フレイルティー 妄執

フレイルティー 妄執の画像・ジャケット写真

フレイルティー 妄執 / ビル・パクストン

全体の平均評価点:(5点満点)

76

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「フレイルティー 妄執」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

米テキサス州ダラスのFBI司令部。捜査官ドイルは、全米を震撼させているテキサスの連続殺人事件を担当していた。殺人鬼は必ず“神の手(ゴッド・ハンド)”という謎の文字を現場に残している。だが、ドイルらFBIは依然として犯人を特定出来ず、頭を悩ませていた。ある嵐の夜、そんな彼らのもとへ、フェントンと名乗る男が訪ねてくる。男は、犯人は弟アダムで、数々の殺人を犯した後に自殺を遂げたと告げる。そして、弟には正当な理由があったと付け加え、彼ら兄弟の少年時代まで遡るその恐ろしい物語を語り始めるのだった…。

「フレイルティー 妄執」 の作品情報

作品情報

製作年: 2001年
製作国: アメリカ
原題: FRAILTY

「フレイルティー 妄執」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ニア・ダーク

戦場のレジスタンス

ボルケーノ・シティ

インプット 記憶

ユーザーレビュー:76件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全76件

驚愕のラスト!・・・・・・??? ネタバレ

投稿日:2007/01/28 レビュアー:JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はい、確かにラストは私の予想をくつがえす物でした。でもどうかなあ?ラストがそれまでの緊迫感のある引き締まった部分を全部台無しにしてしまったような。個人的には[K-PAX」の様に「えっ、それで実際どうなの??」という余韻を残した方が良かったんじゃないかと思います。見事に結論出しちゃいましたね。

回想シーンでは父への愛と両親の間で揺れる少年の心が痛々しく、FBI捜査官を墓地に連れてくるあたりまでは目新しさは無いもののなかなかのサイコサスペンスでした。私がもしこの映画のプロデューサーならば残念ながら墓地で斧を振り上げるところくらいまでで映画を終わらせるでしょう。もし初監督のビル・パクストン君がラストシーンに執着するようならば、DVDのディレクターズカット版をつくる事を勧めたことでしょう。
途中までは巧みなモンタージュで残酷なシーンを直接見せずに凄惨さを表現しているし、初監督作さすがに気合入ってますというかんじなのですが、いやあ勿体無い映画です。



最後のシーンでは結局何を主張したかったのでしょう。神の実在でしょうか?ひどい神もいたものです。子供にもあんな行為をさせるなんて・・・。神と悪魔は紙一重の違いですね。私には「砂漠の一神教」は様々な映画を通してその教えを見る限りでは理解不能です。
やはり美しい自然などを見ると神々しさと、そこに八百万の神々の息吹を感じる私の中には神道の流れが脈々と受け継がれているなと思えました。

なぜかこの映画を見ながらふとそんなことを感じました。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

ひさびさの「なんじゃそら」映画 ネタバレ

投稿日:2006/02/09 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 途中まではすごくドキドキ。
 うわー狂ってるよ、
 斧はやめてー、
 狂ってても子供を愛してるのが怖いよー、
 お兄ちゃん可哀相だよ、
 い、息苦しい、
 でもきっとお兄ちゃんががつんとやってくれるさー、
 やっぱりそうなったー、
 でも初監督作品にしてはしっかりしてるじゃん、
 イーストウッド『恐怖のメロディ』と比較しても・・・。

 ところが。

 パワーズ・ブースのほうのどんでん返しはだいたい読めてたんですけどね。
 もうひとつの。
 ファンタジー? なんじゃそら! 違う種類の映画じゃん。
 で、ラストにもうひとつ。
 ああ、そういう人だったの。フーン。

 なんかね、こういうヒネリって、もういいよ。
 刑事とバラ園へいくまでは75点くらいのつもりだったけど、以後の展開で、マイナス20点。
 タイトルへの違和感でマイナス5点。
 なんかムカついたのでマイナス5点。
 45点だよ、神よ。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

どんでん返しファンのあなたに ネタバレ

投稿日:2006/02/09 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 なんか二つあったのでこっちにも書いちゃいます。

 日常にふいっと入ってくる狂気を描いていると思っていたうちは、とても怖い、面白いと思ってみていましたが、そういう映画ではなかったのです。
 ビル・パクストン、変な宗教やってないですよね? 
 まあ正気と狂気を曖昧にしておいて、どんでん返しのつるべ打ちってとこですかね、狙いは。
 どんでん、どんでん、どんでんとしなければ傑作になったかもしれないのに。45点。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

あなたの忍耐度は?

