Mr.3000

Mr.3000の画像・ジャケット写真

Mr.3000 / クリス・ノース

全体の平均評価点:(5点満点)

64

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「Mr.3000」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

人気コメディ俳優、バーニー・マック主演のスポーツコメディ。「野球殿堂入り」に必要な3,000本安打達成を理由にシーズン途中でメジャーリーグを引退した選手が、10年後に3本の認定を取り消されてしまったことをきっかけに再デビューを決意する。

「Mr.3000」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: MR 3000

「Mr.3000」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 6

スネーク・アイズ

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

奇蹟の詩 サード・ミラクル

ユーザーレビュー:64件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全64件

楽しめます

投稿日:2005/05/11 レビュアー:Tomopy

なかなか面白い作品でした。
野球ファンなら、きっと楽しめると思います。
新旧、徐々にチームの皆の心が通い合って来て、そして。。。

チームワークて大切ですね。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

Mr.3000 対 Mr.Big

投稿日:2005/03/22 レビュアー:パープルローズ

同じく必レンになっている「ミラクル」とは、同じスポーツものとはいえかなりカラーの違う映画ですが、こちらもけっこうおもしろかったです。
現役時代は自分の記録と野球殿堂入りにしか興味がなく、チームを全くふりかえらない自分勝手でいやなやつだったスタン・ロス。取り消されてしまった3本のヒットを打って、Mr.3000の称号をとりもどすために現役に復帰。しかし、年齢を重ねた分丸くなった彼は、チームのまとめ役として徐々に回りの信頼を得ていく。最後の試合で、チームの成績をとるか、彼自身の記録をとるかで、彼が下した結論には感動しました。
主役は初めてというバーニー・マック。なかなかいい味出してます。コメディ色も満載です。英語で悪態をつくのが下手な日本人選手の登場も笑えました。
SATCのMr.Bigことクリス・ノースが、観客動員数をのばすことしか考えていない球団オーナーの役で登場していて、個人的には「Mr.3000対Mr.Big」という感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

目頭が熱くなった

投稿日:2006/03/30 レビュアー:飛べない魔女

以外にも目頭が熱くなりました。
主人公のMr.3000はすごくやなやつなのに、”いけ-!うて-!”と必死で応援している自分がいました。
2998本目のヒットを打ったときはおもわず私もガッツポーズです。そして、3000本目。。。は見てのお楽しみ(*^。^*) 最後は主人公が好きになってしまってますよ。

デンゼル・ワシントンがMr3000を演じたのも見てみたかった気も。。。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・・

投稿日:2010/11/12 レビュアー:エロエロ大魔神

なんでも記録は余分に作る事をお薦めします!あとからもめない為にも・・・・また現役復帰するところがアメリカらしい〜

ちなみに余談だが、おいらの投稿件数がまもなく3000件に到達しそうです!目標は年内達成です!これもまた、削除されたりしたらいけないので、これも当然のことながら3000プラス20件くらいで!(笑)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

なんか納得できないなぁ ネタバレ

投稿日:2005/04/17 レビュアー:ベイトン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカってスポーツ映画を毎年何本か出してますよね。野球で言えば、「メジャーリーグ」「頑張れルーキー」「ミスター・ベースボール」等等。それなりに楽しめる映画で、この作品も例外ではない。野球の好きな人、MLB好きな人などはそこそこ楽しめると思います。私もそうでした。

で、レビュー読む限り皆さんが感動された最終打席。私的には「なんか納得できないなぁ」って感じでした。以下、ネタバレです。これからDVD観る方は読まないことをお勧めします。

同点で迎えた9回裏、チームの勝利のために、自らの記録を捨てて、犠牲バンドをした、ということだけど、あの場面ってそういう場面ですかねぇ。チームの勝利が第一、これは当然だが、チームの勝利って言うのは、極論すればチームの優勝のためって言うことだ。だから、あの試合に勝てば、チームの地区優勝が決まるとか、ワイルドカードでプレイオフに進める、というのなら、彼の行為は感動に値するかもしれない。だけど、チームが勝ったとしても、4位から3位に上がるだけ。それはそれで良い事だけど、3000本安打を犠牲にしてまで執着することだと思わない。ファンだってチームが3位になるのを観に来たわけではないだろう。

