呪怨 劇場版

呪怨 劇場版の画像・ジャケット写真

呪怨 劇場版 / 奥菜恵

全体の平均評価点:(5点満点)

124

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「呪怨 劇場版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。

「呪怨 劇場版」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: 日本

「呪怨 劇場版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 清水崇
撮影: 喜久村徳章
音楽: 佐藤史朗

関連作品

関連作品

ひよっこ2

富江 re−birth

ユメ十夜

角川ホラービデオ館〜絶叫屋敷へようこそ〜

ユーザーレビュー:124件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全124件

結構な酷評が

投稿日:2007/02/20 レビュアー:こんちゃん

多いのですが、私はわりと好きです。恐怖するという感情の盛り上がり方には何種類かあって、物語のプロットがしっかりしていて、設定に入り込みながら徐々に恐怖が増していく物。いきなり、予想外の物が現れてドキッとする恐怖。出るぞ、出るぞと思いながらなかなか出てこないジレンマ。スルーした場面が、後になって思い返してみるとゾゾゾ〜っと来る揺り返し型など。
 この作品はいきなり出てきてドキッというタイプかと思いますが、それなりに楽しめるんじゃないでしょうか?
 リング以来、和製ホラーは、ある程度のレベルを保っていて、洋物ホラーのハズレほどのハズレは無いような気がします。(そんなにたくさん見てないけど・・・)
 和物の怖さは、和物だからこそで、自分たちの生活場面と近いリアリティさが恐怖に変換される部分が大きいと思います。
 洋物にも「エクソシスト」等、名作がありますけど、あれは逆に自分の生活とはかけ離れたある意味リアリティのなさが良いのではないでしょうか?和製ホラーをハリウッドでリメイクすると期待はずれが多いですもんね。
 皆さん、おっしゃってますが予告であまりにも出しすぎるのは、劇場に足を運んだ人、DVDを借りた人(特に買っちゃった人には)にたいする裏切りじゃないかと思います。期待させなければいけない、そうしなければ誘導できない事情はわからないでもないですが、もう少しうまい宣伝はできませんかね・・・。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

これが原理主義だ

投稿日:2004/02/09 レビュアー:裸足のラヴァース

清水 小中 黒沢清ら ホラー原理主義者らの脚本は面白い
新しいようでいて 四谷怪談に代表される連鎖型怨念ものだね
実はお岩さんには因縁があるのよ あきらかにそれを飾りなく
ゴロンとなげだした ビデヨ版1・2のほうが面白いね
顔のメークなんか凝ってなくて 割に雑 ヴィジュアルで
おどそうとしてないね かなりの自信だよ アメリカ版は楽しみだねえ病院坂黒猫君

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

古臭さが新鮮です。

投稿日:2005/09/22 レビュアー:はらぺこ

和製ホラーが最近人気なワケですが。

確かに、最近のホラーは怖いですね、色々手法も凝っていて、あの手この手で楽しませて(怖がらせて)くれます。

この作品も、それなりに色々怖いエッセンスがあるのですが、それ以上に新鮮だったのが、「古臭さ」でした。

日本の民家を舞台とした怖さは、外国のそれにはない怖さがあります。
なんというか、小学生くらいの頃、夏休みかなんかで、親が仕事でいない昼下がりに、一人で「あなたの知らない世界」を見ているような・・・
一人で留守番している時の、普段は家族でごった返している居間に、カーテンの隙間から日が射していて、うっすらと誇りが待っている我が家。
そんな、ちょっと古臭い記憶がよみがえる作品なんです。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

怖い!

