デブラ・ウィンガーを探して

デブラ・ウィンガーを探しての画像・ジャケット写真

デブラ・ウィンガーを探して / メグ・ライアン

全体の平均評価点:(5点満点)

88

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「デブラ・ウィンガーを探して」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

40代になり、母として女として改めて自分と向き合った女優ロザンナ・アークエットは、ある一人の女優のことを思った。彼女の名はデブラ・ウィンガー。「愛と青春の旅だち」でブレイクした彼女はある日忽然とスクリーンから姿を消してしまう。ロザンナはその理由をどうしても聞きたくて、デブラを探して旅に出る。その過程で彼女は様々な女優と出会い、恋愛や結婚、子育てといった事柄について率直に話し合うことができた。誰もが自分と同じように悩みながらも前向きに生きる姿に勇気づけられた彼女は、ついに憧れのデブラ・ウィンガーに辿り着く…。

「デブラ・ウィンガーを探して」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: アメリカ
原題: SEARCHING FOR DEBRA WINGER

「デブラ・ウィンガーを探して」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン

未知との遭遇

恋におちたシェイクスピア

エレベーターを降りて左

ユーザーレビュー:88件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全88件

デボラ・ウィンガーの素敵な事! 

投稿日:2004/04/14 レビュアー:オタエドン

 やっと見る事が出来ました。 
 マドンナのスーザンを探して、で初めてロザンナを見て、 
 何と素敵でチャーミングなんだろう!と思ったものです。 
 もう、20年程前になりますが。 
 その後、グレート・ブルーでも! 
 パルプ・フィクションの役なんか、ぶっ飛びでした。 
 そんな彼女がついに、監督。恐れ入りました。 
 25年のキャリアがあっても、ハリウッドは冷たいんですね。 
 熟年の女優の道は険しい・・・痛感しました。 
 探しに行った、デボラ・ウィンガーが、私には、 
  一番素敵に感じられてしまいました。 
 この映画を見て、それぞれが自由に感じてほしい、 
  その通りですね!

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

女性はみんな美しい

投稿日:2007/12/15 レビュアー:neko

と観終わった後何故か感じました。
愚痴はあまり好きじゃないけれど、もちろん愚痴りたい時もあるし、上手くいかない時もあるし、愚痴ってもがくのもまた愛すべき姿だったりもするのかな、ととても興味深く思いました。

35人の女優の、仕事と家庭の両立にまつわるお話。
‘語る’ということがテーマなので、同じ女性として、話の内容だけでなく、表情やしぐさ、立ち振舞い、普通の映画では気にならないところまで何だか気になって鑑賞してしまいました。
素敵だなぁと思ったのは、シャーロット・ランプリング。
「己に対して正直であれ」。静かに語り、静かに大笑いする彼女。きっと揺るがない人なんだろうなぁ、女性として憧れます。
やっぱり可愛いなぁと思ったのは、エマニュエル・ベアール。
王子さまを待ってるの、なんて普通言えませんよね。でも、うん、うんと夢中で聞いてしまうベアールの可愛さってすごいなぁ。
短い中で印象的だったのが、ドヌーヴの娘、キアラ・マストロヤンニ。「息子の寝顔を見るのが好き」と息子を思う母親の顔と、颯爽と歩き仕事を語る顔と、両方をさらりと見せてくれてとても素敵でした。
あと、今を耐えれば一人勝ちと明るく語ったフランシス・マクドーマンド。彼女の顔が輝いていて強い女性は格好いい!と一目で好きになりました。
完全に盛り上げ役?なマーサ・プリンプトン(懐かしい!)。
話しながら背中掻いてるし!でも不思議と出演作を観てみたくなりました。
シャロン・ストーンも何だかとてもかわいい人でしたね。

観ながら面白いなぁと思わなかったんですが、一度に色々な女性の話を聞くことが出来てやっぱりとても興味深いです。
観終わった後、背筋がシャキッと伸びました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ロザンナ・アークエットも探して!

投稿日:2007/09/24 レビュアー:TETSUYA

それなりの知名度も有りながら、これといった代表作もなく、結婚し、母親になり、40代になったロザンナが、女優として、女性として、人生の岐路に立たされて、見つめ直した自分探しのドキュメンタリー。
同世代の同性の同業者だからこそ話せる親密な打ち明け話。自分に対して仕事に対して誠実であろうと今日も葛藤する仲間たちに触れて、どんどんと開かれてゆくロザンナの表情が素敵です。
いくつになってもその都度悩み続けて、その都度乗り越えて成長してゆく。本作は、アンチ・アンチエイジング・ドラマです。人生をあるがままに受け入れて、前向きに進む力に満ちています。この映画に出演している女優が魅力的なのはそのためです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

30歳代以上の女性にお勧めします!

