いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきますの画像・ジャケット写真
いま、会いにゆきます / 竹内結子
全体の平均評価点:
(5点満点)

281

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「いま、会いにゆきます」 の解説・あらすじ・ストーリー

秋穂巧は一年前、妻の澪に先立たれ、以来ひとり息子の佑司と2人でつましくも幸せに暮らしていた。そんな梅雨のある日、逝ったはずの澪が森の中に姿を現わす。だが、彼女は生前の記憶を一切失ってしまっていた。それでも巧と佑司は澪を温かく迎え3人での生活を再び始めることに。そして、巧は彼女に自分たちの恋の歴史を語るうち、互いの間に“二度目”の恋が芽生え、佑司は“二度目”となる母と息子の交流に心から喜んでいた。こうして、彼らの幸せな暮らしは以前と変わらず永遠に続くと思われたが…。

「いま、会いにゆきます」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「いま、会いにゆきます」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

いま、会いにゆきますの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日本語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDV15165R 2005年06月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
99枚 6人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:281件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全281件

ORANGE RANGEの「花」に集約。

投稿日:2005/09/12 レビュアー:JUCE

韓国映画に押され気味の感のある、日本の純愛映画ですが
久々に良い映画を観れたと思います。
日本映画頑張れって思っていましたので、とても嬉しかったです。
雨が重要なテーマの映画ですが、「じめっ」とした感じは無く
むしろすごく「さらっ」とした感じの映画です。

何の予備知識も無くて(メイキング版はみました)観たので
霊的な話かなと思っていたのですが、どちらかと言えばSF物
なのですね。
最近の映画の傾向として途中???、終わってさらに???
(デビッド・リンチみたいな)が多いですが、この映画は大丈夫。最後までちゃんと解説してくれます。
ですから消化不良感は無く、後味すっきりです。

エンドロールで流れるORANGE RANGEの「花」ですが、
これがまた良いです。映画を観終わった後で聞くと、
その歌詞の中に映画のエッセンスが忠実に再演されています。
これほど映画とマッチした主題歌も少ないのではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 34人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん

投稿日:2007/02/08 レビュアー:こんちゃん

 竹内結子は、すごく好きなんだけど、この作品ではあんまり良くないかな。感動的な話なんだけど、設定がチープで、昔見た「ゴースト」の方が泣けた。(自分の年齢のせいもあるかも)
 彼女は、「ランチの女王」のような天真爛漫な女の子を演じた方が生き生きすると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本も読まず、映画も見なかった私でしたが、

投稿日:2005/06/12 レビュアー:オタエドン

中盤から涙が止まらず参った。これまた、映画館に行かなくて良かったと、正直思いました。じっくり、一人で、しみじみと、誰にも邪魔されず、純愛の世界に浸れて、良かったです。存分に泣かせていただきました。セカチュウでは一滴の涙も出なかった私でしたが、今回は、エンドロールまで、うるうる状態。有り得ない!と、心の隅では思いつつ、こんな一途な愛の形って、良いな〜〜と、素直に思えてしまいました。切ないけれど、心が温かくなりました。ラスト、「いま、会いにゆきます」の言葉がストレートに心へと響いてきました。『黄泉がえり』でも、かなり感動した私でしたが、今回は、みごとに降参。佑司君、テレビでも名演技を見せてもらった記憶があります。キャストも皆さん、良かったですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

雨の中の女ネタバレ

投稿日:2005/06/16 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は四つ☆である 新人でもないのだろうが土井君の演出力はなかなかのものだ 「怪談新耳袋」にも関係してんだな 「三人来た」とかには参加なしだったが 前半竹内が登場のあたりは今ひとつなのだが ぐんぐんと演出の調子が上がってゆく

内容は 竹内が記憶喪失の死人 おい たっ君とか自分の息子に呼ばせんじゃねえよおめえらニューファミリーか といらいらしたら このたっ君 なんかのショックでフォレストガンプな人で 不幸設定てんこ盛り たっ君はせっかく恋女房が居酒屋幽霊みたに戻って来てんのに 死んでもらってた方が 愛は確認されるんだ風 精神分析的にはね それで内容的にはやめてくれなのだが 演出が良い細部を楽しんでいて もう終わりだなと思ってたらなんか 時間が20分も残っていてそれから あららなんか幽霊の回想シーンが延々続く そして「アンデッド」も真っ青のなんか SF的などんでん返しみたいのになるんだっけ?
これが俺の記憶からなんと飛んでいる 話なんか追ってなかったもんで なんかタイムスXXプかなんかかな あこれ言っちゃだめかと なんかばかりでしどろもどろのラヴァース様

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あったか〜い「純愛」ですネタバレ

投稿日:2005/06/10 レビュアー:シアン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「純愛」ネタでセカチューといま会いが騒がれたので
ミーハーとは思いながらどちらも見ました。

私は断然「いま会い」派だなぁと思いました。
(セカチューとはちょっと違いましたし!)
原作を読んで、導入のDVDも見て、それから映画を
見たのでカナリ期待度高かったのですが、
それでも期待通り、期待以上でよかったです!

良かったところは、
・原作の透明感のあるイメージが崩れなかったところ
・中村獅童&竹内結子の演技力
・回想シーンの初々しさ
・なんといっても見ている方が恥ずかしくなるくらいの純愛度
などなどです。

私は原作を先に読むと、文のイメージと映像のイメージが違って
ガッカリしてしまうタイプですが、
この作品に限っては原作も映画もオススメできます。

それにしても純愛って心が温まります。
オレンジレンジの曲が流れてエンドロールで絵本が
パラパラとめくられているときが最高潮でしたー!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全281件

いま、会いにゆきます

月額課金で借りる

都度課金で借りる