちがいい。相手が皇帝だろうと、だれだろうと、自分の信じたものを選択していく主人公、南少林の在家弟子のファン・シーユイ。アニタ・ユン扮する皇帝の腹違いの妹を好きになったシーユイは、彼女が投獄されるといっしょに牢に入ってしまう。

反日宣伝用TVドラマ?

投稿日

2007/03/22

レビュアー

苺☆mei☆

 少林寺カンフーメインでのドラマ進行と思って見ると失望します。半分はどうでもよさそうなラブストーリーになっています。
 何も考えずに観賞するなら、シナリオや歴史考証も無視できますが、よくよくじっくり見ていくと、出鱈目極まりないドラマです。

 倭寇(日本の海賊の侵略)を敵とする勧善懲悪+恋愛ドラマですが、これがいい加減すぎる。清朝乾隆帝の時代と言えば18世紀のことなのに、なぜ13〜16世紀の倭寇しかも日本人が中国を荒らしまわっているのか!(※史実上の倭寇構成員の殆どは中国人で日本人はほんの一部に過ぎない。)
 しかも、衣装も武術もどう見ても日本人には見えない。赤紫の妙な格好をしたのが『倭寇』で、そいつらがいわゆる雑魚キャラです。この雑魚キャラ=忍者・・・そんな忍者いませんし、何で雑兵全てが忍者なのか!!
 細かなところを指摘すればキリがないですが、とにかく言えるのは『日本人は近代史以前でも中国を侵略していた極悪人!』というイメージを視聴者(中国国民)に教育するTVドラマだということです。隣国日本の歴史考証すらきちんとドラマ上で表現できていない。

 ふつうのDVDのように、ストーリーやアクションを単純に楽しむのでなく、中国ではTVドラマで日常こんなふうに当たり前にして反日教育しているということが解る意味ではおすすめです。

1〜 5件 / 全7件