例えば、イチロー選手が昨年MLB年間最多安打を更新したが、仮に最終戦最終打席に記録更新がかかっていたとしよう。当時ダントツ最下位だったマリナーズの勝利のために、イチローが最終打席でヒットを打つ事を放棄して送りバンドをしたとして、ファンは納得するだろうか。そういうことですよ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全64件

Mr.3000

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:64件

楽しめます

投稿日

2005/05/11

レビュアー

Tomopy

なかなか面白い作品でした。
野球ファンなら、きっと楽しめると思います。
新旧、徐々にチームの皆の心が通い合って来て、そして。。。

チームワークて大切ですね。

Mr.3000 対 Mr.Big

投稿日

2005/03/22

レビュアー

パープルローズ

同じく必レンになっている「ミラクル」とは、同じスポーツものとはいえかなりカラーの違う映画ですが、こちらもけっこうおもしろかったです。
現役時代は自分の記録と野球殿堂入りにしか興味がなく、チームを全くふりかえらない自分勝手でいやなやつだったスタン・ロス。取り消されてしまった3本のヒットを打って、Mr.3000の称号をとりもどすために現役に復帰。しかし、年齢を重ねた分丸くなった彼は、チームのまとめ役として徐々に回りの信頼を得ていく。最後の試合で、チームの成績をとるか、彼自身の記録をとるかで、彼が下した結論には感動しました。
主役は初めてというバーニー・マック。なかなかいい味出してます。コメディ色も満載です。英語で悪態をつくのが下手な日本人選手の登場も笑えました。
SATCのMr.Bigことクリス・ノースが、観客動員数をのばすことしか考えていない球団オーナーの役で登場していて、個人的には「Mr.3000対Mr.Big」という感じでした。

目頭が熱くなった

投稿日

2006/03/30

レビュアー

飛べない魔女

以外にも目頭が熱くなりました。
主人公のMr.3000はすごくやなやつなのに、”いけ-!うて-!”と必死で応援している自分がいました。
2998本目のヒットを打ったときはおもわず私もガッツポーズです。そして、3000本目。。。は見てのお楽しみ(*^。^*) 最後は主人公が好きになってしまってますよ。

デンゼル・ワシントンがMr3000を演じたのも見てみたかった気も。。。

・・・・・

投稿日

2010/11/12

レビュアー

エロエロ大魔神

なんでも記録は余分に作る事をお薦めします!あとからもめない為にも・・・・また現役復帰するところがアメリカらしい〜

ちなみに余談だが、おいらの投稿件数がまもなく3000件に到達しそうです!目標は年内達成です!これもまた、削除されたりしたらいけないので、これも当然のことながら3000プラス20件くらいで!(笑)

なんか納得できないなぁ

投稿日

2005/04/17

レビュアー

ベイトン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカってスポーツ映画を毎年何本か出してますよね。野球で言えば、「メジャーリーグ」「頑張れルーキー」「ミスター・ベースボール」等等。それなりに楽しめる映画で、この作品も例外ではない。野球の好きな人、MLB好きな人などはそこそこ楽しめると思います。私もそうでした。

で、レビュー読む限り皆さんが感動された最終打席。私的には「なんか納得できないなぁ」って感じでした。以下、ネタバレです。これからDVD観る方は読まないことをお勧めします。

同点で迎えた9回裏、チームの勝利のために、自らの記録を捨てて、犠牲バンドをした、ということだけど、あの場面ってそういう場面ですかねぇ。チームの勝利が第一、これは当然だが、チームの勝利って言うのは、極論すればチームの優勝のためって言うことだ。だから、あの試合に勝てば、チームの地区優勝が決まるとか、ワイルドカードでプレイオフに進める、というのなら、彼の行為は感動に値するかもしれない。だけど、チームが勝ったとしても、4位から3位に上がるだけ。それはそれで良い事だけど、3000本安打を犠牲にしてまで執着することだと思わない。ファンだってチームが3位になるのを観に来たわけではないだろう。

例えば、イチロー選手が昨年MLB年間最多安打を更新したが、仮に最終戦最終打席に記録更新がかかっていたとしよう。当時ダントツ最下位だったマリナーズの勝利のために、イチローが最終打席でヒットを打つ事を放棄して送りバンドをしたとして、ファンは納得するだろうか。そういうことですよ。

1〜 5件 / 全64件