それからの武蔵

それからの武蔵の画像・ジャケット写真

それからの武蔵 / 中村錦之助

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「それからの武蔵」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『宮本武蔵』の続編として制作され、巌流島の決闘以後の宮本武蔵の生き様を萬屋錦之介主演で描いた時代劇大河ロマンのDVDシリーズ第3弾。多くの剣士と剣を交え、執と現れる女性との恋に悩みながらも剣の道を極め成長していく。第5話と第6話を収録。

「それからの武蔵」 の作品情報

作品情報

製作年: 1981年
製作国: 日本

「それからの武蔵」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

絆−きずな−

ゴジラ対メカゴジラ

真昼の暗黒

松本清張傑作選 第一弾 「突風」

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

映画には遠く及ばない!

投稿日:2005/10/11 レビュアー:レビュアー名未設定

萬屋錦之介のライフワークの一つでもある宮本武蔵の巌流島の戦い以後の半生を描いた作品。歴史上に登場する人物や物語には逸話や続編が多く、この武蔵に対しても死ぬまでを描いたドラマや映画は今まで作られていなかったであろう。だから企画するにおいてもアイデアとしては、例えば忠臣蔵や徳川家康など、幾度となく作られて来た物とは違って、新鮮でこれは観たいなという気持ちに駆られるテーマではあった。そして錦之介の宮本武蔵5部作は数ある武蔵の物語でも決定版と称されるほど完成度が高く武蔵=錦之介が再び演じる(厳密には真剣勝負という71年に東宝で映画化された武蔵の番外編でも錦之介が演じていた為、3回目となる)のであるから楽しみでもあった。しかし期待はすぐに裏切られた。物語は原作に沿って進んで行くのだが、酒井和歌子扮するお甲(吉川英治の武蔵ではお通)の武蔵に対する情念があまりにも未練一杯で、女の強さなどと言うよりは病的に近いものがあり、見苦しさを感じた。途中で病死するのだが、死んだ時ははっきり言って清々したものだ。また時代劇に一番大切な殺陣。映画版はカットの一つ一つが丁寧に撮られていて、それでもってリアリティー溢れ、今観ても鳥肌の立つぐらいのワクワク感があった。しかし、この作品ではカメラワークやカット・アクション等、全く平凡でこれはテレビドラマなんだからこれでいいんだ、なんて言うスタッフの怠慢が見え隠れする。殺陣の上手い役者を配し、今までに例をみないテーマを選んでのドラマ化であったのであるから、もう少し工夫を凝らした作品にしてほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

まずまずの作品

投稿日:2016/12/14 レビュアー:オギー

映画では「お通」になっていた女性がテレビでは「お孝」になっていたのは耳障りでした。
巌流島の後の武蔵の生涯ということでは評価できますね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

レンタルDVDNOの件

投稿日:2009/10/12 レビュアー:テツチャン

納得行かない件が有りますリースしないDVDが2枚有りました。
貴社の方に話をしても水掛論ですでにカードで引かれて居ます本当に不愉快な思いです

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

それからの武蔵

投稿日:2009/08/31 レビュアー:テツチャン

私は75歳の年寄りですので時代劇が大好きです之から色々なタイトルのDVD見られると思うと楽しみが増えました宜しくお願い致します

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

強い。

投稿日:2008/08/17 レビュアー:インゴール

武蔵最強

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

それからの武蔵

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

映画には遠く及ばない!

投稿日

2005/10/11

レビュアー

レビュアー名未設定

萬屋錦之介のライフワークの一つでもある宮本武蔵の巌流島の戦い以後の半生を描いた作品。歴史上に登場する人物や物語には逸話や続編が多く、この武蔵に対しても死ぬまでを描いたドラマや映画は今まで作られていなかったであろう。だから企画するにおいてもアイデアとしては、例えば忠臣蔵や徳川家康など、幾度となく作られて来た物とは違って、新鮮でこれは観たいなという気持ちに駆られるテーマではあった。そして錦之介の宮本武蔵5部作は数ある武蔵の物語でも決定版と称されるほど完成度が高く武蔵=錦之介が再び演じる(厳密には真剣勝負という71年に東宝で映画化された武蔵の番外編でも錦之介が演じていた為、3回目となる)のであるから楽しみでもあった。しかし期待はすぐに裏切られた。物語は原作に沿って進んで行くのだが、酒井和歌子扮するお甲(吉川英治の武蔵ではお通)の武蔵に対する情念があまりにも未練一杯で、女の強さなどと言うよりは病的に近いものがあり、見苦しさを感じた。途中で病死するのだが、死んだ時ははっきり言って清々したものだ。また時代劇に一番大切な殺陣。映画版はカットの一つ一つが丁寧に撮られていて、それでもってリアリティー溢れ、今観ても鳥肌の立つぐらいのワクワク感があった。しかし、この作品ではカメラワークやカット・アクション等、全く平凡でこれはテレビドラマなんだからこれでいいんだ、なんて言うスタッフの怠慢が見え隠れする。殺陣の上手い役者を配し、今までに例をみないテーマを選んでのドラマ化であったのであるから、もう少し工夫を凝らした作品にしてほしかった。

まずまずの作品

投稿日

2016/12/14

レビュアー

オギー

映画では「お通」になっていた女性がテレビでは「お孝」になっていたのは耳障りでした。
巌流島の後の武蔵の生涯ということでは評価できますね。

レンタルDVDNOの件

投稿日

2009/10/12

レビュアー

テツチャン

納得行かない件が有りますリースしないDVDが2枚有りました。
貴社の方に話をしても水掛論ですでにカードで引かれて居ます本当に不愉快な思いです

それからの武蔵

投稿日

2009/08/31

レビュアー

テツチャン

私は75歳の年寄りですので時代劇が大好きです之から色々なタイトルのDVD見られると思うと楽しみが増えました宜しくお願い致します

強い。

投稿日

2008/08/17

レビュアー

インゴール

武蔵最強

1〜 5件 / 全5件