X−MEN 2

X−MEN 2の画像・ジャケット写真
X−MEN 2 / ヒュー・ジャックマン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

181

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「X−MEN 2」 の解説・あらすじ・ストーリー

マグニートーによる人類抹殺計画の野望を未然に防ぐことに成功したX-MEN。無意味な争いは終結するかに見えた。しかし、彼らの孤独な戦いは、凄まじい能力を持つ謎の襲撃者の出現によって更に混迷の度合いを深めていく。能力者同士の衝突は、一般市民をも巻き込んだ惨劇となり、ミュータント登録法案を求める政治運動や、世論を一気に呼び起こした。<BR>新たな運動の先頭に立ったのは、ミュータントへの生体実験を噂されている大富豪、ストライカー。彼の真の目的とは? そしてミュータント壊滅計画にさらされたX−MENの運命は?<BR>

「X−MEN 2」 の作品情報

製作年: 2003年
原題: X2/X−MEN 2

「X−MEN 2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

X-MEN 2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
134分 日本語・英語 1:DTS/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR24224 2003年09月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
100枚 2人 6人

【Blu-ray】X-MEN 2(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
134分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR24224*B 2009年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 3人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:181件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全181件

ファンケそれはないでしょう〜

投稿日:2004/05/30 レビュアー:裸足のラヴァース

おうブライアン 大作映画になれてきたな これでいいんだよ
一作目は 頭でっかちで 自分のテーマしか展開できなかったよね
セット 建物でのアクシオン・シーン 余裕かまして じっくり撮ってるね いいよ ミュータントの寄宿舎みたいなとこ すげー立派で この質感だけでもたいしたもんだ 満足!

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1を超えてます!!

投稿日:2006/09/19 レビュアー:MonPetit

2作目のハードル。軽く超えてます!!

このX−MENはいい意味で裏切ってくれる。
現在、公開中のファイナルはその極みですが、2でも存分に
発揮されています。

このミュータントが中心になっていくのか。。と思うと
意外な展開になったり、あっさり肩透かしだったり。
そう思うと、また元の展開になったり。。。と。
とにかく見てて飽きません。

細部に渡って1をうまく引き継いでいるので1と連続して
観る事をお勧め。できればすぐにファイナルを観ると最高です。

CGも非常にいい出来で、ウルヴァリンの鉄の爪は本当に
ついてるみたい。ミスティークやストームも自然な感じで
安っぽくないから迫力満点。

原作は読んでことないんだけど、こんなに面白いのかなぁ。
誰か教えてください!!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最終章は9月日本公開だそうで・・・ネタバレ

投稿日:2006/07/14 レビュアー:ぶわつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 “続編は、とりあえず派手になる”
 この法則(誰が作ったんや?)に則って『X−MEN』の続編もしっかり派手になってました。ここで派手というのは出てくるミュータントの数が増えたってことを意味するんですけどね(ヴィジュアルに関する印象はほとんどない)。個人的にはメインキャラではないけど“金剛拳”兄ちゃんが良かった。空海の四殺は海を渡ってこんなとこにも伝わってたわけです←オイ!

 それはさておき、ストーリーそのものは地味です。この地味というのは別に悪い意味ということではなくて、少なくとも1作目より良かったです。
 本シリーズに登場するミュータントは、その特異な能力ゆえに、個人の本質とは関係なく忌避すべきものとして人間社会に容易に受け入れられない存在として描かれています。
 本作から登場する、氷を自在に操る“アイスマン”はずっと自分がミュータントであることを家族に黙っていましたが、それが知れた時、両親はお互い自分の血ではないと突き放し、弟は有無を言わさず警察に通報します。そして立ち去る彼の姿を、何とも冷たい目で見送ります。自分たちの息子、または兄貴に対して、いくらなんでもそこまでするか?と思わないでもないのですが、中途半端にかくまうようなシーンを見せられるより、この場合よっぽど説得力はあると思います。
 その一方、火を自在に操る少年ジョンは、持てる力を存分に使う欲求に抗えずにマグニートー(ガンダルフ)の元へ走ります。
 このふたつのエピソードは、このシリーズの根底にあるテーマなのかもしれません。でも、これらはあくまで枝葉で、メインのエピソードはないんですよね・・・。メインよりサブの方が印象に残るってのも、これはこれで考えものなんですけど。
 そのメインのエピソードでは、ミュータントを根絶やしにしようと画策し、さらにウルヴァリンの過去を知るストライカーなる科学者が登場して、プロフェッサー(前作といい、よく敵に陥れられる人や)はおろか、マグニートーまで操り、ミュータントたちを危機に陥れます・・・なのに、何か盛り上がりません。ジーン・ケリー(ファムケ姐さん)のことも、ムリヤリな感じがして仕方ないし。
 また、ウルヴァリンの秘密は結局、全ては明かされず、マグニートー一味は逃亡。
 はい、この続きは9月公開の最終章(らしい)をご覧下さい、ということのようです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱり1を見てからのほうがいいですネタバレ

