ランチ・ウィズ・チャールズ

ランチ・ウィズ・チャールズの画像・ジャケット写真
ランチ・ウィズ・チャールズ / ラウ・チンワン
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「ランチ・ウィズ・チャールズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アジアンヒロイン、テレサ・リー出演のアジアンラブコメディ。夫の夢を理解し香港とカナダで別々に暮らすエイプリルは、夫を待ちきれなくなり、結婚指輪を送り返し他に男性ができたと嘘をつく。すれ違いの連続で新たな出会いをするふたりだったが…。

「ランチ・ウィズ・チャールズ」 の作品情報

製作年: 2001年
製作国: 香港/カナダ
原題: LUNCH WITH CHARLES

「ランチ・ウィズ・チャールズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ランチ・ウィズ・チャールズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/中(一部)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TWAD4125 2004年09月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

なんかずれてない?

投稿日:2005/04/10 レビュアー:その2

イントロダクションには「アジアンラブコメディ」と書いてあるけど、多少ストーリーの展開にコミカルなところがあるだけで、別にコメディではないですね。舞台はほとんどカナダだし、監督もアジア人ではないと思うので「アジアン」っていうのもどうかな。普通のドラマだと思います。

一緒にいたいという気持ちにうそ偽りはないのだけれど、生き方や考え方の違いからどうしてもうまくいかない夫婦って多いと思います。というか、程度の差があるだけでそういう夫婦の方が多いんじゃないでしょうか。
主人公のふたりの場合、カナダに夢を抱いてひとりで先に移住してしまった妻と、ミュージシャンとしての夢を捨てきれずに香港に残っている夫という関係で、もう3年間も別々の生活というのだから、かなり微妙。夫は結婚指輪を返されてあわててカナダへ飛ぶけれど、カナダに移住する決心はつかない。妻も夫がどれほど本気なのかわからない。はたしてふたりの関係はどうなるのか……っていう話。

同じようにすれ違いを生じているカナダ人の夫婦も絡んで、話は意外な展開に進んで……って、あれ?
意外というか、こんな展開ってないんじゃないでしょうか? なんか期待した話と違う……。しかも結末にはすごく不満。夫婦としてとても大事なことを放棄してしまっているような気がする。。。
唐突過ぎるラストシーンも変。クライマックスをそっくりカットしちゃったみたいな感じで欲求不満が残ります。
途中までは結構面白く観れたのに、このラストはないなぁ。

惜しいんだけど星2つです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ある意味、レアものです

投稿日:2014/01/29 レビュアー:mococon

内容自体はイマイチで「だからどうなの?」という感じでしたが…。
ずぶぬれになってナターシャの車に戻ってきたときの、ラウ・チンワン演じるトンのエロい目つきがたまりません。

そして、ラストシーン〜エンドロールでは、ラウちんの歌が聞けます。
ある意味、ラウちんファン必携のDVDかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

ランチ・ウィズ・チャールズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる