D.P

D.Pの画像・ジャケット写真

D.P / 半田健人

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「D.P」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

朝もやに包まれた深い静寂の中、目を覚まし、そして混乱する7人の若者たち。彼らはここがどこなのか、ましてやなぜ自分がここにいるのか全く分からない。それどころか、自分が誰なのかすら分かっていなかった。しかし何一つ答えを見出すことが出来ないまま、今度は不死身の殺人者たちが彼らを襲う。逃げまどう7人だったが、そこは目に見えない強固な壁に囲まれていた。唯一の手掛かりは自分たちの首元に刻まれた“D.P”の文字だけ。次々と犠牲者が出る中、生き残った者たちはもはや戦う以外に道はないと悟るのだった…。

「D.P」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「D.P」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 千葉誠治
撮影: 袴田竜太郎
音楽: 元倉宏

関連作品

関連作品

雀鬼くずれ

真・兎 野生の闘碑

凍牌〜裏レート麻雀闘牌録〜

バトロコ〜半端者〜

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

比較される宿命なれば

投稿日:2005/12/11 レビュアー:かめ

「仮面ライダー555」で主人公・乾巧を演じた半田健人が主役のようなので、ちょっと観てみることにした。
 半田健人の演技は「555」の時と全然変わらないので、いつ変身してもおかしくなさそうだ。だいたい、機関銃で撃ちまくられる中を走って逃げていられるところが特撮だなあという感じだ。
 半田以外の登場人物も、あれっと思ったが、特撮番組で見掛けた人々だった。「仮面ライダーライア」こと「ウルトラマンアグル」こと「2代目仮面ライダー2号」こと高野八誠、「仮面ライダーガイ」こと一條俊、「アバレブラック」こと阿部薫、とイケメン・ヒーローで固めてみましたという感じか。
 が、描写は血反吐を吐いて死んでいくシーン頻出のサバイバルSF。SFというほどのものでもないのだが、ガジェットはSFで馴染みのものばかりだ。
 タイトルの「D.P」の意味が謎を解く鍵らしいので、もしや夢オチ系かと勘繰ったのは、「D」がドリームかと思えたため。夢とか「クラインの壺」とかを考えたのだが、観終わってみると、それらとは違ってはいたが、やはり「よくある話」になっていた。それもそれでいいのだが、「これでいいのか?」。
 「世にも奇妙な物語」の平凡作といったところで、「とりあえず、それなりに纏めて終わりました」的エンディングで、飛躍やサプライズや感動がないのだ。続きがあるの?みたいな感じだ。
 やり尽くされた設定にわざわざ挑むからには、それなりの気概をもって製作してほしい。
 永井豪の「真夜中の戦士」オリジナル版を初めて知ったときは衝撃的だった。あとで蛇足的な「続き」が出てきて長編になったが、最初の短編として完結していたオリジナル版、これを映像化していた方がよっぽどよかった。
 こんなふうに、先行作品と比較される宿命が、「よくある設定」作品には当然のこととして存在する。だから、それなりの気概を……と心底思うのだ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

つらい・・・

投稿日:2005/06/05 レビュアー:レビュアー名未設定

70分なのに長く感じました。
30分でも収まりそうな内容をじりじり引き伸ばしてるのでテンポも悪いし。
もう少し、人間関係に進展があればよかったのに、と思いました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

D.P.て。。。(激しくネタばれ、、、、していいでしょうか?) ネタバレ

投稿日:2004/11/13 レビュアー:Aya

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私もイントロダクションに騙されて見てしまったクチです。
うちに届いた後にここのレビューをみて
がっくりしながらも見ていたんですが、
レビューに違わずがっかりな作品でした。
イケメンぞろいでもなかったと思います。
70分の映画なので犠牲者が出るのが早い早い。

しかし『記憶がない=人生リセット』させた訳だから
その時点で社会的に処刑されたのと同じだと思うので
わざわざこんなところに入れなくても、、、、、と
思いました。
出生率二人をきった日本でわざわざ人減らす必要は
ないんじゃないですか?(苦笑)

ちなみにこれだけ知りたいと思った方も
いると思うので。
D.P=デスペナルティーです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ずばり一言?

