インファナル・アフェア II 無間序曲

インファナル・アフェア II 無間序曲の画像・ジャケット写真

インファナル・アフェア II 無間序曲 / エディソン・チャン

全体の平均評価点:(5点満点)

189

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「インファナル・アフェア II 無間序曲」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

1991年、香港マフィアの大ボス、クワンが暗殺された。だが配下のボスのひとり、サムだけは造反を目論む4人のボスたちをよそに唯一静観を続ける。実はこの暗殺は、サムの出世を願う妻マリーが夫も知らぬ間に手下のラウへ命じたものだった。そんな彼女に叶わぬ恋心を抱くラウはやがて、サムによって警察学校へ送り込まれる。一方、組織犯罪課のウォン警部は、クワンの私生児であることが発覚して警察学校を退学処分になったヤンを組織へ潜入させることに。こうしてラウとヤンの2人は、92年、気づかぬうちに互いの人生を交差させていくのだった…。

「インファナル・アフェア II 無間序曲」 の作品情報

作品情報

製作年: 2003年
製作国: 香港
原題: INFERNAL AFFAIRS II

「インファナル・アフェア II 無間序曲」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

インビジブル・ウェーブ

画魂 愛の旅路

不死鳥の如く

パティシエの恋

ユーザーレビュー:189件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全189件

おやじ俳優3人の演技を見逃すな!(笑)

投稿日:2005/03/09 レビュアー:RUSH


前作が潜入捜査官:ヤンと潜入マフィア:ラウの対決を中心に描かれていて驚きはあったものの正直期待はずれでした。「世界が認めた」と当時うたい文句でしたが、僕にはこの作品のどこを世界が認めたんだ?ぐらいにしか思えなかったのです。前作は期待はずれ感が強かっただけにこの作品にはさほど期待はしていませんでした。しかし、それが大きな間違いであった事を認めなくてはならなくなりました。前作では登場人物の背景が全く描けていなかったので感情移入できなかったのですが、この作品では前作の登場人物の背景の全てが描かれていました。そうなんです、前作で見たかったのはこれなんです!(笑)。前作でポッカリと抜けていたものがこの作品で全て埋まった、そんな感じでした。僕はこの作品は前作の後を描くものだとばかり思っていたので嬉しい誤算となりました。

この作品では1991年〜1997年までを描いており、@:警察学校でトップ成績であったヤンが退学しなければならなかった理由 A:サム、マリー、ラウ、3人の関係 B:サムとタイ人ポールとの関係 C:ウォンとサムの前作以前の関係 D:マフィアの内部抗争(マフィア映画らしい殺され方が多数描かれる) E:ウォンvsハウvsサムの対決(サムがマフィアトップになったいきさつ)を中心に描き、僕が知りたかった、見たかったシーンがこの作品の中に全て入っていました。上記以外にもラウのオーディオの知識はマリーからの影響だった事であるとか、前作でヤンと子供を連れた元恋人との6年ぶりの再会シーンがありましたが、その再会が意味した真実も描かれていました。

今作のいい所はおやじ俳優が頑張っていたことかもしれませんね(^^ゞ。ウォンを演じたアンソニー・ウォン、サムを演じていたエリック・ツァン、この二人は前作でもいい演技をしていました。そしてハウを演じたフランシス・ンも今回とてもクールで残忍なマフィアのボスを演じていました。この3人が演技をお互い張り合い、まるで演技合戦でもしているかのような感じでとても楽しめました。話の内容もさることながらこの3人の演技を見ているだけでも個人的には満足感を得られました。前作とは大違いでしっかりとしたマフィア映画になっていました。エディソン・チャンやショーン・ユーもいいですが3人のおやじ俳優の演技もお見逃しなきように!(笑)。完結編「V」が楽しみですね。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

前作を気にいった方は必見!

投稿日:2005/02/24 レビュアー:パープルローズ

感動の前作から過去にさかのぼった話です。マフィアから警察に潜入したラウと、逆に警察からマフィアに潜入したヤン、それぞれの潜入にいたる経緯が描かれています。こういった続編にありがちな取ってつけたような印象はなく、好感がもてました。マフィアのボスの妻に対するラウの淡い恋心や、ヤンの出生の秘密が、香港の中国返還という歴史的事件にからめて描かれています。
残念だったのは、前作で迫真の演技を見せていたアンディ・ラウとトニー・レオンのふたりが全く登場しなかったこと。また、ふたりの青年時代を演じる若手俳優の顔があまりにも似ていて、区別がつきにくかったこと。場面が変わるたびに、「え〜っと、どっちだったけ?」っと思ってしまったのは私だけでしょうか?それが映画の流れを少し悪くしているのですが、前作を気にいったという方は必見でしょう。第3部も楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

