ジョニー・イングリッシュ

ジョニー・イングリッシュの画像・ジャケット写真
ジョニー・イングリッシュ / ローワン・アトキンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

79

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「ジョニー・イングリッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ある日、英国が誇る諜報機関のカリスマ・スパイ、エージェント1号が任務遂行中に命を落としてしまう。そして今度は彼の葬儀中、突然爆弾テロが起り、参加していた腕利きのエージェントたち全員が死亡する。このままでは肝心の諜報活動ができなくなってしまう。そこで、当局は唯一の生き残りである内勤の男ジョニー・イングリッシュに白羽の矢を立てる。元はといえば、彼のニセ情報が原因で、エージェント1号が死に、葬式の警備も彼の担当だったというのに。当のイングリッシュは憧れのスパイに任命されすっかり有頂天になっていた…。

「ジョニー・イングリッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: イギリス
原題: JOHNNY ENGLISH

「ジョニー・イングリッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジョニー・イングリッシュの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日本語・英語 1:DTS/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD37365 2004年02月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 21人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:79件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全79件

腹筋つります♪

投稿日:2009/12/03 レビュアー:AVANZSUR

相変わらずアトキンソンの周囲が勘違いして勝手にイメージを作り上げていくとぼけた笑いがベースなんですが、Mr.ビーンの笑いとは全く逆のエロ下劣ネタオンパレードにKO食らいました♪

もう何度繰り返し観たか分かりませんが、その度に大袈裟な表現じゃ無く抱腹絶倒♪
こんなくっだらないスパイが活躍できる英国って国は大層太っ腹なお国柄ですね。
まぁ、ビーンのイメージで観るとお怒りになる方も多いことと察しますが、この独特の怪しい下らなさには抗えないゲスな私がいます。

諜報機関丸ごと笑いのネタにして、物語もあり得ない展開なんですが、設定や物語のリアルさにこだわられる方は本作笑えないでしょうね。
特に後半の汚すぎるうん○ネタはお食事中の方は回避して下さい。
アトキンソンのビーンが観れなくなった今、本作を是非シリーズ化して欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

嗚呼…とにかくバカ!

投稿日:2005/04/12 レビュアー:しゃれこうべ

ここまでやらなくても…と言いたいほどのバカ映画。
っていうか、なぜ彼がMI6に就職できたのか…それが何よりも最大の謎でしょう…。
観ていて『最終絶叫計画』を観ていた時に湧き上がったイライラ&ムカムカ感を思い出しました。
とにかく腹立たしいほどのバカ満載です!
でも、腹が立ちながらも笑ってしまう自分。それにも腹が立ってきて、なんだか悪循環になってしまう映画です(笑)!

みなさん書いている通りなんですが、
やっぱりジョン・マルコヴィッチがこの映画に出演したのも謎!
ちょっと比較するのも悪い気がするのですが…、
クリストファー・ウォーケンも「なんでこんな映画にこんな役で出てるの!?」とよく思わせてくれるのですが(例えば『マウス・ハント』とか『アメリカン・スウィートハート』とか)、
ウォーケンの場合はなぜかどんなバカ役をやってても、なんとなく納得してしまうんです(私だけかもしれませんが…)。
それでもマルコヴィッチがこの映画に出演してしまったことは、私の中で迷宮入りになってしまいそうです(苦笑)。
あまりにもこの作品がバカ映画すぎて…。
でも、マルコヴィッチのフレンチ訛りの英語はちょっと聞く価値があったかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

腹の底から笑える・・かなり面白いよ!

投稿日:2006/07/28 レビュアー:tomoko

これは映画館でみたんだけど、声を出して大笑い(^○^)
エージェントが全員死亡したのも、そもそもイングリッシュのミスなんですよね・・・!唯一の生き残りのイングリッシュとその部下が奪われた女王の戴冠用の宝玉を取り戻すべく動きだすが、あちこちで迷惑この上ない大騒動を巻き起こす!敵に自白剤と筋肉柔和剤を取り違えるは、パラシュートで潜入すればビルを間違え、医者と看護婦を悪魔よばわりするは・・とにかくやることなすこと、裏目にでるばっかり!でも部下の方がしっかりとしていてイングリッシュをサポートする所はとても良かった!最後の最後までドジの連続なのだが、見事に事件を解決してナント英雄に・・
最初に犯人の似顔絵を適当に書かせるんだけど、ラストでこの人物が本当にいたという設定になっています!終わってもしばらく消さないでみてね・・かなりそこも笑えるから・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待を裏切らないつまらなさ

投稿日:2004/04/17 レビュアー:SKY MESSAGE

正直、面白くないです。(私の場合は、面白くないと分かっていながら借りて、そのつまらなさに面白みを感じているわけでありますが・・・。)Mr.ビーンを見て面白いと感じる人、もしくはイギリス人でないととても見てられません。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待どおりのアホくささ

投稿日:2005/03/05 レビュアー:iuiu

普段映画はひとりで黙々と見るが、これは「ラット・レース」の大ファンである息子といっしょに見た。
ローワン・アトキンソンが画面に出るだけで、いや、写真を見るだけで大爆笑できるほどのファンである。ときどき「ローワンなんてすこしも面白くないよ」と言われるが、本当に面白いか面白くないかはもはやどうでもよい。とにかく彼を見るだけで笑いが止まらなくなるのは事実だ。

ストーリーは先が読めるが、そのことで面白さがそこなわれることはない。それよりは「来るぞ来るぞ」とわくわく待っていて、そこに期待通りのものが期待通りにやってくるという笑いの型もある。ところどころキタナイにもほどがあるしサイテーでもあるんだけど、見るのをやめようとは思わない。

マルコヴィッチのおふらんす風にも笑えた。アトキンソンと1対1でこれだけ濃さを出せる稀有なる俳優のひとりですね彼は。ちなみに吹替えの日本語でもrの発音をフランス風にしようとがんばっていた。
あまりヅラっぽく見えなかったが、まさか地毛?! だとしたら髪が増えている!?

個人的には、ABBAの「Thank You For The Music」や「Does Your Mother Know?」が聴けたのが懐かしくうれしかった。

特典は、メイキング(25分)、キャラクター紹介、観察力テスト(5問あり、合格すると9分ほどの未公開シーンが見られる)など。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全79件

ジョニー・イングリッシュ