ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
41枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全203件

日本人スタッフの意見を取り入れ、素の日本を描写。

投稿日:2006/09/19 レビュアー:JUCE

東京の街並や風俗に関しては広告業の大手、東北新社が協力して、そしてその意見も良く取り入れられているのでとてもありのままを描写出来ている。これまでの外国映画に見る日本の描き方とは違うなとは感じた。実際の企業サントリーを出したり、藤井隆の実際の番組「Matthew's Best Hit TV」が登場したりして、非常にリアルな日本になっている。それでは人物描写はどうなのだろう。やはり日本人が思っているのとは違う日本人像が描かれている。というよりも日本人が感じている触れられたくない部分や嫌な部分ばかりがクローズアップされているようで、日本人の私としては正直気分の良いものでは無い。ソフィア・コッポラ監督の「日本が好き」という発言は日本の風景や雰囲気が好きだけど、日本人は嫌いと言っているようにも取れる。この作品は彼女の若い頃の日本滞在をベースにした半自伝的作品ということなので、結構嫌な思いをしたんですね。ちょっとその仕返しをというニュアンスが感じられる。カメラマンの夫はソフィア・コッポラの前夫スパイク・ジョーンズ。その友人のバカっぽい女優はキャメロン・ディアスがモデルとなっているらしい。ちなみにキャメロン・ディアスは日本でモデルをしていたことがあるそうです。

この映画日本語のセリフのところに英語の字幕が付いていない。つまり日本語が分からなければ言葉の意味は分からず、その場の様子や手振りなどで会話を想定するしかない状況を演出している。したがって日本人にはこの映画の本当の意味での価値は分からないのかもしれない。まあ関西人の私にとっては一人で行く東京というのは結構疎外感というか孤独感があって、そういう意味ではこの映画の言わんとするところも分からないでは無いのだが。

「トウキョウ アンダーグラウンド」と「ロスト・イン・トランスレーション」、日本を舞台とした2本の映画を連続してみたが、映画の完成度としては「ロスト・イン・トランスレーション」、面白さという点では「トウキョウ アンダーグラウンド」に一票かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 33人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

行け! 押し倒せ!

投稿日:2006/01/16 レビュアー:よふかし

 他の方のレビューは読んだり読まなかったり。
 東京に住んで20年、舞台となったホテルにも行ったことはありますが、映画を観ている間、不思議と「トーキョー」とか「日本だなあ」という感じはあまり持ちませんでした。
 どうやら監督の体験が基になっているとのこと、それで東京ロケしたそうですが、外国人の目に映る奇妙な「トーキョー」を、ギャグにしたり、主人公らの疎外感を出すために利用したりはしていますが、別段、この映画の監督・製作者に東京や日本文化についての批評眼はないと感じました。その意味では、異郷でさえあればどこでもよかったとも言えるように思いました。
 映画の目指すものはもっとパーソナルなものです。ちょっとした感情の揺らぎ、行き違い、いらつき、欲情・・・・そういったものを丹念にすくおうとしていました。それだけといえば、それだけなのかもしれません。
 でも、スカーレット・ヨハンソンの魅力が、すべてに勝りました。産毛の輝いていそうな肌、久しぶりに清潔感のある色気というものを感じたような気がします。『アイランド』ではずいぶんかわってしまいましたが・・・。
 グズグズしているスター、ビル・マーレイに向かって「行け! 押し倒せ!」と声援を送りたくなったのですから(下品ですみません)、この作品の表現したいことは、きちんと私に届いたのだと思います。70点。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生に迷ってしまった男と女の交流

投稿日:2004/12/03 レビュアー:パープルローズ

日本人には評価が難しい作品だと思います。
まず頭においておかないといけないのは、アメリカ公開時には日本語のせりふに対して全く字幕がなかったということです。つまり、日本語のわからない人たちは、映画の登場人物と一緒に「ロスト・イン・トランスレーション」体験ができたわけですが、私たちはどちらの言葉もわかってしまうので(英語に字幕をつければの話ですが)、監督が意図したものとはかなり違う世界になってしまうでしょう。
また、この映画の日本、トーキョーの描かれ方に対して、人によっては「バカにしている」と感じたり、「トーキョーが好きだといいなから、全く敬意が感じられない。」と思う人もいるでしょう。私はどうかというと、最近の日本を描いた映画の中ではもっともリアルなトーキョーだと思いました。少なくとも「キルビル」のチャンバラ映画の中のような日本や、「ラストサムライ」のニュージーランドでとった、まるでホビットがでてきそうな異様に緑豊かな日本の農村より、すっとリアルで好感が持てました。トーキョーの街のまばゆいばかりのネオンや、選挙運動の騒音はしばらく日本を離れたことのある人なら、この映画の主人公と同じく奇異に感じたことがあるでしょう。
舞台は日本ですが、この映画のテーマはかなり普遍的なものだと思います。人生に迷ってしまっている中年の男と、これから自分がどこに行くのか、何をすればいいのか、全くわからない若い女の交流。別れの時に雑踏の中で、男が女にささやいたのはどんなせりふだったのか。観るたびに違った感じ方のできる映画ではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オフビートな自分探しネタバレ

投稿日:2010/04/25 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

数々の賞を受賞したソフィア・コッポラの作品ですが、そんなに受賞するほどの作品なんでしょうか?
とっても表面的で、東京の住人である私には残念ながら響いてきませんでした。
言葉の通じない日本を訪れた外国人が感じる孤独感や、疎外感を描きつつ、相互理解の難しさを描いているとは思います。

ヨハンソン演じるシャーロットは、写真家の夫が仕事で福岡に行ってしまうので、いつも一人ぼっち。
そんな時、ウィスキーのCMに出演するために日本を訪れた俳優ボブ(ビル・マーレー)に出会います。

シャーロットは、人生の目的を見出せないまま、ボブは中年の危機を迎え、揺れる男をさらけ出し、束の間の二人で過ごす時間が、繊細でもの哀しい話の核となります。
きっと束の間の通じ合った時が、オアシスなんでしょうね。

似たもの同士で異文化を体験するので、当然表面的なものしか見えてきません。このレベルで、日本を訪れる外国人旅行者は、多いのでしょうし、これじゃつまらないだろうな〜と思ってしまいます。
劇中に出て来る日本語は、字幕を付けていないので、ただ分からない言葉として扱われているようです。

主演俳優の魅力を引き立てる舞台としては、良いのかもしれませんが、ちょっと哀しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

All Japanese are Perverse

投稿日:2004/12/11 レビュアー:裸足のラヴァース

日本人て みんな変だ 三島由紀夫がアメリカに行った時 こう言われたようだ その変さ加減を期待して 見る前から既視感ができて 見てちょっと失望と やっぱ変な日本人

どっか高慢ちきそうなお嬢様 ソフィア なんとかハイアットホテルが好きなそうで これはホテルの映画 異星の国でのボーイ
ミーツガール ソフィアの繊細なティストが全開の普通のアメリカ映画 物語構成上日本人との関わりを極力排除してるのは正しい

アカデミー賞疑問視の声もあるが ソフィアのヨーロッパ風味が現在のアメリカ映画界でしめる意味は痛快で貴重だから ここは政治的によしとしとくべきなのだ

ビル・マーレイ背い高くって意外にかっこいいなあ スカーレット「ゴーストワールド」の受けの演技がすごく良かったんだけど
やっぱでてきたなあ 10年たって見直したい映画だ
ジャン・ピエール・リモザンの吉川ひなの主演「トウキョウ・アイズ」は 同時に見とくべき作品だ こちらも素晴らしい

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる