ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの画像・ジャケット写真

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル / ケビン・スペイシー

全体の平均評価点:(5点満点)

254

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

ジャンル :

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

解説・ストーリー

アメリカ、テキサス州。大学の哲学科で教鞭を執る人気教授デビッド・ゲイルは、妻と息子を愛する良き父親であり、死刑制度反対運動に熱心に取り組む活動家でもあった。その彼が、今は活動団体の同僚女性をレイプしたうえ殺害した罪で死刑が確定し刑務所の中にいる。デビッドは死刑執行直前になり、突然人気誌の女性記者ビッツィーを指名し、多額の報酬と引き替えに残りの3日間での独占インタビューを許可した。デビッド・ゲイルの有罪を疑っていないビッツィーは、彼の話を聞くうちいつしか冤罪を確信するようになるのだが…。

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: THE LIFE OF DAVID GALE

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

オール・ザ・キングスメン

コーリング

バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた

クイルズ

ユーザーレビュー:254件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全254件

見ごたえあり

投稿日:2003/11/28 レビュアー:パープルローズ

死刑制度の問題に真っ向から取り組んだみごたえのある作品。完全な裁判など存在しない以上、人が人を裁くなんて間違っているんじゃないかと、考えさせられた。テキサス州はアメリカ一死刑の執行が多い州だが、この映画にもテキサス州知事が死刑執行をアナウンスする場面がある。実はこれが現大統領ジョージ.ブッシュの知事時代の姿であり、今のイラクの状態を考えると暗澹とした気持ちになる。

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

究極の微妙な作品 ネタバレ

投稿日:2007/06/03 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ。

なぜ唸っているかというと、非常に微妙な作品だから。
巧妙に幾重にも仕掛けられたからくりがあり、テーマも「死刑廃止論」と非常に重い。
更には観終わった者に、「考えさせられた」という感想を期待しているのは明らか。
もちろん、それが悪いとはいわないが、どこかしっくりこない作品であったことは事実。
それが何なのか、うまく言えないが・・・・

牢獄と女性という設定は「羊たちの沈黙」を思い出さずにはいられないし、随所で他の
作品がいくつも頭をよぎっていった。デビッド・ゲイル役もケビン・スペイシーという演技
派を用意してはあるが私はキャストミスのような気がする。
 
シックス・センスのように観ているものを最後まで騙し続けるのか、はたまた観ている
ものにヒントを巧妙に与えながら一緒に進んでいくのかどっちかにして欲しい。この作
品非常に中途半端だ。変なはぐらかされ方をされてしまう。これが製作側の狙いなの
かもしれないが非常にストレスがたまっていく。
「どこか、わざとらしい・・・」。これがこの作品の一番適した表現かもしれない。

何が言いたいかよくわからないレビューだったかもしれませんが、是非、ご自分の眼
で確認してみてください。これも一応お勧めってことですかね。
 

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

そういう結末とは。。。

投稿日:2005/05/27 レビュアー:Tomopy

凄く考えさせられる映画です。
死刑について、人の命についてもっと考えなければいけないと、きっと多くの人が思ったはずです。
全体的に暗く、重く感じですが、謎が解けて行くまでつい観てしまいます。最後の最後まで観ないとこの映画は価値がないと思います。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

実におもしろい構成になっていた良質サスペンス。

投稿日:2004/10/05 レビュアー:RUSH

元々あまり見たいとは思っていなかった作品だったのですが、間違えて借りてしまい、ついでだったので見てみました(^^ゞ。でも間違って良かったかもしれません。おもしろかったからです。

一台の車が畑道を走ります。ところが急に煙を吐き止まってしまいます。車からドライバーが降りて走り出します。どうやらドライバーは女性で手に一本のビデオを持っているようです。血相を変えて走っています。彼女は一体何処へ向かっているのでしょうか?・・オープニングはこんな感じで始まりました。最後の方で彼女が何故は知っているのかがわかるようになっています。そして事件の真実も最後にわかるようになっています。

最初は女雑誌記者が死刑囚の話を聞き、その内容が再現されるだけでした。死刑囚の刑が執行されるまであと4日。その内、取材が許されているのが3日だけ。その取材で死刑囚が話す内容が1日1日と再現されていきます。話を聞く度に色々な事実が判明し、刑が執行された後、恐るべき本当の真実が明らかになるというお話です。

最後に真実がわかった瞬間思いっきり悔しかったです。布石はあっちこっちにあったのです。よく見ていれば真犯人と事件の本当の真実がわかったはずなのに私は最初の方は間違えて借りてしまったということもあってあまり真剣に見ていなかったので、最後の最後になって度肝を抜かれました(^^ゞ。全く情けないです。最初は途中で見るのをやめようかとも考えたのですが、取材の2日目ぐらいから目が離せなくなって結局衝撃のラストシーンまで目が離せなくなっていました。良くできた脚本だと思います。最初からじっくり見るんだったと後悔しきりです(泣)。もう3日目の取材の再現シーンは「真実は何処にある?真犯人は誰?」もうこればっかり考えていました(^^ゞ。

ケヴィン・スペイシー、ローラ・リネイ、ケイト・ウィンスレットこの3人の演技は見応えがあります。サスペンス映画にもこういう手法があるんだなぁ〜?と感心させられた作品でした。個人的には満足できた作品でした(^○^)。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

真実を暴くのか、それとも欺かれるのか!!

投稿日:2010/08/28 レビュアー:ホラーいいよネ〜

う〜ん。この手の作品個人的に好きです。
タイム・リミットが迫るなか、いかに真実を突き止められるか。
死刑制度の問題を問いかける形はあるものの、スリルのある展開は観てる者を「一緒に真実を突き止めてくれ!」と、言われんばかりに映画の中へ引きずり込まれます。(WAKU・WAKU)

でも、この手の作品でガッカリするのは予想どうりに事が運ぶこと。
しかし・・・この作品は大丈夫!!

