解夏の画像・ジャケット写真

解夏 / 大沢たかお
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

92

解夏 /大沢たかお

全体の平均評価点: 

予告編を観る

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「解夏」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

さだまさし原作の同名ベストセラー小説を、『世界の中心で、愛を叫ぶ』の大沢たかおと『黄泉がえり』の石田ゆり子の共演により映画化。徐々に視力を失ってしまう難病に冒された元小学校教師・隆之が、恋人・陽子と支え合いながら苦難を乗り越えていく。

「解夏」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

日本

「解夏」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

怪談新耳袋

侠客列伝

ウォーターボーイズ

ベトナムの風に吹かれて

次郎長三国志 甲州路殴り込み

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全92件

Life 続きで観てしまいましたが・・・ ネタバレ

投稿日:2007/09/11 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

韓国ドラマに嵌ってからの私は、頓に涙腺ゆるくなった私は、こういう難病ものは、ちょっと観るのを控えていたのですが、先日友達に「Life天国で君にあえたら」を誘われて、不覚にも観てしまいました。大き目のハンカチを用意していった私は、全く必要なく・・・楽しんで観ることができたぐらいです。
むしろ「夕凪の街」のほうが、必要でしたが・・・
「Life」続きでこの作品も観てしまいました・・・

どおしても避けられない障害があると判ってから、それを受け入れる事ができるまでの、不安と恐怖、苦悩が描かれているのですね。
目が徐々に、見えなくなり、失明してしまうという事実と、恋人を幸せにできないという辛さから、別れを決意するシーン、心を打たれました。
感情を表に出さず、苦悩が大きければ、大きいほど、自分の中で決着をつけようとする・・・その性格故に、逆に周りの人を傷つけてしまう・・・そんな性格を大沢たかおさん好演です。

長崎の美しい風景と、役者の演技でみせる静かな感動と・・・
悲しいけれど、絶望じゃない、後味の良い映画。
無理に盛り上げようとせず、一つのテーマをじっくりと見せてくれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

故郷の長崎の映像だけで涙

投稿日:2004/07/10 レビュアー:オタエドン

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このあとが気になりますけどね ネタバレ

投稿日:2008/11/11 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 私のように、いいかげん年をとって、純粋な気持ちをなくしてしまった人間は、たまにこういう作品を観て思い出さないといかんのですね(笑)
 ちょっと押しつけがましい演出だとか、まったく現実感がない30男と30女の恋愛なんて言う部分には目をつぶって、ゆるやかに静かに流れるドラマを楽しみましょうね(笑)
 まあとにかく穏やかな作品です。

 磯村一路と言う人は「がんばっていきまっしょい」位しか知らんのですが、頑張る人を素直に応援できる純粋な人なんでしょうね。
 感動作品なんでしょうが、フジTV制作モノにありがちな、
「ほら、感動するでしょ?さあ、泣きなさい。今、泣きなさい」
と責められるようなヒステリックな作り方では無いので、観終わってから、
「なかなか、良かったなあ・・」
と爽やかの気持ちでしんみりできます(どんな気持ちじゃ?)

 第一にタイトルが良いですねえ。「解夏」って、その字面だけでは何のことかわかりませんけど、雰囲気は伝わりますし、映画を観て、
「ああ、なるほど。そう言う意味なんだ・・」
と素直に思えます。「もがり」だとか「萌の朱雀」なんてのに比べれば、すっきり心になじみます。まあ、このタイトルはさだまさしの原作なんですけどね。仏教の修行僧の苦行の終わりの日が「解夏」であって、隆行の目が完全に失明する日が、それにあたると・・・。
 たしかに、徐々に見えなくなっていく恐怖は苦行のようであり、完全に失明してしまえばそこで終わるのでしょうが、なかなかそこまで達観できんでしょうね。
 その話を松村達雄にさせ、ある意味達観している柄本明、事情を知りさりげない気遣いを見せる田辺誠一と、脇を固めるキャストが非常に良いです。
 大沢たかおは、けっこう好きな役者さんなのですが、先日「ミッドナイト・イーグル」で残念な思いをしていたので、これを観て良かったです(笑)石田ゆり子はあまり好きでは無いのですが、この作品でちょっと好きになりました。

 心理的葛藤を演出しすぎない、こういう雰囲気はわりと好き(号泣させるものもけっこう好きですが・・・笑)なので、TVドラマ「愛し君へ」も観てみようかな・・・。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

お勧めの作品。

投稿日:2007/05/05 レビュアー:MonPetit

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

それまでが一番怖い ネタバレ

投稿日:2007/12/11 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

だんだん視力を奪われていくってどんなに怖いのか。かなりのダメージ。
視力が奪われると自覚して覚悟していたハズなのにいざその時が近づくと主人公(大沢たかお)は恋人(石田ゆり子)に辛くあたってしまう、ここが観てて胸が痛かったね。辛いのは自分だけじゃないとわかってるのに一番理解してくれる人を傷つけてしまう。やっぱりみんなこうなってしまうのか・・判っていても・・。
愛している人だからこそ、次第に歩くことすら困難になっていく情けない自分を見せたくないっていう気持ちが男にはあるのかもしれないね。でも女性は逆に愛しているなら全てを見て、そして支えになりたいんじゃないか?そんなことを感じた映画。

小学校の先生だった主人公に東京の教え子達から手紙が届く。でもうまく読むことができないから石田ゆり子に読んでもらうんだけど、その手紙の中に元教え子がいじめにあっているから先生助けに来てという内容のものがある。それを聴いてもどうすることもできない大沢たかおのやりばのない悲しみにウルっとくる。ここはイイシーン。
林老人の話に目が見えなくなるまではその恐怖と戦わなければならないが、見えなくなったらその恐怖は消えると簡単に言えばこういう内容の話があるんだけど、まあたしかにそうかもしれないね。そうなるまでが一番怖いのかもね。ジェットコーシターの最初の上がるとこみたいに。
兎に角いろいろ考えさせられる映画、観るなら夏にしてみてはいかが?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全92件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:92件