観客無間地獄

投稿日:2005/04/09 レビュアー:裸足のラヴァース

ん?フランシス・ンなんちゃって おいらは俳優の顔がすぐに覚えられない だけどエジソン・チャンとショーン・ユーは はっきり違う顔じゃない しっかり区別つくぞ 不思議だ
てかショーンがエジと離れて 他の顔と混じるとなんか影が薄くなるみたいな
てかレヴュアーがラウだハウだサムだとごちゃごちゃ言ってるとわけわかんなくなってくる あれカリーナ・ラウって女子プロレスラの下田美馬にそっくりだな あそうかこれヒットしたから普段香港ノワール見てない人多いから アンソニー・ウォンとかエリック・ツァンとか見慣れてないと 混乱すんだな
今回は若手二人はなんか脇役で断固 おっさん達が主役なわけだ なかなか粋なことやるな

結局日本のVシネマみたいな展開なので 顔がみわけがつかずに話も無理やり複雑だと これからまず一作目を見直すと それから最終章を映画館に行くと するとまた二作目を見て又 一作目にもどると おいおいそれじゃ観客無間地獄だっつうの

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

1の「ナゼ?」が本作で「ほぉー」となりました。

投稿日:2010/12/17 レビュアー:MM3

1が面白かったので本作も鑑賞。

続編がどうなってるのか、まったく事前情報なしだったんですが、
時系列でいうと、1の前なんですね。

前作の主役2人がそれぞれ潜入捜査するに至るまでと
それぞれの組織でボス的存在だったオヤジ2人がボスになる前。

なので、ヤンとラウのそれぞれの人物描写や
それぞれの事情、背景なんかがあり、
1で描ききれなかった部分に焦点が当たっていて○でした。

なぜ、それぞれスパイを送り込んだのか?も
ヤンが1作目でいきなり警察学校を退学させられた理由も
本作でわかりました。

マフィア内の複雑な人間関係・利害関係・確執があったんですね〜
警察内部もしかり。
それぞれ悲劇的に交錯し、あの話へ繋がるんですね・・・・

1もハリウッドにはない雰囲気だったけど
本作は、さらにそれを感じました。
なんだろ・・・・この負の連鎖というか・・・・
哀しすぎる男達というか・・・・・。


ヤンとラウは前作と違う俳優さんが演じてます。
香港映画に疎い私は、なかなか顔の区別がつかず、
かなり苦労しましたが、それでも、
この濃密かつ複雑に交じり合う運命はなかなか見ごたえありました。

ドラマ色が強いのですが、
1のナゼ?がここでだいぶ解明され、
さらに人物背景が掘り下げられ、私は楽しめました。

1がヒットしたから・・・じゃあ作ってみるか、みたいな
後からとってつけたような前日談じゃないところがまた良いです♪

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

Tを観た後にお勧め

投稿日:2005/05/11 レビュアー:Tomopy

前作は劇場で観たので、ストーリーがちょっと忘れていたかも。。。
Tの後にUを観る事をお勧めします!

でも楽しみます。
今から完結が楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全189件

インファナル・アフェア II 無間序曲

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:189件

おやじ俳優3人の演技を見逃すな!(笑)

投稿日

2005/03/09

レビュアー

RUSH


前作が潜入捜査官:ヤンと潜入マフィア:ラウの対決を中心に描かれていて驚きはあったものの正直期待はずれでした。「世界が認めた」と当時うたい文句でしたが、僕にはこの作品のどこを世界が認めたんだ?ぐらいにしか思えなかったのです。前作は期待はずれ感が強かっただけにこの作品にはさほど期待はしていませんでした。しかし、それが大きな間違いであった事を認めなくてはならなくなりました。前作では登場人物の背景が全く描けていなかったので感情移入できなかったのですが、この作品では前作の登場人物の背景の全てが描かれていました。そうなんです、前作で見たかったのはこれなんです!(笑)。前作でポッカリと抜けていたものがこの作品で全て埋まった、そんな感じでした。僕はこの作品は前作の後を描くものだとばかり思っていたので嬉しい誤算となりました。

この作品では1991年〜1997年までを描いており、@:警察学校でトップ成績であったヤンが退学しなければならなかった理由 A:サム、マリー、ラウ、3人の関係 B:サムとタイ人ポールとの関係 C:ウォンとサムの前作以前の関係 D:マフィアの内部抗争(マフィア映画らしい殺され方が多数描かれる) E:ウォンvsハウvsサムの対決(サムがマフィアトップになったいきさつ)を中心に描き、僕が知りたかった、見たかったシーンがこの作品の中に全て入っていました。上記以外にもラウのオーディオの知識はマリーからの影響だった事であるとか、前作でヤンと子供を連れた元恋人との6年ぶりの再会シーンがありましたが、その再会が意味した真実も描かれていました。

