セックス調査団の画像・ジャケット写真

セックス調査団 / ダーモット・マロニー

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「セックス調査団」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

未だ好況に沸く1929年のアメリカ。大学を辞め、パトロンである富豪ファルドの屋敷で性に関する研究を続ける学者エドガー。研究に没頭する余り、恋人のクロエにも愛想を尽かされてしまっていた。そんな彼が、性に関する新たな実験を計画する。それは、何人かの男性を集め、セックスについてオープンに討議させ、それを2人の若い女性に書き取らせるというもの。さっそく、アリスとゾエが速記係として雇われ、作家のモンティや英国人画家セヴィらが参加する中、討論が始められた。真剣かつ客観的に、というルールの下、実験は順調に進むかに思われたが…。

「セックス調査団」 の作品情報

作品情報

製作年:

2001年

製作国:

ドイツ/アメリカ

原題:

INVESTIGATING SEX

「セックス調査団」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

シー・ウルフ

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション

バレエ・カンパニー

トロピック・サンダー史上最低の作戦

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

芸術作品です

投稿日:2005/05/13 レビュアー:neconeko

これも洋ピンとして売られているのがなんとも情けなく悲しい(べつに洋ピンを馬鹿にするわけではありませんが)。これもアラン・ルドルフによるごくごくまじめな映画で、原作はかの(元祖シュルレアリストの)アンドレ・ブルトンの『性についての探究』(日本語訳あります)です。もちろんセックスに関するいろんなエピソードを楽しめますが、アルトマンの弟子らしくそれぞれの俳優がそれぞれの味を出して互いに関係していく群像劇映画と見るのが正しい見方ではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

いったい私は何をしているんだろう。。

投稿日:2007/01/21 レビュアー:みみ

 学生時代、文学少女を気取っていた私は、白水社の『性に関する探究』を手に取りました。シュールレアリスト達の座談会が会話方式に綴られた作品です。その内容たるや、普段、私達が飲み会でしゃべるようなどうでもいい猥談レベル。初めはすまし顔だった私も、だんだんこの本を大真面目に読んでいる自分が可笑しくなってきちゃいました。
 そんな本を基にどんな映画を作るのかが興味津々で、この作品を観たのですが。。
 さすがに座談会をそのまま画にするのは無理があったのでしょう。全般的にシュールに魅せようとする演出が施されています。速記係に官能的な衣装を着せてみたり、変なオブジェが置かれてたり、発言もいちいち面倒くさい。
 本を読んで「シュールレアリストといっても、そんなにシュールじゃないんだな」という感想を持った私には逆にそれが嘘臭く、邪魔な演出に思えてしまいました。
 それにしても錚々たるキャストが大真面目にどうでもいいことを演じているのを観るにつけ、だんだん白けていき、最後は「いったい私は何してるんだろう?」と失笑。。この最後の感想だけは、本を読んだときと全く一緒でした。。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

調査団って…。 ネタバレ

投稿日:2005/08/20 レビュアー:こーじ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

よくこんな邦題つけますね。
リットン調査団かと思いました(笑)

しかしこの人たち、何がしたいんかわからん。
調査団っていうか、ただとりとめもない議論して結局ムラムラしてエッチな気分になってるだけやん!
しかも中にはほんまにエッチしてる奴らもおるし!

大体速記係を女性しかも衣装付きっていうこだわりが意味不明。
そのくせマジメに討論しろ、って。なんやねんお前…。

ってか俺は一体何を期待してこれを借りたんだろうか…(笑)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

意味がない調査。

投稿日:2006/05/26 レビュアー:ショッキングピンク

私はあるある探検隊かと思いましたよ(笑)、
これをリアルTSUTAYAで借りるのはAV借りるより気まずいかと。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

辛抱たまらんかった

投稿日:2009/02/10 レビュアー:カニ

退屈で辛抱できず10分で撃沈
僕の好きなニック・ノルティ(久しぶりー、プロデューサーもしてる!)スパイ・キッズに出てた兄ちゃんもええ味出して出演してるけど。
かったるすぎて撃沈でした。

おわり

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

セックス調査団

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

芸術作品です

投稿日

2005/05/13

レビュアー

neconeko

これも洋ピンとして売られているのがなんとも情けなく悲しい(べつに洋ピンを馬鹿にするわけではありませんが)。これもアラン・ルドルフによるごくごくまじめな映画で、原作はかの(元祖シュルレアリストの)アンドレ・ブルトンの『性についての探究』(日本語訳あります)です。もちろんセックスに関するいろんなエピソードを楽しめますが、アルトマンの弟子らしくそれぞれの俳優がそれぞれの味を出して互いに関係していく群像劇映画と見るのが正しい見方ではないでしょうか。

いったい私は何をしているんだろう。。

投稿日

2007/01/21

レビュアー

みみ

 学生時代、文学少女を気取っていた私は、白水社の『性に関する探究』を手に取りました。シュールレアリスト達の座談会が会話方式に綴られた作品です。その内容たるや、普段、私達が飲み会でしゃべるようなどうでもいい猥談レベル。初めはすまし顔だった私も、だんだんこの本を大真面目に読んでいる自分が可笑しくなってきちゃいました。
 そんな本を基にどんな映画を作るのかが興味津々で、この作品を観たのですが。。
 さすがに座談会をそのまま画にするのは無理があったのでしょう。全般的にシュールに魅せようとする演出が施されています。速記係に官能的な衣装を着せてみたり、変なオブジェが置かれてたり、発言もいちいち面倒くさい。
 本を読んで「シュールレアリストといっても、そんなにシュールじゃないんだな」という感想を持った私には逆にそれが嘘臭く、邪魔な演出に思えてしまいました。
 それにしても錚々たるキャストが大真面目にどうでもいいことを演じているのを観るにつけ、だんだん白けていき、最後は「いったい私は何してるんだろう?」と失笑。。この最後の感想だけは、本を読んだときと全く一緒でした。。(笑)

調査団って…。

投稿日

2005/08/20

レビュアー

こーじ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

よくこんな邦題つけますね。
リットン調査団かと思いました(笑)

しかしこの人たち、何がしたいんかわからん。
調査団っていうか、ただとりとめもない議論して結局ムラムラしてエッチな気分になってるだけやん!
しかも中にはほんまにエッチしてる奴らもおるし!

大体速記係を女性しかも衣装付きっていうこだわりが意味不明。
そのくせマジメに討論しろ、って。なんやねんお前…。

ってか俺は一体何を期待してこれを借りたんだろうか…(笑)

意味がない調査。

投稿日

2006/05/26

レビュアー

ショッキングピンク

私はあるある探検隊かと思いましたよ(笑)、
これをリアルTSUTAYAで借りるのはAV借りるより気まずいかと。

辛抱たまらんかった

投稿日

2009/02/10

レビュアー

カニ

退屈で辛抱できず10分で撃沈
僕の好きなニック・ノルティ(久しぶりー、プロデューサーもしてる!)スパイ・キッズに出てた兄ちゃんもええ味出して出演してるけど。
かったるすぎて撃沈でした。

おわり

1〜 5件 / 全7件