投稿日:2005/01/21 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

以前、いきなり2を見て、なにがなんだかさっぱりわからなかった。それで今週1を見た。それから改めて2を見直してみるとよくわかった。ここはやはり、皆さんが書いておられるように1から順に見るのがいいと思う。これほど話がしっかりと続いているとは思わず、単発モノとして楽しめるかと思ったがそうではなかった。
今回、ジーンとストームの髪型が変わっていた。個人的には今回のほうが好きなのだが、ストームは1のほうが原作に近いのかな?
相変わらずサイクロップスの存在感が薄いのが悲しいんだけど、まだつづきそうなので今後に期待。
それにしても、X-MENの世界では、母親たちがいとも簡単に子どもを愛することをやめる。ミュータントとはいえ細胞が突然変異を起こしただけで、ボビーなんて見た目もすこしも変わったところがないのに、ボビーの母はこわごわと接している。「まだ愛しているのよ」。なんという言い草か。母親が子どもに言う言葉かと愕然とする。「直そうと思ったことは?」遺伝したものをどう直せというのだろう。母親は自分が親から受け継いだものを医学的に治そうと思ったことがあるのだろうか。「私のせいね」生まれた子どもに問題があるとされた場合、すぐだれが悪かった彼が悪かったと犯人探しが始まる。くだらないことだ。現代の障害児にも通じるものがある。
そう思うと、1を見たときに思った「ローグのまともそうな親はどうなったのか」にも答えが見えてくる。娘を愛することをやめたのかも知れない。
実際にこの世にミュータントと呼ばれる子どもが生まれ始めたら、母親たちは子どもを守ろうとするし、もし取り上げようとする権力があるなら絶対渡すまいと抵抗すると思う。母だからといって自動的に子どもを愛するという考えも誤りだが、子を愛する母が、たかがミュータントだというだけで子どもを愛せなくなるという考えも誤りだと思う。実際には。
ところでやっぱり解説ないのね。(泣)

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

前作で解明されなかったウルヴァリンの謎がついにあかされます!

投稿日:2005/05/07 レビュアー:RUSH


前作同様のキャラクターだけではなく、新しいキャラクターも今回登場します。テレポーテーションが得意な「ナイト・クロウラー」や「デスストライク」などがそうです。それ以外に前作では完全な脇役であった「アイスマン」「パイロ」も少し活躍します(^^ゞ。今回は大統領暗殺未遂事件から端を発し、大統領の片腕であるストライカー大佐がミュータント壊滅、消滅をその目的としX−MEN達を苦しめるという内容になっています。

前作でもそうでしたがストーム演じるハル・ベリーはやっぱりはまり役(^^ゞ。とても綺麗でついつい見とれてしまいます。キャットウーマンよりこっちの方が個人的に好きだなぁ〜(笑)。ウルヴァリンも前作同様ワイルドで彼自身の謎であった過去の記憶の断片が今作で見えてきます。ミスティークも相変わらずセクシーでいいですねぇ(^^ゞ。前作ではX−MEN達を今作ではストライカー達を振り回してくれています。ウルヴァリンの過去をも絡めながら今回はプロフェッサーXがストライカー大佐の手に落ち操られてしまい、ミュータント絶滅の危機に陥ります。また、それを利用したマグニートーにより人間も絶滅の危機を迎える事になります。プロフェッサーXの力が改めて恐るべき力を秘めている事が良くわかる反面、操られる情けなさが浮き彫りになっています(笑)。今回のプロフェッサーXはちょっと情けないです(^^ゞ。前作から続くジーンのサイクロプスとウルヴァリンの間で揺れ動く恋心も引き続き描かれます。ですが最後には悲劇が待っていました。これにはちょっと驚きでした。

今回の見所はプロフェッサーX率いるX−MEN達とマグニートー&ミスティークそしてストライカー一派、この3つのグループの思惑と駆け引きでしょう。ストライカーはプロフェッサーXを操りミュータントを消滅させようとし、マグニートーはX−MENを利用しストライカーの計画阻止と人間を消滅させようとし、X−MEN達は彼らに振り回されるといった構図は見る者を飽きさせません(笑)。前作を見ていない方は今作より先に前作を見る事をお奨めします。「X−MEN」と「X−MEN2」は完全な続編となっているので前作を知らないと楽しめない部分が多くあるので気をつけましょう。

そういえば・・日本国内発売前のMAZDA「RX−8」が学校からの脱出シーンに使われて話題になっていたっけ(^^ゞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全181件

X−MEN 2