1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. シティ・オブ・ゴッド

シティ・オブ・ゴッド

シティ・オブ・ゴッドの画像・ジャケット写真

シティ・オブ・ゴッド / アレッシャンドレ ロドリゲス

全体の平均評価点:(5点満点)

124

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「シティ・オブ・ゴッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方ヽ人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年代、名をリトル・ゼと改めた少年リトル・ダイスは、“リオ最強のワル”となって街に舞い戻ってきた…。

「シティ・オブ・ゴッド」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

製作国:

ブラジル

原題:

CIDADE DE DEUS/CITY OF GOD/GOD’S TOWN

受賞記録:

2003年 NY批評家協会賞 外国映画賞

「シティ・オブ・ゴッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナイロビの蜂

殺し屋チャーリーと6人の悪党

レポゼッション・メン

ザ・タイガー 救世主伝説

ユーザーレビュー:124件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全124件

死の青春映画

投稿日:2006/07/19 レビュアー:よふかし

 見直してみましたが、僕はこれやはり傑作だと思います。事実を基にしているということで、その悲惨な内容に、面白いと表現するのにはためらいがありますが、面白いと思っている自分がいることも確かなのです。
 もちろんそれは、映画から感じるリオの悲惨な現実を面白いというわけではなくて、(おそらく)虚実織り交ぜ巧みに作り上げられた本作の映画としての面白さに他なりません。

 冒頭、ニワトリは仲間が次々と調理されていく様を観て、慌てて逃げ出します。死にたくない! と必死に駆けるニワトリは、カメラマンとしてスラムから脱出しようとするブスカベ少年と同じ、彼らは当然のように出会います。
 ブスカベ少年とチキン(弱虫)の出会いというのは、さすがにフィクションであり、ジョークでしょう。ここに見られるように本作の作り手は、物語をユーモアで包もうとしています。時間を遡って挿入されるいくつかのエピソードも、無声映画のコマ落としに似たユーモラスな効果を与えています。
 それはそうでもしなければ観るに耐えないということもあるでしょうが、事実そうだからでしょう。人がバタバタと殺されていく中で、ブスカベ少年は好きな女の子と初体験をすることで頭がいっぱい。憎むべき殺人者リトル・ゼは女の子をダンスに誘うことすらできない。やがて殺戮に倦むベネは新入りの少年に頼んでおしゃれな服を買ってきてもらう。
 こうしたユーモラスな描写は、スラムにも、麻薬の売人にも、殺人者にも、青春はあるのだという当たり前のことを感じさせます。暴力や死はただそこにあるもので、少年たちの日常なのです。もちろん、だからこそ本作は凡百の不良少年モノなどに比べ、はるかに胸を射るような痛々しい作品なのでしょう。85点。

 付言すれば、少年たちはゲームのように人を殺しますが、本作はたとえば『SAW』のように死を弄んではいません。これは実に重要なことだと思います。フェルナンド・メイレレス監督はこの後メジャーな『ナイロビの蜂』に抜擢されるわけですが、本作とは違い「死」をロマンティックな、自己陶酔の対象にしてしまい、実に残念です。

このレビューは気に入りましたか? 21人の会員が気に入ったと投稿しています

週刊文春

投稿日:2005/05/16 レビュアー:裸足のラヴァース

が 早速例の電車脱線事故の母親を 直撃取材したらしい
相変わらずのジャーナリズムのモラルのなさだ

この映画の製作者もまた リトル・ゼの母親を取材したらしい
それがにやにや笑いながら 子供が人を銃殺する描写に繋がっている コメンタリーではそれに対しての エクスキューズはなんらみられない そこで言われるのは 「アメリカ映画のように暴力的ではない 映像としての暴力は存在していない」なるものだ
子供が子供の足の甲を 銃で撃ち抜くような描写は映像の暴力ではないのか

ここでブラジルでは こんなひどいことが現実に存在するのだ なるエクスキューズがあるのだろうが それではその現実なる物に映画表現者がなすすべもなく汚染されてしまってるのではないか
ひどい現実を映画が描くとしたら そこには当然のそれに対しての抵抗と誠実な観点 そして表現者としてのモラルがあってしかるべきはずだ 是枝の「誰も知らない」は事実とはずれていても その点はクリアーされてるのだ

