インファナル・アフェア

インファナル・アフェアの画像・ジャケット写真
インファナル・アフェア / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

328

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「インファナル・アフェア」 の解説・あらすじ・ストーリー

1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は、警視に能力を見込まれマフィアへの潜入を命じられたのだった。やがて2人の青年は、それぞれの組織で台頭していく。そして10年後、警察はヤンから大きな麻薬取引の情報を受け取る。しかし警察の包囲網はラウによってマフィア側に筒抜けとなっていた。検挙も取引も失敗に終わったことで、警察、マフィア双方がスパイの存在に気づいてしまうのだった…。

「インファナル・アフェア」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: 香港
原題: INFERNAL AFFAIRS/無間道

「インファナル・アフェア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インファナル・アフェア【アジアアクション特集】の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/広東語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE71353 2004年02月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
105枚 2人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:328件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全328件

楽しめます!

投稿日:2005/05/17 レビュアー:Tomopy

面白かった!
2人の警官はどうなって行くのか。。。
最後の最後まで飽きずに観れました。

とにかく楽しめます。
まだご覧になってない方は、一度観てみたらどうでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ディパーデットの詳細を忘れかけた今、オリジナルの本作やっと鑑賞♪ネタバレ

投稿日:2010/12/16 レビュアー:みむさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ディパーデット」の鑑賞から間をあけて今やっとオリジナルの本作鑑賞。

ディパーデットがかなりスッキリな映画だった印象なんですが(個人的に、です)
こちらは雰囲気的に哀愁とか緊迫感がより感じられた。
俳優の影響なのか、香港映画のカラーなのか。
その辺はよくわからないけど。

警察からマフィアに潜入捜査として送られたヤン、
マフィアから警察にスパイとして送られたラウ。

とある日、マフィア、警察ともに身内に内通者がいることに気づく。

10年の時を経て双方の内通者として顔を合わせたヤンとラウ。
腹の探りあい、空気の読みあい。
自分が内通者であることがバレてるのか、バレてないのか。
はたして目の前にいる男はスパイなのか。

双方探りあいの末、たどり着いた結末は・・・・・???

片方に有利な状況になったかと思ったら
まさかのもう1人の内通者登場。

さらによくも悪くも裏切りが絡み、まさかの結末。

ディパーデットを観た直後だと分かりきってて驚きは半減かもしれませんが、
結末をすっかり忘れてた私は、「おお!?こんな話だったんだ!?」と
素直に楽しめました。


また間をあけて「ディパーデット」再鑑賞してみよう♪
(初見のときは入り込めずに鑑賞してしまったんで)


香港映画はあんまり観たことがなかったけど、
評判どおり楽しめたので
本作の続編もチェックしてみようと思います!!


※アンディラウってこの人か!!!!
うちの上司に似てるとよく話してるんですが実は顔を知らなかった・・・。
今回観てホントに似てたので笑ってしまいました(爆




このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

韓国映画慣れしてないと しょの2

投稿日:2005/03/02 レビュアー:裸足のラヴァース

わ〜 3が出るよう早く 1と2観ないとー
これはかなりヒットしたんだなあ ホンコンノワール知らない人多いみたい
香港も韓国も フェイスオフも 主人公達もみわけが付かずに右往左往 ジャケット右のアンディなんかプロレスファンだったら ゼロワンの坂田君と間違えるぜハハハ

うんうん 15分で感動した てか15分ではっきり 超無理無理設定に命を吹き込もうとの スタッフキャストの気合が
ビンビン伝わってきた
そして確かに 香港映画特有の熱い感情が注入され 観客の情動を揺さぶる つことはヒッチコックの言う エモーショナルな映画になってるってことだ

難しく言うと 意味する物と意味される物の ずれみたいの
ひらったく言うと 10年も派遣されっぱなしの 社員がマンパワー本社にもどったら なんとも居心地が悪い を
主にトニーレオンが巧みに演じる そいでトニーがああしてこうなるってっことは 2と3はどうなんの?

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久々の香港映画の当り

投稿日:2004/04/22 レビュアー:オタエドン

 欲望の翼、恋する惑星、天使の涙、それ以前からはまって、 
 どれだけ見たことか・・・ 
 ひさしぶりに、あ〜この感じなんだよ!と。 
 フイルムの色が、安っぽいとこが、いいですね。 
 トニー・レオンはこんな役がぴったり。 
 アンディ・ラウは昔から、こんな感じ。 
 二人のこれまでの集大成かな? 
 ハリウッドのリメイクは、期待しないでおきましょう。 
  香港映画にも、沢山良いものがありますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これヒットしたんだよね?ネタバレ

投稿日:2004/12/21 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

【警告!】この先ネタバレあり、作品内容を知りたくなければ読むな!

以前から見たいと思っていた作品だったが、正直、期待はずれに終わってしまった。もっとアクション性の強いドンパチやる作品だと勝手に思い込んでいたからである。私がこの作品に持っていたのは「男たちの挽歌のようなアクション性の強い作品に、マフィアに潜入した刑事と警察に潜入したマフィアの対決を描く」というイメージだったのである。アクション性は予想を遙かに下回るものでとても残念だった。というかほとんどないに等しい。アンディ・ラウ&トニー・レオン&刑事物とくればアクション映画だと思い込んだ私が悪いのだがなんかもったいない気分で、見終わった後もなんかモヤモヤした気分が晴れなかった。

しかし、エンディングには少し驚いた。こんな終わり方をするなんて思いもよらなかったからである。ヤンが封筒に落書きをしたことでこれがスパイを割り出す手がかりになる事はその時点ですぐにわかった。完全に後々のための布石である事を匂わす演出だった。あのわざとらしいカメラワークはそれを物語っている。このシーンのお陰で今後のストーリー展開が読めてしまったのは私にとって残念であった。この話の結末は二つしか考えられなかった。ひとつはヤンもラウもどちらも死んでしまう事、もう一つはどちらもそれぞれの道で生きていくと言う事である。どちらか片方が生き残るなんて考えもしなかった。このお陰でラストは驚かせてもらったが何とも後味が悪くモヤモヤしたものが残っただけだった。謎もひとつ残っている。ラウの彼女は彼の正体を知ったはずなのに何故ラウはおとがめなしなんだろう?これは続編の布石なんであろうか?二人はこの先どうなってしまったんだろう?とても気になる所だ。

アンディ・ラウはアイドル俳優?トニー・レオンは性格俳優と個人的には考えているのだが、この作品でもトニーの存在感はさすがである。哀愁をまとった目と肩。そして後ろ姿はまるで高倉健を彷彿とさせる。彼は顔の表情なしに演技ができる素晴らしい俳優である。何より雰囲気を身にまとえる数少ない俳優である。日本の俳優でもこの手の俳優は数える程しかいない。彼の演技を見れただけで、例え作品内容が期待はずれであっても後悔はしなかった。この作品ってヒットしたんだよね?私はこの作品からおもしろみを見いだす事が出来なかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全328件

インファナル・アフェア