Life 続きで観てしまいましたが・・・

投稿日

2007/09/11

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

韓国ドラマに嵌ってからの私は、頓に涙腺ゆるくなった私は、こういう難病ものは、ちょっと観るのを控えていたのですが、先日友達に「Life天国で君にあえたら」を誘われて、不覚にも観てしまいました。大き目のハンカチを用意していった私は、全く必要なく・・・楽しんで観ることができたぐらいです。
むしろ「夕凪の街」のほうが、必要でしたが・・・
「Life」続きでこの作品も観てしまいました・・・

どおしても避けられない障害があると判ってから、それを受け入れる事ができるまでの、不安と恐怖、苦悩が描かれているのですね。
目が徐々に、見えなくなり、失明してしまうという事実と、恋人を幸せにできないという辛さから、別れを決意するシーン、心を打たれました。
感情を表に出さず、苦悩が大きければ、大きいほど、自分の中で決着をつけようとする・・・その性格故に、逆に周りの人を傷つけてしまう・・・そんな性格を大沢たかおさん好演です。

長崎の美しい風景と、役者の演技でみせる静かな感動と・・・
悲しいけれど、絶望じゃない、後味の良い映画。
無理に盛り上げようとせず、一つのテーマをじっくりと見せてくれる映画でした。

故郷の長崎の映像だけで涙

投稿日

2004/07/10

レビュアー

オタエドン

このあとが気になりますけどね

投稿日

2008/11/11

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 私のように、いいかげん年をとって、純粋な気持ちをなくしてしまった人間は、たまにこういう作品を観て思い出さないといかんのですね(笑)
 ちょっと押しつけがましい演出だとか、まったく現実感がない30男と30女の恋愛なんて言う部分には目をつぶって、ゆるやかに静かに流れるドラマを楽しみましょうね(笑)
 まあとにかく穏やかな作品です。

 磯村一路と言う人は「がんばっていきまっしょい」位しか知らんのですが、頑張る人を素直に応援できる純粋な人なんでしょうね。
 感動作品なんでしょうが、フジTV制作モノにありがちな、
「ほら、感動するでしょ?さあ、泣きなさい。今、泣きなさい」
と責められるようなヒステリックな作り方では無いので、観終わってから、
「なかなか、良かったなあ・・」
と爽やかの気持ちでしんみりできます(どんな気持ちじゃ?)

 第一にタイトルが良いですねえ。「解夏」って、その字面だけでは何のことかわかりませんけど、雰囲気は伝わりますし、映画を観て、
「ああ、なるほど。そう言う意味なんだ・・」
と素直に思えます。「もがり」だとか「萌の朱雀」なんてのに比べれば、すっきり心になじみます。まあ、このタイトルはさだまさしの原作なんですけどね。仏教の修行僧の苦行の終わりの日が「解夏」であって、隆行の目が完全に失明する日が、それにあたると・・・。
 たしかに、徐々に見えなくなっていく恐怖は苦行のようであり、完全に失明してしまえばそこで終わるのでしょうが、なかなかそこまで達観できんでしょうね。
 その話を松村達雄にさせ、ある意味達観している柄本明、事情を知りさりげない気遣いを見せる田辺誠一と、脇を固めるキャストが非常に良いです。
 大沢たかおは、けっこう好きな役者さんなのですが、先日「ミッドナイト・イーグル」で残念な思いをしていたので、これを観て良かったです(笑)石田ゆり子はあまり好きでは無いのですが、この作品でちょっと好きになりました。

 心理的葛藤を演出しすぎない、こういう雰囲気はわりと好き(号泣させるものもけっこう好きですが・・・笑)なので、TVドラマ「愛し君へ」も観てみようかな・・・。

お勧めの作品。

投稿日

2007/05/05

レビュアー

MonPetit

それまでが一番怖い

投稿日

2007/12/11

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

だんだん視力を奪われていくってどんなに怖いのか。かなりのダメージ。
視力が奪われると自覚して覚悟していたハズなのにいざその時が近づくと主人公(大沢たかお)は恋人(石田ゆり子)に辛くあたってしまう、ここが観てて胸が痛かったね。辛いのは自分だけじゃないとわかってるのに一番理解してくれる人を傷つけてしまう。やっぱりみんなこうなってしまうのか・・判っていても・・。
愛している人だからこそ、次第に歩くことすら困難になっていく情けない自分を見せたくないっていう気持ちが男にはあるのかもしれないね。でも女性は逆に愛しているなら全てを見て、そして支えになりたいんじゃないか?そんなことを感じた映画。

小学校の先生だった主人公に東京の教え子達から手紙が届く。でもうまく読むことができないから石田ゆり子に読んでもらうんだけど、その手紙の中に元教え子がいじめにあっているから先生助けに来てという内容のものがある。それを聴いてもどうすることもできない大沢たかおのやりばのない悲しみにウルっとくる。ここはイイシーン。
林老人の話に目が見えなくなるまではその恐怖と戦わなければならないが、見えなくなったらその恐怖は消えると簡単に言えばこういう内容の話があるんだけど、まあたしかにそうかもしれないね。そうなるまでが一番怖いのかもね。ジェットコーシターの最初の上がるとこみたいに。
兎に角いろいろ考えさせられる映画、観るなら夏にしてみてはいかが?

1〜 5件 / 全92件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

解夏