投稿日:2005/08/15 レビュアー:勝王

最初にこの映画を見たときは本当に怖かった。今どき、映画を見て怖いと思うなんてなかなかありません。貴重な体験です。徹底して出し惜しみせず、バンバンお化けを見せているようでありながら、時間の流れを巧みにずらして、その背後にある因縁話を少しずつ明らかにして、観客をイヤーな気持ちにさせるなど、実に巧みです。女優陣もなかなか良いと思います。結構、音による脅かしもあるので、出来れば映画館で見て欲しい作品です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

時間が行ったり戻ったり

投稿日:2009/12/29 レビュアー:蒼生

劇場版じゃないほうを観て、あれはあれで一応話が終わってると思ってよさそうだし、
大しておもしろくなかったので、劇場版は観なくてもいいかと思ってたんです。

でも、「もしかしたら前作より怖いかも」なんて、ちょーっとしたデキ心で
レンタルしてしまいました。

まー・前作よりは怖いかな。
白塗り少年のメイクもランクアップしてるかもしれません。

ビルの警備員はあの家とは関係ないと思うけど、どうして殺されたんでしょう。
どうでもいいけど、でも呪怨はあの家にとり憑いてるというのが、
全体通してのテーマではないんですか?
少しくらいは外れてもいいんですか?

どうしても四つん這い女と白塗り少年はでてくるんですね。
今回の四つん這い女は伽椰子じゃない?たまに伽椰子もいる?
とにかく知らない女優さんばっかりな上に白塗りしてるから、
誰が四つん這い女なのかもさっぱりわからない。

四つん這い女は前作では怖いと思ったけど、見飽きちゃったし
白塗り少年なんて気持ちは悪いけど、初めから怖くなかったからもういいですよー
ジャケットにまでするほどウリなんですかぁ
そりゃ現実にレストランのテーブルの下覗いてアレがいたら怖いけど、
これはホラーなんでしょう。

いづみの住んでるアパートってもしかしてあのアパート?
でも、元刑事はあの事件を追ってたわけだから、
そのアパートのことももちろん知ってるはずですよね。
とても好き好んで住むとは思えないです。
いや、あのアパートじゃないかもしれないけど。

ちょっと待て。理佳も死んでるし、影山元刑事も死んでる?
時間軸がよくわからなくってそっちに気をとられるんですが。
そしてそれは、怖さを増す効果をまったくだしてませんが。

ラスト近くで、意味なく行ったり戻ったりしてたわけじゃないことが判りますけど。
判るまでがモヤモヤしすぎです。
そして、それならそういう演出でも仕方ないかって
すべてを許す気になれるほどのオチでもありません。

それより、各エピソードのタイトルを人名じゃなくて年月日にしてほしいです。

ラスト悪くはなかったし、『2』も届いちゃってるので観ますけど。
まさか劇場版も前半『1』のおさらいなんてことはないでしょうねっ

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全124件

呪怨 劇場版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:124件

結構な酷評が

投稿日

2007/02/20

レビュアー

こんちゃん

多いのですが、私はわりと好きです。恐怖するという感情の盛り上がり方には何種類かあって、物語のプロットがしっかりしていて、設定に入り込みながら徐々に恐怖が増していく物。いきなり、予想外の物が現れてドキッとする恐怖。出るぞ、出るぞと思いながらなかなか出てこないジレンマ。スルーした場面が、後になって思い返してみるとゾゾゾ〜っと来る揺り返し型など。
 この作品はいきなり出てきてドキッというタイプかと思いますが、それなりに楽しめるんじゃないでしょうか?
 リング以来、和製ホラーは、ある程度のレベルを保っていて、洋物ホラーのハズレほどのハズレは無いような気がします。(そんなにたくさん見てないけど・・・)
 和物の怖さは、和物だからこそで、自分たちの生活場面と近いリアリティさが恐怖に変換される部分が大きいと思います。
 洋物にも「エクソシスト」等、名作がありますけど、あれは逆に自分の生活とはかけ離れたある意味リアリティのなさが良いのではないでしょうか?和製ホラーをハリウッドでリメイクすると期待はずれが多いですもんね。
 皆さん、おっしゃってますが予告であまりにも出しすぎるのは、劇場に足を運んだ人、DVDを借りた人(特に買っちゃった人には)にたいする裏切りじゃないかと思います。期待させなければいけない、そうしなければ誘導できない事情はわからないでもないですが、もう少しうまい宣伝はできませんかね・・・。