投稿日:2009/11/13 レビュアー:AVANZSUR

私も特典映像観てやっと理解できたクチです。
今回2度目の観賞でしたが、相変わらず陰鬱で不条理な話です。
そして何より忍耐が必要。
物語が始まって約1時間程は、お子様いらっしゃる方には許容し難いエピソードが延々続きます。

忍耐の後はめくるめくどんでん返しが待ち受けます。
ただ、終盤FBIがドイル捜査官を訪ねてくるフェリントンの映像を確認する場面はお見逃しなく。
初見時このシーンを咀嚼出来ず放ったらかしにしてたんですが、今回意を決して再観賞したおかげでやっと理解できました。
理解できても何ら爽快な気分にはなりませんが。

本国ではR指定、日本でもPG-12指定で保護者同伴推奨映画なんでご注意ください。

いやはや、ビル・パクストン侮りがたし・・・。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

それともサイコメトラー?

投稿日:2010/09/23 レビュアー:蒼生




ネタバレご注意レビューです。





ずーっと、ある日突然妄想が見えるようになってしまった父親が
“悪魔退治”と信じ込んで、殺人を子どもたちにも手伝わせてるんだ
と思って観てたんです。
長い回想シーンを、結構成り行きに期待しながら。
何かちょっとしたオチくらいはあるだろうと思ってたので、
兄弟入れ替わりくらいは想定内だったんですが、
ほんとに見えてたとは。
じゃほんとに神から与えられた使命?

ちょっと神様、あなた自分でやりなさいよ。
人間にやらせたせいで、罪のない人も何人か犠牲になってますよ。
お兄ちゃんも、弟おびき出すためにって。
そもそも殺人を止めようとしてたんじゃないの?
地下室に閉じ込められたときに、違う神様が見えちゃったのか。
連れてこられた捜査官も、夜中にひとりで掘れるわけないんだから
ガセかもと思っても、昼間にあと2・3人連れて来るんじゃないんですか?普通。

と、ホラーでは厳禁のツッコミをいっぱい入れてしまいました。
期待外れだったってことです。

リストが7人なのに、ゴッドハンドによる死体が6人で、
7人目だから迎えに行ったんだってところは、
「そうだったのか!」と思いましたが。
終盤でよかったのはそれくらいでした。



このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全76件

フレイルティー 妄執

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:76件

驚愕のラスト!・・・・・・???

投稿日

2007/01/28

レビュアー

JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はい、確かにラストは私の予想をくつがえす物でした。でもどうかなあ?ラストがそれまでの緊迫感のある引き締まった部分を全部台無しにしてしまったような。個人的には[K-PAX」の様に「えっ、それで実際どうなの??」という余韻を残した方が良かったんじゃないかと思います。見事に結論出しちゃいましたね。

回想シーンでは父への愛と両親の間で揺れる少年の心が痛々しく、FBI捜査官を墓地に連れてくるあたりまでは目新しさは無いもののなかなかのサイコサスペンスでした。私がもしこの映画のプロデューサーならば残念ながら墓地で斧を振り上げるところくらいまでで映画を終わらせるでしょう。もし初監督のビル・パクストン君がラストシーンに執着するようならば、DVDのディレクターズカット版をつくる事を勧めたことでしょう。
途中までは巧みなモンタージュで残酷なシーンを直接見せずに凄惨さを表現しているし、初監督作さすがに気合入ってますというかんじなのですが、いやあ勿体無い映画です。



最後のシーンでは結局何を主張したかったのでしょう。神の実在でしょうか?ひどい神もいたものです。子供にもあんな行為をさせるなんて・・・。神と悪魔は紙一重の違いですね。私には「砂漠の一神教」は様々な映画を通してその教えを見る限りでは理解不能です。
やはり美しい自然などを見ると神々しさと、そこに八百万の神々の息吹を感じる私の中には神道の流れが脈々と受け継がれているなと思えました。

