はじまりはオペラの画像・ジャケット写真

はじまりはオペラ / ヘーゲ・シュイケン

全体の平均評価点: (5点満点)

6

はじまりはオペラ /ヒルデ・ハイエル

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:75~99%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「はじまりはオペラ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

舞台のプロンプターとして働く一人の女性が、結婚生活と仕事の両立に悩み成長する姿を描いたドラマ。劇中劇としてオペラ『アイーダ』が用いられ、ふんだんに挿入されるバック・ステージも見所。『アイーダ』の公演に向け稽古が行われているオペラの舞台。そこでプロンプターをしているシヴ。彼女は医者のフレッドとの結婚を控え幸せ一杯。だが、いざ結婚生活が始まってみると、再婚のフレッドの家は2人の連れ子と前妻の影にシヴは自分の居場所を見つけられない……。

「はじまりはオペラ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

ノルウェー

原題:

SUFFLOSEN

「はじまりはオペラ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

クラッシュ・ゾーン

誰でもない女

キャノンレース

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ノルウェー発、チョー文系恋愛映画。 ネタバレ

投稿日:2008/06/01 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 オペラのプロンプターをしているシヴは、バツイチの医者フレッドとの結婚を控え、仕事もプライベートも絶好調。幸せいっぱい。・・・のハズだが、この結婚、何やら不安のタネが尽きない。前妻ヘレンは今だにフレッドの家に出入りしているし、その為か子供たちはシヴになつかない。そしてフレッドは、夜にも稽古があるプロンプターの仕事を、結婚後は続けさせたくない様子。男女同権がとっくに確立している国ノルウェーでも、こういう「女は家庭を守ってりゃいーんだ」みたいな男がいるのだなぁ。

 こりゃ、やめた方がいい。最初から、この2人すれ違っているんだもの。フィアンセがいるっていうのに、今だに前妻とのツーショット写真を部屋に飾っておく、この医者ヤロウの無神経極まりなさ。こいつの芸術的センス&感受性ゼロぶりを健康オタクのスポーツばか、という描写で表わしているチョー文系な脚本が、多くの映画ファン(特にミニシアター系)の溜飲を下げることでしょう(?)。私も体育の授業をサボッたクチです。

 しかし、シヴはこの結婚をあきらめない。なぜか。それは、もう若くないから。・・・この辺がリアルで身にしみます。すべてにおいて納得がいく、上手くいく、そんな人生がある訳ない。何かを捨てたり我慢したりして努力して幸せを掴むのが人生ってもん。大人になると、そういう分別がつく。哀しい分別が。“好き”“ほしい”“したい”だけで行動できるのは若いうちだけ。

 ところが、そんな彼女の前にチューバ奏者のマルカスという男が現れる。音楽を愛し、オペラを愛すチョー文系(しつこくてゴメンナサイ)男。彼はシヴに惹かれ、仕事ぶりにも惚れる。彼女のあるがままを受けとめ理解し好きになってくれる男。・・・運命の人、という訳ですか。

 フィアンセがいようと、或いは結婚していようと、ひとたび目の前に“運命の人”が現れたなら、その男のもとへ飛んでいくのが恋愛映画の醍醐味。そう、それがみんなの憧れ「映画みたいな恋」。とっとと新しい男に乗り換えた、某豪華客船(沈んじまいましたが)の女しかり。しかしながら本作のシヴは、そういう激情に身を任せたりしないのだ。女性解放の先進国にしては、ずいぶん大人しいヒロインなんだが、これがまたリアル。けなげに後妻ライフを送るシヴ。エライぞ。腹が据わってるぞ。そう、本来なら婚約者と共に過ごしたそれまでの年月があり、思い出があり、培ってきた愛情があるはずなのだ。愛とはそういう地道な歩み、時に忍耐と努力を要する意志的な行動。だから本当は愛なんてお地味すぎて映画にならんのだ。多くの恋愛映画で描かれている「愛」は、ルナティックな“恋情”なんだろうと思う。

 話がそれました。さて、このシヴという女性、恋愛下手なのか、はたまたインドア派のオタク気質が災いしてるのか、美人で文化的な専門職についてて性格も穏やか、モテないはずはないのに何故かハイミス。こういう女性っていますよね。たぶん、映画のヒロインにしちゃあ地味なその性格が、これまでチャンスを逃がしてきた原因と見た。オールドファッションな彼女の行動や考え方に共感しつつ、切なくもじれったい状態にムズムズしてたら、ラストでドカンとはじけました、彼女。

