白い巨塔

白い巨塔の画像・ジャケット写真
白い巨塔 / 唐沢寿明
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
ジャンル:

「白い巨塔」 の解説・あらすじ・ストーリー

山崎豊子原作のTVドラマ最新版第8巻。法廷での柳原の告白により裁判の状況が一変。事態が混沌とする中、以前から体調に異変のあった財前が病魔に冒されていることが発覚する。裁判の行方、そして財前の運命は…!?第19話〜第21話まで収録。

「白い巨塔」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「白い巨塔」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

白い巨塔のシリーズ商品


1〜 8件 / 全8件

白い巨塔 Vol.1

  • 旧作

山崎豊子原作の傑作小説のTVドラマ化2003年度版のDVD第1巻。ある大病院を舞台に、唐沢寿明と江口洋介が演じる2人の男性医師を軸に、彼らを取り巻く複雑な人間模様や権力争い、現代医療の問題点を描く。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70497 2004年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 3人 1人

白い巨塔 Vol.2

  • 旧作

山崎豊子原作の傑作小説のTVドラマ化2003年度版のDVD第2巻。財前がみどりの膵臓がんのオペを強行したことが問題になり、財前は査問にかけられることに。この窮地を脱するべく、彼はある裏工作を考える。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70498 2004年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 1人

白い巨塔 Vol.3

  • 旧作

山崎豊子原作の傑作小説のTVドラマ化2003年度版のDVD第3巻。東教授が後継にと考える男・菊川が現れ、財前は不安と緊張を募らせる。そんな中、教授選の実行委員長に厳正な男・大河内教授が着任し…。第5話から第7話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
135分 日本語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70499 2004年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 2人 0人

白い巨塔 Vol.4

  • 旧作

山崎豊子原作の傑作小説のTVドラマ化2003年度版のDVD第4巻。舞台はとある大病隠唐沢寿明と江口洋介が演じる2人の男性医師を軸に、彼らを取り巻く複雑な人間模様、現代医療の問題点を描く。第8話から第10話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
135分 日本語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70500 2004年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 2人

白い巨塔 Vol.5

  • 旧作

山崎豊子原作、対照的な2人の医師を軸にした複雑な人間関係、人間の愚かさを描くTVドラマ最新版第5巻。念願の教授となった財前だったが、自らの医療過誤により庸平が死亡。彼は過酷な裁判に身を投じていくことになる。第11話から第12話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70523 2004年05月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 1人 1人

白い巨塔 Vol.6

  • 旧作

山崎豊子原作のTVドラマ最新版第6巻。財前の庸平に対する医療過誤の裁判が始まる。己のすべてを賭けて臨む庸平の妻・よし江と息子の庸一、弁護士・関口。しかし、財前は病院ぐるみで証拠を隠滅し、凄腕の弁護士・国平を雇う。第14話から第15話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
140分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70524 2004年05月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 1人 1人

白い巨塔 Vol.7

  • 旧作

山崎豊子原作のTVドラマ最新版第7巻。里見は証人尋問で財前のミスを証言するが、無情にも判決は無罪。その上里見は病院を追われてしまう。そんな中、控訴した関口は、裁判の鍵を握る君子、そして東教授に協力を求める。第17話から第18話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
140分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70525 2004年05月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 2人 0人

白い巨塔 Vol.8

  • 旧作

山崎豊子原作のTVドラマ最新版第8巻。法廷での柳原の告白により裁判の状況が一変。事態が混沌とする中、以前から体調に異変のあった財前が病魔に冒されていることが発覚する。裁判の行方、そして財前の運命は…!?第19話〜第21話まで収録。

収録時間: 字幕: 音声:
155分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC70526 2004年05月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 1人 2人

1〜 8件 / 全8件

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全73件

唐沢君の財前もなかなか良い。

投稿日:2004/03/10 レビュアー:オタエドン

田宮二郎の財前のイメージがあまりに強く、最初の10話を見ていませんでした。1月のスペシャルからテレビで見始めたら、はまってしまいました。思い込みは、いけないなーと、痛感。テレビは、後2話で終了。これは最初から見なくては、とレンタル。DVDで見ると、これが又、映画を見ている様で、なかなか良かった。最初の1,2話がまた、よく、それぞれの人物の心の流れや、人物相関図が良く掴めた。後半への繋がりが良くわかった。
 唐沢君の演技が少し不満でしたが、1話から見直すと、又違ってくるのは、不思議です。同情さえ沸いて来ました。 
 テレビの後半は裁判がメインになってきますが、これまた、演技合戦です。当分、目が離せません。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

飽きませんねー

投稿日:2009/10/20 レビュアー:AVANZSUR

原作も読んだし田宮版も観ました。
田宮版と本作は全く別物として観るのが良いと思います。
田宮版は原作に基づいた濃厚な人間ドラマとしては出色の出来。
役者個人の演技力も田宮版。
けど、私には濃すぎる・・・^^;

