D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館

D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館の画像・ジャケット写真

D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館 / ピーター・ドナルド・バダラメンティ

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

H.G.ウェルズが生んだSFの名作「獣人島」から続く狂気の天才科学者、ドクター・モローの邪悪な活躍を描くスリリングなSF作品。博士の館に偶然入り込んでしまった若者たちに、遺伝子操作によって狂暴で残忍な獣人になってしまった人間たちが襲い掛かる。

「D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: DR. MOREAU’S HOUSE OF PAIN

「D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジンジャーデッドマン

アメリカン・パイ in ハレンチ教科書

フランケン・ライジング

ブラッド・ドール 呪い仕掛け人形

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

これぞB級映画の鑑!!なんだかわからん・・・でも最後まで見ちゃう

投稿日:2005/02/22 レビュアー:Yの3乗

最初から最後まで、まったくの不条理なストーリー、まったく説明なし、みんなドクターモローを知って観ているんだろーという映画。ここまでB級に徹して作っているともう、そのパワーで最後まで見てしまいます。とんでもない結末は予想できても・・。久々にわけのわからないB級映画に出会いました。怒らない寛容なファンの方はご覧下さい。駄作ではありません。無意味で退屈なシーンはありません。あくまでB級な作品です。どこがスリリングなSF作品やねんと、イントロダクションにつっこんではいけません。別なパワーがありました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ドクターモロ!の館 ネタバレ

投稿日:2012/07/14 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何がリローデッドなのか不明ですが、マッドな博士の始祖的存在ドクター・モローが題材。
孤島で実験をしていた博士は、車で行けちゃう屋敷に居をかまえ、再び人間の進化の研究をしています。
えらくスケールダウンしたようですが、そこに博士が生み出した怪物たちが住んでいて、どうのこうのというストーリー。

2004年の製作の割には、割とレトロな雰囲気。
展開読めずにいたら、ストリッパーのパンチが男性の頭部を貫通。
思わぬ展開に、胸がドキドキ、夢がモリモリ。
早くも姿を現した怪物は、どうみても豚人間とレザー・フェイス美女と野獣版。
こんなもので、怖がれるかっ!!と一徹ばりにちゃぶ台をひっくり返すと、強烈な香水のごとく色気を放つ姉様が大胆濡れ場を披露。

なんちゃって主人公エリックは、ボクサーの設定なれど試合のシーン無し。
行方不明の兄ロイは、結局どうなっているのか。
豚人間に騙されて、寝てしまったヒロインのシーンに何の意味があるのか。
などなど、頭が混乱する要素が多数出てきます。

結局、本作のテーマを作品から読み取ることは難しく、ひょっとしてコメディ?疑惑も浮上。
しかしながら、パク助手の娘ゴルガナの容姿だけは別格。
そのデビリーな容姿は、クリーチャーファンを唸らせるでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

否。

投稿日:2005/05/20 レビュアー:MOON

なんとも期待外れの作品でした。
どちらかと言えば、直立するレッサーパンダの方が面白いです。<某動物公園
「もしかしたら、あのレッサーパンダはDNA操作されたのか?」
そういう話の方が面白いと思いました。・・・(^_^.)?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

E級作品

投稿日:2005/02/23 レビュアー:Mocha

これは、ひどい!!、途中で寝てしまい最後まで見ないで返しましたが、後悔もしない作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

D.N.A. リローデッド ドクター・モローの館

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

これぞB級映画の鑑!!なんだかわからん・・・でも最後まで見ちゃう

投稿日

2005/02/22

レビュアー

Yの3乗

最初から最後まで、まったくの不条理なストーリー、まったく説明なし、みんなドクターモローを知って観ているんだろーという映画。ここまでB級に徹して作っているともう、そのパワーで最後まで見てしまいます。とんでもない結末は予想できても・・。久々にわけのわからないB級映画に出会いました。怒らない寛容なファンの方はご覧下さい。駄作ではありません。無意味で退屈なシーンはありません。あくまでB級な作品です。どこがスリリングなSF作品やねんと、イントロダクションにつっこんではいけません。別なパワーがありました。

ドクターモロ!の館

投稿日

2012/07/14

レビュアー

奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何がリローデッドなのか不明ですが、マッドな博士の始祖的存在ドクター・モローが題材。
孤島で実験をしていた博士は、車で行けちゃう屋敷に居をかまえ、再び人間の進化の研究をしています。
えらくスケールダウンしたようですが、そこに博士が生み出した怪物たちが住んでいて、どうのこうのというストーリー。

2004年の製作の割には、割とレトロな雰囲気。
展開読めずにいたら、ストリッパーのパンチが男性の頭部を貫通。
思わぬ展開に、胸がドキドキ、夢がモリモリ。
早くも姿を現した怪物は、どうみても豚人間とレザー・フェイス美女と野獣版。
こんなもので、怖がれるかっ!!と一徹ばりにちゃぶ台をひっくり返すと、強烈な香水のごとく色気を放つ姉様が大胆濡れ場を披露。

なんちゃって主人公エリックは、ボクサーの設定なれど試合のシーン無し。
行方不明の兄ロイは、結局どうなっているのか。
豚人間に騙されて、寝てしまったヒロインのシーンに何の意味があるのか。
などなど、頭が混乱する要素が多数出てきます。

結局、本作のテーマを作品から読み取ることは難しく、ひょっとしてコメディ?疑惑も浮上。
しかしながら、パク助手の娘ゴルガナの容姿だけは別格。
そのデビリーな容姿は、クリーチャーファンを唸らせるでしょう。

否。

投稿日

2005/05/20

レビュアー

MOON

なんとも期待外れの作品でした。
どちらかと言えば、直立するレッサーパンダの方が面白いです。<某動物公園
「もしかしたら、あのレッサーパンダはDNA操作されたのか?」
そういう話の方が面白いと思いました。・・・(^_^.)?

E級作品

投稿日

2005/02/23

レビュアー

Mocha

これは、ひどい!!、途中で寝てしまい最後まで見ないで返しましたが、後悔もしない作品でした。

1〜 4件 / 全4件