なぜかこの映画を見ながらふとそんなことを感じました。

ひさびさの「なんじゃそら」映画

投稿日

2006/02/09

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 途中まではすごくドキドキ。
 うわー狂ってるよ、
 斧はやめてー、
 狂ってても子供を愛してるのが怖いよー、
 お兄ちゃん可哀相だよ、
 い、息苦しい、
 でもきっとお兄ちゃんががつんとやってくれるさー、
 やっぱりそうなったー、
 でも初監督作品にしてはしっかりしてるじゃん、
 イーストウッド『恐怖のメロディ』と比較しても・・・。

 ところが。

 パワーズ・ブースのほうのどんでん返しはだいたい読めてたんですけどね。
 もうひとつの。
 ファンタジー? なんじゃそら! 違う種類の映画じゃん。
 で、ラストにもうひとつ。
 ああ、そういう人だったの。フーン。

 なんかね、こういうヒネリって、もういいよ。
 刑事とバラ園へいくまでは75点くらいのつもりだったけど、以後の展開で、マイナス20点。
 タイトルへの違和感でマイナス5点。
 なんかムカついたのでマイナス5点。
 45点だよ、神よ。

どんでん返しファンのあなたに

投稿日

2006/02/09

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 なんか二つあったのでこっちにも書いちゃいます。

 日常にふいっと入ってくる狂気を描いていると思っていたうちは、とても怖い、面白いと思ってみていましたが、そういう映画ではなかったのです。
 ビル・パクストン、変な宗教やってないですよね? 
 まあ正気と狂気を曖昧にしておいて、どんでん返しのつるべ打ちってとこですかね、狙いは。
 どんでん、どんでん、どんでんとしなければ傑作になったかもしれないのに。45点。

あなたの忍耐度は?

投稿日

2009/11/13

レビュアー

AVANZSUR

私も特典映像観てやっと理解できたクチです。
今回2度目の観賞でしたが、相変わらず陰鬱で不条理な話です。
そして何より忍耐が必要。
物語が始まって約1時間程は、お子様いらっしゃる方には許容し難いエピソードが延々続きます。

忍耐の後はめくるめくどんでん返しが待ち受けます。
ただ、終盤FBIがドイル捜査官を訪ねてくるフェリントンの映像を確認する場面はお見逃しなく。
初見時このシーンを咀嚼出来ず放ったらかしにしてたんですが、今回意を決して再観賞したおかげでやっと理解できました。
理解できても何ら爽快な気分にはなりませんが。

本国ではR指定、日本でもPG-12指定で保護者同伴推奨映画なんでご注意ください。

いやはや、ビル・パクストン侮りがたし・・・。

それともサイコメトラー?

投稿日

2010/09/23

レビュアー

蒼生




ネタバレご注意レビューです。





ずーっと、ある日突然妄想が見えるようになってしまった父親が
“悪魔退治”と信じ込んで、殺人を子どもたちにも手伝わせてるんだ
と思って観てたんです。
長い回想シーンを、結構成り行きに期待しながら。
何かちょっとしたオチくらいはあるだろうと思ってたので、
兄弟入れ替わりくらいは想定内だったんですが、
ほんとに見えてたとは。
じゃほんとに神から与えられた使命?

ちょっと神様、あなた自分でやりなさいよ。
人間にやらせたせいで、罪のない人も何人か犠牲になってますよ。
お兄ちゃんも、弟おびき出すためにって。
そもそも殺人を止めようとしてたんじゃないの?
地下室に閉じ込められたときに、違う神様が見えちゃったのか。
連れてこられた捜査官も、夜中にひとりで掘れるわけないんだから
ガセかもと思っても、昼間にあと2・3人連れて来るんじゃないんですか?普通。

と、ホラーでは厳禁のツッコミをいっぱい入れてしまいました。
期待外れだったってことです。

リストが7人なのに、ゴッドハンドによる死体が6人で、
7人目だから迎えに行ったんだってところは、
「そうだったのか!」と思いましたが。
終盤でよかったのはそれくらいでした。



1〜 5件 / 全76件