80デイズ

80デイズの画像・ジャケット写真
80デイズ / ジャッキー・チェン
全体の平均評価点:
(5点満点)

55

  • DVD
ジャンル:

「80デイズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

19世紀末の英国ロンドン。その突飛な発想でいつも王立科学アカデミー会員たちの物笑いの種になっていた発明家のフォッグ氏。彼はある日、「80日間で世界一周できる」と口走ったことから、意地悪なアカデミー長官、ケルヴィン卿とその成否を巡って大きな賭けをするハメに。いまだ飛行機すら発明されていないこの時代に、とんでもない冒険の旅に出ることになったフォッグ氏のお供をするのは、ひょんなことから彼の使用人となったパスパルトゥーこと中国人のラウ・シン。ところが彼にはフォッグ氏には内緒のある目的を持ってこの旅に同行していたのだが…。

「80デイズ」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: AROUND THE WORLD IN 80 DAYS

「80デイズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

80デイズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PXBH70128 2005年03月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:55件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全55件

脇役のシュワちゃんにビックリ!

投稿日:2006/01/28 レビュアー:JUCE

香港映画やハリウッド映画、アクション、アドベンチャーなど
いろいろな要素がミックスされたような映画です。
その分強烈なインパクトを与える箇所は少ないのですが、
子供たちと一緒に気楽に見られました。
レイダースのような(少し古い?)アドベンチャーや
ジャッキーのカンフーアクションを堪能したい方は、
とても物足りなさを感じるかもしれません。

途中シュワちゃんが、アラブの王子役(脇役)で出てきたのには
ビックリ。しかもコミカルな役どころで・・・。
こんな役どころを引き受けたシュワちゃんを見直してしまいました。
政治の世界に疲れたら、映画に返っておいで。
応援しているからね。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お子様向け冒険活劇って感じで個人的には刺激が足りませんでした

投稿日:2005/03/30 レビュアー:RUSH


楽しい作品です。誰でも知っている「80日間世界一周」が原作の作品です。楽しい作品なのは間違いありませんが大人の僕としては刺激不足といった感じでした。まるで「80日間世界一周」の絵本を1ページ1ページ開きながら見ているかのような作品なのです。お子様にはちょうど良いのではないでしょうか。ファミリーで見るのにももってこいの作品でしょう。

発明家フォッグ(スティーブ・クーガン)の助手として銀行強盗犯(これには理由があるのですが・・)パスパルトゥー(ジャッキー・チェン)が成り行きで(笑)雇われ、傲慢なケルヴィン卿と80日間で世界一周出来るかどうかの賭けをすることになります。銀行強盗犯のパスパルトゥー(本名:ラウ・シン)は当然警察と中国反政府軍黒サソリ団にも狙われながらの世界一周なのであっちこっちでドタバタ劇を見せてくれます(笑)。イギリスをスタートしてトルコ、インド、中国(パスパルトゥーの故郷)、アメリカを回ってイギリスに戻ってくる道のりの間にモニク(セシル・ド・フランス)を仲間に加え、ケルヴィン卿の妨害や黒サソリ団の襲撃を交わしながら80日間で世界一周できるのか否かというストーリーです。

アクションはジャッキーが監修しているだけあっていつものジャッキーらしいアクションを見る事が出来ます。特に嬉しいのはサモ・ハン・キンポーとのアクションシーンがジャッキーの若かりし頃を思い出させてくれる所です(^^ゞ。サモ・ハンも相変わらずいい動きをしています(わずかなシーンに登場するだけですが存在感は相変わらずです)。また、黒サソリ団のボスをカレン・モクが演じています。やっぱり彼女には悪女がお似合いです(^^ゞ。今回もいいアクションをしていました。

ただ、残念なのはお子様には楽しい作品だと思うのですが大人にはちょいと刺激不足です。またテンポがイマイチ悪く勢いが感じられませんし、世界一周を80日間で回りきれるかどうかのハラハラドキドキ感も全く感じられなかったのは残念でした。セット、CG処理ともレベルはそれほど高くなく総製作費120億円を投じ、世界10カ国以上の一大ロケ敢行という割にはスケールの大きさを感じられなかったのもとても残念でした。アーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事就任前の役者として最後の作品となるのですがちょっとかわいそうですね(^^ゞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

80デイズネタバレ

投稿日:2018/10/11 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ジャッキーが世界一周する話。
 
 ジューヌヴェルヌ自身もまさかのジャッキー・チェンで映画化なんて思いもよらなかっただろうなという驚きのキャスティングの映画でした。カメオ出演の役者さんたちも何気に豪華で見ものでした。

 話自体はいつものジャッキーチェン映画で冒険活劇として楽しいファミリー映画だったと思います。ただその分、どれもがマイルドで活劇としてもアクションとしてもラブストーリーとしても中途半端に感じてしまう部分もありました。

 ジャッキーチェンと世界一周の冒険のワクワクという面白さもあまり比例していなくて、後半でご主人様の博士と別れてまた再会という流れもジャッキーがいなくなると途端に話が退屈に感じてしまったりしてストーリーやキャラクターにこれといった面白みがあまり感じられなかったです。ジャッキーの目的である村のお宝の翡翠の仏像を巡っての追いかけっこが後半で達成されてしまって、目的がなくなってしまうのも後半に失速してしまう原因だと思いました。

 とはいえ、コミカルで気軽なアクション映画として楽しめる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アニメ表現も有って。。。

投稿日:2005/06/04 レビュアー:Tomopy

何だか今までのジャッキー出演の映画には無い感じだなぁて思いました。つなぎをアニメチックにしていて、なかなか面白かったです。
ジャッキーのアクションはさすがです。

面白いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リメイク?

投稿日:2013/06/17 レビュアー:kazupon

「80日間世界一周」といえば1956年の名作ですが、3時間の大作でした。
本作は2時間ですし、ジャッキー・チェンのアクションもあり、お気軽です。
オリジナルでは大物俳優がカメオ出演し、それがチョイ役だったりして発見するのも楽しみでした。
本作でもアーノルド・シュワルツェネッガーがハピ王子役で出演していて、その変なヘアスタイルが可笑しいです。
ヴィクトリア女王は、キャシー・ベイツ。
なんだか威厳や優雅さに欠けていた印象です。
リメイクとは名ばかり。別モノと思った方がいいです。
ジャッキーも本作の出来栄えには不満だったそうですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全55件

80デイズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる