エデンより彼方に

エデンより彼方にの画像・ジャケット写真
エデンより彼方に / ジュリアン・ムーア
全体の平均評価点:
(5点満点)

51

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「エデンより彼方に」 の解説・あらすじ・ストーリー

偏見や差別意識がごく普通に存在した1957年の秋、コネチカット州ハートフォード。キャシー・ウィテカーは誰もが認める“理想の主婦”。一流企業の重役に就く夫フランクの貞淑な妻として、また愛する2人の子供の良き母として、地域社会の中でも一目置かれる存在だった。だがある日、残業のフランクのもとへ夕食を持って行った彼女は、そのオフィスで見てはならない夫の秘密を知ってしまう。以来、心の安定を欠いてしまったキャシー。そんな彼女を新しくやってきた黒人の庭師レイモンドが気遣うようになり_人は次第に打ち解けていくのだったが…。

「エデンより彼方に」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: アメリカ
原題: FAR FROM HEAVEN
受賞記録: 2002年 ヴェネチア国際映画祭 女優賞
2002年 NY批評家協会賞 作品賞
2002年 LA批評家協会賞 女優賞

「エデンより彼方に」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

エデンより彼方にの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.0chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ20041 2004年01月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 3人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全51件

そうねえ雰囲気映画だねえ

投稿日:2004/02/12 レビュアー:裸足のラヴァース

で何の雰囲気ってことになるんだけど これが50年代のアメリカつうか メロドラマの巨匠 ダグラス・サークへのオマージュなんだけど 前の作品 ベルヴェット・ゴールドなんとかが
さえないんで期待してなかったから やっぱいまひとつだったね
一部ではかなりの評価だけど 僕チンハダメ!
みんなこれでサークの名前だけは覚えてね 怒涛の感涙映画!だから

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どうして

投稿日:2007/12/06 レビュアー:よふかし

 どうしてこういうことになってしまうんだろう。
 この映画が下敷きにしているダグラス・サークの『天の許したもうものすべて』はとても素晴らしい映画で、1950年代中ごろの作品だ。それから50年経っているのだから、現代にも通じる様々な社会性(イコール現代の観客向けの刺激)を盛り込むというのは分からないでもない。それで面白くなればいいのだけれど、50年前の作品のほうが遥かに感動を呼ぶというのは、どうしてなんだろうか。『天の・・・』では冒頭のふたりの出会い、ことにロック・ハドソンの登場の仕方に僕は限りなく魅せられてしまうのだが、こちらの作品の「出会い」はあまりにもロマンチックでなくて、逆にびっくりした。ソダーバーグ&クルーニーの関係してる映画はやはりあまりお勧めできない。できればサークのほうをどうぞ、色彩もあちらのほうが良いと思う。25点。

 エイちゃんさんやはり海外でしたか。安心しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すべてのエピソードがブツ切り。心に響かない…

投稿日:2004/10/13 レビュアー:しゃれこうべ

人種差別問題とホモセクシュアルの2つを核に、
50年代の偏見に満ちた時代を生きる貞淑な妻を描いた映画ですが、
どのエピソードも“広く浅く”って感じに描かれていて、いまいち心にぐっとこないんです(泣)。
映画始まって1時間ぐらいしてから
「この映画が言いたいことは、“たぶん”人種差別のことなんだ…」と気づいたんだから、結構ヒドイですよね(笑)。
でも、結局テーマは人種差別だけに絞られてないし…。
なんだか散漫な映画でした…。

もっと描き方次第で、いい映画になったのになぁ…って思います。
残念ですね…。
The Endのクレジットが出たときは、思わず「それだけかよ!」って叫んでしまったのです…。
ストーリー重視の私としては、ちょっと許せなかったかな…。

ただ、1つ嬉しかったのは、黒人の庭師レイモンドを演じてたのが、な、なんと『24』のパーマー大統領じゃないですか!
もうどこから見ても大統領って感じで(笑)。
しかも、この役柄もパーマー大統領と同じくエエ人やし!
やっぱりこの役者さんは、でっかい器の人間が似合いますね〜(しみじみ)。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すべてが50年代

投稿日:2006/12/29 レビュアー:飛べない魔女

音楽といい、映像といい、カメラワークといい、本物の昔の映画を見ているよう。
夫の秘密を見てしまったときの衝撃を表現する効果音なんかも、50年代のヒッチコック映画みたい。
全体的には映像は暗めで、ちょっと見づらいのだけれど、その反面
明るい場面では赤が強調された映像で、女性達のドレスの赤と紅葉の赤がマッチしてなんともいえない美しい映像が楽しめる。
女性達のファッションもステキ。
ジュリアン・ムーアの知的な美しさがいい。
夫の秘密はとても悲しすぎる。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一度は言ってみたい名台詞 … ?

投稿日:2004/02/04 レビュアー:veryblue

叫びだしそうになる閉塞感は セットが出来すぎているから? 長廻しと 畳み掛けるような音楽も それに色! 色がすごく主張していて 字幕や音声なしでも 意味が解かりそうなくらい 主演のジュリアン・ムーアも 目で語るタイプの女優さんだし … なぜ今 敢えてこのテーマをもって来たのかと 意図が不明だったけれど こんなドレス着れていいなー なんて 漠然と考えていたら これは “女性は女性らしく 男性は男性らしく” を 強調した衣装なんだと思い当たりました “らしさ” を 求められるのって ツライものです … ( それにしても 一度くらい言ってみたい 「他の人を愛してしまった 」 だなんて ! ) 連れ合いに恵まれない主婦の方 観るとへこむ映画かもです

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全51件

エデンより彼方に

月額課金で借りる

都度課金で借りる