唐沢版は現代風にアレンジして人間のドロドロした泥臭い面を抑え込んだ作りになっており、個人的には唐沢版の方が何回見ても飽きません。
実際リアルタイムで観て、その後再放送何度も観たのに挙句の果てにDVDまで購入してしまいましたから。
ただ、難はトレンディー系俳優の演技力が・・・。
まぁそこまで求めるのも無粋なんで^^;

とにかく、両シリーズを見比べてみるのが面白いかと。
私は最終回の財前の手紙の内容の違いなんかも興味深かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

完見度:最後まで

投稿日:2004/03/07 レビュアー:aiai

例えば携帯電話を使うなど現代風になっているのと、基本路線は原作と変わらないけれど、ドラマ的に盛り上げるため、ところどころ原作にないようなシーンを追加している。

<気になる点>
・財前の奥さん(芳村)の演技が浮いてる。役所を勘違いしてる
・東教授の娘(矢田)がバカへた
・財前の愛人(黒木)が愛人の影を出せずどちらかというと婦人雑誌にでてくるハイソな奥様風になってる
・東教授(石坂)の演技が以外と鼻につく
・里見(江口)の静かなる内なる情熱をうまく出せていない。熱血役者には無理か・・・

とまあ、他にもありますがやめときましょう。ミスキャストとまでは言わないけど、みんな、もうちょっと演技プラン練り直したほうがいいんじゃないですかね。

ただ、一人だけMVPがいる。大河内教授。前作の役者よりもはまってる。彼が画面に出てくると医学の厳粛さが伝わってきます。すばらしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あっさり見るにはこっちのほうが良いです

投稿日:2004/03/13 レビュアー:レビュアー名未設定

私は原作も読みましたし、田宮版も借りました。

確かに田宮版も面白いですし、唐沢版は若干原作の内容や設定が時代背景もあり無視されていたりカットされている部分もありますが、個人的に、田宮版がどうしてもドラマと言うより舞台劇という感じがするのに対して、テレビドラマとしては、この唐沢版のほうが圧倒的に良くできていると思います。

役者に対して賛否両論あるのはしかたないと思います。

当時の役者を知っている人であれば、特に原作が頭に入っている方の場合、田宮版のほうがよくできていると感じると思うのですが、唐沢版の役者のほうを良く知っている人のほうは、圧倒的にこちらのほうが良くできています。

原作にあるドロドロした部分(政治的な駆け引き)に期待する人は向いていませんが、ドラマとして見るには、やはり近年まれにみる傑作に違いありません。

原作や田宮版にはないオリジナルのストーリーもありますので、その点も見ものですが、あっという間に過ぎるくらいのめりこめるドラマ展開が傑作です。

見ていない人はぜひレンタルしてみて欲しい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カラサワサイコー

投稿日:2008/01/28 レビュアー:まぐのりあ

マグちゃんです。このシリーズは妹と一緒に見たんですが、昔仮面ライダーやってたらしいあの可愛い顔の唐沢君が こんな演技上手だとは思いませんでした。もともとドキュメンタリーとか見て かなり性格の真面目なそつのないタイプというよりは人情派っぽい性格だと分かってましたが この嫌な医師の役が凄いハマっててマグちゃんは泣きました。妹は結構社内がドロドロしてるみたいなので 身につまされるーみたいな事を言って興味深く見ていましたが、爽やか環境で働いているマグちゃんもひきこまれて見る内容の濃い分かりやすいドラマです。
妹が やっぱ愛人の方が賢いね って言うのでなるほどと思いました。鋭い妹を持って幸せです。最後の容態が悪くなって愛人と屋上で国立がんセンターを見ながらの会話 それと江口洋介の演じる医師にみとられての最後 頭が(がんにおかされて)もうろうとして来て口走る最後の言葉 山崎豊子さんって凄い調べてから本を書く人らしいですが その綿密な描写が後ろ盾となって物語にごっつい厚みを加えています。
この物語は実話で、唐沢のやった役の人は実際はがんになっておらずまだ生きているようですが、こういう事は医療の世界では良くある事らしく、その話しを山崎豊子さんがこんなに面白く書いて何度もドラマ化されるという事で、自然と偉いお医者さん達に警告を与える役割りをしているそうです。そう言う意味では立派に社会貢献している凄い女流作家さんなんだなあと思いました。
でもお医者さんって残酷ですよね。自分がいざがんになったら自分の症状で今自分の体の中で何が起こってるかはっきり分かるんです。分かりながら死ぬんです。誤診した罰を受けてるって感じで色んなものが交錯した中で死んでゆく唐沢さん演じる医師の最後のシーンがとっても良かったです。一気に見ちゃいますよ、おすすめです。マグちゃんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全73件

白い巨塔

月額課金で借りる

都度課金で借りる