僕はラジオ

僕はラジオの画像・ジャケット写真
僕はラジオ / キューバ・グッティング・Jr.
全体の平均評価点:
(5点満点)

75

  • DVD
ジャンル:

「僕はラジオ」 の解説・あらすじ・ストーリー

1976年、アメリカのサウスカロライナ州アンダーソン。ハナ高校アメフトチームはジョーンズ・コーチの指導のもと、猛練習に励んでいた。そんな中、ジョーンズはたびたび練習場の周囲をうろついている黒人青年が気に掛かっていた。彼は知的障害を持ち、いつも独りでショッピングカートを押していた。ある時、チームの生徒が些細なことで彼を痛めつけたことがきっかけとなって、ジョーンズは彼に練習の手伝いを頼むのだった。青年は片時もラジオを手放さないことから“ラジオ”というニックネームももらい、さっそく練習を手伝い始めるのだが…。

「僕はラジオ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: RADIO

「僕はラジオ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

僕はラジオの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34860 2005年03月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:75件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全75件

実話ベースの感動物語 ラジオとの出逢いが周りの人々を変えてゆく

投稿日:2005/03/09 レビュアー:RUSH


この作品はエド・ハリスが出演しているという事で見てみました。話の内容は知らなかったのでとても感動出来ました。ティッシュが何枚も必要なぐらい泣きました(^^ゞ。こういうの弱いんですよね(^^ゞ。

ひとりの知的障害者ジェームズ・ロバート・ケネディ(キューバ・グッディングJr.)、通称ラジオ(彼は最初何も話さなかったがラジオが好きだったのでハロルドが名付けた)。この青年とハナ高校でアメフト部のコーチを務めるハロルド(エド・ハリス)がある出来事で知り合い、ハロルドがラジオに練習の手伝いをさせ始めることからこの物語は始まります。ところがその年のアメフト部の成績が振るわず、学校のスタープレイヤーであるジョニーの父フランクに成績不振の原因はラジオだとクレームをつけられます。そんな中、ハロルドのとった行動とは・・・。

普通に考えればハロルドのとった行動は誰にでも出来る事ではありません。ハロルドとラジオの二人の仲は未だに健在です。30年以上もハロルドはラジオの面倒を見ているのです。何が彼をそこまでさせるのでしょうか?それは作品の中で語られますのでお見逃しなきように(^^ゞ。この理由は実際ハロルドが話してくれた事がそのままセリフになっているそうです。この作品にはメイキングが豊富に収録されているのでそちらも見る事をお奨めします。ハロルドはラジオとの付き合いで色々教えられ、自分にとって何が一番大切かを彼から教えられるのです。終盤のハロルドのラジオを救済する演説はもう涙なしでは見られませんでした。ラジオの世話と自分の家族との付き合い、そして仕事、彼はこの中で何が一番大切かをラジオとの触れ合いで見つけ出していくのです。その過程がとても感動的でした。

とにかく久々のエド・ハリスの演技を見ました。さすがベテラン、ちょっと老けたように見えましたが演技力はますます光っていました。彼の役になりきれる所が僕は好きです。今作も同じようにハロルド役になりきっていました。また、ラジオを演じたキューバの演技も彼に負けず素晴らしいものでした。知的障害者の役は非情に難しい演技を要求されます。ですが彼は見事にラジオ役を演じていたと思いました。だからこそ素晴らしい作品に仕上がったのだと思います。

作品自体にはあまり期待はしていなかったのですが予想外の感動物語に思わず涙、涙でした(^^ゞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

事実が素晴らしすぎて映画の方が追いついてないかもネタバレ

投稿日:2007/12/19 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この度は自分のひねくれぶりを猛反省。と言うのも、本編を観ている間はどうにもラジオという青年の人物造形が納得いかなかった。完全無欠のピュア。知的障害=純粋という世間に流布しているコードが私は嫌いだ。少なくとも自分が接したことのある障害者の方々は普通の生身の人間で、ワガママでイヤな奴もいた。彼らを聖人扱いすることには違和感を覚えるし、歴史的にもそういう特別視が偏見・差別を生んできた。

 で、この作品のラジオ(キューバ・グッティング・Jr)も、映画の中ではそんな扱い。コーチ・ジョーンズ(E・ハリス)との友情は感動的だし、地域住民に受け入れられていく様子も微笑ましいが、「彼には自分たちにはない優しさがある」…つまり普通の人間とは“違う”のだ、と言いきってしまうところに、何やらザワッとくるものがあった。ところが、特典のメイキングを見て驚いた。本物のラジオさんとコーチ・ジョーンズが登場しインタビューに答えていたのだが、2人の出会いとその後の経緯について語るコーチの話、そしてラジオさん本人の姿などからは、映画の描写がかなり事実に近そうだということが感じられた。自分がこの映画に感じていた「知的障害者神話」は、むしろ自分の偏見=この世に純粋な人間なんていない…が作り出していたもののようだ。そういう人が本当にいて、それがたまたま知的障害者だった、ということだ。

 舞台は70年代、当時のアメリカの障害者施策についてはよく知らないが、ヴォルフェンスバーガーのノーマライゼーション提唱が70年代、障害者の「完全参加と平等」を謳った国際障害者年が81年だったと記憶しているので、まだ夜明け前だったと想像する。そんな時代で、こうした共生が実現していることにまず驚く。そしてコーチがなぜそこまでラジオのために力を尽すのか、中盤明かされるその理由には胸をつかれた。

