ライオン・キング

ライオン・キングの画像・ジャケット写真
ライオン・キング / ジェームズ・アール・ジョーンズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ライオン・キング」 の解説・あらすじ・ストーリー

※【Blu-ray 3D】は、「ブルーレイ」タブから選択してください。<br>ディズニー・アニメーションが誇る94年製作の不朽の名作「ライオン・キング」を最新のデジタル技術で3D化。アフリカのサバンナ。動物の王国プライドランドの偉大なる王、ライオンのムファサに息子シンバが生まれる。ムファサの弟スカーは、王の座を狙い、ムファサ暗殺を企み、罠にはまったムファサは絶命、息子のシンバも国を追われてしまう。やがてティモンやプンバァらに助けられ、少しずつ立ち直っていったシンバは新しい仲間たちと楽しい日々を送るようになるが…。

「ライオン・キング」 の作品情報

製作年: 1994年
製作国: アメリカ
原題: THE LION KING
受賞記録: 1994年 アカデミー賞 作曲賞
1994年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
1994年 LA批評家協会賞 アニメーション賞

「ライオン・キング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ライオン・キング スペシャル・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
88分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語/(ディズニー・ホーム・シアター・ミックス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDG4714 2003年10月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
198枚 15人 14人

ライオン・キングのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】ライオン・キング 3D(ブルーレイ)

  • 旧作

※【Blu-ray 3D】は、「ブルーレイ」タブから選択してください。<br>ディズニー・アニメーションが誇る94年製作の不朽の名作「ライオン・キング」を最新のデジタル技術で3D化。アフリカのサバンナ。動物の王国プライドランドの偉大なる王、ライオンのムファサに息子シンバが生まれる。ムファサの弟スカーは、王の座を狙い、ムファサ暗殺を企み、罠にはまったムファサは絶命、息子のシンバも国を追われてしまう。やがてティモンやプンバァらに助けられ、少しずつ立ち直っていったシンバは新しい仲間たちと楽しい日々を送るようになるが…。

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1269 2012年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 0人

【Blu-ray】ライオン・キング(ブルーレイ)

  • 旧作

ディズニー32作目の長篇アニメーション。サバンナの王として君臨するライオン、ムファサに息子シンバが生まれる。ムファサの弟スカーは、王の座を狙い、ムファサ暗殺を企み、罠にはまったムファサは絶命。邪悪な叔父スカーに父王を謀殺されたシンバは国を追われ、イボイノシシ等サバンナのはぐれ者たちと暢気なその日暮らしを送っていたが、恋心を抱く幼なじみのナラに、故国の窮状を訴えられ、皆を引き連れ帰郷、スカーと一対一の決闘に臨む……。

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1267 2012年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
52枚 3人 5人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全53件

少年の成長を描いた王道

投稿日:2003/11/03 レビュアー:ヒロヤ

公開時に「ジャングル大帝」そっくりと酷評を受けましたが、そんなことありません。骨太の成長物語です。あまりにも偉大な父の死、その父の死に関係してしまったトラウマ、現実からの逃避生活、そこではぐくむ友情、そして自分が自分であるために本当にしなければならないことへの挑戦。シンバが勇気を奮い立たせ恐怖に挑むきっかけが、ガールフレンドではないところがかっこよかった。父の友人の老マントヒヒがきっかけとなり、シンバは父と向き合い、そして乗り越えていく。なんと父親を超えていく話。息子がいる私はすっかり感動してしまいました。「ジャングル大帝」は自然と人間との関係がテーマでしたので「ライオンキング」とは全く違う話です。酷評のせいで食わず嫌いになっていましたが、それは無駄な時間でした。困難を乗り越える成長物語の王道。キングサイズのおもしろさでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

天才ハンスジマー2

投稿日:2008/08/28 レビュアー:takako

94年公開時、私は中学生でした。アラジンと美女と野獣をビデオで見て絶対に映画館に行くんだと決意していた1本です。そしてノックアウト。ジャングル大帝がどうのこうのは私には関係ないお話です。

あまりの感動で両親に熱く語った結果「お金渡すから、弟を連れて行け」との指令でしぶしぶ行った映画館の席は、スクリーンを見上げるほどの間近な席。まあ近いからいいやと思っていたこの席で奇跡は起きたのです。