いい意味で「裏切られ、裏切られ、裏切られ・・・」(私だけか・・汗)

【信じる者に真実は見えるのか、それとも・・・・・】

観て損はしないと思います。オススメと言うことで・・・。(Goo)

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全254件

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:254件

見ごたえあり

投稿日

2003/11/28

レビュアー

パープルローズ

死刑制度の問題に真っ向から取り組んだみごたえのある作品。完全な裁判など存在しない以上、人が人を裁くなんて間違っているんじゃないかと、考えさせられた。テキサス州はアメリカ一死刑の執行が多い州だが、この映画にもテキサス州知事が死刑執行をアナウンスする場面がある。実はこれが現大統領ジョージ.ブッシュの知事時代の姿であり、今のイラクの状態を考えると暗澹とした気持ちになる。

究極の微妙な作品

投稿日

2007/06/03

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ。

なぜ唸っているかというと、非常に微妙な作品だから。
巧妙に幾重にも仕掛けられたからくりがあり、テーマも「死刑廃止論」と非常に重い。
更には観終わった者に、「考えさせられた」という感想を期待しているのは明らか。
もちろん、それが悪いとはいわないが、どこかしっくりこない作品であったことは事実。
それが何なのか、うまく言えないが・・・・

牢獄と女性という設定は「羊たちの沈黙」を思い出さずにはいられないし、随所で他の
作品がいくつも頭をよぎっていった。デビッド・ゲイル役もケビン・スペイシーという演技
派を用意してはあるが私はキャストミスのような気がする。
 
シックス・センスのように観ているものを最後まで騙し続けるのか、はたまた観ている
ものにヒントを巧妙に与えながら一緒に進んでいくのかどっちかにして欲しい。この作
品非常に中途半端だ。変なはぐらかされ方をされてしまう。これが製作側の狙いなの
かもしれないが非常にストレスがたまっていく。
「どこか、わざとらしい・・・」。これがこの作品の一番適した表現かもしれない。

何が言いたいかよくわからないレビューだったかもしれませんが、是非、ご自分の眼
で確認してみてください。これも一応お勧めってことですかね。
 

そういう結末とは。。。

投稿日

2005/05/27

レビュアー

Tomopy

凄く考えさせられる映画です。
死刑について、人の命についてもっと考えなければいけないと、きっと多くの人が思ったはずです。
全体的に暗く、重く感じですが、謎が解けて行くまでつい観てしまいます。最後の最後まで観ないとこの映画は価値がないと思います。

実におもしろい構成になっていた良質サスペンス。

投稿日

2004/10/05

レビュアー

RUSH

元々あまり見たいとは思っていなかった作品だったのですが、間違えて借りてしまい、ついでだったので見てみました(^^ゞ。でも間違って良かったかもしれません。おもしろかったからです。

一台の車が畑道を走ります。ところが急に煙を吐き止まってしまいます。車からドライバーが降りて走り出します。どうやらドライバーは女性で手に一本のビデオを持っているようです。血相を変えて走っています。彼女は一体何処へ向かっているのでしょうか?・・オープニングはこんな感じで始まりました。最後の方で彼女が何故は知っているのかがわかるようになっています。そして事件の真実も最後にわかるようになっています。

最初は女雑誌記者が死刑囚の話を聞き、その内容が再現されるだけでした。死刑囚の刑が執行されるまであと4日。その内、取材が許されているのが3日だけ。その取材で死刑囚が話す内容が1日1日と再現されていきます。話を聞く度に色々な事実が判明し、刑が執行された後、恐るべき本当の真実が明らかになるというお話です。

最後に真実がわかった瞬間思いっきり悔しかったです。布石はあっちこっちにあったのです。よく見ていれば真犯人と事件の本当の真実がわかったはずなのに私は最初の方は間違えて借りてしまったということもあってあまり真剣に見ていなかったので、最後の最後になって度肝を抜かれました(^^ゞ。全く情けないです。最初は途中で見るのをやめようかとも考えたのですが、取材の2日目ぐらいから目が離せなくなって結局衝撃のラストシーンまで目が離せなくなっていました。良くできた脚本だと思います。最初からじっくり見るんだったと後悔しきりです(泣)。もう3日目の取材の再現シーンは「真実は何処にある?真犯人は誰?」もうこればっかり考えていました(^^ゞ。

ケヴィン・スペイシー、ローラ・リネイ、ケイト・ウィンスレットこの3人の演技は見応えがあります。サスペンス映画にもこういう手法があるんだなぁ〜?と感心させられた作品でした。個人的には満足できた作品でした(^○^)。

真実を暴くのか、それとも欺かれるのか!!

投稿日

2010/08/28

レビュアー

ホラーいいよネ〜

う〜ん。この手の作品個人的に好きです。
タイム・リミットが迫るなか、いかに真実を突き止められるか。
死刑制度の問題を問いかける形はあるものの、スリルのある展開は観てる者を「一緒に真実を突き止めてくれ!」と、言われんばかりに映画の中へ引きずり込まれます。(WAKU・WAKU)

でも、この手の作品でガッカリするのは予想どうりに事が運ぶこと。
しかし・・・この作品は大丈夫!!

いい意味で「裏切られ、裏切られ、裏切られ・・・」(私だけか・・汗)

【信じる者に真実は見えるのか、それとも・・・・・】

観て損はしないと思います。オススメと言うことで・・・。(Goo)

1〜 5件 / 全254件