投稿日:2004/11/04 レビュアー:クッキー

半田君のファンの方には(主婦?)絶対お勧め!
そうでない方にはお勧めしません。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

う〜ん。

投稿日:2004/10/24 レビュアー:ユグドラシル

最近邦画はまってたけど、かなりがっかりしました。
イントロダクション読んで、面白そうだと思ったんだけどなぁ。
途中で思ったこと。
「なんか戦隊もんみたいぃ・・・」
登場人物は、まさにイケメンぞろい!?
奥様にはもってこいの作品かもなぁ。
こう思ったのは僕だけではないのでは?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

D.P

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

比較される宿命なれば

投稿日

2005/12/11

レビュアー

かめ

「仮面ライダー555」で主人公・乾巧を演じた半田健人が主役のようなので、ちょっと観てみることにした。
 半田健人の演技は「555」の時と全然変わらないので、いつ変身してもおかしくなさそうだ。だいたい、機関銃で撃ちまくられる中を走って逃げていられるところが特撮だなあという感じだ。
 半田以外の登場人物も、あれっと思ったが、特撮番組で見掛けた人々だった。「仮面ライダーライア」こと「ウルトラマンアグル」こと「2代目仮面ライダー2号」こと高野八誠、「仮面ライダーガイ」こと一條俊、「アバレブラック」こと阿部薫、とイケメン・ヒーローで固めてみましたという感じか。
 が、描写は血反吐を吐いて死んでいくシーン頻出のサバイバルSF。SFというほどのものでもないのだが、ガジェットはSFで馴染みのものばかりだ。
 タイトルの「D.P」の意味が謎を解く鍵らしいので、もしや夢オチ系かと勘繰ったのは、「D」がドリームかと思えたため。夢とか「クラインの壺」とかを考えたのだが、観終わってみると、それらとは違ってはいたが、やはり「よくある話」になっていた。それもそれでいいのだが、「これでいいのか?」。
 「世にも奇妙な物語」の平凡作といったところで、「とりあえず、それなりに纏めて終わりました」的エンディングで、飛躍やサプライズや感動がないのだ。続きがあるの?みたいな感じだ。
 やり尽くされた設定にわざわざ挑むからには、それなりの気概をもって製作してほしい。
 永井豪の「真夜中の戦士」オリジナル版を初めて知ったときは衝撃的だった。あとで蛇足的な「続き」が出てきて長編になったが、最初の短編として完結していたオリジナル版、これを映像化していた方がよっぽどよかった。
 こんなふうに、先行作品と比較される宿命が、「よくある設定」作品には当然のこととして存在する。だから、それなりの気概を……と心底思うのだ。

つらい・・・

投稿日

2005/06/05

レビュアー

レビュアー名未設定

70分なのに長く感じました。
30分でも収まりそうな内容をじりじり引き伸ばしてるのでテンポも悪いし。
もう少し、人間関係に進展があればよかったのに、と思いました。

D.P.て。。。(激しくネタばれ、、、、していいでしょうか?)

投稿日

2004/11/13

レビュアー

Aya

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私もイントロダクションに騙されて見てしまったクチです。
うちに届いた後にここのレビューをみて
がっくりしながらも見ていたんですが、
レビューに違わずがっかりな作品でした。
イケメンぞろいでもなかったと思います。
70分の映画なので犠牲者が出るのが早い早い。

しかし『記憶がない=人生リセット』させた訳だから
その時点で社会的に処刑されたのと同じだと思うので
わざわざこんなところに入れなくても、、、、、と
思いました。
出生率二人をきった日本でわざわざ人減らす必要は
ないんじゃないですか?(苦笑)

ちなみにこれだけ知りたいと思った方も
いると思うので。
D.P=デスペナルティーです。

ずばり一言?

投稿日

2004/11/04

レビュアー

クッキー

半田君のファンの方には(主婦?)絶対お勧め!
そうでない方にはお勧めしません。

う〜ん。

投稿日

2004/10/24

レビュアー

ユグドラシル

最近邦画はまってたけど、かなりがっかりしました。
イントロダクション読んで、面白そうだと思ったんだけどなぁ。
途中で思ったこと。
「なんか戦隊もんみたいぃ・・・」
登場人物は、まさにイケメンぞろい!?
奥様にはもってこいの作品かもなぁ。
こう思ったのは僕だけではないのでは?

1〜 5件 / 全11件