ムファサが亡くなるヌーの暴走シーン。崖から下り降りるヌーたちが、まじでまじで空から降ってくるかと思いました。あの緊張感あふれる音楽とともに迫り来るヌー。飛び出す画像でも特別なサングラスでもかけてるわけじゃないけれど、うわー、やべーと思う私の隣で弟は泣いていました。そうよね、怖かったよね、とよしよししたこの瞬間を彼が覚えているかどうかは今度聞いてみようと思います。映画の奇跡ってこういうものなんだと幼心に思ったものです。

ハンスジマーとの出会いはそうして生まれました。サントラを始めて買ったのもこの映画。シリーズ全部のDVDを買ったのもこの映画。というかビデオですけど。当初は。

ハムレットというお話を知ったのは大学生の時。誰かが言ってた「今も昔もシェイクスピアの悲劇をこねくりまわして物語はできている、シェイクスピアはそれだけ普遍なんだ」という言葉を実感する時。シチュエーションは違えど、やってることは同じなんです。だからジャングル大帝も見たことないけど同じなはずなんです。

それでいいじゃないですか。みなさん、もっと楽しみましょうよ。

「魔法にかけられて」を最近見て、ちょっと昔を思い出したので書いてみました。甥っ子がもう少し大きくなったらプレゼントしたい私の傑作。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

王道、王道!!

投稿日:2007/06/23 レビュアー:Yohey

どんなんかなぁ、と思って見たが・・・普通の映画やん。子供向けやねぇ。分かりやすいストーリーでよかったのでは。

もう少しアフリカアフリカしていてもよかったのではと思うのだが・・・歌とかもやっぱり英語調ばっかりで、オープニング、エピローグにあるようなアフリカチックな音楽がもっと流れていたらよかったような気がいたします。(これってビデオだけ??『ガイアの夜明け!!』と叫んでしまったけど・・・)

典型的な王子もののストーリーで、王道でした。それ以上でもそれ以下でもなし。まぁ、アニメ映画ですな。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

パクリ?

投稿日:2005/09/21 レビュアー:ケイ

「ジャングル大帝」のパクリか?という批評をどこかできいたことがありますが、それ以上です。超えています。それにこれに限らず、パクリっぽいのって山ほどありますからね。それをひとつひとつ探し出して中傷しますか?出来るものならやってみてください。
例えパクリでも許せるおもしろい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

美しい映像と壮大なスケールと手塚治虫の偉大さと。。。

投稿日:2008/01/31 レビュアー:ももち

公開前から「DVD化されたら絶対に購入するぞ!」と決めていた作品。

手塚治虫の『ジャングル大帝』をディズニーがパクッて作った。
確かに内容見ればそうかも。
だけど、日本の名作アニメをディズニーバージョンで作り直した。。。ってプラス思考で考えたら・・・≪ハズレな訳がない!!≫ものね。

手塚治虫の『ジャングル大帝』も名作ですが、ディズニーの『ライオン・キング』も間違いなく名作です。
さすが、ディズニー。
初っ端のパッケージのシーンですでにやられてしまいました。
夕焼けを背景にさまざまな動物達がザァーーーーッと傅くシーンは鳥肌モンです。背筋がゾクゾク〜ッとしました。

ムファサの帝王ぶり。父親らしい最期。
スカー(この名前もツボに嵌った。。。『スカ』って日本語の意味そのままのトンデモナイ性格だし)の小ズルさに、憎たらしさ。
プンヴァたちとの友情。
ストーリーに脇役のキャラクターの個性がいいスパイスを効かせてます。

可愛らしいけど貧弱で女々しいシンバが立派なライオンに成長していく過程がすごく自然に表現されていて、飽きることなく最期まで見れました。
映像もとっても綺麗だし、動物達の表情も豊かで愛嬌があるし、会話も楽しいし、言う事ナシです。

私の中ではディズニーアニメの中でもお気に入りの一枚にランクインしてます。
何を言ってもうまくこの作品の良さが表現できないのでなかなかレビュー出来ませんでした。
素晴らしい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全53件

ライオン・キング