テクではアメリカ映画に影響されまくりの それなりの娯楽映画してるのだが モラルなき表現者の醜さが露呈された映画であって 俺には到底肯定できる代物ではない

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

「ナイロビの蜂」はよかったです。

投稿日:2006/06/04 レビュアー:パープルローズ

以前にこれをみたとき、あまりに悲惨な内容にレビューが書けませんでした。全く救いがないんです。そして「ナイロビの蜂」を観るにあたり、もう1度みようかと思いましたが、やはり手が出ませんでした。
「ナイロビの蜂」でもスラム街が映されて、どうしよう、City of Godみたいだったら・・・とドキドキしながら観ましたが、なかなかいい映画でした。ちょっと泣いてしまいました。
もう1度みるなら「ナイロビの蜂」のほうにして、こっちはもう観ないでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

『ナイロビの蜂』を見る前に、見てみるか・・・・

投稿日:2006/06/02 レビュアー:オタエドン

と、これまで敬遠してきた作品。疲れました。心が痛みました。
笑いながら、事もなげに銃を撃つ映像には、鳥肌が立ちました。
主人は(出来るだけ、書かないつもりでしたが・・今、一人身の方に気を使って、て、あんまり気使ってないか?)面白かったぞ〜と。ただ、俺好みだから、あんたには、ちょっとな・・・と。事実でありました。到底、肯定も、面白さも、全否定したくなった1本でした。泣けるよね、こんな現実、こんなテーマを製作すること自体が・・・でも、撮らなきゃその現実が見えないし・・・『アワーミュージック』の映像が、心をよぎって来た。

子供たちのあの顔が、観客の良心に委ねられた作品であったと思いたい。もう、二度は見れませんね。

さて、この作品を撮った監督、ナイロビを如何にとらえたのか?

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ゲロッパ!

投稿日:2003/12/26 レビュアー:SKY MESSAGE

すごい映画です。子供が銃を持ってマフィア並みに、たいした理由もなく殺していきます。ブラジルのスラム街って本当にこんな感じなのかと唖然とします。

内容も話の展開がよく時間も感じさせなかったです。うまく時間軸を交差させて、「あの映像は、こういうことだったのか!なるほどね。」と思います。

ブラジルの映画なんてたいしたことないと思いの人は、この映画を観て反省することでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全124件

シティ・オブ・ゴッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:124件

死の青春映画

投稿日

2006/07/19

レビュアー

よふかし

 見直してみましたが、僕はこれやはり傑作だと思います。事実を基にしているということで、その悲惨な内容に、面白いと表現するのにはためらいがありますが、面白いと思っている自分がいることも確かなのです。
 もちろんそれは、映画から感じるリオの悲惨な現実を面白いというわけではなくて、(おそらく)虚実織り交ぜ巧みに作り上げられた本作の映画としての面白さに他なりません。

 冒頭、ニワトリは仲間が次々と調理されていく様を観て、慌てて逃げ出します。死にたくない! と必死に駆けるニワトリは、カメラマンとしてスラムから脱出しようとするブスカベ少年と同じ、彼らは当然のように出会います。
 ブスカベ少年とチキン(弱虫)の出会いというのは、さすがにフィクションであり、ジョークでしょう。ここに見られるように本作の作り手は、物語をユーモアで包もうとしています。時間を遡って挿入されるいくつかのエピソードも、無声映画のコマ落としに似たユーモラスな効果を与えています。
 それはそうでもしなければ観るに耐えないということもあるでしょうが、事実そうだからでしょう。人がバタバタと殺されていく中で、ブスカベ少年は好きな女の子と初体験をすることで頭がいっぱい。憎むべき殺人者リトル・ゼは女の子をダンスに誘うことすらできない。やがて殺戮に倦むベネは新入りの少年に頼んでおしゃれな服を買ってきてもらう。
 こうしたユーモラスな描写は、スラムにも、麻薬の売人にも、殺人者にも、青春はあるのだという当たり前のことを感じさせます。暴力や死はただそこにあるもので、少年たちの日常なのです。もちろん、だからこそ本作は凡百の不良少年モノなどに比べ、はるかに胸を射るような痛々しい作品なのでしょう。85点。