これが原理主義だ

投稿日

2004/02/09

レビュアー

裸足のラヴァース

清水 小中 黒沢清ら ホラー原理主義者らの脚本は面白い
新しいようでいて 四谷怪談に代表される連鎖型怨念ものだね
実はお岩さんには因縁があるのよ あきらかにそれを飾りなく
ゴロンとなげだした ビデヨ版1・2のほうが面白いね
顔のメークなんか凝ってなくて 割に雑 ヴィジュアルで
おどそうとしてないね かなりの自信だよ アメリカ版は楽しみだねえ病院坂黒猫君

古臭さが新鮮です。

投稿日

2005/09/22

レビュアー

はらぺこ

和製ホラーが最近人気なワケですが。

確かに、最近のホラーは怖いですね、色々手法も凝っていて、あの手この手で楽しませて(怖がらせて)くれます。

この作品も、それなりに色々怖いエッセンスがあるのですが、それ以上に新鮮だったのが、「古臭さ」でした。

日本の民家を舞台とした怖さは、外国のそれにはない怖さがあります。
なんというか、小学生くらいの頃、夏休みかなんかで、親が仕事でいない昼下がりに、一人で「あなたの知らない世界」を見ているような・・・
一人で留守番している時の、普段は家族でごった返している居間に、カーテンの隙間から日が射していて、うっすらと誇りが待っている我が家。
そんな、ちょっと古臭い記憶がよみがえる作品なんです。

怖い!

投稿日

2005/08/15

レビュアー

勝王

最初にこの映画を見たときは本当に怖かった。今どき、映画を見て怖いと思うなんてなかなかありません。貴重な体験です。徹底して出し惜しみせず、バンバンお化けを見せているようでありながら、時間の流れを巧みにずらして、その背後にある因縁話を少しずつ明らかにして、観客をイヤーな気持ちにさせるなど、実に巧みです。女優陣もなかなか良いと思います。結構、音による脅かしもあるので、出来れば映画館で見て欲しい作品です。

時間が行ったり戻ったり

投稿日

2009/12/29

レビュアー

蒼生

劇場版じゃないほうを観て、あれはあれで一応話が終わってると思ってよさそうだし、
大しておもしろくなかったので、劇場版は観なくてもいいかと思ってたんです。

でも、「もしかしたら前作より怖いかも」なんて、ちょーっとしたデキ心で
レンタルしてしまいました。

まー・前作よりは怖いかな。
白塗り少年のメイクもランクアップしてるかもしれません。

ビルの警備員はあの家とは関係ないと思うけど、どうして殺されたんでしょう。
どうでもいいけど、でも呪怨はあの家にとり憑いてるというのが、
全体通してのテーマではないんですか?
少しくらいは外れてもいいんですか?

どうしても四つん這い女と白塗り少年はでてくるんですね。
今回の四つん這い女は伽椰子じゃない?たまに伽椰子もいる?
とにかく知らない女優さんばっかりな上に白塗りしてるから、
誰が四つん這い女なのかもさっぱりわからない。

四つん這い女は前作では怖いと思ったけど、見飽きちゃったし
白塗り少年なんて気持ちは悪いけど、初めから怖くなかったからもういいですよー
ジャケットにまでするほどウリなんですかぁ
そりゃ現実にレストランのテーブルの下覗いてアレがいたら怖いけど、
これはホラーなんでしょう。

いづみの住んでるアパートってもしかしてあのアパート?
でも、元刑事はあの事件を追ってたわけだから、
そのアパートのことももちろん知ってるはずですよね。
とても好き好んで住むとは思えないです。
いや、あのアパートじゃないかもしれないけど。

ちょっと待て。理佳も死んでるし、影山元刑事も死んでる?
時間軸がよくわからなくってそっちに気をとられるんですが。
そしてそれは、怖さを増す効果をまったくだしてませんが。

ラスト近くで、意味なく行ったり戻ったりしてたわけじゃないことが判りますけど。
判るまでがモヤモヤしすぎです。
そして、それならそういう演出でも仕方ないかって
すべてを許す気になれるほどのオチでもありません。

それより、各エピソードのタイトルを人名じゃなくて年月日にしてほしいです。

ラスト悪くはなかったし、『2』も届いちゃってるので観ますけど。
まさか劇場版も前半『1』のおさらいなんてことはないでしょうねっ

1〜 5件 / 全124件

同シリーズ作品を借りる