今作のいい所はおやじ俳優が頑張っていたことかもしれませんね(^^ゞ。ウォンを演じたアンソニー・ウォン、サムを演じていたエリック・ツァン、この二人は前作でもいい演技をしていました。そしてハウを演じたフランシス・ンも今回とてもクールで残忍なマフィアのボスを演じていました。この3人が演技をお互い張り合い、まるで演技合戦でもしているかのような感じでとても楽しめました。話の内容もさることながらこの3人の演技を見ているだけでも個人的には満足感を得られました。前作とは大違いでしっかりとしたマフィア映画になっていました。エディソン・チャンやショーン・ユーもいいですが3人のおやじ俳優の演技もお見逃しなきように!(笑)。完結編「V」が楽しみですね。

前作を気にいった方は必見!

投稿日

2005/02/24

レビュアー

パープルローズ

感動の前作から過去にさかのぼった話です。マフィアから警察に潜入したラウと、逆に警察からマフィアに潜入したヤン、それぞれの潜入にいたる経緯が描かれています。こういった続編にありがちな取ってつけたような印象はなく、好感がもてました。マフィアのボスの妻に対するラウの淡い恋心や、ヤンの出生の秘密が、香港の中国返還という歴史的事件にからめて描かれています。
残念だったのは、前作で迫真の演技を見せていたアンディ・ラウとトニー・レオンのふたりが全く登場しなかったこと。また、ふたりの青年時代を演じる若手俳優の顔があまりにも似ていて、区別がつきにくかったこと。場面が変わるたびに、「え〜っと、どっちだったけ?」っと思ってしまったのは私だけでしょうか?それが映画の流れを少し悪くしているのですが、前作を気にいったという方は必見でしょう。第3部も楽しみです。

観客無間地獄

投稿日

2005/04/09

レビュアー

裸足のラヴァース

ん?フランシス・ンなんちゃって おいらは俳優の顔がすぐに覚えられない だけどエジソン・チャンとショーン・ユーは はっきり違う顔じゃない しっかり区別つくぞ 不思議だ
てかショーンがエジと離れて 他の顔と混じるとなんか影が薄くなるみたいな
てかレヴュアーがラウだハウだサムだとごちゃごちゃ言ってるとわけわかんなくなってくる あれカリーナ・ラウって女子プロレスラの下田美馬にそっくりだな あそうかこれヒットしたから普段香港ノワール見てない人多いから アンソニー・ウォンとかエリック・ツァンとか見慣れてないと 混乱すんだな
今回は若手二人はなんか脇役で断固 おっさん達が主役なわけだ なかなか粋なことやるな

結局日本のVシネマみたいな展開なので 顔がみわけがつかずに話も無理やり複雑だと これからまず一作目を見直すと それから最終章を映画館に行くと するとまた二作目を見て又 一作目にもどると おいおいそれじゃ観客無間地獄だっつうの

1の「ナゼ?」が本作で「ほぉー」となりました。

投稿日

2010/12/17

レビュアー

MM3

1が面白かったので本作も鑑賞。

続編がどうなってるのか、まったく事前情報なしだったんですが、
時系列でいうと、1の前なんですね。

前作の主役2人がそれぞれ潜入捜査するに至るまでと
それぞれの組織でボス的存在だったオヤジ2人がボスになる前。

なので、ヤンとラウのそれぞれの人物描写や
それぞれの事情、背景なんかがあり、
1で描ききれなかった部分に焦点が当たっていて○でした。

なぜ、それぞれスパイを送り込んだのか?も
ヤンが1作目でいきなり警察学校を退学させられた理由も
本作でわかりました。

マフィア内の複雑な人間関係・利害関係・確執があったんですね〜
警察内部もしかり。
それぞれ悲劇的に交錯し、あの話へ繋がるんですね・・・・

1もハリウッドにはない雰囲気だったけど
本作は、さらにそれを感じました。
なんだろ・・・・この負の連鎖というか・・・・
哀しすぎる男達というか・・・・・。


ヤンとラウは前作と違う俳優さんが演じてます。
香港映画に疎い私は、なかなか顔の区別がつかず、
かなり苦労しましたが、それでも、
この濃密かつ複雑に交じり合う運命はなかなか見ごたえありました。

ドラマ色が強いのですが、
1のナゼ?がここでだいぶ解明され、
さらに人物背景が掘り下げられ、私は楽しめました。

1がヒットしたから・・・じゃあ作ってみるか、みたいな
後からとってつけたような前日談じゃないところがまた良いです♪

Tを観た後にお勧め

投稿日

2005/05/11

レビュアー

Tomopy

前作は劇場で観たので、ストーリーがちょっと忘れていたかも。。。
Tの後にUを観る事をお勧めします!

でも楽しみます。
今から完結が楽しみです。

1〜 5件 / 全189件

同シリーズ作品を借りる