 付言すれば、少年たちはゲームのように人を殺しますが、本作はたとえば『SAW』のように死を弄んではいません。これは実に重要なことだと思います。フェルナンド・メイレレス監督はこの後メジャーな『ナイロビの蜂』に抜擢されるわけですが、本作とは違い「死」をロマンティックな、自己陶酔の対象にしてしまい、実に残念です。

週刊文春

投稿日

2005/05/16

レビュアー

裸足のラヴァース

が 早速例の電車脱線事故の母親を 直撃取材したらしい
相変わらずのジャーナリズムのモラルのなさだ

この映画の製作者もまた リトル・ゼの母親を取材したらしい
それがにやにや笑いながら 子供が人を銃殺する描写に繋がっている コメンタリーではそれに対しての エクスキューズはなんらみられない そこで言われるのは 「アメリカ映画のように暴力的ではない 映像としての暴力は存在していない」なるものだ
子供が子供の足の甲を 銃で撃ち抜くような描写は映像の暴力ではないのか

ここでブラジルでは こんなひどいことが現実に存在するのだ なるエクスキューズがあるのだろうが それではその現実なる物に映画表現者がなすすべもなく汚染されてしまってるのではないか
ひどい現実を映画が描くとしたら そこには当然のそれに対しての抵抗と誠実な観点 そして表現者としてのモラルがあってしかるべきはずだ 是枝の「誰も知らない」は事実とはずれていても その点はクリアーされてるのだ

テクではアメリカ映画に影響されまくりの それなりの娯楽映画してるのだが モラルなき表現者の醜さが露呈された映画であって 俺には到底肯定できる代物ではない

「ナイロビの蜂」はよかったです。

投稿日

2006/06/04

レビュアー

パープルローズ

以前にこれをみたとき、あまりに悲惨な内容にレビューが書けませんでした。全く救いがないんです。そして「ナイロビの蜂」を観るにあたり、もう1度みようかと思いましたが、やはり手が出ませんでした。
「ナイロビの蜂」でもスラム街が映されて、どうしよう、City of Godみたいだったら・・・とドキドキしながら観ましたが、なかなかいい映画でした。ちょっと泣いてしまいました。
もう1度みるなら「ナイロビの蜂」のほうにして、こっちはもう観ないでしょう。

『ナイロビの蜂』を見る前に、見てみるか・・・・

投稿日

2006/06/02

レビュアー

オタエドン

と、これまで敬遠してきた作品。疲れました。心が痛みました。
笑いながら、事もなげに銃を撃つ映像には、鳥肌が立ちました。
主人は(出来るだけ、書かないつもりでしたが・・今、一人身の方に気を使って、て、あんまり気使ってないか?)面白かったぞ〜と。ただ、俺好みだから、あんたには、ちょっとな・・・と。事実でありました。到底、肯定も、面白さも、全否定したくなった1本でした。泣けるよね、こんな現実、こんなテーマを製作すること自体が・・・でも、撮らなきゃその現実が見えないし・・・『アワーミュージック』の映像が、心をよぎって来た。

子供たちのあの顔が、観客の良心に委ねられた作品であったと思いたい。もう、二度は見れませんね。

さて、この作品を撮った監督、ナイロビを如何にとらえたのか?

ゲロッパ!

投稿日

2003/12/26

レビュアー

SKY MESSAGE

すごい映画です。子供が銃を持ってマフィア並みに、たいした理由もなく殺していきます。ブラジルのスラム街って本当にこんな感じなのかと唖然とします。

内容も話の展開がよく時間も感じさせなかったです。うまく時間軸を交差させて、「あの映像は、こういうことだったのか!なるほどね。」と思います。

ブラジルの映画なんてたいしたことないと思いの人は、この映画を観て反省することでしょう。

1〜 5件 / 全124件