 プロンプターの箱部屋に、自室の藤椅子(座ってると鳥カゴの鳥みたいに見える)、窮屈なクーペ。いつも小さな空間に身を置き、その心地良さに安住しているヒロインが、ようやく、そうした狭い世界から新しい一歩を踏み出す勇気を出すまでの物語。1999年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート・ノルウェー代表作というだけあって、なかなか良い作品ですよ。音楽好きの方には是非。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

どちらも裏方さんです

投稿日:2006/02/27 レビュアー:シママース

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

オペラの題名に惹かれて

投稿日:2005/02/07 レビュアー:VEGA

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

シワが。。。

投稿日:2005/08/24 レビュアー:レビュアー名未設定

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ラブストーリーがいきなりホラー映画に! ネタバレ

投稿日:2008/09/17 レビュアー:冬梅

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オペラ好きの30代独身女性としてもっと主人公に共感が持てると思いました……が、主人公である中年女性シヴははじめての結婚に対してあまりにも乙女チック(死語かもしれませんがそんな感じ)で楽観的。その姿が滑稽で哀れで、他人事ではないだけに少々ぞっとしました。

さらに結婚生活が上手く行かなくなってからのシヴの感情剥き出しの振る舞いには完全に共感の糸が断たれました。夫の医者に感情移入してしまったほどです。
前妻に対する暴力や舞台での暴挙は映画的な誇張なのかもしれないけれど、ほんわかラブストーリーを観ていたはずがいきなりホラー映画に変わったような気持ちさえしました。プリマドンナには決してなれない平凡な女性が小さな箱を出て自分の恋愛の主役になるという少女マンガ的展開へのアンチテーゼなのでしょうか。いやそこは大人なんだからもっと淡々と、渋〜く展開して欲しかったのです。

プロンプターの視点でのオペラの練習風景はひじょうに楽しめました。もっと裏方シーンが多ければうれしかった。
オペラの筋が映画の筋にも絡んでいるのでしょうか? オペラではアイーダが祖国(父親)と恋人の板挟みに苦悩した挙句恋に殉じるわけですが、それをシヴが立派な結婚と恋愛の間で揺れて結婚と仕事は破滅するけれど恋愛は一応成就させるのに重ねて観るべき? そう言えば王女様より奴隷のアイーダが好きなラダメスはテューバ奏者に似ている気がします(あんな風にオペラ初日を台無しにされても好きでいられるって変……)。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

ノルウェー発、チョー文系恋愛映画。

投稿日

2008/06/01

レビュアー

ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 オペラのプロンプターをしているシヴは、バツイチの医者フレッドとの結婚を控え、仕事もプライベートも絶好調。幸せいっぱい。・・・のハズだが、この結婚、何やら不安のタネが尽きない。前妻ヘレンは今だにフレッドの家に出入りしているし、その為か子供たちはシヴになつかない。そしてフレッドは、夜にも稽古があるプロンプターの仕事を、結婚後は続けさせたくない様子。男女同権がとっくに確立している国ノルウェーでも、こういう「女は家庭を守ってりゃいーんだ」みたいな男がいるのだなぁ。

 こりゃ、やめた方がいい。最初から、この2人すれ違っているんだもの。フィアンセがいるっていうのに、今だに前妻とのツーショット写真を部屋に飾っておく、この医者ヤロウの無神経極まりなさ。こいつの芸術的センス&感受性ゼロぶりを健康オタクのスポーツばか、という描写で表わしているチョー文系な脚本が、多くの映画ファン(特にミニシアター系)の溜飲を下げることでしょう(?)。私も体育の授業をサボッたクチです。

 しかし、シヴはこの結婚をあきらめない。なぜか。それは、もう若くないから。・・・この辺がリアルで身にしみます。すべてにおいて納得がいく、上手くいく、そんな人生がある訳ない。何かを捨てたり我慢したりして努力して幸せを掴むのが人生ってもん。大人になると、そういう分別がつく。哀しい分別が。“好き”“ほしい”“したい”だけで行動できるのは若いうちだけ。