 自分にもこんな思い出がある。

 中学1年のときに同じクラスに障害者の女の子Hさんがいた。当時は病名など知らなかったが、知的障害に加えて手足の拘縮、特徴的な尖足から彼女は脳性マヒだったのだなと今は分かる。ともすればイジメの対象になってしまいそうな境遇の彼女だったが、いつもニコニコ愛想よく笑っていたことや大人しい性格だったのが幸いし、男子たちにからかわれることもなくクラス全員から静かに“放置”されるという、一番平和な状態を保っていた。

 私も特に彼女のことを気にしてはいなかったが、ある日の体育の授業が始まる前。体操着に着替えたクラスメイトたちがどんどん教室を出て行ってしまうなか、Hさんは不自由な体を一生懸命に動かしながら着替えようとするのだが、奇妙に突っ張った肘に体操着がひっかかって身動きが取れなくなっていた。そこで見かねた私と仲良しの友人が手伝ってあげることに。無事に着替え終えた時には始業のベルが鳴り響いており、「早く、早く!」と友人と2人で彼女を両側から引っ張るように校庭まで走って行ったことを覚えている。以来、体育の時には彼女の着替えを手伝うようになった。Hさんは言葉を発せられなかったが、いつものニコニコ笑顔がいっそう嬉しそうだった…そんな風に感じられた。

 そして冬休みになり年が明け、家に年賀状が届いた。同級生からの丸文字の賀状に混ざって1枚だけ大人の達筆な宛名書きの賀状があった。宛名は確かに自分。訝りながら裏を返すとそこにはまるで幼稚園児のような平仮名だらけの、まさにミミズがのたくったような字で「あけまして おめでとう」とあった。Hさんだった。字は書けるんだとその時初めて知った。そして次の文章に私は目がクギ漬けになってしまった。

「いつも なかよく してくれて ありがとう。これからも ともだちで いてね」

私は衝撃を受けた。なぜなら私はHさんのことを友達だなんて思っていなかったから。ただ困っている人を助けている、それだけの気持ちだった。当然、彼女に年賀状など出していない。それなのにHさんは私を“友達”と思っていた…。なぜだか分からないが私は猛烈に悲しくなって、その年賀状を握りしめて号泣した。

 3学期に入ってから私は彼女の手伝いをやめた。そのせいで一緒に手伝っていた友達ともぎくしゃくしてしまったが、すぐに2年に進級してまた新しい友達ができて、そのことは過去の出来事になった。


 個人的な思い出話を長々と書いてしまいすみません。ただ、このことは自分の原点のような気がしている。私はHさんの友達にはなれなかったが、コーチ・ジョーンズは自らの苦い思い出を糧にして「正しいこと」をやり抜き、ラジオとの友情を30年育み続けている。映画作品の出来としては凡庸の感を否めないが、この瞠目すべき事実を知らせてくれたことに感謝したい。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感動!

投稿日:2005/05/11 レビュアー:Tomopy

人としての優しさや思いやりが、本当によく描けていて、凄く良かったです。
見て見ぬ振りではいけない。。。
何もしなければ何も始まらない。。。

人の優しさ、思いやりに触れてこそ初めて人は心を開くもの。
感動作です。是非見て下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画の見方、見る時期は?

投稿日:2006/05/11 レビュアー:オタエドン

映画館で見る、DVD新作出てすぐに見る、しばらくしてレンタルして見る、BS放送した時に録画して見る、地上波放送で見る。
この順番は、関心度の度合いにも寄りますが、だいたいこんな順でしょうか?見たいが、新作レンタルが押して来ると、どんどん新作も、アッと言う間に旧作になってしまいます。スピードの速さには驚きと、付いて行けない感ありな最近の現状でしょう。
良い作品は、ゆっくり、幾度も見たくなる・・・でも時間がない!
映画好きな皆さんは、そんな悩みをどう処理してらっしゃるかな?

見逃した作品をBS録画したテープが山積み。その中から、選んで見た作品の数本。見終わり、レビュー読んだら、かなり感動コールが並んでいました。そう、少〜〜し、薄めだけれど、心に響くシーンが数箇所あり、後半から、ラストに掛けては、アメリカの良心が、うらやましくなってしまうほどでした。実話物にありがちな臭さは、吹き飛んでしまった。一見の価値ありな1本でしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは、後から後からじわーーっときます

投稿日:2008/05/08 レビュアー:ムーミンママ

小さな田舎町だからこそ起きた奇跡のようなストーリー。
これが実話だと思うと、なんだか理由もなく誇らしい気分になります。別に私が何かしたわけじゃないのに・・・

エド・ハリス演じるコーチ・ジョーンズ。
こんな根っからの、真の教育者というような人が
いてくれるといいですね。
彼の揺ぎ無い信念が周りの人の理解を可能にしたんでしょうね。
異質なものを排除しようとする力が働くのは世の常。
哀しいけれど、それが現実です。
その現実をゆっくりと変えてゆく・・・
大変なことだと思います。

見ている間は何故か号泣モードにはならなかったのに
見終わってしばらく経ってから、じわじわと
心が温まっていくのを実感しました。

これは多くの人に見ていただきたい素敵な映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全75件

僕はラジオ

月額課金で借りる

都度課金で借りる