投稿日:2005/09/20 レビュアー:goro

インタビューでつづるシンプルな型式の作品なので、どう感じるかは観る側の状況や考え方を写し出すことと思います。

私個人的には沢山の女性の意見が聞ける興味深い作品です。
女優それぞれスタイルは違うけど皆に好感が持てたのは、監督ロザンナの女優たちに対する尊敬の眼差しゆえではないかと感じました。

女優という職業は特殊ですが同じ女性として共感がもてました。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

インタビューだけ

投稿日:2005/09/09 レビュアー:勝王

インタビューだけで映画が作れるか?という問いに、この映画は答えています。作れます。インタビュー相手が有名人で、話が面白ければ、インタビューだけでも飽きないものです。それを知らしめただけでもこの映画はたいしたものです。延々とインタビュー場面ばかり、それも実に素人っぽい撮り方なのですが、ハリウッド女優たちの素顔をのぞく面白さで最後まで引っ張ってゆきます。結論はよく分からなかったのですが、ハリウッド女優も普通の人みたいにいろいろ悩んでいるんだなあと、まあごく当たり前の感想ですが、思わされました。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全88件

デブラ・ウィンガーを探して

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:88件

デボラ・ウィンガーの素敵な事! 

投稿日

2004/04/14

レビュアー

オタエドン

 やっと見る事が出来ました。 
 マドンナのスーザンを探して、で初めてロザンナを見て、 
 何と素敵でチャーミングなんだろう!と思ったものです。 
 もう、20年程前になりますが。 
 その後、グレート・ブルーでも! 
 パルプ・フィクションの役なんか、ぶっ飛びでした。 
 そんな彼女がついに、監督。恐れ入りました。 
 25年のキャリアがあっても、ハリウッドは冷たいんですね。 
 熟年の女優の道は険しい・・・痛感しました。 
 探しに行った、デボラ・ウィンガーが、私には、 
  一番素敵に感じられてしまいました。 
 この映画を見て、それぞれが自由に感じてほしい、 
  その通りですね!

女性はみんな美しい

投稿日

2007/12/15

レビュアー

neko

と観終わった後何故か感じました。
愚痴はあまり好きじゃないけれど、もちろん愚痴りたい時もあるし、上手くいかない時もあるし、愚痴ってもがくのもまた愛すべき姿だったりもするのかな、ととても興味深く思いました。

35人の女優の、仕事と家庭の両立にまつわるお話。
‘語る’ということがテーマなので、同じ女性として、話の内容だけでなく、表情やしぐさ、立ち振舞い、普通の映画では気にならないところまで何だか気になって鑑賞してしまいました。
素敵だなぁと思ったのは、シャーロット・ランプリング。
「己に対して正直であれ」。静かに語り、静かに大笑いする彼女。きっと揺るがない人なんだろうなぁ、女性として憧れます。
やっぱり可愛いなぁと思ったのは、エマニュエル・ベアール。
王子さまを待ってるの、なんて普通言えませんよね。でも、うん、うんと夢中で聞いてしまうベアールの可愛さってすごいなぁ。
短い中で印象的だったのが、ドヌーヴの娘、キアラ・マストロヤンニ。「息子の寝顔を見るのが好き」と息子を思う母親の顔と、颯爽と歩き仕事を語る顔と、両方をさらりと見せてくれてとても素敵でした。
あと、今を耐えれば一人勝ちと明るく語ったフランシス・マクドーマンド。彼女の顔が輝いていて強い女性は格好いい!と一目で好きになりました。
完全に盛り上げ役?なマーサ・プリンプトン(懐かしい!)。
話しながら背中掻いてるし!でも不思議と出演作を観てみたくなりました。
シャロン・ストーンも何だかとてもかわいい人でしたね。

観ながら面白いなぁと思わなかったんですが、一度に色々な女性の話を聞くことが出来てやっぱりとても興味深いです。
観終わった後、背筋がシャキッと伸びました。

ロザンナ・アークエットも探して!

投稿日

2007/09/24

レビュアー

TETSUYA

それなりの知名度も有りながら、これといった代表作もなく、結婚し、母親になり、40代になったロザンナが、女優として、女性として、人生の岐路に立たされて、見つめ直した自分探しのドキュメンタリー。
同世代の同性の同業者だからこそ話せる親密な打ち明け話。自分に対して仕事に対して誠実であろうと今日も葛藤する仲間たちに触れて、どんどんと開かれてゆくロザンナの表情が素敵です。
いくつになってもその都度悩み続けて、その都度乗り越えて成長してゆく。本作は、アンチ・アンチエイジング・ドラマです。人生をあるがままに受け入れて、前向きに進む力に満ちています。この映画に出演している女優が魅力的なのはそのためです。

30歳代以上の女性にお勧めします!

投稿日

2005/09/20

レビュアー

goro

インタビューでつづるシンプルな型式の作品なので、どう感じるかは観る側の状況や考え方を写し出すことと思います。

私個人的には沢山の女性の意見が聞ける興味深い作品です。
女優それぞれスタイルは違うけど皆に好感が持てたのは、監督ロザンナの女優たちに対する尊敬の眼差しゆえではないかと感じました。

女優という職業は特殊ですが同じ女性として共感がもてました。

インタビューだけ

投稿日

2005/09/09

レビュアー

勝王

インタビューだけで映画が作れるか?という問いに、この映画は答えています。作れます。インタビュー相手が有名人で、話が面白ければ、インタビューだけでも飽きないものです。それを知らしめただけでもこの映画はたいしたものです。延々とインタビュー場面ばかり、それも実に素人っぽい撮り方なのですが、ハリウッド女優たちの素顔をのぞく面白さで最後まで引っ張ってゆきます。結論はよく分からなかったのですが、ハリウッド女優も普通の人みたいにいろいろ悩んでいるんだなあと、まあごく当たり前の感想ですが、思わされました。

1〜 5件 / 全88件