 ところが、そんな彼女の前にチューバ奏者のマルカスという男が現れる。音楽を愛し、オペラを愛すチョー文系(しつこくてゴメンナサイ)男。彼はシヴに惹かれ、仕事ぶりにも惚れる。彼女のあるがままを受けとめ理解し好きになってくれる男。・・・運命の人、という訳ですか。

 フィアンセがいようと、或いは結婚していようと、ひとたび目の前に“運命の人”が現れたなら、その男のもとへ飛んでいくのが恋愛映画の醍醐味。そう、それがみんなの憧れ「映画みたいな恋」。とっとと新しい男に乗り換えた、某豪華客船(沈んじまいましたが)の女しかり。しかしながら本作のシヴは、そういう激情に身を任せたりしないのだ。女性解放の先進国にしては、ずいぶん大人しいヒロインなんだが、これがまたリアル。けなげに後妻ライフを送るシヴ。エライぞ。腹が据わってるぞ。そう、本来なら婚約者と共に過ごしたそれまでの年月があり、思い出があり、培ってきた愛情があるはずなのだ。愛とはそういう地道な歩み、時に忍耐と努力を要する意志的な行動。だから本当は愛なんてお地味すぎて映画にならんのだ。多くの恋愛映画で描かれている「愛」は、ルナティックな“恋情”なんだろうと思う。

 話がそれました。さて、このシヴという女性、恋愛下手なのか、はたまたインドア派のオタク気質が災いしてるのか、美人で文化的な専門職についてて性格も穏やか、モテないはずはないのに何故かハイミス。こういう女性っていますよね。たぶん、映画のヒロインにしちゃあ地味なその性格が、これまでチャンスを逃がしてきた原因と見た。オールドファッションな彼女の行動や考え方に共感しつつ、切なくもじれったい状態にムズムズしてたら、ラストでドカンとはじけました、彼女。

 プロンプターの箱部屋に、自室の藤椅子(座ってると鳥カゴの鳥みたいに見える)、窮屈なクーペ。いつも小さな空間に身を置き、その心地良さに安住しているヒロインが、ようやく、そうした狭い世界から新しい一歩を踏み出す勇気を出すまでの物語。1999年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート・ノルウェー代表作というだけあって、なかなか良い作品ですよ。音楽好きの方には是非。

どちらも裏方さんです

投稿日

2006/02/27

レビュアー

シママース

オペラの題名に惹かれて

投稿日

2005/02/07

レビュアー

VEGA

シワが。。。

投稿日

2005/08/24

レビュアー

レビュアー名未設定

ラブストーリーがいきなりホラー映画に!

投稿日

2008/09/17

レビュアー

冬梅

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オペラ好きの30代独身女性としてもっと主人公に共感が持てると思いました……が、主人公である中年女性シヴははじめての結婚に対してあまりにも乙女チック(死語かもしれませんがそんな感じ)で楽観的。その姿が滑稽で哀れで、他人事ではないだけに少々ぞっとしました。

さらに結婚生活が上手く行かなくなってからのシヴの感情剥き出しの振る舞いには完全に共感の糸が断たれました。夫の医者に感情移入してしまったほどです。
前妻に対する暴力や舞台での暴挙は映画的な誇張なのかもしれないけれど、ほんわかラブストーリーを観ていたはずがいきなりホラー映画に変わったような気持ちさえしました。プリマドンナには決してなれない平凡な女性が小さな箱を出て自分の恋愛の主役になるという少女マンガ的展開へのアンチテーゼなのでしょうか。いやそこは大人なんだからもっと淡々と、渋〜く展開して欲しかったのです。

プロンプターの視点でのオペラの練習風景はひじょうに楽しめました。もっと裏方シーンが多ければうれしかった。
オペラの筋が映画の筋にも絡んでいるのでしょうか? オペラではアイーダが祖国(父親)と恋人の板挟みに苦悩した挙句恋に殉じるわけですが、それをシヴが立派な結婚と恋愛の間で揺れて結婚と仕事は破滅するけれど恋愛は一応成就させるのに重ねて観るべき? そう言えば王女様より奴隷のアイーダが好きなラダメスはテューバ奏者に似ている気がします(あんな風にオペラ初日を台無しにされても好きでいられるって変……)。

1〜 5件 / 全6件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

はじまりはオペラ